1972年生まれの芸能人・有名人は?各界にスターがたくさんいる? 芸能人

1972年生まれの芸能人・有名人は?各界にスターがたくさんいる?

1972年は女優、俳優、歌手、そして芸人やスポーツ選手と数多くのスターが誕生した年でした。『ゴットファザー』や『風と共に去りぬ』といった名画も公開されたというこの年、どんな芸能人が生まれたのでしょうか?国内外の1972年生まれの有名人を紹介していきます。

目次

[表示]

1972年生まれはスターがたくさん?

Free-Photos / Pixabay

1972年は木村拓哉さんや中居正広さん、貴乃花親方など数々の有名人がこの世に生を受けた年でした。

また、海外でも世界一セクシーな男性と言われるジュード・ロウさんや、エミネムさんなどのビッグネームが誕生した年です。

ここでは、数多のスターが誕生したという、1972年の概要を紹介していきます。

1972年生まれは昭和47年生まれ!干支や現在の年齢は?

webandi / Pixabay

1972年の干支は子(ネズミ)年です。芸能人の中には20代の頃から印象が変わらない程の若々しい人も多数存在しますが、1972年生まれの人は2019年時点では47歳の誕生日を迎えます。

関連する記事はこちら

1972年生まれの芸能人・有名人は?【俳優編】

MoonRid3r / Pixabay

1972年は大森南朋さんや中村獅童さんなど、存在感のある個性派俳優が多く誕生した年でした。ここでは1972年生まれの俳優を紹介していきます。

大森南朋(2月19日)

2001年に公開された映画『殺し屋1』や、2007年に放送されたドラマ『ハゲタカ』で主演を演じたことで知られる個性派俳優の大森南朋さんは、1972年2月19日生まれです。

明治大学を卒業後、父である舞踏家の麿赤児さんのマネージャーの勧めで役者のオーディションを受けるようになったそうで、下積み生活が長かったことでも知られます。

しかし『ハゲタカ』で一気に知名度を上げて以降は多くの作品に起用され、人気俳優の1人なりました。

池内万作(3月27日)

1995年に公開された映画『君を忘れない』でデビューを果たして以降、演技派俳優として数々の役をこなしてきた池内万作さんは、1972年3月27日生まれです。

父に『ミンボーの女』『マルタイの女』などで知られる映画監督の伊丹十三さん、母に同映画の主演女優である宮本信子さん、そして叔父にはノーベル賞作家の大江健三郎氏という豪華すぎる家系に生まれました。

しかし親の七光りといった印象は全くなく、後から知って驚く人の方が多いようです。現在は奥様とともに『MUSIC SHARE』という、WEB上の音楽番組の制作も出掛けていらっしゃいます。

藤木直人(7月19日)

1999年にCDデビューを果たし、2000年に放送された『ナースのお仕事3』で爽やかなイケメン俳優として人気に火が付いた藤木直人さんは、1972年7月19日生まれです。

2005年には自身がMCを務めるトーク番組『おしゃれイズム』のテーマ曲も手掛け、俳優としてもミュージシャンとしても多彩な活躍を見せています。

谷原章介(7月8日)

1995年放送のドラマ『花より男子』でデビューを果たした谷原章介さんは、1972年7月8日生まれです。

デビュー当時は整った顔立ちを活かした正統派のイケメン俳優として活躍されていた谷原章介さんですが、28歳で所属事務所を移動して以降は様々な役に挑戦。

近年では聞き取りやすい流暢な話し方と物腰の柔らかさで、『王様のブランチ』『アタック25』などの司会業でも高い評価を得ています。

関口知宏(7月1日)

関口宏さんの長男として知られる関口知宏さん。2004年から放送が開始された『鉄道の旅』シリーズで一躍知名度をあげた関口知宏さんは、1972年7月1日生まれです。

2004年から2017年まで、なんと13年間に渡って『鉄道の旅』の撮影のために世界中を飛び回ってきたという関口知宏さん。2019年には映画『波乗りオフィスへようこそ』で主演を務めています。

様々なことに造詣が深く知識が豊富なため、また『鉄道の旅』のようなドキュメンタリータッチの旅番組に出演して欲しい!という要望も多数集まっています。

中村獅童(9月14日)

歌舞伎の名門の一家に生まれた2代目中村獅童さんの初舞台は、なんと8歳の時。以降、歌舞伎だけではなく俳優としても幅広い活躍を見せる中村獅童さんの誕生日は、1972年9月14日です。

名門に生まれながら、父親の三喜雄氏が歌舞伎俳優を廃業したことから、後ろ盾を持たずに歌舞伎役者、そして俳優としてスタートを切った中村獅童さんは、下積みが長かったことでも知られます。

2017年には初期の肺腺癌が発見されたことから一時期活動得を休止していましたが、現在は映画や舞台、ドラマと様々なジャンルで活躍をされています。

真木蔵人(10月3日)

