反骨精神の意味とは?持つ人の特徴は?使い方や合う仕事も紹介! 雑学・ライフスタイル

反骨精神の意味とは?持つ人の特徴は?使い方や合う仕事も紹介!

反骨精神は、社会の不正や因習に対して反発し、立ち向かう気概や精神をいいます。反骨精神の使い方は悪い意味ではなく、良い意味で使われています。反骨精神を持つ人に合う仕事は「ロックミュージシャン」「セールスマン」などがあります。そんな反骨精神について紹介します。

目次

[表示]

反骨精神とは?社会に立ち向かう人?

klimkin / Pixabay

反骨精神(はんこつせいしん)とは、自分が正しいと思った意見を貫いて、社会の因習や権力者に歯向かう気骨のある精神のことです。

反骨精神の意味は?

反骨精神とは、社会の不正や因習に対して反発し、立ち向かって行こうとする気概や精神をいいます。

学校でもビジネスの場でも度々出てくる言葉ですが、反骨精神というのは悪い意味で使われることはなく、むしろ良い意味で使われています。

日本にはあまりいなかったものの、最近では増えてきた?

Mediamodifier / Pixabay

反骨精神は、その人の特徴を表す四字熟語ですが、実際にどんな意味なのか、どんな時に使うのか知らない人もいるでしょう。

反骨精神とは、自分が正しいと思ったことを貫き通すことです。自分の意見を通すことを考えて文句ばかり言う人がいますが、その場合は反骨精神があるとはいえません。

反骨精神を持つ日本人は、以前では少なかったのですが、反骨精神と同じ意味であるハングリー精神と共に、最近は増えてきているともいわれています。

忌野清志郎に関する記事はこちら

【診断】反骨精神を持つ人の特徴とは?

geralt / Pixabay

反骨精神のある人とはどんな人のことをいうのか、どんな特徴があるのかを詳しくまとめてみました。

プライドが高い

Gellinger / Pixabay

反骨精神を持つ人は、社会や人に対して反感を持っているだけでなく、ちゃんとした自分の意見を持っている人、つまりプライドが高いという特徴があります。

知識が豊富

DariuszSankowski / Pixabay

反骨精神のある人は、仕事場や社会の因習に対して自分の意見をしっかりと伝えることができます。そのためには、充分な知識が必要ですし、必要な時にはちゃんと相手を説得できなければなりません。

ですから、反骨精神のある人は、知識が豊富であることが望まれますし、実際に知識が豊富な人が多いようです。

物事のやる気が高い

PublicCo / Pixabay

反骨精神がある人は、人の意見や世の中の風習に流されることがありません。反骨精神のある人は、物事に対してやる気がありますから、自分の考えを簡単には曲げることがなく自己主張することができます。

負けず嫌い

cocoparisienne / Pixabay

反骨精神のある人は、負けず嫌いという特徴があり、自分の正しいと思ったことに対して突き進む性質があります。

自分の思った道を突き進むためには、強い気持ちを持つことが必要であり、負けず嫌いという特徴があります。

自己主張が強い

geralt / Pixabay

反骨精神のある人は、自己主張が激しいということがあります。いいかえると自己主張が激しいのは、それだけ自分の意見をはっきり主張できるということでしょう。

もともと日本人は、自己主張するのが苦手で自分の意見を率直にぶつけることをしませんが、反骨精神のある人は自分が正しいと思った事は、どんな場面でもはっきりと言うことができます。

周りの目を気にしない

Tama66 / Pixabay

反骨精神のある人は、周りの目を気にすることがありません。普通の人が恥ずかしいと感じたり、気が引けてしまうようなことでも、反骨精神のある人は周りの目を気にせずに堂々とやってしまいます。

それは、自分の考え方をしっかり持っているから、堂々と他人の目を気にしないで行動することが出来るのでしょう。

リーダー的存在である

Free-Photos / Pixabay

反骨精神のある人は、リーダーになる素質があり、誰に対しても平等に接することが出来ます。ですから、リーダー的立場になっても仲間や弱い立場の人を引っ張っていくことができるでしょう。

上の立場の人に対しても態度は変わらない

Myriams-Fotos / Pixabay

反骨精神のある人というのは、立場が上の人に対しても態度が変わらないという特徴があります。また立場が下の人に対しても、特に上から目線で見下げる言動もありません。

自分の考えをしっかりと持っているため、立場が上の人だからといって、機嫌をとろうとして態度を変えたりすることはありませんから、そういう点では信用のおける人だと見られることも多いでしょう。

良い意味で頑固である

Bru-nO / Pixabay

反骨精神がある人は、自分の意見をはっきり言いますから、周囲からは少し頑固だとみられることもあるようです。

社会的には、その時々で柔軟性のある考えが必要な場合もあり、頑なに意見を曲げない態度は、時として世渡りが下手な人だと見られることもあるようです。

そういう意味では、反骨精神を持っている人は頑固であるといえるかもしれません。

人の好き嫌いがある

LiveLaughLove / Pixabay

反骨精神のある人は、人に対しての好き嫌いが一般的な人よりもあるようです。たとえば、一度考え方が合わないと思った人に対しては、その気持ちを変えることが難しく、嫌いなままということもあるでしょう。

