まつ毛が長い人の特徴は?まつ毛を伸ばす方法・長く見せるメイクとは 美容

まつ毛が長い人の特徴は?まつ毛を伸ばす方法・長く見せるメイクとは

目次

[表示]

メリット③説得力がある

まつ毛が長い人は、目が大きくはっきりしている場合が多く、つまり目力が強い・目が印象的ということに繋がります。

「目は口ほどにものを言う」なんていうことわざがあるように、目力があったり目が印象的な人は、それだけで説得力が増したり、自分の考えに自信を持っていると思われたりするものなのです。

メリット④童顔に見える

Pezibear / Pixabay

まつ毛が長いと目元がぱっちりとして見えるため、童顔に見られやすいです。特に女性の場合には、可愛らしい雰囲気になるのでメリットになるのではないでしょうか。

男性の場合にはデメリットにもなり得ることですが、童顔と言うことは可愛いらしいというだけでなく若く見えるということですから、こちらもメリットと言えるでしょう。

メリット⑤子供もまつ毛が長くなりやすい

sathyatripodi / Pixabay

まつ毛の長さが親から遺伝する可能性があるというのはすでにご紹介しました。

自分のまつ毛が長ければ、たとえ結婚相手のまつ毛がそこまで長くなくても、まつ毛の長い子供が生まれてくる可能性が高くなります。

デメリット➀まつ毛が目に入りやすい

Counselling / Pixabay

まつ毛が長くない人でも何となく想像できるデメリットが「まつ毛が目に入りやすい」ということではないでしょうか。まつ毛が長い分、目に入りやすいというのは避けようがない事実です。

また、まつ毛が長い人は自然にカールをしている人も多いとご紹介しましたが、中には逆さまつ毛の人もいます。その場合は、よりまつ毛が目に入りやすいと言えるでしょう。

デメリット②眼鏡のレンズにまつ毛があたる

Free-Photos / Pixabay

これは本当にまつ毛が長いからこその悩みと言えるでしょう。眼鏡をかけるとレンズにまつ毛が当たってしまい、すぐにレンズが汚れてしまうという悩みを持っている人は多いようです。

デメリット③エクステをしていると疑われる

RobinHiggins / Pixabay

まつ毛エクステが禁止されている学校や職場ももちろんありますよね。これは女性特有の悩みですが、そのような学校や職場に所属している人は、「エクステをしている」と疑われてしまうこともあるようです。

「エクステをしていると疑われるほどまつ毛が長いなんて羨ましい!」と思う女性もいると思いますが、疑われるのが日常茶飯事だと少しうんざりしてしまうのかもしれません。

デメリット④まつ毛に寝癖がつく

Free-Photos / Pixabay

まつ毛が長いと、寝ている間に寝癖がついてしまうことも考えられます。片方のまつ毛だけ綺麗にカールしていることもあれば、直角に折れ曲がって変な風に寝癖がついてしまうこともあるでしょう。

女性の場合にはビューラーなどを使って治すことが可能ですが、男性の場合にはそうもいかず朝から困ってしまう人も多いでしょう。

デメリット⑤目薬がうまく入らない

Janice_Li / Pixabay

そもそもまつ毛は、目にゴミやほこりなどが入らないようにガードする役割があります。まつ毛が長い人はそのガードが堅いということですから、「目薬がうまく入らない」という事態が起こりやすいのです。

短いまつ毛を長く伸ばす方法は?

snicky2290 / Pixabay

ここまでまつ毛が長い人に焦点を当てて見てきましたが、ではまつ毛が短い人が長くする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

まつ毛美容液を塗る

まつ毛を伸ばす定番の方法と言えばやはりこれでしょう。まつ毛美容液はまつ毛に蓄積されたダメージを改善してくれるので、まつ毛を伸ばす効果に期待できます。

まつ毛美容液ひとつ取っても様々なブランドから様々な商品が出ていますので、自分のまつ毛にあったまつ毛を見つけてみましょう。

目元をしっかりスキンケアする

Engin_Akyurt / Pixabay

目元のケアをしっかりと行うことも、まつ毛を伸ばすために効果的な方法です。女性であれば毎日顔のスキンケアをしっかりしているという人が多いと思いますが、目元のケアも念入りに行ってみましょう。

目元を軽くマッサージしてみたり、目元やまつ毛も化粧水や乳液でしっかりと保湿するように心がけましょう。化粧水や乳液は肌の保湿だけでなく、まつ毛のダメージを軽減することもできます。

健康的な食事をとる

RitaE / Pixabay

まつ毛を伸ばすためには、健康的な食生活も心がけてみましょう。特に、良質なたんぱく質はまつ毛を伸ばすために非常に重要な栄養素です。

しかし、だからと言ってたんぱく質ばかり摂取すれば良いというわけではありません。炭水化物・ビタミン・ミネラルなど、様々な栄養素をバランスよく摂取するようにしましょう。

良質な睡眠をとる

Free-Photos / Pixabay

22時から2時までの間がゴールデンタイムと呼ばれていることは多くの人がご存知だと思います。この時間帯に体は成長すると言われているのですが、それはまつ毛も同様です。

また、この時間帯に寝たとしても質が高くなければあまり意味がありません。普段からストレスを溜めないようにするなどして、良質な睡眠をとれるように心がけましょう。

目の使い過ぎに気をつける

Free-Photos / Pixabay

実は、目が疲れたり乾燥したりすると、まつ毛にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

特に仕事柄毎日パソコンを使っているという人や目が乾きやすいドライアイの人は、目薬で潤いを与えるなど目のケアを十分にしましょう。

「まつ毛を切ると伸びる」は嘘?

