絶世の美女図鑑!日本・世界が誇る絶世の美女をまとめて紹介 恋愛・心理

絶世の美女図鑑!日本・世界が誇る絶世の美女をまとめて紹介

いつの時代にも絶世の美女という人たちが存在します。今回は、歴史上、現代の女優やモデルから、更には日本、世界と色々な視点からの絶世の美女を集めてみました。見ているだけで幸せな気持ちになれるような絶世の美女が沢山でてきます。

目次

[表示]

絶世の美女とは?

darksouls1 / Pixabay

まず絶世の美女という言葉の意味について確認です。美人というのは、容貌の美しい女性をさしますね。そんな美人、美女はたくさんいるので、その中でも本当に美女なのが絶世の美女となります。

一般の女性とは区別され、けた外れに美しい女性なので、まわりから美女と言われているような人と並んでも絶世の美女は目立ってしまうのです。

類語は、「美しい」「かわいい」「べっぴんさん」などで、絶世の美女は普通の人と遺伝子から違っていて整った顔をしています。

美人についての記事はこちら

日本が誇る絶世の美女は誰?【歴史上の人物編】

sasint / Pixabay

それではまずは、歴史上の人物から日本が誇る絶世の美女をみていきましょう。

① 世界三大美人の1人 小野小町

小野小町さんは、平安時代前期の女流歌人で、日本で言われている世界三大美人の1人して知られています。出生も生い立ちも謎に包まれ、墓は日本中で10ヵ所以上の候補が上がっています。

小野小町さんに恋をした深草少将が、100夜通うように言われて、会えず話せずなまま雨でも風でもひたすら通い続けて99日目に雪の降る中、過労で倒れて死んでしまうという、百夜通い伝説というのが有名です。

② 鹿鳴館の華とも言われた陸奥亮子

陸奥亮子(むつりょうこ)さんは、安政から明治を生きました。明治時代の政治家、外交官だった伯爵・陸奥宗光さんの夫人です。

日本赤十字社の正社員として働いていました。美貌と聡明さにより、「ワシントン社交界の華」と呼ばれていました。

③ 朝ドラ「あさが来た」のモデルにもなった広岡浅子

NHK朝の連続テレビドラマの、「あさが来た」のヒロインだったあさのモデルとなった広岡浅子さんは、京都の油小路通出水の小石川三井家六代当主であった三井高益の四女として生まれました。

女性実業家として、明治を代表することになり、「一代の女傑」として称えられました。豪気・英明な天性からそういわれたようです。ドラマでもかっこいい女性でしたね。

④ 山田英夫伯爵の令嬢でもあった薩摩千代子

薩摩千代子さんは、山田英夫伯爵の令嬢です。フランスではバロン薩摩と呼ばれていた富豪の薩摩治郎八の妻になりました。

カンヌの美人コンクールで優勝したり、『ヴォーグ』というフランスのファッション誌にも何度も登場していたという国際派の美人です。

藤田嗣治さんが、とてもかわいがっていて「ドーリー(お人形)」と呼んでいた、洋画家の佐伯祐三さんにも気に入られていたように言われています。

⑤ 華族の令嬢でもあった柳原白蓮

柳原白蓮(本名は柳原燁子)さんは、明治から昭和を生きた歌人です。大正三美人の中の1人となっています。大正天皇の従妹にあたるようです。

華族の令嬢で、楚々とした和風美人な外見ですが、熱いものを秘めていたようです。朝ドラ「花子とアン」に出ていた蓮子のモデルとなっているようなので、見ていた人はつながるでしょうか?

大正10年10月に、大阪朝日新聞で夫へ絶縁状を公開して、7歳年下の帝大生・宮崎龍介の許へと走ったことを白蓮事件と呼ばれています。夫というのは、九州一の炭坑王である伊藤伝右衛門でした。

⑥ 大正時代の三大美人とも言われた九条武子

九条武子さんも大正三美人の1人となっていて、白蓮さんとは親友で、ともに歌人でした。明治から昭和を生きた教育者、歌人で、社会運動活動家としても活躍しました。

その活動は様々で、仏教主義の京都女子専門学校(京都女子学園・京都女子大学)を設立、関東大震災により全壊の築地本願寺の再建、震災による負傷者や孤児を救助する活動(「あそか病院」など設立)などがあります。

公爵家出身の正金銀行勤務の九条良致(くじょうよしむね)さんに嫁ぎました。家柄や外見から、「孤閨を守って十年の哀愁美人」、「才色薄幸の歌人」などと言われましたが、本人はさっぱりお転婆女性だったようです。