父親にマイク眞木さん、母親に前田美波里さんを持ち、1988年放送の大河ドラマ『武田信玄』で俳優デビューをした真木蔵人さんは、1972年10月3日生まれです。

現在は俳優としてだけではなく、コラムニスト、ラッパーそして趣味のサーフィンが高じてサーフショップを経営するなど幅広い活躍を見せています。

1972年生まれの芸能人・有名人は?【女優編】

lillaby / Pixabay

1972年には常盤貴子さんや松雪泰子さんなど、美しい女優も多く誕生した年でした。ここでは1972年生まれの女優を紹介していきます。

緒川たまき(2月11日)

1993年に放送されたドラマ『あの日に帰りたい』で女優デビューを果たした緒川たまきさんは、1972年2月11日生まれです。

デビュー当時からほとんど印象の変わらない不思議な美貌の持ち主で、女優業以外にも趣味の読書、カメラ、ウクレレを扱った雑誌に寄稿するなど、多彩な面を見せています。

プライベートでは37歳の時に演出家であり劇作家のケラリーノ・サンドロビッチ氏と結婚しており、現在は同氏が手掛けた舞台に出演、舞台女優として活躍されています。

小沢なつき(4月19日)

1986年に路上でスカウトされたことをきっかけに芸能界デビュー、同年にドラマ『パパ合格ママは失格』に出演した小沢なつきさんは、1972年4月19日生まれです。

その後は歌手デビューも果たし『追いかけて夏』をリリースしましたが、人気絶頂期に姿をくらまし、そのまま芸能界引退となりました。

その後1993年にヌード写真集出版、2004年にはAV女優に転身したものの現在ではAV女優の活動も休止しており、表舞台には登場していません。

常盤貴子(4月30日)

出るドラマ全てが高視聴率を叩き出したことから、1990年代には連ドラの女王とも呼ばれた常盤貴子さんは、1972年4月30日生まれです。

ずっとスター街道を走ってきたように見える常盤貴子さんですが、デビュー当時は仕事が決まらず、歩行者天国のライブの司会者をするなど苦労を強いられた時期も長かったと言います。

しかし、1993年に放送されたドラマ『悪魔のKISS』で注目を浴び、その後は『ビューティフルライフ』などの数々のドラマや映画でヒロインを演じるようになりました。

石田ひかり(5月25日)

姉の石田ゆり子さんとともに美人姉妹として知られる石田ひかりさんは、1972年5月25日生まれです。

1986年にドラマ『妻たちの課外授業Ⅱ』でデビューした後、数々のTVドラマに出演してきた石田ひかりさんも、現在はプライベートでも2児の母となり、母親役を演じることが増えました。

2019年6月にはフジテレビ系列のドラマ『朝顔』に出演、上野樹里さんの母親役を演じています。

稲森いずみ(3月19日)

高校在学中の1989年にモデルデビュー、翌年にはバラエティ番組にも出演。以降は高視聴率ドラマ『ロングバケーション』などに出演したことで知られる稲森いずみさんは、1972年3月19日生まれです。

デビュー後からコンスタントにドラマやCMの仕事があることから、苦労知らずな印象のある稲森いずみさんですが、女優になるにあたって飛び込みで事務所に面接を申し込むなど、アグレッシブな面も持ちます。

前向きな女性を演じたドラマ『プリティガール』で、女性ファンも多く獲得した稲森いずみさんですが、ご本人も前向きでポジティブな性格をされているようです。

喜多嶋舞(8月11日)

母親に女優の内藤洋子さん、父親に音楽プロデューサーの喜多嶋修氏、さらに先祖に岩倉具視氏を持つという恵まれた環境に育った喜多嶋舞さんは、1972年8月11日生まれです。

帰国子女で英語が話せるという特技を活かしてデビュー時から活躍を見せ、1996年にはドラマ『ワイルドでいこう』で共演した大沢樹生さんと結婚、長男を出産しました。

しかし離婚後に長男の父親が他の男性であったことが発覚。血縁関係のない息子を離婚後も大沢さんが男手1つで育てていたことから、喜多嶋さんに大きな批判が集中。2015年には芸能界を引退しています。

西田ひかる(8月16日)

中学生までの大半をアメリカで過ごしたことから語学に堪能で、才色兼備のアイドルとして人気の高かった西田ひかるさんは、1972年8月16日生まれです。

グローバルな視点を持つことからチャリティ活動にも熱心な西田ひかるさん。24時間テレビに出た際には、出演料が払われたことに対し「チャリティなのだから無償なのでは?」と疑問を投げかけていました。

プライベートでは2児の母となり、食育問題、そして現在も積極的にチャリティバザーの開催をされています。

鈴木砂羽(9月20日)

1994年に公開された映画『愛の新世界』で主役を演じ、その演技力が高く評価されて様々な賞を受賞、以降映画を中心に女優として活躍する鈴木砂羽さんは、1972年9月20日生まれです。

