ババ・ヴァンガとは?2019年の予言は?2020年以降もまとめ 占い・スピリチュアル

ババ・ヴァンガとは?2019年の予言は?2020年以降もまとめ

的中率80~85%「予言者・ババ・ヴァンガ」とは何者なのでしょうか。予言の多くが衝撃的なものだったため政府により、国家機密扱いにされたといいます。今年2019年から先2020年以降の予言もされているのでしょうか?彼女の予言をまとめてみました。

目次

[表示]

ババ・ヴァンガとは?的中率85%の盲目の予言者

ババ・ヴァンガの予言はあまりの的中率の高さゆえに、国家機関も予言を機密にして封印、しばらく内容を明かされることはありませんでした。

ババ・ヴァンガとはブルガリアの予言者?

ババ・ヴァンガはブルガリアの予言者で、ヨーロッパで大変大きい影響力をあたえた人物です。

フルネームはヴァンゲリヤ・パンデヴァ・ディミトロヴァ(Vangeliya Pandeva “Baba Vanga” Dimitrova)、「ババ」はブルガリア語で「おばあちゃん」という意味です。

ババ・ヴァンガが予知能力を得たのは盲目になってから

Comfreak / Pixabay

12歳のとき竜巻飲み込まれるという災難に遭っています。その時の激しい砂嵐で両目が傷ついてしまい失明、盲目となってしまいました。

そして不思議な力に目覚め予知能力を得たのです。本人は、普通の人には見えない不思議な生き物が、未来の出来事を予知夢として教えてくれると主張しています。

ババ・ヴァンガの予言的中率は80~85%

moritz320 / Pixabay

彼女の予言的中率は80~85%といわれています。日本でも忘れてはならない、あの時の出来事を予言していました。

「アメリカ同時多発テロ」「スマトラ沖地震」「バラク・オバマ大統領当選」「東北太平洋沖地震・福島第一原子力発電所事故」などを予言したというのです。

あの独裁者「アドルフ・ヒトラー」がババ・ヴァンガのもとに訪れて、戦争の行方を尋ねたこともあったそうです。

ババ・ヴァンガの予言はブルガリア政府により国家機密とされた

geralt / Pixabay

1996年8月に死去したババ・ヴァンガですが、予言の多くは衝撃な内容であったため、ブルガリア政府により国家機密扱いにされています。

政権交代する2014年まで明かされることなく秘密とされた内容は、地球環境の危機、戦争、人類滅亡など、恐ろしいものだったようです。

ババ・ヴァンガの予言は嘘?現在は亡くなっている

jeffjacobs1990 / Pixabay

予言が嘘なのではないかという指摘もあります。

具体的な内容の予言が外れている、ブルガリア政府に独占されているため本物かどうか検証ができない、先入観を持ちすぎて正しく判断出来ていないという意見があるようです。

既に亡くなっているババ・ヴァンガです。本当に予言が当たるのかどうか、もう検証は出来ません。

予知に関する記事はこちら

ババ・ヴァンガが過去に言い当てた予言一覧

ババ・ヴァンガが言い当てたとされる予言です。過去世間に衝撃を与えた、思い出深い出来事ばかりです。

911アメリカ同時多発テロやスマトラ島沖地震を予言した

Arcaion / Pixabay

彼女は911アメリカ同時多発テロをこう予言しています。この予言は1989年のものでした。

「恐怖!恐怖!アメリカの兄弟は鉄でできた鳥に攻撃され崩壊する。ブッシュ(やぶ) の中から狼が吠えている。多くの無実の血が流される。」

2004年のスマトラ島沖地震の予言内容は不明ですが、こちらも言い当てているというのです。「国家最高機密」扱いとしてブルガリア安全保障当局が記録しているそうです。

日本では東日本大震災や福島原発の事故を予言

Angelo_Giordano / Pixabay

ババ・ヴァンカは、日本の東日本大震災、福島原発の事故を予言していたのです。

2011年・北半球における各放射性降下物の結果として、動物や植物にはなりません・・・(続きあり)というような内容のようです。

予言内容ほど恐ろしい状況ではなかったかもしれませんが、福島原発の放射能事故はやっぱりこの予言を連想してしまいますね。

イスラムの欧州への侵攻を予言

「イスラムが欧州に侵攻して、我々の知る欧州は存在しなくなる」

ババ・ヴァンガは、イスラムの欧州への侵略についても予言していたのです。一部学者からは、リビアに近いイスラム国(IS)を示唆していると警告していました。

その戦争で使用されるのは化学兵器、この戦争は2043年まで続くと言われています。いまだテロの恐怖がつきまとう今日ですね。予言は的中しているとしたら2043年まで本当の平和が来ないのでしょう。

