1955年生まれの芸能人・有名人一覧!誕生日はいつ?今の年齢は? 芸能人

1955年生まれの芸能人・有名人一覧!誕生日はいつ?今の年齢は?

1955年生まれの方は2019年で64歳の年齢で干支はひつじ年です。1955年に生まれた芸能人・有名人の方には、各界で活躍している方がたくさんいます。明石家さんまさんや女優の坂口良子さんも1955年生まれです。ジャンル別にプロフィール等をご紹介していきます。

目次

[表示]

1955年生まれの芸能人・芸能人一覧【俳優・役者編】

rawpixel / Pixabay

1955年生まれの人は昭和30年生まれで、2019年に64歳の年齢で干支はひつじ年となります。この年に生まれた芸能人や有名人はどのような方がいるのでしょうか?

1955年に生まれた俳優さんを誕生日順にご紹介していきます。

菅田俊:2月17日

菅田俊さんは山形県で生まれますが、父親の仕事の都合で山梨県富士吉田市の山中湖の近くで育ちます。高校時代から高倉健さんの映画に惹かれ、大学時代にはヤクザ映画に憧れていました。

大学を卒業後に会社員として働きに出ますが、東映に出入りするようになり、会社を退職して菅原文太さんの付き人を務めます。

1987年に「あぶない刑事」で悪役を演じたことがきっかけとなり、人気に火が付き悪役を度々演じることとなりました。

佐野史郎:3月4日

佐野史郎さんは父親が医者をしていたこともあり、実家の病院を継ぐために島根県松江市で育ちます。1975年に劇団に入団し、「夢みるように眠りたい」でデビューします。

1992年「ずっとあなたが好きだった」で桂田冬彦役を演じたことで、「冬彦さん」ブームになり大ブレイクします。

私生活では、女優の石川真希さんと結婚しています。祖父が交通事故死をした影響もあり、自動車免許は持っていません。

岡元八郎:3月16日

岡元八郎さんは兵庫県神戸市で育ちました。ドラマ「小春ちゃん」でデビューを果たすと、映画「新幹線大爆破」にも出演しました。

その後も、「西部警察シリーズ」や「青春はみだし刑事」、「デパート!夏物語」などのドラマに出演しています。

春田純一:3月17日

春田純一さんは「キイハンター」のドラマで風間洋介役を演じた千葉真一さんに憧れて俳優を志します。役者としてデビューした時に、芸名である春田純一という名を千葉真一さんに名付けてもらいます。