⑦ 富豪モルガンに見初められたモルガンお雪

モルガンお雪さんは、明治時代、京都に生まれ祇園の芸妓となり、胡弓の名手でした。20歳の時にアメリカ金融財閥のモルガン商会創立者の甥であるジョージモルガンに見初められて国際結婚をしました。

それで、この結婚した日である1月20日を玉の輿の日と言われるようになったようです。

⑧ 坂本龍馬の妻だった楢崎龍

坂本龍馬の妻「おりょう」として有名な楢崎龍さんは、凛とした気の強さを持っている素敵な女性でした。

日本初の新婚旅行をしたカップルとしても、有名ですね。鹿児島で温泉巡りをしたようです。

もう1つ有名な話では、おりょうさんが入浴中に、龍馬が狙われていることを知り、そのまま布一枚羽織っただけの姿で宿を駆け回り龍馬に無事に伝えることが出来て難を逃れることができた、という話もあります。

⑨ 銀河鉄道999・メーテルのモデルにもなった楠本高子

楠本高子さんは、銀河鉄道999のメーテルのモデルとなったと言われています。実際は、モデルとしたというよりも、どこか遺伝子の中に残っていて手が動いたというようなことを作者が言っていました。

長崎出島のオランダ商館医で、日本国内で初めて西洋医学(蘭学)を推進したフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトのお孫さんです。

⑩ 木戸孝充(桂小五郎)の妻・木戸松子

木戸孝光さんの妻の木戸松子さんも美しかったのです。この2人は、幕末を代表できる美男美女カップルといえるでしょう。

美しくて、行動力があり、健気な人だったようです。現代にいても人気だったに違いありません。

世界が誇る絶世の美女は誰?【歴史上人物編】

次に歴史上人物から、世界が誇る絶世の美女もみてみます。世界的に有名な美女の名前が並びます。

① 世界三大美女の1人楊貴妃

世界三大美女の1人として知られている楊貴妃です。どんなに美しかったかがわかるエピソードとして、それまで中国で輝かしい時代を支えていた文武両道の名君の玄宗皇帝の話があります。

玄宗皇帝が楊貴妃に惹かれてしまい、政治を放棄するほどに楊貴妃のために生きてしまい、それをきっかけに反乱へと繋がってしまいました。

楊貴妃は多芸で、特に踊りが得意で天女のようにしなやかに舞い、舞うと香料のほどよい香りがただよっていたといいます。美しい上、多芸で踊りが得意なのですね。

② エジプトの最後の女王 クレオパトラ7世フィロパトル

絶世の美女と言えば、誰もが聞いたことあるのではないでしょうか?もはや美女の代名詞となっているクレオパトラです。美女なだけでなく、人類史にも大きな影響を与えています。

人類史上屈指の大物と言われたローマのユリウス・カエサルがクレオパトラに夢中になり、カエサルの死後には、これまた自分を愛しているアントニウスと共に祖国エジプトの存亡をかけ、オクタヴィアヌスと対決します。

その戦いで敗れたクレオパトラは自害して、約300年続いていたプトレマイオス朝エジプトが滅ぼされてしまいました。

③ オーストリア・ハンガリー皇帝の皇后エリザベート

オーストラリア・ハンガリー皇帝の皇后エリザベートも、絶世の美女と呼ばれ、シシィという愛称でも知られています。

現代に通じる美容法やダイエットの多くを実践していたと言われていました。多品目を食べない極端なダイエットにより栄養不良で鬱や精神的悪影響を受けていたともいわれます。

1898年9月10日に暗殺されるという衝撃の最期を迎えています。

④ フランス王妃として活躍したマリー・アントワネット

フランス王妃だった、マリー・アントワネットは、派手好きだし贅沢だし浪費家な生粋のお姫様だったようです。漫画ベルサイユの薔薇でおなじみの人もいるのではないでしょうか。

ですが、先代ルイ15世の代でフランス財政は、過去の王達が多数の愛人に使った金、戦争による金、それぞれ巨額の支出となり既に傾いていたといいます。

マリー・アントワネットは最終的にはブルボン家による圧政、散財の清算のためにフランス市民による処刑を受けました。

⑤ 英国の女王として君臨したエリザベス1世

英国王ヘンリー8世が父、2番目の妻アン・ブーリンが母の、エリザベスは、やがて英国女王として君臨します。映画「エリザベス」と続編「エリザべス:ゴールデン・エイジ」で描かれています。

当時は、キリスト教の支配が大きくて、女性は罪深いとされていたので、質素にメイクも白く地味にしていました。表情が出ないよう、白く厚く塗り病的に見せることが美しさの表れだったので映画でも演出されています。