アメリカのオバマ大統領の予言

271277 / Pixabay

「第44代大統領はアフリカ系アメリカ人である」という予言を的中したといわれました。アメリカ・オバマ大統領のことです。この予言には続きがあります。

続きとは、第44代大統領こそアメリカ最後の大統領であること、経済危機により第45代大統領就任は阻まれ不景気になること、アメリカ国内は南北で衝突がおこるという内容のようです。

第45代大統領はトランプ大統領ですから、予言は外れたように思われます。外れて良かったですが、別の意味合いが込められた内容なのかもしれませんので、予断は出来ないのかもしれません。

ダイアナ妃の死の予言

skeeze / Pixabay

元イギリス皇室・ダイアナ妃が事故で亡くなったのは1997年の事です。

絶大な人気を誇る彼女は、チャールズ皇太子と離婚後も慈善活動を精力的に取り組み、離婚前と変わらずの注目を集めていました。ババ・ヴァンガは彼女の死についても予言していたといいます。

当時王室関係者が仕組んだ陰謀説という噂で、世間を騒がせていたこの事故の真相は未だはっきりと解明されていません。

ババ・ヴァンガが過去に外した予言は?2018年に中国が超大国へ?

Free-Photos / Pixabay

ババ・ヴァンガの予言的中率は80~85%と言われていますが、約20%程の外れてしまってもいます。2010年の第三次世界大戦の戦争期間、2011年の核放射降下物で生物に被害を及ぼすという予言がそうです。

2014年の皮膚病で苦しむという予言、2016年のヨーロッパはほとんど孤独、2018年中国は世界の超大国となるなど、殆どが極端な内容でしょう。中国の経済は2000年前半がバブル景気です。

2018年に中国が世界の超大国になるというも、2000年前半以降は緩やかな下降を続けている印象です。間違いなく経済大国の一つですが「世界の超大国」と言うには少々大げさではないでしょうか。

ババ・ヴァンガの2019年の予言は?日本を含む大地震が発生する?

ババ・ヴァンガの2019年予言は、大きな震災の年になるという内容の不吉なものであるようです。太平洋岸北西部が危険地帯になるという予測のようです。

カリフォルニア州南部から西部にかけて1000km以上続いている断層、サンアンドレアス断層があります。過去にも巨大地震を引き起こしたとされる断層です。

環太平洋火山帯全土に影響があると予測され、実は日本も他人事ではありません。大地震・津波には気をつけなければならない可能性があるのです。

2019年の大地震の可能性を示唆する人は他にもいる?

Glavo / Pixabay

芸能界でも話題「万象運命術(動心学)」で運命を見定める、みさと動心さんが2019年の大地震を予言しています。亥年は地震が起こりやすい年なのだそうです。

日にち、時間帯によって莫大なエネルギーが引き合うことがあるそうですが、その時地震が発生しやすいと彼女は語ります。

詳しくは動心学を勉強する必要がありますが、2019年は地震を引き寄せるパワーのある年のようです。来年2020年はオリンピックyearですので、大事にならなければと願うばかりです。

ジュセリーノ氏も南海トラフの巨大地震を予言?

ブラジル・英会話教室の教師であるジュセリーノ氏(ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース)は、予知夢により予言が出来ると日本のマスコミに紹介されたことのある人物です。

ジュセリーノ氏は2018年6月21日に、日本の東海でM10.6の地震が起こると予言していました。しかしまだこの大地震は起こっていません。

この予言は外れていますが、ジュゼリーノ氏の予言は予測より後に起こる可能性が高いようなのです。南海トラフの巨大地震はもうすぐすると起こると、考えていいのかもしれません。

聖徳太子も日本列島が八つ裂きになると予言していた?