2011年に10歳年下の俳優、吉川純広さんと結婚してからはバラエティ番組へも登場する姿が見られるようになりましたが、2015年には同氏と離婚しています。

現在は舞台演出やエッセイの執筆、エッセイ漫画の執筆など、女優業以外でも幅広い活躍を見せています。

松雪泰子(11月28日)

1993年にドラマ『白鳥麗子でございます』で主演を務めて以降、一躍人気女優の仲間入りを果たした松雪泰子さんは、1972年11月28日生まれです。

女優としては『フラガール』『容疑者Xの献身』などの話題作に多数出演している松雪泰子ですが、プライベートでは1998年にミュージシャンの門脇学氏と結婚、2004年には同氏と離婚をしています。

現在はシングルマザーとして息子を育てており、インスタグラムに載せているお弁当の写真などがファンから好評を得ています。

高岡早紀(12月3日)

『セブンティーン』のモデルとしてデビューした後、映画『バタ足金魚』などで女優としても活動も開始していった高岡早紀さんは、1972年12月3日生まれです。

高岡早紀さんは恋多き魔性の女としても知られ、1996年保阪尚希さんとスピード結婚、2004年に離婚した後も、中村獅童さんや市川海老蔵さんなど多数の男性とのスキャンダルがありました。

現在は保阪さんとの間に誕生した2人の息子と、事実婚状態であった男性との間に誕生した娘をシングルマザーとして育てています。

寺島しのぶ(12月28日)

2010年に映画『キャタピラー』で、ベルリン国際映画祭の最優秀主演女優賞(銀熊賞)を受賞。世界的にも注目される女優となった寺島しのぶさんは、1972年12月28日生まれです。

プライベートでは2007年にフランス人男性と結婚、2012年には男児を出産しました。

また現在は本人の演技力の方に注目や評価が集まっていますが、父に七代目尾上菊五郎さん、母に富岡純子さんを持つことでも知られています。

1972年生まれの芸能人・有名人は?【ジャニーズ編】

StockSnap / Pixabay

1972年は木村拓哉さんや中居正広さんなど、国民的アイドル達も多く誕生した年でした。ここでは1972年生まれのジャニーズ事務所のアイドルを紹介していきます。

山口達也(1月10日)

TOKIOのベーシストとして、アイドル以外にも俳優業、そしてTOKIO最大の売りとなった農業やDASH村開拓にも貢献してきた山口達也さんは、1972年1月10日生まれです。

真面目で何事にも全力で取り組む姿が幅広い世代から高い好感度を獲得していた山口達也さんですが、2018年にお酒の席で未成年者にわいせつ行為を行ったとして、芸能界を引退。

この事件の陰には、山口達也さんがアルコール依存症であった可能性が噂されており、ファンからはリハビリを終えたらTOKIOに戻って欲しい、という声が現在も多く寄せられています。

山本淳一(2月28日)

1987年に社会現象ともなったアイドルグループ・光GENJIのメンバーとして『STAR LIGHT』でデビューを果たした山本淳一さんは、1972年2月28日生まれです。

1995年に光GENJI解散後はジャニーズ事務所でソロ歌手として活動、その後に事務所を移動しましたが、そこも辞めており、現在はプロレスラーをしているようです。

プライベートでは2001年に女優の遠山景織子さんとの間に子供が誕生していますが、籍をいれなかったことから父親の自覚がないのか?とバッシングを浴びました。

中居正広(8月18日)

1988年にSMAPのメンバー入りをし、1991年にはデビュー曲『Can’t Stop!! -LOVING-』を発表。

1995年にはドラマ『味いちもんめ』で俳優デビューをした中居正広さんは、1972年8月18日生まれです。

SMAPとしての活躍以外にも、バラエティ番組の司会業などもこなしていた中居正広さん。2016年にSMAP が解散した後は、野球ファンであることを活かしてスポーツ番組の司会も多数こなしています。

木村拓哉(11月13日)

1988年にSMAPのメンバー入りをし、以降その人気を牽引し続けてきた木村拓哉さんは、1972年11月13日生まれです。

ドラマ『HERO』で着用していたダウンジャケットが大人気になるなど、そのファッションも注目され続けてきた木村拓哉さん。

2018年にはゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』で主演を務め、SMAP解散以降も多方面での活躍が期待されています。

長野博(10月9日)

1995年に23歳でV6の一員として『MUSIC FOR THE PEOPLE』でデビューした長野博さんは、1972年10月9日生まれです。

『ウルトラマンティガ』に出演するなど俳優としても活躍している長野博さんですが、実は1986年からジャニーズ事務所に所属し、「シーラカンス」と揶揄されるほど長い下積み生活を経験しています。

一時期はバックダンサーとしての仕事もなくなり専門学校に通いながらアルバイト、後輩のKinki Kidsのバックダンサーも務め、やっとV6でブレイクを果たしたというジャニーズきっての苦労人なのです。

NEXT:1972年生まれの芸能人・有名人は?【タレント編】
1/4