外に出たくない人の心理は何?病気なの?主婦に多い?対策法は?恋愛・心理

外に出たくない人の心理は何?病気なの?主婦に多い?対策法は?

目次

[表示]

上級者向けの仕事【自営業】

TheAngryTeddy / Pixabay

自営業とは、自分で事業を行うこと・状態のことです。では、上級者向けの自営業にはどんな仕事があるのでしょうか。

これから、3つの仕事について紹介します。

YouTuberなどの仕事

cesarstrings / Pixabay

文章を書くことが苦手だったり、知識や経験が無いのであれば、映像で収入を得る方法もあります。自分が撮影した動画の中に広告を挟み、広告収入から収益を得るのです。

撮影する動画は、ペット系・やってみた系・ネタ系・商品紹介など多岐に渡るので、自分がどの分野で成果を上げたいのかなど、しっかりと戦略を練ってからチャレンジすることです。

YouTuberは飽和状態だとか、収入が激減したなどと言われてはいますが、月に数百万円稼ぐことは難しくても、月に20万円を目標とするならば不可能ではありません。

ブロガーとしての仕事

StockSnap / Pixabay

ブロガーもライティングの仕事と同じような文章を書く仕事です。日記ブログではなく、資産としてのブログを書くのです。

収入を得るまでには、最低3ヶ月~半年以上はかかりますが、継続さえしていれば大きな可能性を秘めています。

ブログの内容は、「誰かの役に立つ記事」であり、その日に食べたもの、その日の体調や気分などの日記的なことは書かないことです。

クリエイターとして働く

geralt / Pixabay

クリエイターと言っても様々な職種があります。イラストレーターやグラフィックデザイナー、先に紹介したYouTuberも映像クリエイターの一つですし、プログラマーもクリエイティブ職です。

絵が得意ならば、イラストレーターを目指してみるのもいいでしょう。イラストレーターになるための資格やスキルは要りませんが、最低限のデッサン力やツールは使いこなせた方が良いです。

その他の仕事

kaboompics / Pixabay

これまでに紹介してきた仕事が自分には不向きだなと感じるのであれば、その他の仕事を探してみましょう。

それでは、どんな仕事があるのか3つ紹介します。

在宅コールスタッフ

geralt / Pixabay

在宅コールスタッフは、オフィスで行うコールセンター業務を自宅で行うことです。通勤することもなく、時間を有効に使えるため働き方の一つとして注目を集めています。

在宅ワークの中でもコールスタッフ業務は、マニュアルや研修が用意されていることが多いので、未経験でも始めやすく、非常に人気のある職種です。また、報酬が良いこともポイントです。

在宅で仕事をするので、休憩時間に洗濯などの家事をすることも出来ます。食事も家にあるもので済ませられるので、ランチ代の節約にもなります。

内職をする

jankosmowski / Pixabay

一口に内職と言っても、種類や難易度、給与は様々です。在宅ワークに於いての内職とは、手加工を伴う仕事のことです。箱の組立やシール貼り、裁縫などの仕事があります。

内職の給与は、単価あたりで計算されることが殆どです。こなした仕事の量に応じて金額も上がっていきます。給与が単価計算なので、頑張りに応じてお金を稼げます。

内職で得られる給与は、月額にして20,000円~40,000円が相場とされています。

投資家として働く

3844328 / Pixabay

個人投資家は、個人の資産を株式投資などで利益を得て、資産を増やすことを目的とした投資を行うことです。

個人投資家になるために、特別必要な資格はありません。但し、パソコンやソフトは用意する必要があります。そして、成功するためには日々勉強や研究をすることです。

投資家になるためには色々な方法がありますが、少額で始めるならFXです。取り引きのための口座開設をすることが第一歩です。投資する額は、少額で始められるので、20万円~50万円ほどです。

外に出たくないことには、スピリチュアル的な意味もある?

socialtrendspr0 / Pixabay

外に出たくないということは、やる気が出ないことにも似ています。気力が湧かず動けないなどという時、スピリチュアル面ではどのような意味があるのでしょうか。いくつか紹介します。

一人だとやる気が出ないスピリチュアルな意味

Artie_Navarre / Pixabay

一人だとやる気が出ないというのは、スピリチュアルな意味を考えれば当然のことなのだそうです。「やる気」は「気」ですので、エネルギーのことです。しかし、そのことだけでは説明のつかないこともあります。