予言書に多くの予知を残した聖徳太子ですが、「クハンダが来る」「東の都は親と七人の子供のように分かれる」という内容の予言があります。どういた意味なのでしょうか。

謎に包まれたこの予言を学者達は、2023年までに「クハンダ」(末世に現れる悪鬼)が来襲する意味で、恐ろしいことが起こることを記していると解釈しています。

クハンダ来襲のため、東京の首都機能が7つに解体されるという予測と、大地震が起こり日本の国土が分かれてしまうという2つの説が考えられており、やはり大地震の危機感は否めません。

数多くの大地震・大噴火を予測 木村政昭・琉球大学名誉教授

琉球大学名誉教授の木村政昭氏は、数多くの大地震・大噴火を予測してきました。木村氏は2009年~2019年までには富士山噴火の可能性が高いとみているようです。

富士山の宝永大噴火が起こった300年前、宝永地震(南海トラフ地震)も同時に起こっていることも考えると、まもなく大噴火・大地震が起こるということなのでしょうか。

大学教授の観点から見ても、2019年の大地震を予測しています。2019年が震災の年と予言したババ・ヴァンガと同じです。

岡山県のドリームセラピスト 七曜高耶氏も予知夢で地震を予測

asundermeier / Pixabay

七曜髙耶氏は日本有数の夢予知能力者です。

2015年のことですが、ブログに『「新岳」の「噴火」(?)の夢だった』書き込みした4か月後、口永部島の新岳が噴火し、夢が現実となったと話題になりました。

その七曜氏、2019年4月と5月ころ地震がくること予言しブログに更新、地震のくる時期としては2019年7月前後と予測しています。

当たる地震予知ブロガー・リシル氏 南房総で大地震を予測

niekverlaan / Pixabay

リシル氏は幼少期に韓国から移住、生まれつきの霊感があり、霊的存在からメッセージを受け取ることができるのだそうです。過去に多くの大地震を的中させています。

2019年6月マグニチュード6.8の地震が起こりそうだと予言していたそうです。その数日後、7月23日くらいに南房総半島で地震が起こると詳しい内容を予測しています。

最近、日食・月食の前後に大地震が多く起こることがわかってきました。実は今年7月、世界各地で皆既日食と部分月食を見ることができるのです。今年が震災が起こることの的中率はかなり高いでしょう。

ヒプノセラピスト(催眠療法士)マリア氏 2019年7月の地震を予測

silviarita / Pixabay

ヒプノセラピスト(催眠療法士)であるマリア氏は、占い鑑定10万人以上、ヒプノセラピーを5千以上、レイキ伝授1000人以上のベテランで、霊感による地震予知能力も持ち合わせています。

東日本大震災の直前に「松島が水で溢れているのがみえる」と語り、予言を的中させたそうです。そんなマリア氏が2019年6月のブログで、7月6日から前後2週間が危ない時期と予言しています。

特に2019年7月18日は要注意とのこと、18日17日の部分月食の翌日ということなので、大地震の可能性は非常に高いのかもしれません。

口コミで噂 長野県在住ダウンローラー千尋氏

geralt / Pixabay

霊感が強いといわれるたくさんの一般人が、今年の大地震を予言しています。その中の一人「2019年に南海トラフ巨大地震が発生する」という予言をしネット上で噂の、ダウンローラー千尋さんです。

「ダウンローラー」とは未来の出来事が頭の中に下りてくるという意味で、未来視する力をお持ちのようです。ダウンローラー千尋さんは熊本地震を予言したという「口コミ」の噂が立っています。

