たらこ唇の基準は?原因や自力で治す方法、メイク・髪型も紹介!

あなたの周りで、たらこ唇で悩んでいる人はいませんか?もしその人が、たらこ唇の治し方は整形しかないと思っているなら、実は、他の方法もあります。リップを使ったメイクで隠すことだってできます。今回はそんな、たらこ唇についてまとめてみました。

たらこ唇とは?基準は何?

女性の厚い唇は色っぽさを演出してくれます。艶やかな雰囲気を出している、色っぽくて厚い唇の芸能人などに憧れを抱いている人もいるでしょう。

しかし、色っぽさを演出してくれる程度の厚い唇なら大歓迎ですが、厚すぎるという唇はたらこ唇と言われてしまいます。

今回は、そんな厚すぎる唇、たらこ唇というのはどういったものなのか、たらこ唇の基準はいったいどこからなのかを紹介していきます。

たらこ唇とは?

haidi2002 / Pixabay

自分は周りの人たちよりは、少し唇が厚いような気がしているが、これは周りから見ると、たらこ唇と言われるような唇のなのだろうかと悩んでいる人もいると思います。

たらこ唇というのは、その名の通りに、魚卵のたらこのようにふっくらと厚い唇のことを意味しています。魚のたらの卵巣であるタラコは、2本のセットで1腹と数えます。

その2本セットの1腹のたらこが厚い唇に似ていることから、「たらこ唇」という言葉が誕生したと考えられているようです。

たらこ唇の基準は?

ivanovgood / Pixabay

平均的な唇の厚みは、上の唇が8mm、下の唇が10mmとされているようです。たらこ唇と呼ばれている人たちは、この唇の厚みの全体が2.5cm以上の方です。

しかし、唇は上唇が1なのに対して、下の唇が1.5という比率が美しく見えるようになっているので、たとえたらこ唇でも、その比率になっているのであれば美しく見えるのでしょう。

さらには、唇の美しさというのは、縦の幅と横の幅も大いに関係しています。縦幅が1に対して横幅が3という比率が、唇を美しく見せる最も美しい比率だと言われています。

関連する記事はこちら

なぜたらこ唇になってしまうの?原因は? 

simonwijers / Pixabay

厚いたらこ唇が色っぽさを醸し出しているような女優さんに、憧れを抱いている人も多くいるのではないでしょうか。

しかし、その色っぽさを出しているたらこ唇も、バランスが崩れて、さらに大きくなっているような人はブサイクに見えてしまうかもしれません。

今回は、どうして厚すぎる唇になってしまうのか、何が原因でたらこ唇になってしまうのかを紹介していきたいと思います。

遺伝

qimono / Pixabay

たらこ唇になってしまう原因の1つ目は「遺伝」が関係しているようです。

自分の家族やおじいちゃん、おばあちゃんの唇を見てください。もしたらこ唇であるのだとしたら、遺伝が原因で、あなたもたらこ唇になってしまったのかもしれません。

遺伝が原因でたらこ唇になってしまった人で、そのたらこ唇を治したいと考えている人は、自力で唇を薄くする事は可能性としてはかなり低いようなので、整形手術が無難な選択のようです。

歯並びの悪さ

MarCuesBo / Pixabay

たらこ唇になってしまう原因の2つ目は「歯並びの悪さ」が関係しているようです。

ボテッと前に飛び出しているようなたらこ唇は、その歯並びの悪さが原因かもしれません。歯並びが悪く出っ歯のようになっている方は、そのまま分厚い唇も前に飛び出してしまいます。

歯並びが悪くてたらこ唇に見えているような人は、歯並びを矯正する事で、そのたらこ唇も前に出ることもなく、コンプレックスは解消されるかもしれません。

無意識な口呼吸

Free-Photos / Pixabay

たらこ唇になってしまう原因の3つ目は「無意識な口呼吸」が関係しているようです。

今の現代人は、鼻から呼吸する鼻呼吸よりも、口から呼吸する口呼吸をする人が多いようです。実は、口呼吸をすることによって、たらこ唇になってしまうかもしれません。

口から呼吸をするということは、空気を通りやすくするために、無意識に口が開いた状態になっていることが多いです。長期間口が開いた状態だと、自然と唇は前に飛び出していき、たらこ唇になってしまうようです。

口輪筋の衰え

ivanovgood / Pixabay

たらこ唇になってしまう原因の4つ目は「口輪筋の衰え」が関係しているようです。

口輪筋とは、口の周りにある表情筋で、口角を上げたり、口全体の筋肉がたるまないようにするものです。その口輪筋が衰えてしまうと、唇がたるんでしまい、たらこ唇に見えやすくなります。