反対に同じ意見の人だったり、気に入った相手に対しては、ずっと気を許したり面倒をみるというタイプの人が多いようです。

自信家である

Free-Photos / Pixabay

反骨精神のある人は、当然ながら自分自身に自信があります。また、自分に自信があるからこそ、自分の考え方を貫けるのでしょう。

自分に自信があり、自分の信念を曲げない人が、反骨精神がある人だといえます。

立場が弱い人に対して優しい

cuncon / Pixabay

反骨精神がある人は、弱い立場の人に対して優しいという特徴があります。上の立場の人に対しても、下の立場の人に対しても、同じ態度で接することができるのが反骨精神のある人です。

また、反骨精神のある人は正義感の強い人も多く、自分より下で弱い立場の人に対しては、守ってあげたいという気持ちがありますから、優しい態度で接することができます。

厳しい親によって育てられている

xusenru / Pixabay

反骨精神のある人は、厳しい親元で育っているケースが多いようです。厳しい環境で育ってきたことによって正義感が養われ、負けず嫌いな性格になっているということもあります。

トラウマがある

809499 / Pixabay

反骨精神のある人は、心理的にトラウマを持っている人も多いようです。心理的なトラウマによって、そのことで反骨精神が養われたということもあります。

たとえば、すごく信頼している人に裏切られてしまい、そのことがトラウマとなって社会や人に対して不正を許せなくなったり、簡単に信用しないといった強い気持ちが作られることもあるでしょう。

努力家である

Pexels / Pixabay

反骨精神のある人は、自分の考えをしっかりと持っていて自分の望む道を突き進む性格を持っていますから、そのための努力を惜しみません。

ですから、反骨精神のある人というのは、ある意味努力家でもあるでしょう。

多数派の意見を信用しない

12019 / Pixabay

反骨精神のある人というのは、多くの人が選択するという理由で、その意見を無闇に信用することはありません。

日本人は多数決主義ですから、多くの人が選んだ道に安心して従ってしまうという風習があります。

しかし、反骨精神のある人は、自分の信念を大事にしますから、多数派だから信用して流されるということがありません。

自分が幸せになることを考える

Lazare / Pixabay

反骨精神のある人は、自分が正しいと思った気持ちを大事にして貫こうとします。それは自分が幸せになりたいからであり、他人のために自分が犠牲になるという考え方ではありません。

弱い立場の人に優しくするのも、自然とそうする気持ちになるのであり、自分が犠牲になってという気持ちからではないという人が多いようです。

劣等感がある

geralt / Pixabay

反骨精神を持っている人はもともとトラウマがあったり、劣等感を持っている人もいるようです。努力家であったり、信念を持っている人は、劣等感を持っている人も多いといいます。

反骨精神を持つ人は自信家でもありますから、劣等感とは縁遠いと思われがちですが、実際は劣等感があるからこそ、反骨精神が養われたともいえるでしょう。

反骨精神のメリット・デメリットは?

3dman_eu / Pixabay

反骨精神とは良い意味で使われることが多く、メリットが多いことが分かりますが、反面デメリットもあるようです。そんな反骨精神のメリットとデメリットをまとめてみました。

反骨精神のメリット①:根性があると思われる

EliasSch / Pixabay

反骨精神がある人は、自分の考え方を曲げずに貫こうとし努力も惜しみませんから、根性がある人だと思われる場合が多いというメリットがあります。

反骨精神のメリット②:熱意を感じる

ChadoNihi / Pixabay

反骨精神のある人は、自分の意見を通すことが多く、そのための知識を得ることや努力は惜しみませんから、周囲からは熱意のある人だと思われることも多いでしょう。

日本人は、周囲の人や社会に流される人も多いのですが、反骨精神のある人は自分の考えに忠実で、情熱的だと思われるというメリットがあります。

反骨精神のデメリット①:衝突が多くなる

geralt / Pixabay

反骨精神のある人は自分の信念を曲げませんから、自分が正しいと思ったことを主張し過ぎて、周囲と衝突することも多いようです。

自分の意見を通すことは大事なことなのですが、やり過ぎてしまうことで煙たがれることもあるようです。

反骨精神のデメリット②:協調性が無いと思われる

RyanMcGuire / Pixabay

反骨精神を持っている人は、自分の信念を大事にしますから、周囲からは協調性がないと思われることもあるようです。

特に日本の社会においては協調性を大事にしますから、反骨精神のある人は反感を買うことも少なくないようです。

反骨精神を持つ人に合う仕事とは?仕事に活かす方法は?

反骨精神がある人に合う仕事とはどんな仕事があるのか、その反骨精神をどのように活かせるのかといった事を調べてみました。

NEXT:ロックミュージシャン
1/3