当たると「口コミ」で噂の方が、2019年南海トラフの大地震が起こると予言、今年は本当に要注意な年なのかもしれません。

ババ・ヴァンガの2020年以降の予言は?一覧まとめ

ババ・ヴァンガの2020年以降の予言は、5079年・世界の終わりまですべての内容が驚異的です。ブルガリア政府が機密にした理由に納得です。

2020年から5079年の予言一覧を、一挙まとめてご紹介します。

ババ・ヴァンガの予言 2020年-2050年

moinzon / Pixabay

この予言が的中するならば、いよいよ地球の環境変化問題が本格化して、私達が思う以上に深刻な事態になっているということでしょう。地球の軌道の変化で間違いなく、日射量に影響が出てきます。

2025年には欧州の人口がゼロに近づくとあります。大げさな表現といえそうですが、国連の予測で2050年までに人口が15%以上減少すると予測される国は、中東欧の元共主義国に集中しているようです。

現在、臓器提供を受けなければならない患者はたくさんおりますが、2046年には自分に合った臓器を再現できると予言しています。臓器移植手術が難しいものではなくなる日も近いのでしょう。

2023年地球の軌道が変わる。

2025年ヨーロッパは依然として過疎の常態が続く。

2028年新たなエネルギー源が発見される。飢餓が克服される。金星に向けて有人の宇宙飛行が出発する。

2033年極地の氷冠が溶け、世界の水位レベルが上昇する。

2043年経済は良好。イスラム教徒がヨーロッパを動かすことになる。

2046年すべての身体器官が、簡単かつ一般的な方法で再現可能となる。

(引用:知的好奇心の扉 トカナ)

ババ・ヴァンガの予言 2050年-2100年

WikimediaImages / Pixabay

2066年アメリカがイスラム教徒に対し気象兵器を使うという予言ですが、外気圏を操作し、豪雨・地震を起こす兵器は、現在確実に存在することを科学者達が認めているといいます。

「プロジェリア症候群」はご存知のかたも多いでしょう。カナダのアシェリー・ベイや、アメリカテキサス州のアダリア・ローズらのドキュメントは世界的反響が大きいものでした。

この病気が2097年には治療可能になり、難病を克服できるようになります。人口太陽もそうですが、2050年から2100年の期間は、現在開発中であるものが、実用化されているようです。

2066年アメリカが、イスラム教徒に対して気象兵器を使う。

2076年共産主義が処理を引き継ぐ。

2084年自然が生まれ変わる。

2088年新しい病気は、人を数秒で老いさせる。

2097年「プロジェリア症候群」(早老症)が治療される。

2100年人工太陽が地球の暗がりを照らす。

(引用:知的好奇心の扉 トカナ)

ババ・ヴァンガの予言 2101年-2150年

qimono / Pixabay

ハンガリー人は宇宙人(火星人)という説がありますが、ハンガリー出身の科学者に優秀な人物が多いことから生まれたジョークなのだといいます。

2015年に宇宙からの信号をハンガリーで受信されるようになるのは、このジョークが理由なのでしょうか。

現在はまだ、宇宙人が存在するのかどうかはっきりしていない状況の中、2130年にエイリアンの力を借りて水中で生活をする文明になるという予言があります。

2111年人々はロボットになる。それはおそらくアンドロイドのようなものである。

2123年小さな国家間の戦争が起こる。大きな国はそれに手を出さない。

2125年宇宙からの信号はハンガリーで受信される。

2130年エイリアンの助けを借りて、水中で生活する文明が生まれる。

(引用:知的好奇心の扉 トカナ)

ババ・ヴァンガの予言 2151年-2200年

Janson_G / Pixabay

この時期の人類はコロニーで生活、2183年の火星コロニーが核保有国となり地球から独立を要求するなど、まるで「ガンダム」などロボットアニメと同じような展開に思えます。

生物の進化も予言されています。(2164年の動物が半分人となる、2196年アジア人とヨーロッパ人のミックスなど)

2164年動物が半分人となる。

2167年新宗教が生まれる。2170年:大きな干ばつ。

2183年火星のコロニーが核保有国になり、地球からの独立を要求する。

2187年2つの大きな火山噴火の停止に成功する。

2195年海のコロニーがエネルギーと食糧を持つことになる。

2196年アジア人とヨーロッパ人は完全にミックスされる。

(引用:知的好奇心の扉 トカナ)

NEXT:ババ・ヴァンガの予言 2201年-2250年
1/2