1972年生まれの芸能人・有名人は?各界にスターがたくさんいる?

チャン・ドンゴン(3月7日)

韓流四天王と呼ばれるほど日本国内で高い人気を誇る韓国人俳優のチャン・ドンゴンさんは、1972年3月7日生まれです。

韓流スターというと恋愛ドラマのイメージがありますが、チャン・ドンゴンさんは『ブラザーフッド』『友へ チング』といった映画で軍人やヤクザを演じ、演技力の高さが評価されています。

ペ・ヨンジュン(8月29日)

韓流四天王と呼ばれ、日本の韓流ドラマブームの火付け役となった韓国人俳優のペ・ヨンジュンさんは、1972年8月29日生まれです。

2003年に『冬のソナタ』が日本で放送されると、たちまちヨン様の愛称で社会現象となる程の人気を博した、ペ・ヨンジュンさん。

2004年の新潟中越沖地震、そして2011年の東日本大震災の2度に渡って、合計1億円を超す寄付金を日本に贈ったことでも話題になりました。

キャメロン・ディアス(8月30日)

『メリーに首ったけ』や『チャーリーズエンジェル』などの代表作を持つ、元ハリウッド女優のキャメロン・ディアスさんは、1972年8月30日生まれです。

コメディ映画でのキュートな演技が人気であったキャメロン・ディアスさんですが、2014年に女優活動を休止、2018年には引退を発表しました。

現在はGood Charlotteのベンジー・マッデンと結婚し、幸せな生活を送っていると報じられています。

リッサ・ミラノ(12月19日)

アーノルド・シュワルツェネッガーの娘役を演じた、映画『コマンドー』で有名となった女優のアリッサ・ミラノさんは、1972年12月19日生まれです。

日本でも話題となる程の美少女であったアリッサ・ミラノさん。その後も女優業を続け、2014年にもwenシャンプーのCMで、日本のTVに登場しました。

エミネム(10月17日)

ラッパーとして世界で最も成功した1人、最も有名なアーティストの1人と言われるエミネムさんは、1972年10月17日生まれです。

10代の頃に白人でありながら当時は黒人の文化とされていたヒップホップでの成功を目指したものの、1996年に初めてリリースしたアルバムは70枚しか売れなかったといいます。

しかし、プロデューサーのドクター・ドレーに才能を見出され、彼のプロデュースした『ザ・スリム・シェイディ』が大ヒット、グラミー賞を受賞したという過去を持ちます。

素敵!1972年に流行したファッションアイテム

Pexels / Pixabay

1970年代は若者文化が元気だった年代とも言われており、1972年には様々なファッションアイテムが流行しました。ここでは、1972年に流行したファッションアイテムを紹介していきます。

フォークロアファッション

近年でも晩夏から秋にかけて流行することが多い、フォークロアファッション。1972年に流行したフォークロアファッションは、上の画像のようなガーリーなものが多かったようです。

また、現在のフォークロアファッションはロングスカートやパンツスタイルが主流ですが、1972年当時はスカートはミニ丈がお洒落とされていたため、このような膝上丈のワンピースが流行ったといいます。

ホットパンツ

上の画像は、1972年当時のアメリカの航空会社の添乗員の制服です。この頃は世界的にホットパンツが大流行しており、日本でも海外でもこのようなスタイルが人気でした。

1972年時に人気であったアイドルの南沙織さんや天地真理さん、そして山口百恵さんも、こぞってホットパンツを身につけていたといいます。

男性の長髪

男性のファッションとしては、長髪がブームになった年でした。この年、吉田拓郎さんの名曲『結婚しようよ』が大ヒット。

歌詞の中にもあるように男性の長髪は珍しくなく、長い髪の毛は若者の反抗心の象徴であったといいます。

安保闘争や学生運動が下火になっていく中で、それでも大人社会には迎合したくないというメッセージが、1972年当時に流行した若い男性の長髪には込められていたそうです。

様々な才能が生まれた1972年

Pexels / Pixabay

1972年生まれの俳優、女優、歌手、芸人などの芸能人や有名人を紹介致しました。

1972年生まれの方は現在46歳から47歳を迎えており、転機を繰り返しながら現在も活躍されている方ばかりです。

今後も様々なシーンで活動が期待される1972年生まれの有名人の方々から、目が離せませんね。

関連する記事はこちら