スタントマンやスーツアクターとしても活躍しており、「仁義の墓場」の撮影では15mにも及ぶダイビングも披露しています。

テレビドラマにはスーパー戦隊シリーズや「太陽にほえろ!」、「銭形平次」、「おかしな刑事」、「はみだし刑事情熱系」などの作品に出演しています。

西田聖志郎:5月3日

西田聖志郎さんは鹿児島県の出身です。1981年に「海峡」のドラマにて、俳優としてデビューを果たします。

NHkの大河ドラマ「翔ぶが如く」の出演したことをきっかけとし、薩摩の言葉の指導を担当します。鹿児島弁や薩摩弁といった指導にいたっては60本以上も担当しています。

内藤剛志:5月27日

内藤剛志さんは大阪府の出身で、日本大学芸術学部に入学も中退しています。1980年に「ヒポクラテスたち」で俳優としてデビューを果たします。

ドラマでの共演をきっかけに浜田雅功さんと仲が良く、師匠と呼んでいるそうです。関西出身ということもあり、関西弁を使用することもあります。

ドラマでは刑事ものを演じることも多く、32作に渡り刑事を演じています。現在でも「科捜研の女」シリーズに刑事役で出演しています。

中村勘三郎(18代目):5月30日

中村勘三郎さんは歌舞伎役者として活躍していました。1959年に五代目の中村勘九郎を襲名しました。その後、歌舞伎だけではなく俳優としても活躍しました。

息子は2人おり、長男は六代目・中村勘九郎さんで、次男は二代目・中村七之助さんです。妻の好江さんは七代目・中村芝翫さんの次女です。

2012年に食道がんが判明し休養します。舞台に復帰し快方にむかっていましたが、12月5日に57歳という若さで亡くなっています。

長谷川初範:6月21日

長谷川初範さんは北海道県の出身で、幼少期より映画が好きだったそうです。1978年に本格的に俳優としてデビューを果たしました。

1980年に「ウルトラマン80」で主人公に抜擢されます。その後も、「101回目のプロポーズ」や「静かなるドン」などの作品に出演しています。

丹波義隆:7月13日

丹波義隆さんは俳優の丹波哲郎さんの長男として生まれました。父の影響もあり俳優を志し、映画でデビューを果たします。1977年には父・丹波哲郎さんと親子共演もしています。

1981年からは俳優養成所の「丹波道場」での責任者を務めました。1988年に結婚したあとは3人の子供に恵まれています。

三波豊和:8月10日

三波豊和さんは1965年に歌舞伎座で初舞台を果たします。父親は演歌歌手をしていた三波春夫さんです。20代の頃は歌手としても活動していました。

その後、俳優として活動がメインとなり、「銭型平次」や「はぐれ刑事純情派シリーズ」、「水戸黄門」などの作品に出演しています。

松澤一之:8月25日

松澤一之さんは愛媛県の出身でシス・カンパニーの所属の俳優です。脇役として多数の作品に出演をしています。中でも刑事役が多くなっています。

「3年B組金八先生」や「魔王」、「神の舌を持つ男」、「ドクターX」、「遺留捜査」等といった作品に出演しています。

國村隼:11月16日

國村隼さんは大阪府の出身です。1981年に映画「ガキ帝国」にて俳優としてデビューを果たします。ヤクザ役として出た映画をきっかけに香港からの映画にも出演しています。

ドラマや映画に数多く出演しており、ドラマ「芋たこなんきん」、映画「萌の朱雀」、映画「海猿」、映画「交渉人 真下正義」などの作品にでています。

升毅:12月9日

升毅さんは東京都に生まれ大阪府の出身です。1975年に劇団に入所して、俳優としてデビューしました。関西でバラエティ番組に出演し人気を集めました。

その後、東京に上京してからは数々のドラマや映画に出演しています。主な作品として、「ショムニFINAL」、「デカワンコ」、「35歳の高校生」、「あさがきた」等があります。

渡辺裕之:12月9日

渡辺裕之さんは茨城県水戸市の出身で、拓殖大学商学部を卒業しています。1982年のCM「リポビタンD」での「ファイト―!イッパーツ!」で人気を集めました。

渡辺裕之さんは多趣味としても知られており、ドラムや乗馬、スキー、バラグライダーなどの趣味をもっており、イラストも得意としています。

中村梅雀:12月12日

中村梅雀さんは歌舞伎役者として活躍しており、本名は三井進一さんといいます。1980年に曾祖父の中村梅雀を襲名して、二代目梅雀となっています。

1995年には大河ドラマで徳川家重役が話題となり、一躍人気となりました。その他にも、「釣りバカ日誌」や「下町ロケット」等にも出演しています。

関連する記事はこちら

1955年生まれの芸能人・芸能人一覧【女優・モデル編】

続いては1955年に生まれた芸能人で女優・モデルさんをご紹介していきます。

渡辺えり子:1月5日

渡辺えり子さんは女優、演出家や劇作家としても活躍しています。山形県の出身で、1978年に結成した「劇団2○○」を機に女優として活動しはじめます。

1983年に「ゲゲゲのげ」にて岸田國士戯曲賞を受賞し、一躍人気の女優として活躍の場を広げます。名脇役として数多くの作品に出演しています。

ドラマ「あまちゃん」や映画「舞妓はレディ」等に出演しており、舞台「肉の海」では脚本と演出も担当しています。私生活では土屋良太さんと結婚も、離婚しています。

伊藤蘭:1月13日

伊藤蘭さんは1972年の歌番組「火曜グランドショー」で合格した3人で、キャンディーズを結成します。「あなたに夢中」で歌手デビューしてから数々のヒット曲をだします。

