おまどうまとは?意味や元ネタは?嫌い?淫夢民からの評判は? おもしろ

おまどうまとは?意味や元ネタは?嫌い?淫夢民からの評判は?

ホモな人達が登場する淫夢実況内のセリフが元ネタとなった「おまどうま」、嫌いな人は「おまどうま殺す」や「おまどうま激寒」といったコメントを残すこともあるとか。そこから派生した「カマドウマ」や「うp乙」と合わせて、その意味や使い方を解説します。

目次

[表示]

「おまどうま」とは?意味は?元ネタは?評判もまとめ!

lukaszdylka / Pixabay

「お前の動画をまってたんだよ」を略して「おまどうま」は、真夏の夜の淫夢と言うホモゲームの実況中継が元ネタとなり派生した言葉です。

ニコニコ動画では動画再生中の画面上に投稿者のコメントが流れることがありますがこの中にあった言葉が「おまどうま」でした。

動画投稿してくれたことに対して感謝の意を伝える意味で「おまどうま」と使われることがよくあるそうです。

「おまどうま」とは?意味は「お前の動画を待っていたんだよ!」の略?

blackmachinex / Pixabay

お前の動画を待ってたんだよ、とコメントしたくなるほど、その人の投稿した動画に夢中になりましたと言う感謝の言葉が「おまどうま」です。

「おまどうま」がネットスラングとして使われ始めたあたりから、投稿動画の冒頭シーンが「おまどうま」と言う言葉で埋め尽くされることもあるようです。

おまどうまの元ネタは?淫夢の「お前のことが好きだったんだよ!」

ju_sajjad0 / Pixabay

実況者が「真夏の夜の淫夢」の中からセリフを切り取って実況に当てました。動画の中にあった「お前のことが好きだったんだよ」のセリフを実況に使ったことが大きな反響になったようです。

元ネタとなる真夏の夜の淫夢とは

surajSTk / Pixabay

ニコニコ動画で淫夢実況シリーズが確立したのは「真夏の夜の淫夢」のキャラクターによるセリフを実況シリーズの題材にしたことが始まりでした。

キャラクターの中から特に人気で題材にされやすいものが、野獣先輩やTLのセリフです。淫無系投稿者の間でも特に好まれて使われているようです。

おまどうまは嫌い?激寒という声も?

いわゆるノンケ(同姓愛ではない人)の中では、同性愛に対し嫌悪感を示す人も多くいることから「おまどうま殺す」過激な言葉を使う人もいるようです。

また反対に本当は「おまどうま」だけれども素直に言い表すことのできないツンデレ系の人が使う言葉として、「おまどうま殺す」と言う表現もあるようです。

ストレートな感情をぶつけることが苦手とする日本人に、よくありがちな理由かもしれません。

おまどうまの淫夢民からの評判は?

淫夢系実況者にとって中には正当な淫夢系実況者では無い人が混入していることに不満を述べる人もいるようです。

普通に動画を投稿しても再生回数が伸びないため、淫夢に寄せて投稿することで再生数の伸びを狙ったと言う邪な投稿者がいることです。

淫夢に興味も無いのに、無理やり動画をアップロードすることに邪道であるとコメントしていました。

関連する記事はこちら

「おまどうま」の使い方・使用例

Clard / Pixabay

自分の好きな投稿者が動画をアップロードすると途端に画面に流れるのが「おまどうま」の大連呼でした。

待ちに待った動画がやっと投稿された喜びで視聴者たちが次々と投稿する言葉が「おまどうま」なのです。

おまどうまは人気淫夢実況シリーズで主に使用されている

Pexels / Pixabay

この動画シリーズ「真夏の夜の淫夢」は単純なホモの動画ではありません。淫夢実況シリーズとされる前から動画の中で使われるセリフが面白いと評判でした。

特に野獣先輩やTDNセリフが面白いとしてエム実況シリーズではよく使われています。

おまどうまは「うぽつ・うp乙」と似たような意味で使われる

mohamed_hassan / Pixabay

「うp乙」や「うぽつ」を訳すと「アップロードお疲れ様」という意味になるそうです。「うpあり」「うぱり」(アップロードありがとう)という同義語もあるようです。

ネットの世界では、現実の世界では使用されない様々なネットスラングがたくさん生まれているようです。

「おまどうま」の派生

aitoff / Pixabay

「お前の動画待ってました」と言う視聴者の喜びは「おまどうま」だけで伝わります。となるとその言葉を使わない手はありません。

おまどうまは、あっという間に動画のコメントとして広まっていきました。今では、当たり前の言葉として頻繁に使用されています。

おまどうま殺すとは?

「殺す」と言う言葉がついてることでどきっとしますが、実は動画の投稿者を脅しているわけではありません。また「おまどうま激寒」とも言うそうです。

おまどうまだけでは、ノンケ感が強調されて少し恥ずかしい、と言う理由で「おまどうま殺す」とする人もいるようです。要するにツンデレ系の人たちが使う言葉のようです。

中には本当に嫌悪感だけでおまどうまを使うな、と言う意味で「おまどうま殺す」とする人も存在しています。ノンケで淫夢系が嫌いなあまり「殺す」という過激な表現を使っています。

おまどうまから派生?「カマドウマ」とは?