suju / Pixabay

もしかすると、「まつ毛を切ると伸びる」という噂を聞いたことがある人がいるかもしれません。しかし、これはあくまでも噂であって、科学的な根拠はどこにもありません。

一度切ってしまったまつ毛は元の長さになるまでに時間がかかります。まつ毛を伸ばしたいのであれば、上記でご紹介したような別の方法を試しましょう。

まつ毛の成長を妨げる?NGな習慣とは

Engin_Akyurt / Pixabay

まつ毛を伸ばす方法が分かったところで、まつ毛の成長を妨げてしまう可能性のあるNG習慣についても確認しておきましょう。

メイクをしっかり落としきれていない

Pexels / Pixabay

女性の場合、仕事から疲れて帰って来てついクレンジングが適当になってしまったという経験はありませんか?目元に残ってしまったメイクは、まつ毛に大きなダメージを与える原因となるので注意が必要です。

つい目をこすってしまう

nastya_gepp / Pixabay

男性でも女性でも、ついつい目をこすってしまう癖がある人っていますよね。一回一回は大したダメージでなくても、それが積み重なると大きなダメージになってしまうので、このような癖がある人は注意しましょう。

うつぶせに寝る

Free-Photos / Pixabay

これも目をこするという行為に近いのですが、うつぶせに寝るとどうしても枕や布団でまつ毛がすれて、ダメージが蓄積されてしまいます。普段からうつぶせで寝ることが多いという人は寝る体勢を変えてみましょう。

まつ毛がたくさん抜けるのは危険のサイン?

RobinHiggins / Pixabay

まつ毛がたくさん抜けてしまうのは、もしかすると病気が原因かもしれません。この場合の病気というのは、結膜炎や眼瞼炎が考えられます。

メイク道具についた菌が目の中に入ってしまったり、まつげエクステのグルーが合わなかったりなど、原因は様々に考えられますが、目に異変を感じたらすぐに病院に行くようにしましょう。

長いまつ毛を作る方法は?おすすめのメイク道具はある?

4956365 / Pixabay

まつ毛を長くする方法があるとはいえ、短期間で劇的に長くするというのは難しいですし、人によってはあまり効果が実感できないものもあるでしょう。

そこで次に、長いまつ毛を自力で作る方法をご紹介します。

長いまつ毛の作り方は?パッチリ目を手に入れよう!

まつ毛を自力で作るといって思いつくのはやはりメイクでしょう。まつ毛を長く見せたいという女性は、ぜひこれからご紹介する方法を実践してみてください。

①ビューラーを使ってしっかりまつ毛を上げる

kinkate / Pixabay

マスカラを塗る前に、まずはビューラーでしっかりとまつ毛を上げましょう。根元・中間・毛先の順で徐々に力を緩めながらまつ毛を挟んでいくと、綺麗なカールを作りやすいです。

また、後ほどおすすめのビューラーをご紹介しますが、ビューラーは自身の目の形にあったものを選ぶようにしましょう。

②マスカラ液はティッシュオフして

jackmac34 / Pixabay

マスカラを塗る前には、スクリューブラシの部分についたマスカラ液をティッシュオフしましょう。

まつ毛を長く見せたいからと言ってマスカラ液がたっぷりの状態でまつ毛に塗ると、ダマになりやすくなってしまうので注意しましょう。

③スッとマスカラを塗って上向きのまつ毛に

マスカラ液をティッシュオフしたら、次に上まつ毛にマスカラを塗っていきます。まつ毛の根元にブラシ部分を当てて、毛先に向かって流していきましょう。

まつ毛にボリュームも欲しいという場合にはブラシを左右にジグザグさせながら、セパレートさせたい場合には真っ直ぐ上向きにブラシを動かしましょう。

④マスカラを下まつ毛にも塗るとよりデカ目に!

Free-Photos / Pixabay

下まつ毛にもマスカラを塗ると、よりパッチリとした印象の目に仕上げることができます。

ブラシを横向きにしてまつ毛の中間から毛先まで流したら、次に縦向きにして長さを出すようにマスカラ液を重ねていきましょう。

長いまつ毛を作るのにおすすめの道具・コスメとは?

Free-Photos / Pixabay

長いまつ毛を作る方法をご紹介したところで、次に長いまつ毛を作るのにおすすめのメイク道具・コスメをご紹介します。

①資生堂「アイラッシュカーラー」

まずおすすめするのは資生堂の「アイラッシュカーラー」です。まつ毛を挟む部分が日本人の目に合いやすい形に作られていているため、非常に人気の高いビューラーです。

また、まつ毛を挟む部分がゴム製なので、長いまつ毛に最適なビューラーです。

②シュウウエムラ「アイラッシュカーラー」

次にご紹介するのが、シュウウエムラの「アイラッシュカーラー」です。こちらも資生堂のビューラーと共に非常に人気の高いビューラーです。

まつ毛をしっかりと挟むことができるので、根元からグッとまつ毛を上げることができます。

③マキアージュ「エッジフリー アイラッシュカーラー」

3つ目は、マキアージュの「エッジフリー アイラッシュカーラー」です。この商品は、挟む部分が緩めのカーブで作られています。まつ毛が短いという人にもおすすめのビューラーです。

NEXT:④マジョリカマジョルカ「ラッシュエキスパンダー ロングロングロング」
2/3