豊田商事会長刺殺事件とは?事件の概要と真相!犯人の現在は? 雑学・ライフスタイル

豊田商事会長刺殺事件とは?事件の概要と真相!犯人の現在は?

1985年に起きた豊田商事会長刺殺事件。犯人が凶行に及ぶ様子は、マスコミにより生中継されました。当時の動画、写真、画像をみて、振り返りたいと思います。また、ビートたけしが本事件を題材にした映画に出演しています。関係者の現在の様子についてもふれていきます。

目次

[表示]

豊田商事会長刺殺事件とは?事件の概要

豊田商事会長刺殺事件とはなんだったのか、事件の概要を見ていきましょう。

1985年、豊田商事会長が自宅マンションで殺害された事件

顧客と金の地金に関する購入契約を結ぶが金の現物は顧客に渡さずに会社で預かると称し、預り証を購入代金と引き替えに渡す豊田商事による組織的詐欺事件に端を発しています。

1985年6月18日に、この詐欺事件により逮捕目前とされていた豊田商事会長の永野一男(32)が自宅マンションで二人組の男に惨殺された、これが「豊田商事会長刺殺事件」です。

殺害の様子がテレビで生中継され前代未聞の騒動に

豊田商事会長の永野一男(32)が逮捕目前となり、会長の自宅となっているマンション、しかもその玄関前にマスコミが集まっているその最中、犯行前後の様子がテレビで生中継されてしまい世間に衝撃を与えました。

1985年の日本10大ニュースでは、日航便墜落事故に次ぐ第2位に選ばれている

geralt / Pixabay

1985年には、この事件以外に以下のような出来事がおきています。

  • 国際科学技術博覧会「科学万博-つくば ’85」開催
  • 男女雇用機会均等法が成立
  • 日本航空123便墜落事故(世界最大の航空機事故)
  • 電電公社と日本専売公社が民営化
  • 両国国技館が完成
  • 初の日本人宇宙飛行士誕生(土井隆雄、内藤千秋、毛利衛)
  • 青函トンネル本坑が貫通
  • 関越自動車道が全線開通
  • 日本初のエイズ患者を認定

これらの中にあって、読売新聞が毎年行っている読者投票で選ぶ10大ニュースでは、「豊田商事会長刺殺事件」は「日本航空123便墜落事故」に次ぐ第2位に選ばれています。

それだけ、この事件が社会的に関心が高かったことが窺えます。

関連する記事はこちら

豊田商事会長刺殺事件の詳細

「豊田商事会長刺殺事件」では、その事件発生が大挙していたマスコミの目の前だった為、生中継されてしまいました。

ですので、その時の様子が克明にカメラに収められ、映像として残っています。

YouTubeにもその際のニュース中継の動画がアップされていたりしています。ここでは、事件発生時の様子を時系列に見ていきましょう。

豊田商事は2000億円の被害を出した巨大詐欺事件で注目されていた

「豊田商事会長刺殺事件」当時、豊田商事は現物まがい商法により、その被害者数は高齢者を中心に全国で数万人、被害総額は約2,000億円といわれる巨大詐欺事件を起こした会社として社会的に注目されていました。

豊田商事とは?

永野一男が1978年に東京・銀座に本社を置いて設立します。最初は名古屋をはじめとする東海地区で金地金の先物取引をやっていましたが、詐欺まがいの行為に批判が高まり、豊田商事は東海地区から追放されます。

その後、大阪に進出し、1981年に「大阪豊田商事株式会社」を設立しました。その翌年に、「豊田商事」に改名しています。その社名自体、トヨタ自動車系列と錯覚させるためであり、全く関係がありませんでした。

豊田商事グループは、「銀河計画」という会社を一番上の統括会社として、その下に、「豊田商事」を中心に、「ベルギーダイヤモンド」や「鹿島商事」といった幾つもの会社がグループになっておりました。

現物まがい商法とは?

現物まがい商法(げんぶつまがいしょうほう)とは、商品を販売するが顧客に現物を渡さず、その商品の運用、管理、保管などを行うと称して、一定期間、預かり証等しか交付しない商法をいう。(引用:ウィキペディア)

1985年6月18日、逮捕される豊田商事会長・永野一男の自宅前に報道陣が集まっていた

豊田商事会長の永野一男(32)が逮捕目前となり、会長の自宅となっている大阪市北区のマンションにはマスコミが大勢集まっていました。

16時30分すぎ、男性2人が永野一男のマンションに現れる

その最中、後に犯行を実行することになる自称右翼の二人組の男が突然、会長宅マンションの玄関前に現れます。

ガードマンに永野一男に会わせるよう要求

そして、玄関前にいたガードマンに対して、永野一男に合わせるよう恫喝します。

質問する記者に対し、被害者からの殺害依頼だと答えたという

主犯格のひとりが、MBSの記者の質問に、「もう金はええ、永野をぶっ殺してくれと頼まれた」と答えました。

2人はパイプ椅子でドアを叩いたりしたのち、窓から侵入

その後、主犯格のひとりがパイプ椅子で永野一男宅の玄関ドアをものすごい勢いで叩き始めます。そして、もうひとりの髭を生やした共犯者が、廊下側の窓についていた鉄格子を破壊し、宅内に侵入します。