キャンディーズ解散後は女優として映画「ヒポクラテスたち」に出演し、助演女優賞も受賞しています。その後も舞台「少年狩り」や映画「少年H」等に出演しています。

私生活では1989年に俳優の水谷豊さんと結婚しています。1990年には女優として活躍する趣里さんを出産しています。

大島蓉子:1月22日

大島蓉子さんは宮城県の出身でイイジマルームに所属している女優です。ドラマ「トリック」シリーズでの大家さん役が好演となり、人気となりました。

その他に出演した主な作品は、映画「サトラレ」、映画「ドロップ」。ドラマ「梅ちゃん先生」、ドラマ「京都地検の女」等多くの作品にでています。

高橋恵子:1月22日

高橋恵子さんは北海道で育ちましたが、小学6年生の時に東京都に引っ越してきます。1970年に代役として抜擢された映画「高校生ブルース」で初主演を果たします。

ドラマ「太陽にほえろ!」でヒロイン役を演じ、一躍人気者となります。一時期は自殺未遂をおこし芸能活動を中止をします。岐阜県の山奥で静養していました。

再び1979めっも女優として復帰をしました。1982年には「ラブレター」で主役を演じ、全裸シーンも披露しています。同年にはヌード写真集も発売されました。

烏丸せつこ:2月3日

烏丸せつこさんは1979年に芸能界に入ります。その後グラビア活動で人気を集め、女優としても活動をはじめます。「花嫁のれん」シリーズや映画「沈まぬ太陽」等に出演しています。

私生活では既婚者の田中寿一さんと不倫したのち、1982年に略奪し結婚します。2人の娘に恵まれますが、2001年に離婚しています。2014年に一般男性と再婚しています。

吉岡ひとみ:2月9日

吉岡ひとみさんは高校卒業後に女優となるために劇団に入団します。1974年にドラマ「花ぐるま」で女優としてデビューを果たします。

主に悪女としての役柄が多くあり、時代劇や刑事ドラマには多数にわたり出演しています。スタントマンの清水朗さんと結婚し、芸能界からは引退をしています。

池波志乃:3月12日

池波志乃さんの祖父や父は落語家として活躍していました。女優としてドラマ「あ・うん」や映画「丑三つの村」等に出演しています。

夫は俳優の中尾彬さんで、子供はいませんが夫婦仲良いのが有名となっています。2019年には大河ドラマ「いだてん」で20年ぶりに女優として活動しています。

田中裕子:4月29日

田中裕子さんは北海道県の出身で、明治大学文学部演劇学科を卒業しています。大学在学中に女優としての活動をはじめ、1979年にテレビデビューを果たしています。

1983年の朝ドラ「おしん」で主役を演じたことで一躍人気となります。映画「天城越え」ではモントリオール映画祭で主演女優賞も受賞しています。

女優としてだけではなく、歌手としても活動していました。この歌番組で知り合った沢田研二さんと結婚しています。2010年には紫綬褒章をも受章しています。

藤真利子:6月18日

藤真利子さんは父が人気作家ということから、幼少期から映画やドラマといった作品に親しんでおり、女優になることが小さい頃からの夢でした。

出演した主な作品には「飢餓海峡」、「HOTEL」、「ガラスの仮面」、「やんちゃくれ」等多数の作品に出演しています。

朝加真由美:9月6日

朝加真由美さんは1973年に「ウルトラマンタロウ」のドラマでヒロイン役として女優としてデビューを果たしました。その後も「暴れん坊将軍」や「ごくせん」等に出演しています。

1986年に俳優として活動していた篠塚勝さんと結婚し、2人の娘に恵まれますが離婚しています。長女は女優としても活躍している手塚真生さんです。

麻丘めぐみ:10月11日

麻丘めぐみさんは1歳8か月でCMに出演し、3歳で子役としてデビューをしています。大阪で暮らしていましたが、小学生の時に上京しています。

1972年には「芽ばえ」でアイドルとして歌手デビューを果たすと、大ヒットし一躍人気者となります。「わたしの彼は左きき」がレコード大賞も受賞しています。

1977年に一般男性と結婚し娘を出産しますが、1983年に離婚しています。その後、ふたたび女優として活動を開始しています。

NEXT:坂口良子:10月23日
1/4