小西優香権現ダム遺体遺棄事件とは?不可思議な容疑者との関係って?

兵庫権現ダム遺体遺棄事件とは2018年に起きた殺人・死体遺棄事件で、被害者の小西優香さんの遺体は加古川市の権現ダムから発見されました。加害者は稲岡和彦と森翔馬の2人で、既に逮捕されています。小西優香さんと2人の男の関係などについて紹介していきます。

小西優香さんが死体遺棄された「兵庫権現ダム遺体遺棄事件」の概要

MartinStr / Pixabay

兵庫権現ダム遺体遺棄事件は2018年8月に起きた凶悪事件で、当時20歳の小西優香さんが2人男に殺害されたうえ、権現ダムに遺体を投げ捨てられるという凄惨さが大きな注目を集めました。

ここでは、兵庫権現ダム遺体遺棄事件の概要について紹介していきます。

兵庫権現ダム遺体遺棄事件とは女性の遺体をダムに遺棄した事件

TheDigitalArtist / Pixabay

兵庫県加古川市にある権現ダムで女性の遺体が発見され、兵庫権現ダム遺体遺棄事件が明らかになったのは2018年の8月11日のことでした。この事件の被害者の小西優香さんは、当時まだ20歳の若い女性でした。

彼女の年齢、そしてまるでヤクザ映画で見るような悪質な死体遺棄をされていたことから、事件の背景にはどのような事情があるのかと世間の注目を浴びたのです。

釣りに来ていた男性が発見し後に2人の男性が逮捕

TheDigitalWay / Pixabay

小西優香さんの遺体は犯人の手によって衣装ケースに入れられており、発見時にはダムの岸から数m離れた沖合に浮いた状態でした。

沈むように土嚢が括りつけられていたもののあまり効果がなく、不自然に浮き上がった状態であったことから、2018年8月11日の朝、釣りのためにダムを訪れていた人によって遺体が発見されました。

そして警察の捜査の結果、稲岡和彦と森翔馬という2人の男が被疑者として逮捕されたのです。

男性は容疑を否認し現在も真相を調査中の事件

3839153 / Pixabay

容疑者の2人は段ボールを運ぶように頼まれただけで、中に死体が入っているということは知らされていなかった、と供述をしており無罪を主張していました。

もともと稲岡和彦容疑者は小西優香さん殺害には関与が認められておらず、死体遺棄の容疑が掛かっているのですが、2019年現在も容疑を否認しているのです。

一方で森翔馬容疑者には、殺人の容疑もかかっているのですが、逮捕後もこれを否認して無罪を主張していると言います。

関連する記事はこちら

小西優香さんが死体遺棄された「兵庫権現ダム遺体遺棄事件」の詳細

russmac / Pixabay

手口の凶悪さや小西優香さんと容疑者の男性の関係、そして殺害の動機など、被疑者の逮捕後も謎が多いとされる兵庫権現ダム遺体遺棄事件。

ここでは兵庫権現ダム遺体遺棄事件の詳細について、現在判明している点を紹介していきます。

2018年8月10日小西優香さんが殺害され権現ダムに遺体遺棄をしたと見られている

stevepb / Pixabay

大阪市北区の歓楽街に設置された防犯カメラには、8月9日早朝に小西優香さんと森翔馬容疑者と思われる人物が連れ立って歩いている姿が映されていました。

2人がまるで恋人同士のように親しげな様子でタクシーに乗り込むところまでカメラには記録されており、その後、小西優香さんは行方不明となっています。

そして森翔馬容疑者の自宅マンションの防犯カメラに不自然に大きな荷物を持ち出す森翔馬容疑者自身と稲岡和彦容疑者の姿が映っていたことから、2人の男に警察の目が向けられたのです。

8月11日に釣りに来ていた人が衣装ケースを発見し事件発覚

Free-Photos / Pixabay

小西優香さんの遺体が発見されたのは、大阪市西区にある森翔馬容疑者の自宅から車で1時間ほどの場所にある、加古川市内の兵庫権現ダムでした。

容疑者たちは小西優香さんの遺体を運ぶためにレンタカーを使ったと見られており、8月9日に稲岡和彦容疑者がレンタカーを借りて、10日に午前中に返却したことが分かっています。

この間に小西優香さんの遺体を権現ダムに遺棄したものと考えられており、翌日の8月11日に偶然この場を訪れた釣り人によって、遺体の入ったプラスチックの衣装ケースが発見されたのです。

発見時の遺体の状況は?土嚢がくくりつけられ衣装ケースから足が出ていた?

