男性専用車両の導入に対する意見まとめ!賛成?反対?なぜ無いの? 社会

男性専用車両の導入に対する意見まとめ!賛成?反対?なぜ無いの?

みなさんは、「男性専用車両」に賛成でしょうか?それとも反対でしょうか?導入を求める署名があるものの実現しておらず、海外でも例が少ないようです。ここでは、男性専用車両のメリット・デメリット、「なぜ男性専用車両はないのか?」との疑問に対し、その理由をご紹介します。

目次

[表示]

男性専用車両がないのはなぜ?理由は?

女性専用車両はすでにあるにもかかわらず、男性専用車両が導入されないのはなぜなのでしょうか?コスト面や、作ったとして実際に利用されるかどうか不明など、さまざま理由があるようです。

ここでは、「男性専用車両」が導入に至っていない5つの理由をご紹介していきます。

男性専用車両はなくて女性専用車両はある?

現在のところ、日本国内は正式には存在していません。一方で、「女性専用車両」は徐々に導入が進んでいます。日本における女性専用車両の歴史は古く、初出は1912年にさかのぼります。

当時の女性専用車両は、「婦人専用電車」という名称でした。実装の背景には、「風紀上、男女が車両に同乗するのはよろしくない」という封建的な観念がありました。しかし、この取り組みは短期間で廃止されています。

その後、女性専用車両が本格的に実践されたのは、痴漢ならびに迷惑行為が社会問題として浮上した2000年代になってからです。京王電鉄京王線で2001年12月に試験導入されて以降、次第に増加しました。

男性専用車両がない理由①実例が少ない

stevepb / Pixabay

女性専用車両が実施された一方で、なぜ男性専用車両は存在していないのでしょうか。その一つ目の理由は、単純に実例が少なく実装に有効なデータが不足しているためです。

国土交通省鉄道サービス政策室によると、国内における男性専用車両の存在は確認されておらず、実例は皆無といえます。また、JR西日本広報部の調べでも、男性専用車両は導入は確認されていません。

男性専用車両がない理由②コスト・手間がかかる

stevepb / Pixabay

費用や手間がかかることも、男性専用車両がない理由の一つです。専用車両を導入するとなると、規格の策定や標識のデザインなどさまざまなコストがかかります。

また、導入後の管理においても費用が必要です。こういったコストを裂いてでも男性専用車両を設置する必要は、いまのところないというのが現状のようです。

男性専用車両がない理由③利用されるかどうかわからない

manfredrichter / Pixabay

国内では実例がないことや痴漢冤罪の件数の少なさから、仮に設置したとしても実際に利用されるのかが不明という点も、男性専用車両の実装を妨げる要因になっています。

そもそも、現在導入されている女性専用車両も利用率が低いのが現状です。一般車両が混雑しているのに、女性専用車両はガラガラということも少なくありません。

ましてや男性専用となると、かなり利用率が下がるのではという懸念も男性専用車両が導入されていない理由の一つです。

NEXT:男性専用車両がない理由④要望の声が少ない
1/7