おぼんこぼんは不仲?水曜日のダウンタウンで話題?人気上昇中? お笑い

おぼんこぼんは不仲?水曜日のダウンタウンで話題?人気上昇中?

「水曜日のダウンタウン」の解散ドッキリで話題になった「おぼんこぼん」という漫才コンビをご存知でしょうか?その不仲ぶりに多くの人がショックを受けたといいます。この記事ではそんな彼らの経歴や不仲説、さらにネット上の反応などについて迫っていきます。

目次

[表示]

おぼんこぼんとは?

ijmaki / Pixabay

「水曜日のダウンタウン」で一躍再ブレイクした「おぼんこぼん」とは、一体何者なのでしょうか?

彼らのプロフィールや経歴などだけではなく、話題になった解散ドッキリの内容や、不仲エピソードについて詳しくご紹介していきます。

おぼんこぼんは、結成50年以上の大ベテラン漫才コンビ

おぼんこぼんは、1965年にコンビを結成した大御所漫才コンビです。「とんねるず」をはじめとして、数々の有名芸人に影響を与えてきたと言われています。

「大きなボンボンと小さなボンボン」という意味で、このコンビ名になったそうです。

おぼんこぼんのプロフィール!事務所や年収は?

おぼんこぼんの2人は「トービック」という事務所に所属していますが、それ以外に一般社団法人の「漫才協会」にも所属しています。彼らのプロフィールは以下の通りです。

  • 「おぼん」…本名:井上博一 生年月日:1949年2月2日 特技:トロンボーン
  • 「こぼん」…本名:馬場添良一 生年月日:1948年12月24日 特技:サックス

大きい方がおぼんで小さい方がこぼん?YouTubeに公式紹介動画が!

YouTubeには漫才協会の公式アカウントが投稿した、2人の紹介動画があります。

「どっちがどっち?!」と思う人もたくさんいるようですが、身長の高い方が「おぼん」で、低い方が「こぼん」になります。上の動画で言うと、右が「おぼん」で左が「こぼん」ですね。

関連する記事はこちら

おぼんこぼんが水曜日のダウンタウンで不仲を暴露!?

AnnaKovalchuk / Pixabay

おぼんこぼんは「不仲コンビ」として有名で、「ナイツ」の塙(はなわ)など同業者からもよくネタにされるほどでした。

ですがその不仲説を一層有名にさせたのは、バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」でした。では、2人の不仲説や番組でのドッキリについてみていきましょう。

コンビの仲は最悪?漫才なのにスタンドマイクは使わない

漫才と言えば2人の間にスタンドマイクを置くスタイルが主流ですが、おぼんこぼんはスタンドマイクを使わずそれぞれが手にマイクを持って漫才をしています。

これは、お互いが目も合わせたくないほど不仲であることを表しています。

コンビ同士で数年間口を聞いていなかった?

また、コンビ同士での漫才以外の私語は一切なく、「水曜日のダウンタウン」で会話をするまで少なくとも8年間は口を聞いていなかったことが判明しています。

客の前で殴り合いの喧嘩をした事も?

Ella_87 / Pixabay

また、漫才をしている最中に舞台上で殴り合いの喧嘩をしたこともあると言われています。

客の前であるにも関わらず殴り合いをするなんて、一体何があったのかとネット上では囁かれていますが、詳細については確実な情報がありませんでした。

最近、「水曜日のダウンタウン」で不仲が暴露された

そして2019年2月27日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS)にておぼんこぼんの不仲が多くの人に知れ渡ることとなりました。

コンビ解散ドッキリで話題に?

Peter-Lomas / Pixabay

プレゼンターの小藪千豊が持ってきた「芸人解散ドッキリ師匠クラスの方が切ない説」にて、おぼんがこぼんに解散ドッキリを仕掛けるという内容でした。

ヒヤヒヤする内容で笑えない!実際の動画は?

実際の動画についてですが、少し前にはYouTubeにアップロードされていましたが、現在では削除されていて見ることができません。

ですが動画のキャプチャー画像はネット上に出回っていますので、ぜひ検索してみてください。

ドッキリのつもりが本当に解散決定?その後の話し合いで解散は免れる

解散ドッキリを仕掛けようとしたおぼんでしたが、自身の感情がヒートアップしてしまい、こぼんに対して「謝るか謝らへんか」という2択を突き付けました。

おぼんは今まで我慢してきたことがあるらしく、それに謝ってほしかったみたいですが、それを聞いたこぼんは「そんならもう辞めましょう」と逆に解散を提案してきたのです。

進行していたナイツの2人は急いで止めに入り、話し合いの末に何とか解散は免れましたが、不穏な空気が漂っていました。

ばらした時に仕掛け人のナイツは本気で怒られた

止めに入ったナイツに対して、仕掛けられたこぼんは「何やねん、それ」と怒りを露わにします。その表情は恐ろしいものでした。

スタジオの芸能人や視聴者もかなりのショックを受けた

スタジオでVTRを見ていた芸能人や視聴者は、2人のマジな喧嘩にショックを受けました。また、それをテレビで放送したことに対し、「攻めすぎだ」という声もあったようです。

ダウンタウンもドン引きだった?

ダウンタウンの2人もドン引きだったようで、VTRが終わると「解散する気はないと思いますけど…」と必死のフォローをしたのでした。

あまりにも殺伐とした様子に信じられない人も?