Pexels / Pixabay

容疑者たちは事件の隠ぺいを図って、ダムの底に小西優香さんの遺体を鎮めようとしたのでしょう。しかし、浮力の高いプラスチックの衣装ケースを使ったことが発見の原因となりました。

もっと重いステンレスや鉄などでできたケースを用いて遺棄をしていたら、未だに小西優香さんの行方は分からないままだったかもしれません。

さらに発見当時、衣装ケースからは小西優香さんの脚がはみ出していたという話もあります。防犯ビデオの件から見ても、容疑者は衝動的に小西優香さんを殺害、慌てて死体遺棄をしたものと見られています。

遺体が小西優香さんと判明!着衣の乱れはなし

Free-Photos / Pixabay

8月11日に第一発見者の釣り人が警察に通報した後、遺体は小西優香さんのものと確認されました。

遺体には着衣の乱れはなく、衣装ケースの中には身元を示す身分証などが入った財布や、彼女のものと思われる化粧品も一緒に詰め込まれており、遺留品も一緒にダムに沈めるつもりであったと予想されます。

この財布から出てきた身分証が原因で、すぐに遺体の身元が発覚したのです。

小西優香さんの私物もあったらスマホだけは見つからなかった

Free-Photos / Pixabay

衣装ケースの中からは小西優香さんの私物と思われるものが複数出てきましたが、彼女のスマホだけはなかったと言います。

森翔馬容疑者の自宅を家宅捜索した後も彼女のスマホだけは発見されず、どこに行ったのか、意図的に隠されたのか、全く分かっていないのです。

衣装ケースの蓋も違い足もはみ出していたことからトラブルによる犯行と見られる

Jan-Mallander / Pixabay

小西優香さんの遺体が入っていたのは、縦が約75㎝、横と高さが45㎝程度の市販されている普通の衣装ケースで、蓋と本体は対のものではなく、別々のものであったと言います。

この点からも小西優香さんの殺害は怨恨などによる計画的な犯行ではなく、突発的なトラブルで彼女を殺害してしまい、パニック状態のまま死体遺棄をしたものと考えられるでしょう。

司法解剖やキャバクラ勤務だったこどなどから事件として捜査が進められる

1195798 / Pixabay

司法解剖の結果、小西優香さんの首には絞殺されたと思われるような鬱血痕があることが分かりました。

しかし、自然死の場合であっても死後に皮膚に変色が生じるため、警察は遺体遺棄事件の他に殺人を視野に入れるかどうか慎重であったと言います。

一方で小西優香さんがキャバクラに勤務しており、不特定多数の人間と知り合う機会が多かったことから、事件に巻き込まれた可能性もあるとして、兵庫県警は殺人の可能性を高く見ていたとも言われています。

防犯カメラの映像から容疑者・稲岡和彦と森翔馬を逮捕

9日の早朝には、大阪市北区の繁華街で森翔馬容疑者と小西優香さんが連れ立って歩いているところ、11日には森翔馬容疑者と稲岡和彦容疑者の姿がマンションの防犯カメラに記録されていました。

他にも10日には山陽自動車道に設置された防犯カメラに、稲岡和彦容疑者が借りていたレンタカーと思われる車が映っており、2人の男が容疑者として浮上したのです。

小西優香さんの死因は?鬱血痕があった

stephennorris / Pixabay

小西優香さんの遺体は頸部に鬱血痕がある以外には変わった点は見られず、衣装ケースに入れるためにロープで縛った形跡などもありませんでした。

そのため死因は絞殺と考えられ、殺害した後に衣装ケースに私物とともに入れられて権現ダムまで運ばれたものと見られました。

容疑者の2人は死体遺棄を否認

Free-Photos / Pixabay

事件発覚当初から2人の容疑者は事件への関与を否認、互いに面識もないなどど供述し、2人に接点がないことをアピールしたと言います。

確かに森翔馬容疑者は事件当時20歳、稲岡和彦容疑者は41歳と年が離れており、一見すると接点はないように感じられます。

しかし捜査が進むにつれて2人の男が、「翔さん」「稲ちゃん」と呼び合うほどの親密な関係であったことなどが明らかになっていったのです。

遺体からは覚醒剤や麻薬・睡眠薬などの薬物反応が出ていた

8月14日に行われた司法解剖の結果、遺体からは薬物反応が見られたと言います。この時の司法解剖で行われた薬物検査は簡易的なものであり、覚せい剤・大麻・睡眠薬に反応するものでした。

ただ、この薬物が小西優香さんの直接の死因になったと兵庫県警は考えておらず、首を絞める前に睡眠薬を使って意識を失わせたなど、補助的な使用をされたものと見られます。

小西優香さんの経歴や事件前のTwitterの投稿について

兵庫権現ダム遺体遺棄事件発覚後、Twitterには小西優香さんや森翔馬容疑者を知る人たちから数多くの呟きが寄せられ、このことも話題となりました。

ここでは殺害された小西優香さんとはどのような人物だったのか、事件を示唆するような呟きがあったという彼女のTwitterやインスタを含めて紹介していきます。

出身は三重県松坂市?出身小学校や中学・高校は?