Free-Photos / Pixabay

「おまどうま」によく似た言葉「カマドウマ」ですが、実は単純に言葉の響きがおまどうまに似ているから使われただけで何の意味もありません。

動画の視聴者にノリでネットスラングを作る人も多いようですので、カマドウマもその響きに面白さを感じて投稿した言葉のようです。

「おまどうま」以外の定番コメントまとめ!

geralt / Pixabay

淫夢実況シリーズには他にも定番のコメントがいくつか存在します。中でもよく目にする定番のコメントを紹介します。

「投稿したりしなかったりしろ」

geralt / Pixabay

とても矛盾しているようですが、これには投稿者の動画を待ちわびている視聴者の思いやりが含まれています。

動画をたくさん投稿されると視聴者にとっては嬉しい反面、あまり無理をしないようにとの気持ちから「投稿したりしなかったりしろ」と言う言葉が使われるようになったそうです。

「毎秒投稿しろ」

niekverlaan / Pixabay

「毎日投稿しろ」とか「毎週投稿しろ」と具体的な時間を指定すると、投稿者がプレッシャーに感じるかもしれません。「毎秒」とリアリティーに欠ける言葉を使うことで本気ではない事を示しています。

投稿を早く見たいと言うはやる気持ちを、「毎秒投稿しろ」と言う言葉で投稿者に伝えることで「楽しみにしているよ」の代わりになるようです。

おまどうまのコメントで溢れる人気の淫夢実況シリーズ

淫夢実況シリーズのタグを含む動画は、なんと現在50,658件も存在します。まだまだ増えていくことでしょう。

投稿者視聴者によって実況されたゲームはRPG(ロールプレイングゲーム)や、格闘、アクション系、FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)など様々です。

KMRが如く

Engin_Akyurt / Pixabay

「KMRが如く」とは「木村拓哉が如く」でキムタクが出演しているゲームです。「修羅が如く」にかぶせて作られたもののようです。

やはりここでもキーワードは「ホモ」、お尻を褒めたたえるコメントがとても多いようです。

810ハザード0./バイオハザード0

面白くユニークの実況はセンスある語録が挟んであり、中々ののクオリティーです。ゲームのシステム部屋アーカイブの紹介も入れているので初めて見る実況動画としてはお勧めのものです。

迫真バイク部・融合の裏技/Trials Fusion

WebDonut / Pixabay

難易度の高さが半端ないバイク実況動画です。何千回も挑戦する実況者の様子が、コメントとともにとても面白く構成されています

何度も何度もリトライするうちに、次第に上手になっていく実況者と同じようにうれしくなっていく動画です

迫真ロボ部 これもうわかんねぇな裏技.mp1/machinarium

ronymichaud / Pixabay

ロボ ジョセフがギャングに恋人を攫われてしまい、その救出向かうため旅に出るというストーリー構成のゲームです。絵に隠された謎解きの難解さにギブアップしそうになります。

薬草学レ○プ!ホグワーツ魔法魔術学校1年生と化した先輩.mp4

Free-Photos / Pixabay

フリットウィックの魔法の使い方の説明「だーよ」が特徴的なこのゲームは、途中途中でおホモ達の喘ぎ声がそこはかとないキモさをアピールしています。

視聴者たちのコメント欄も微妙な雰囲気が感じられるものもあるようです。ポッター君が「ホッター君」に聞こえるのはツボです。

知っていると面白いネットスラング

ネット上には、国語辞典に載っていないような様々なネットスラングと言うものが存在しています。またその使い方も独特で言い回しもとても面白いものが多いようです

ROM専

MIOTRAN / Pixabay

スレッドなどを書き込まずただコメントを見ているだけの人を「ROM専」といいます。ROM専ばかりのスレ等もやや面白みにかけていくようです。

コテハン

geralt / Pixabay

固定ハンドルネームの略称でネット上のニックネームのことです。その人を特定するのに使用され、@の後に名前をつけるとコメントビュアーに登録され、その名を覚えてもらえるとか。

ディスる

alehidalgo / Pixabay

尊敬する=リスペクトですがその反対の意味として「ディスリスペクト」から馬鹿にしたり軽蔑したりすることをディスるとして使っているようです。

メンヘラ

メンヘラとはいわゆるメンタルヘルス、精神的に不安定な人のことを指します。うつ病とか心の病を抱える人たちに対して使う言葉ですが、否定的な言葉ですので注意しなければいけません。

草生えた

「www」と書いて笑うという意味ですが、wを並べたことが草原に見えることで「草=笑う」になったようです。草生えると言う言葉も「笑える」と言う意味です。

ナマポ

lannyboy89 / Pixabay

生活保護を略して生歩=ナマポと言う意味です。どちらかと言うと差別用語的な言葉で、ニコ生の中でナマポを支給されながら、ネットサーフィンしまくっている人が話題となりました。

生命保険と被る生保ではなく、誤解を生まないようにナマポとしたようです。

NEXT:まだまだ増える「おまどうま」
1/2