さらに、口角が下がっていくと顔全体が老けて見えてしまうので、最近、口輪筋が衰えてきたなと感じた人は、口角を上げて鍛えることをお勧めします。

アレルギー反応

pixel2013 / Pixabay

たらこ唇になってしまう原因の5つ目は「アレルギー反応」が関係しているようです。

唇というのは、皮膚が薄くて非常にデリケートな部位です。ですから、アレルギー反応にも過剰になり、少しの化学薬品で反応してしまい、唇が腫れてしまいます。

化学薬品というのは、リップなどにも使われています。もしお使いのリップで唇がヒリヒリするなどの症状が出ているなら、使用をやめてお医者さんに相談してください。

唇の赤みが増している

Valiphotos / Pixabay

たらこ唇になってしまう原因の6つ目は「唇の赤み」が関係しているようです。

春夏秋冬、季節を通して血行が良くなる夏は、唇の赤さも増すようです。唇に赤さが増すと、晴れぼったく見えて、たらこ唇のように見えてしまうこともあるようです。

夏の血行のよさで、唇に赤さが増してしまった場合は、唇の赤さを目立たなくするためにメイクを施しましょう。

口内炎でたらこ唇になってしまうこともある?

stevepb / Pixabay

たらこ唇になってしまう原因の7つ目は「口内炎」が関係しているようです。

無意識のうちに唇を噛んでしまってできた傷や、アレルギー反応を起こしてしまってことが原因で唇にも口内炎ができてしまいます。

無意識のうちに唇を噛んでしまった、などの物理的にできた口内炎などは、カタル性口内炎と呼ばれ、熱を帯びて全体的に腫れ上がります。これが原因でたらこ唇に見える方もいます。

たらこ唇だと自分が思い込んでいる場合も

RyanMcGuire / Pixabay

たらこ唇になってしまう原因の最後は「自分の思い込み」が関係しているようです。

鏡を見ていたら、ふと自分は、たらこ唇なんじゃないかと思ってしまう人もいるでしょう。人間一度気になってしまうと自分の中で妄想がどんどん膨らんでいきます。

周りの目が気になって外に出るのも嫌になってしまう前に、一度家族などに相談してみましょう。実際はあなたの思い込みで、全然そんなことないということも多いでしょう。

たらこ唇って治せる?改善方法・治し方を紹介! 

DarkoStojanovic / Pixabay

自分のたらこ唇が嫌で嫌で、すぐにでも治したいと思っている人もいるでしょう。たらこ唇を治す方法はいくつかあるようです。

しかし、あなたがどんなタイプのたらこ唇で、どんな風に治したいかによっても様々な方法があるようです。

今回は、たらこ唇って本当に治せるのでしょうか。その改善方法や治し方を紹介していきたいと思います。

口呼吸の改善

MartinStr / Pixabay

たらこ唇の改善方法や治し方の1つ目は「口呼吸の改善」です。

たらこ唇を治す方法、まずは口からする口呼吸を、鼻からする鼻呼吸に変えることをおすすめします。しかし、ただ単に気をつければいいというものではありません。

口呼吸をしてしまっているような人は、慢性的な鼻炎を持っている方が多いようです。ですから、まずはその鼻炎を治す必要があるでしょう。

表情筋のトレーニング

6335159 / Pixabay

たらこ唇の改善方法や治し方の2つ目は「表情筋のトレーニング」です。

たらこ唇は、表情筋の衰えが原因なこともあるので、簡単なトレーニングを紹介します。一日3セットぐらいがが理想です。

  • まずは、顎を引いて顔を下に向けます。
  • 口は閉じたまま、唇を口の中に吸い込みます。唇の半分ぐらいを吸い込めば大丈夫です。
  • 手を使って左右の頬を上に持ち上げる
  • その状態で笑顔を作り、20秒キープ

メイク

DzeeShah / Pixabay

たらこ唇の改善方法や治し方の3つ目は「メイク」です。

メイクは、たらこ唇を完全に治せるわけではありませんが、たらこ唇を薄く見せる方法としてはとても有効です。

さらに、メイクには、たらこ唇をすぐに薄く見せることができる、というメリットがあります。唇を薄く見せるコツとしては、あまり濃すぎずに、ナチュラルメイクを心がけましょう。

歯列矯正

34680 / Pixabay

たらこ唇の改善方法や治し方の4つ目は「歯列矯正」です。

たらこ唇になってしまう原因の一つは、歯並びや噛み合わせの悪さにあります。歯並びや噛み合わせを改善するには、やはり歯列矯正がいいでしょう。

歯並びが綺麗になることで、あなたの唇も元の位置に戻り、唇も薄くなったように見えます。

噛み合わせ改善

RyanMcGuire / Pixabay

たらこ唇の改善方法や治し方の5つ目は「噛み合わせ改善」です。

噛み合わせが悪いことが原因で、たらこ唇になってしまうこともあるので改善が必要です。噛み合わせを改善する方法としては、マウスピースが有効です。

マウスピースはインターネットなどでも買うことは可能ですが、一度お医者さんにみてもらった方がいいでしょう。

美容整形

sasint / Pixabay

たらこ唇の改善方法や治し方の6つ目は「美容整形」です。

自力で頑張ってもたらこ唇が改善しない人は、美容整形を考えてみてはいかがでしょうか。美容整形をすると、一時的なものではなく、根本的にたらこ唇が治ります。

手術から日常生活に戻れるまでは、1週間から2週間ほどです。たらこ唇を治す手術の費用はだいたい約25万円から30万円ほどとされています。

唇があまり目立たないようなリップをつける

voltamax / Pixabay

たらこ唇の改善方法や治し方の7つ目は「リップのつけ方」です。

リップのつけ方ひとつで、コンプレックスだった分厚いたらこ唇が、一気にチャームポイントに変わるかもしれません。

分厚い唇も、簡単なリップメイクで薄く見せることもできるし、リップカラーに気をつけるだけで唇を小さく見せることもできます。セクシーな唇に変身して周りに見せつけてあげましょう。