Free-Photos / Pixabay

小西優香は事件当時、大阪市淀川区十三東で一人暮らしをしていましたが、出身は三重県松坂市であることが分かっています。

ネット上では同級生を名乗る人物から、小西優香さんが通っていた高校は三重県立久居高等学校だという情報が寄せられていました。

大阪の医療系専門学校に通い歯科衛生士を目指していたと思われる

StockSnap / Pixabay

小西優香さんは地元の高校を卒業後、医療系の専門学校に通うために大阪に1人で出てきたといいます。

将来の夢は歯科衛生士で、大阪市内には歯科衛生士専門学校が複数あり、小西優香さんが1人暮らしをしていた淀川区内にも2校の専門学校があることから、このいずれかに通っていたものと考えられます。

専門学校に通いながらキャバクラでアルバイトに励んでいた

TerriC / Pixabay

小西優香さんは大阪に出てきた当初、十三のキャバクラで働いていたそうですが、大変な売れっ子であったことから事件当時はミナミにある高級店に移動していたという噂があります。

そして、キャバクラでアルバイトをしながら歯科衛生士を目指して専門学校に通っていたものと考えられています。

月に数回母親に顔を見せに帰るという親思いの一面があった

Tama66 / Pixabay

同じお店に勤務していたという同僚の人によると、小西優香さんは毎月数回は時間を作って三重県の実家に帰省していたといいます。

大阪の自宅から三重の実家へは約2時間かかるため、小西優香さんが家族思いの女性であったことがうかがえるでしょう。特に母親と仲が良かったそうで、お母さんに会いに行くと言って帰省をしていたそうです。

事件発覚直後、小西優香さんのお母様も大切な娘を失くして放心状態であったことが、弁護士を通じて明かされていました。

小西優香さんの画像はある?かわいいと話題になっていた!

上の画像が、事件発覚当初にTVなどで報道された小西優香さんの画像です。売れっ子のキャバクラ嬢であったことが頷ける容姿の持ち主で、報道後から美人、可愛いと話題になりました。

小西優香さんはインスタやTwitterをしていた!

小西優香さんはインスタやTwiterのアカウントを持っており、友人と遊びに行った時の様子などをアップしていました。

上の画像も小西優香さん本人のTwitterにあげられていたもので、たくさんの友人に囲まれて充実した生活を送っていたことがうかがえます。

ストーカーと思われる人物に後を付けられている様子も

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

事件が発覚する前の8月6日、小西優香さんはTwitterで電車で前に座っている人がじろじろ見てきて気持ち悪い、駅で降りたらつけてきたといった発言をしていました。

電車を降りて尾行してきたということはストーカーの可能性もあり、当初ネット上では、この人物が小西優香さん殺害の犯人ではないかと見られていました。

小西優香さんの最後のツイートは?リツイートが多めだった

Free-Photos / Pixabay

小西優香さんのTwitterの最後の更新は8月8日、つまり森翔馬容疑者と一緒にいることが確認された前日のことでした。

キャバクラの客についての愚痴を呟いたものへのリツイートで、8月に入ってからは自身のツイートはめっきり減って、リツーイトが目立つようになっていました。

Twitterやインスタを更新する気分になれないような出来事が、私生活であったのかもしれません。

派手な生活を更新していた?

pixel2013 / Pixabay

小西優香さんがキャバクラ嬢をしていたということが発覚した後、彼女のインスタやTwitterの写真を元に、派手な生活を送っている、男を騙していたのだろうといった憶測も寄せられました。

しかし、彼女のSNSに上げられている写真は女友達と遊んでいる様子を写したものが多く、20歳の女性には似つかわしくない派手な生活をしていたようには感じられません。

また上のような批判に対しても、キャバクラという合法的なアルバイトをしていただけなのに、殺されても仕方がないという考えは酷過ぎないか?という反論も数多くあがっていました。

Twitterでは小西優香さんの知人も多くツイートしている?

小西優香さんが殺害されたという報道がされた後、地元の友人だったという人や大阪に来てから知り合ったと思われる人々から、数多くのツイートが寄せられました。

また知人の中には犯人に心当たりがあるようなツイートをしている人や、直前に会った時に悩んでいる様子だった、無理やりにでも話を聞いていればと悔やむ声も見られました。

特殊小型船舶操縦士免許の免許も取得していた

Hans / Pixabay

小西優香さんはとてもアクティブな性格の女性であったようで、特殊小型船舶操縦士免許、つまり水上バイクの運転免許を所持していたことが分かっています。

他にも大阪に出てきてから中型車の免許も取得しており、Twitterではツーリングや水上バイクに一緒に行く人を募集する呟きもしていました。

7月末には地元へ帰りたいと話していた

Didgeman / Pixabay

7月末には小西優香さんが高校時代の友人に対して、もう三重に帰りたい、キャバクラ嬢を辞めたいと胸の内を明かしていたことが明らかになっています。

また6月には、大阪にいる意味がなくなった、実家に戻りたいとツイートしており、何らかの事情で専門学校を中退している可能性も示唆されています。

もしかしたらこの頃から、容疑者たちとの間にトラブルを抱えていたのかもしれません。

NEXT 地元の友人の証言は?