また、その喧嘩があまりにも殺伐としすぎていて、「ナイツに対する逆ドッキリでは?」と疑った人も少なくなかったといいます。

放送後のツイッターはおぼんこぼんの話題で溢れかえった!

また、放送後のツイッターではおぼんこぼんの話題で溢れかえり、多くの人が「#おぼんこぼん」というハッシュタグをつけてツイートしました。その一部をご紹介します。

  • これ観たお笑い好きな年寄はショックだろうなあ。でも面白かった!!
  • おぼん・こぼんショックでテスト勉強できません。
  • スタジオだけでなく視聴者のこっちもおぼん・こぼんショックが…(笑)

(引用:Twitter)

上記のように、「おぼんこぼんショック」という言葉まで作られたのです。

面白かったという声も?なんjでは今までで一番面白い回と絶賛

PhotoMIX-Company / Pixabay

ショックだった人も多くいるなか、放送ギリギリの状況が面白かったという声もあります。

「なんでも実況J」通称「なんJ」という掲示板では、「今年一番面白いと思った」や「やめてあげてほしかったけど結果的に面白かった」といったコメントが寄せられていました。

「水曜日のダウンタウン」では、第2弾として仲直り大作戦を実施

この放送が反響を呼び、2019年7月3日の「水曜日のダウンタウン」では、おぼんこぼんへのドッキリ企画第2弾が放送されました。

「仲直り大作戦」と称し、再び2人は正面から向き合うことになったのです。ですが前回と同様に険悪な空気が流れ、こぼんが怒って部屋を出ていってしまいました。

こぼんはネタばらししたナイツに激怒し、おぼんに至っては「ほんと腹立つ」「クソー!」と言って号泣してしまうまでに至りました。

現在は人気再燃中?プロの姿勢がカッコいいと話題に!

TeroVesalainen / Pixabay

解散ドッキリの放送がされてから、おぼんこぼんの人気が再燃していると言われています。また、「プロの姿勢がかっこいい!」と評判のようですが何故でしょうか?現在の彼らの評判についてみていきます。

ドッキリでは、おぼんがマネージャーの反対を押し切って依頼を受けた?

inproperstyle / Pixabay

第1弾の解散ドッキリの際、実は2人のマネージャーが反対していたそうですが、おぼんがマネージャーを抑えて依頼を受けたのだといいます。

マネージャーは反対していただけあって、ドッキリの最中には「この世の終わり」のような顔をして席を外す場面もありました。やはり、険悪な空気になることは分かっていたのでしょう。

こぼんもVTRを流す事を許した

Bokskapet / Pixabay

そしてドッキリを仕掛けられた側のこぼんも、VTRを流すことを許しました。もしこの時に拒否していれば、このようにおぼんこぼんというコンビが話題に上がることはなかったでしょう。

2人のプロとしての姿勢がかっこいいと話題に!

edar / Pixabay

このドッキリに「怖い」と思った人も多かったですが、それと同時に「プロ意識がかっこいい!」とも話題になりました。

ツイッターでは、上記のように不仲であるのに漫才はきちんとこなしていることや、VTRの放送を許可してくれたことに対して感心する人が多くいました。

ナイツの塙に逆ドッキリで仕返ししていたというおちゃめな話も

第1弾の放送後、おぼんが進行役をしたナイツに逆ドッキリをして仕返しをしていたと、ナイツが自身のラジオで語りました。それは4月1日、エイプリルフールのことでした。

おぼんが土屋に送ったメールというのは「君たちのせいで解散することになりました」という、あまりにもショッキングな内容だった。

土屋は「いつもエープリルフールのドッキリとかすぐ気づくんですけど、その時はさすがに信じちゃって」と冷静ではなかった様子。解散がウソだと分かると、思わず「勘弁してくださいよ!」と返信してしまったとか。「この流れは本当にダメだろ」と、土屋にとってこの一件はまだまだトラウマであるようだった。

(引用:スポニチ)

ドッキリの放送がきっかけで若い人が劇場に来ている?

Ajale / Pixabay

また、「水曜日のダウンタウン」でのドッキリ放送がきっかけで、今までおぼんこぼんを知らなかった若い人が劇場に来ているといいます。

ですがやはり、2人の立ち位置や目線を一切合わせない漫才に違和感を覚える人も多いようです。

ドッキリを放送した事で人気が上がった!

rawpixel / Pixabay

この解散ドッキリを放送したことで、おぼんこぼんの知名度や人気が上がったとも言われています。

実際に放送後は、ツイッターで「水曜日のダウンタウン」や「おぼんこぼん」のワードがトレンド入りするという現象が起きています。それだけ多くの人が関心を持ったのです。

仲は悪いがビジネスパートナーとして信頼し合っている?

Comfreak / Pixabay

おぼんこぼんの2人が不仲であることは確実ですが、お互いを「ビジネスパートナー」として見ていて、仕事仲間としては信頼しあっているのではないか、とも言われています。

ビジネスパートナーとしての信頼すら無かったら、それこそすぐにでも解散してしまうでしょう。ですがコンビが続いているということは、それなりの関係が築けているのではないでしょうか。

NEXT:おぼんこぼんのネタは?タップダンスと歌が有名?【動画あり】
1/3