  • 本当に好きな趣味に没頭する
  • 子供の世話をするためならば多少の無理はきく
  • みんなに頼られると調子に乗り頑張ってしまう

このエネルギーがどこから来るかというと、宇宙からなのです。宇宙には無限のエネルギーがあって、それを受信している時は気力・体力が無限に湧いてくるのだそうです。

宇宙エネルギーを使い、やる気を出すためには、「自分も周りの人も良くなるように」と、やるべきことに人を巻き込むことです。

エネルギーが抜けていてやる気が湧かない

O12 / Pixabay

慢性的に無気力に陥っている人は、「エネルギーが漏れていないか」を疑ってみてください。「気」になるものは、エネルギーが抜かれているとのことです。

  • 恋人や配偶者に振り回されている
  • 人からどう思われているかを気にしてしまう
  • ギャンブルやアルコール、ソーシャルゲーム、異性関係などに異常にお金をつかっている

エネルギーが最も抜けるのは、感情が揺さぶられている時だそうです。興奮や不安など、感情が動く時にエネルギーが抜かれ、お金も抜かれてしまいます。

テンションを上げる刺激的な遊びは控えることです。夜寝る前の数時間だけでも刺激を避けて、ゆったりと過ごしてみてください。エネルギーが上がるのが感じられるそうです。

やる気がないと動けないのは勘違い

rawpixel / Pixabay

今更かも知れませんが、実は「やる気がない」ことと「動けない」ことは、あまり関係がありません。やる気が無くても、仕事だと言うプロ意識があれば動けますし、やることは出来るようです。

やる気が無くても動くには、それを仕事だと思えば良いのだそうです。「仕事」は「仕える事」と書きますので、最終的には神様や全人類に仕えていることになるのだそうです。

やる気が出ない、つまらない仕事もありますが、「神様に仕えている事」だと思ってやればエネルギーは上がります。神聖な気持ちで仕事に取り組むと、やる気がなくても出来るようになるかも知れません。

家から外に出たくなる方法

MasterTux / Pixabay

何かきっかけがないと、なかなか家から外に出たくなることはないかも知れません。外に出たくない時は、家から外に出たくなる方法を試してみるのがいいでしょう。

ここでは、家から外に出たくなる方法を3つ紹介していきます。

機会があれば人と会ってみる

StockSnap / Pixabay

身近な人や友人と会う機会があったら、それに乗ってみましょう。

自分から連絡を取り、無理に約束をとりつける必要はありませんが、成人式や同窓会など懐かしい人から連絡があったら、その機会に乗ってみるのはいいかも知れません。

人に誘われて出かけたことにより、家から外に出ることに対して前向きな気持ちになれるでしょう。

趣味をみつける

Free-Photos / Pixabay

外で楽しめる趣味をみつけてみましょう。大好きな趣味をみつけることが出来れば、外に出たくないとは思わなくなるはずです。

外での大好きな趣味を見出すことにより、外に出たくない気持ちを取り払うことが出来ます。外にも家の中にも趣味を持つことで、バランスを取ることができます。

天気の良い日には外での趣味を楽しんで、天気の悪い日には家の中での趣味を楽しみましょう。外での趣味と家の中での趣味を持つことにより、外に出たくないという気持ちが薄らぎます。

生活リズムを正す

StockSnap / Pixabay

日々の生活リズムを正してみることも大切です。外に出たくないという心理や原因に、非常に疲れているということがあります。

心身共に疲れていれば外に出たくないのも当然です。まず、心身が疲れているということを認識して、生活リズムを正すことが重要になります。それに加えてスポーツを取り入れると元気になれます。

心身共に元気になれば、外に出たくない気持ちもなくなるでしょう。外に出たくない時は、疲れていることを認識してゆっくりと休養を取り、充電してから生活リズムを正していくことが大切です。

家から外に出ることのメリット

jingoba / Pixabay

普段外に出ない人がたまに外出すると、大げさなことではなくても刺激になります。家から外に出ない生活をしていると、視野が狭くなってしまいます。そこで、外出して刺激を感じることが大切なのです。

  • 太陽光を浴びられる
  • 歩くことが出来る
  • 新しい刺激に触れられる

太陽光は自律神経を整え、体調を正常に保ったり、セロトニンを分泌させ、うつを予防したりします。歩くことは脳を活性化させます。そして、普段外出しない人にとって歩くことは数少ない運動のチャンスでもあります。

脳は新しい刺激に触れないでいると、どんどん衰えます。外に出て知らない人とすれ違うだけでも、良い刺激が脳に行き渡ります。このように、外に出ることにはメリットがあるので、時には外出してみましょう。

適度に外に出て健康的に!

JillWellington / Pixabay

今回は、家から外に出たくない人の心理や状況から外に出たくなる方法、家から外に出たくない人に向いた仕事や家から外に出たくない場合の対処法などを紹介しました。

一概に家から外に出たくない、出られないと言っても、様々な人の心理が存在します。家から外に出たくない人に向いた仕事もあるので、そういった仕事に就くのもありです。

自分にとってストレスになることを無理にするべきではありません。自分の身体と相談しながら、適度に外に出て健康的に過ごしましょう。

関連する記事はこちら

3/3