手の美しさも、仕事をしていないことを表していて自慢でした。大きなドレスで権威を象徴して、ブロンドのかつらを80個所有していたとも言われています。

⑥ 娼婦から宮廷夫人になったデュ・バリー夫人

デュ・バリー夫人は、もともとは私生児として生まれて、娼婦として宮廷内で侮蔑されて生きていました。

その後、多くの男たちに愛されて、だんだんお相手の男性の身分が高くなっていき、フランス国王ルイ15世の愛人となりました。

宮廷夫人となってから、フランス革命が起こり、一度はイギリスに逃れたのですが、自分の財産を回収しようとフランスに帰国した時に革命派に捉えられてしまい、ギロチン台に送られたのでした。

⑦ 奴隷から皇后へヒュッレム・ハセキ・スルタン

田舎生まれで貧しい少女だったヒュッレムは、奴隷市場で裸にされてセリにかけられていたところ、オスマン帝国皇帝スレイマン1世のためということで帝国NO.2のイブラハムに購入されていきました。

そしてスレイマン1世に寵愛を受けました。そして、次々にライバルを陥れていき、奴隷出身から皇后となって、息子を帝位に就かせることができました。

寵愛されたことにより、帝国の慣例、慣習を打破して以降に多大な影響を与えました。

⑧ ギリシア神話に登場する美しい女性ヘレネー

ヘレネ―は、絶世の美女としてギリシア神話に登場している女性で、スパルタで信仰されていた樹木崇拝に関わっている女神だったといわれています。

ゼウスとネメシスが実親と言われていますが、表向きはスパルタ王のテュンダレオースと王妃のレーダーの娘であることになっています。

メネラーオスの妻となりましたが、イーリオスの王子のパリスにさらわれてしまって、それがもとでトロイア戦争が始まってしまいました。

⑨ 酒池肉林の語源にもなった帝辛の側室・妲己

妲己は、殷朝最後の王である帝辛(ていしん)にとって最愛の側室であり后となった人です。この人も、夢中になりすぎて国の崩壊を招いたと考えられて悪女の代名詞的存在になっています。

妲己を毎日満足させたくて、酒池肉林の由来にもなったという振る舞いをします。酒で池を満たして、木々に肉を下げて林に見立てて、その林の間に裸の男女が走るような豪華な宴を開いていました。

中国の神話では、この美女を「拷問好きで邪悪な狐の権化」として描かれています。

⑩ 父親殺しで処刑された美少女ベアトリーチェ・チェンチ

ベアトリーチェ・チェンチは、ローマで悲劇的な最期を迎え、絵画や文学に強い影響を与えたという美少女です。家族に虐待を加え続ける父親を一家で殺害した罪で死刑になりました。

兄の主導でベアトリーチェは何も知らなかったとか、父親と近親相姦の関係だったとか、世間は同情的だったのですがローマ教皇クレメンス8世は一説だと財産目当てにより慈悲は示さず処刑をしたとも言われます。

その後、処刑された前夜になると、彼女の幽霊が、斬られた首を持ち処刑された橋に戻るという伝説が生まれています。

日本が誇る絶世の美女は誰?【女優編】

Olga1205 / Pixabay

次は、今現在日本が誇る絶世の美女を見ていきます。女優の中にも絶世の美女がたくさんいますね。

① ニュースキャスターとしても活躍していた桐谷美玲

桐谷美玲さんは、ニュースキャスターとしても活躍していた、才色兼備な女優さんです。1989年12月16日生まれです。2018年に俳優・三浦翔平さんと結婚しました。

② なりたい顔ランキングで1位にも輝いた石原さとみ

石原さとみさんは、雑誌「美的」が行っているなりたい顔ランキングの常連で3年連続1位となって殿堂入りを果たしている女優さんです。1986年12月24日生まれです。

③ ショートヘアが可愛いと話題になった小松奈々

小松奈々さんは、1996年2月16日生まれの女優さんです。2018年にばっさりと髪を切りショートヘアにしたことで話題になりましたが、それまでは美しいロングヘア―が特徴でした。

もともとのロングヘア―も、ばっさりのショートヘアも似合ってしまう美女なのです。

④ 小顔でバランスの良い顔立ちが特徴の佐々木希

佐々木希さんは、小顔でバランスが良くてまさに絶世の美女と言われている、女優兼モデルさんです。

1988年2月8日生まれで、2017年にアンジャッシュ渡部健さんと結婚し、2018年には出産してママになっています。

NEXT:⑤ 結婚・出産をしても美しさは変わらない上戸彩
1/4