毎日放送の記者が住民に通報を依頼

犯行後、共犯の髭のある男が侵入した窓から出てきて、血まみれの銃剣を持っていたことから、報道陣から警察に通報するよう声が上がります。

それに続いて窓から出てきた主犯格のひとりが、「おい警察呼べはよ。俺が犯人や」と少し興奮していますが、冷静な口調で語ります。

永野一男が全身13か所を刺されるなどして殺害される

実際には、奥の間で刺殺されたようですが、寝室と思われる廊下側まで引きずられてきて、血まみれで倒れている永野一男の映像が映し出されます。

犯行の様子は映っていないものの、マスコミは現場の外部から生放送した

報道各社は、その犯行前後のすべての様子を映像を流し続けます。

犯人が犯行後に窓から出てきて、犯行声明する際には、カメラマンと思しき人物から「こっちむいて」というような声も聞こえます。

夕方の生放送のためNHKでは子供に見せないように呼びかける事態に

夕方の生中継だった為、永野一男の血まみれの映像がモザイクなしで放送されてしまい、NHKのアナウンサーは、「子供には見せないでください」と慌てて呼びかける場面があったそうです。

部屋から出てきた犯人は報道陣に語りかけ質問にも応じ、タバコを要求した

犯行後、窓から出てきた際の興奮しているが、どこか冷静と思われる口調だった主犯格のひとりは、報道陣に語りかけ質問にも応じ、タバコを要求したそうです。

その後駆け付けた警察により現行犯逮捕される

犯人2人は、永野一男宅のマンションから出たところで大阪府警天満署員に殺人の現行犯で逮捕されました。

永野一男は病院に運ばれたが多量出血で死亡

永野一男はこの時点では辛うじて息があったようですが、病院に搬送された時には出血多量で既に死亡していたそうです。腹部を刺されたのが致命傷だったそうです。

豊田商事会長刺殺事件の真相って?黒幕は誰だったのか

突然、永野一男宅のマンションに現れた犯人の2人。記者の質問に対し、被害者から殺人を依頼されてきたという趣旨の答えをしています。

自称、右翼とも言われていましたが、その犯行は彼ら自身の信条に基づくものだったのでしょうか?もしくは、何者かに依頼され凶行に及んだのでしょうか?

主犯格は自営業の飯田篤郎と建築作業員の矢野正計は頼まれたに過ぎない人物だった

永野一男宅のマンションに現れた犯人の2人、主犯格で記者とのやりとりに応じていた男が、飯田篤郎です。そして、もうひとりの共犯者で髭を生やしていた男が、矢野正計です。

飯田篤郎

主犯格であり、事件当時は56歳、大阪府豊中市で鉄工所を経営していました。下請けに騙されるという出来事があった為、この事件前年に5億円の借金を抱えて倒産寸前だったそうです。

彼自身は豊田商事の詐欺被害を受けていませんでしたが、かつての部下が被害を受けて永野一男会長を恨んでいるという話を聞いて犯行に及んだと供述しています。

矢野正計

共犯者であり、事件当時は30歳、建築関係の作業員として働いていました。主犯格の飯田篤郎に対して恩があり、犯行に協力したと言われています。

永野一男に殺害を依頼したのは被害者の誰か?

事件発生当初、犯人の2人は豊田商事事件の被害者の可能性も疑われましたが、捜査の結果、2人とも豊田商事事件の被害者ではないという事がわかっています。

この事実が公表されてから、この事件には別の黒幕がいるのではないかという黒幕説も囁かれました。

前日に取り締まりを受けていた永野一男も真犯人に口封じさせられた?

「殺害指示した人物がいる」との噂も流れましたが、結局は何も出てきませんでした。

主犯格の飯田篤郎は義憤による殺人を主張していますが、状況証拠を見る限り、ただの口封じ目的で永野一男を殺したとも考えられます。

犯人のマスコミの前での殺害は、黒幕からの借金帳消しの条件だったという噂も

事件後、主犯格の飯田篤郎には多額の借金があることが判明しています。

経営する鉄工場は競売にかけられる寸前のようでしたが、事件後、自身の会社の口座に借金と同額程度の金額が振り込まれていたという情報が報道されています。

現在でも黒幕がいると言われているが真相は明らかにされていない

この事件には、黒幕が存在する噂が絶えませんでした。

もし永野一男が存命で、起訴されていれば、法廷で色々と供述したはずで、資金の流れも分かっていた可能性があっただけに、真相は謎のまま闇に葬られてしまいました。

ここでは、噂が絶えなかった黒幕説を見ていきましょう。

政治家説

geralt / Pixabay

永野一男は政治家と付き合いがあったため、裏献金を行っていた可能性が浮上しています。その政治家が殺害を依頼したという説です。

宗教法人説

Free-Photos / Pixabay

永野一男は宗教の会員で、この団体に何千万とお財施をしていたと言われていれています。その団体が殺害を依頼したという説です。

豊田商事幹部説

geralt / Pixabay

豊田商事の幹部らが、殺害を依頼したという説です。

暴力団説

TheDigitalArtist / Pixabay

2000億という桁外れのお金が被害総額といわれています。ですが、会社に資産がほとんど残されていなかったのです。会社の金庫には980万ほどの現金しかなかったとされます。

このことから、背後には暴力団組織が存在し、組織に詐欺で集めたお金を上納しており、発覚を恐れた組織が殺害を依頼したという説です。

NEXT:豊田商事会長刺殺事件で殺害された永野一男の経歴
1/4