髪型やメイクなど唇以外の部分に変化をつける

RyanMcGuire / Pixabay

たらこ唇の改善方法や治し方の8つ目は「唇以外の部分に変化をつける」です。

ここではたらこ唇を目立たせない簡単なメイク術を紹介します。

  • リップコンシーラーで唇の輪郭部分を消します
  • リップライナーで理想の唇を縁取っていきます
  • リップはブラシを使って丁寧に輪郭の内側を塗っていきます
  • グロスは唇の中心部分にだけつけて全体になじませます。

たらこ唇の魅力を知る

RyanMcGuire / Pixabay

たらこ唇の改善方法や治し方の最後は「たらこ唇の魅力を知る」です。

そもそも。たらこ唇はブサイクでコンプレックスに値すると思い込んでいませんか?その考え方を根本的に払拭してください。

たらこ唇は、セクシーだし魅力的で、リップやグロスだってよく映えます。そんなたらこ唇を持っている人は、世の中の薄唇の人たちから羨ましがられています。

たらこ唇の人が綺麗に見えるメイクの仕方は? 

最近はたらこ唇の芸能人が人気だったりするけど、どうやったらあんな風に、可愛くたらこ唇を見せることができるのだろう、と悩んでいる人もいます。

今回は、たらこ唇の人が綺麗に見えるメイクの仕方を紹介していきたいと思います。上記でも少し紹介しましたが、今回はより詳しく紹介していきます。

口紅はどんな色が良い?たらこ唇が目立たないリップの色は?

kaboompics / Pixabay

たらこ唇の人が綺麗に見えるメイクの仕方1つ目は「口紅はどんな色が良くてリップは色はどんな色がいいのか」です。

たらこ唇の人にオススメしたい口紅は、どちらかというと重めのタイプです。ツヤ感もあまりない方がよく、しかし、逆にマットすぎてもダメです。

たらこ唇は濃い色や、透明感のある質感が似合うので、オススメのカラーは赤みがかったベージュです。赤みはあるのだけれど、程よくベージュで控えめなカラーです。

メイクは薄い方が良い?

DzeeShah / Pixabay

たらこ唇の人が綺麗に見えるメイクの仕方2つ目は「メイクは薄い方がいいのか」です。

たらこ唇の人は、濃いめのメイクをするよりも、薄めのメイクをした方がいいでしょう。しかし、あまり薄すぎても逆に唇が目立ってしまいます。

それでは元も子もないので、部分的にメイク法を変えてみたりして、薄くしたり濃くしたりで、メリハリをつけましょう。

正しいリップの仕方は?

MacMonkey / Pixabay

たらこ唇の人が綺麗に見えるメイクの仕方3つ目は「正しいリップの仕方はどうすればいいのか」です。

ここでは、たらこ唇の人にオススメな正しいリップの仕方を順番に紹介していきます。

リップコンシーラーで唇の輪郭を消す

ivabalk / Pixabay

正しいメイクの仕方1つ目は「リップコンシーラーで唇の輪郭を消す」です。

たらこ唇を薄く見せる為に、まずは唇の輪郭を実際の大きさよりも小さく見せます。そのためには、リップコンシーラーで唇と肌の界にしっかりと塗ります。

しかし、リップコンシーラーは塗りすぎてしまうと、化粧崩れを起こしてしまいます。ですから、リップコンシーラーは指にとって使いましょう。

リップライナーを使って唇の輪郭を小さく描く

LubosHouska / Pixabay

正しいメイクの仕方2つ目は「リップライナーを使って唇の輪郭を小さく描く」です。

たらこ唇の輪郭を隠した後は、リップライナーを使って唇の輪郭を小さく描きましょう。上唇は真ん中から外側に、下唇は外側から真ん中に描くと、滑らかに描けます。

口角の部分の輪郭が薄くなりすぎると、バランスが悪い仕上がりになってしまうので、薄くなりすぎないように注意が必要です。

コンシーラーで元の唇の輪郭を消す

Bru-nO / Pixabay

正しいメイクの仕上げは「コンシーラーで元の唇の輪郭を消す」です。

リプライナーで唇の輪郭を書き終えたら、マットでナチュラル系の色のリップを、丁寧にブラシで塗ります。終わりで、リップメイクをより自然に見せるために、元あった影をコンシーラーで隠します。

影が出やすい部分は、唇の上下や口角部分なので、コンシーラーを念入りに塗ってください。最後にグロスを唇の中央に少しだけつければ、唇が薄く見えるメイクの完成です。

NEXT たらこ唇の女性が似合う髪型は?