星島貴徳は獄中で自殺?江東マンション神隠し事件の概要とその後 社会

星島貴徳は獄中で自殺?江東マンション神隠し事件の概要とその後

江東マンション神隠し殺人事件とは東京都のマンションで起きた殺人事件です。犯人は星島貴徳という男で被害者女性の2部屋隣に住んでいた住人でした。被害者を死亡させた後、遺体を切り刻みトイレに流した事から残忍な事件と言われました。そんな事件についてまとめます。

目次

[表示]

江東マンション神隠し殺人事件とは?

江東マンション神隠し事件とは、2008年4月18日に江東マンションで起きた事件です。事件当初、被害者が神隠しにあったように忽然といなくなったことからこのような事件名がつきました。

犯人は被害者の隣の部屋に住む、派遣社員でコンピューター会社に勤務していた星島貴徳容疑者でした。星島貴徳は性奴隷にする目的で若くて太っていない女性を無差別に狙っていたようです。

また殺害後は被害者の遺体を切り刻み、水洗トイレに流したり、ゴミに出したりして処理するという、残虐性が非常に高い事件でした。

2008年東京江東区のマンションで女性が行方不明に

cegoh / Pixabay

2008年4月18日に仕事から帰宅した会社員の女性・東城瑠理香さん(事件当時23歳)が行方不明になりました。最初に異変に気付いたのは一緒に同居していた被害者の姉です。

行方不明当日に帰宅した姉が、室内に少量の血痕が残っていた事や室内に付けていたピアスが落ちていたこと等で、異常性を感じて警察に通報したことで事件が発覚しました。

被害者は自宅マンションから出た形跡がない為「神隠し事件」と呼ばれた

Comfreak / Pixabay

被害者の住んでいたマンションには複数の防犯カメラが設置されていたのですが、そのどれにも被害者がマンションから出ていく姿は移っていませんでした。

会社から自宅へ帰宅してから行方が分からなくなってしまった為、まるで神隠しにあったようでした。

警察はその日のうちに防犯カメラの解析を始め、何も細工がされていない事がわかるとマンション内のどこかに連れ去られた可能性を疑い早急に捜査を開始しました。

警視庁がマンション住人全員に事情聴取、指紋採取、家宅捜査を行う

RyanMcGuire / Pixabay

警視庁はマンションの住人全員に事情聴取と家宅捜索、任意で指紋採取を行いました。しかし、この時点では事件につながる手がかりを掴む事はできませんでした。

犯人である住人の星島貴徳は薬品で指先を荒らして指紋が取れないようにしたり、家宅捜索で遺体が入った段ボールを巧妙に捜査させないよう誘導し、警察はその段ボールを見逃すことになってしまったのです。

このように事件直後の調査では防犯カメラぐらいしか有力な手掛かりがなく、捜査は難航しました。

5月25日被害者宅のとなりの部屋に住む星島貴徳を逮捕

Free-Photos / Pixabay

事件発生から約1か月後の5月25日に被害者の部屋の隣に住む星島貴徳が逮捕されました。事件直後に行ったマンションの住人全員に任意の指紋採取の時は指先が荒れており指紋を採取する事ができませんでした。

1カ月経った頃には指先の荒れも治っており、指紋採取をした所被害者宅にわずかに残っていた指紋と一致した為、逮捕に至ったようです。

しかし、この時の逮捕は住居侵入容疑での逮捕でした。その後の捜査で殺人や死体損壊、死体遺棄等の罪が芋づる方式のように出てきたようです。

江東マンション神隠し事件の経緯は?

annca / Pixabay

経緯として、星島貴徳は自分の欲望を満たす為、若くて太っていない女性という条件を元に、相手を無差別に探していたようです。その結果、事件の1週間程前に被害者に目星をつけました。

被害者が帰宅直後に部屋に押し入り、襲おうとしますが被害者が暴れた為頭を殴打し自分の部屋に連れ込みました。それから少しして被害者の姉が帰宅して室内の状態から異常性を感じて通報しました。

予想より捜査が早かった事に焦りを感じた犯人は事件を隠蔽する為に被害者を殺害し、遺体を解体して少しずつ処理していきました。しかし、1カ月後に被害者宅にわずかに残っていた指紋と一致し逮捕されました。

2008年2月星島貴徳が江東区のマンションの9階918号室に入居

dakhlallah / Pixabay

2008年の2月に星島貴徳は江東マンションの9階918号室に入居しました。被害者女性はその約1か月後である3月1日に星島貴徳が住んでいる2部屋隣である916号室に入居してきました。

被害者や被害者の姉は江東マンションはオートロック機能や防犯カメラが多数あり、セキュリティ面で安心できた為入居してきたようです。

当時のセキュリティでは防犯レベルも高く安心して住めるマンションだったのですが、それでもこのような凄惨な事件が起きてしまったことに世間は驚愕を隠せませんでした。

被害者の女性と星島貴徳は面識はなかった

Free-Photos / Pixabay

被害者の女性と星島貴徳は特に面識はなかったようです。被害者の女性を狙ったのも事件を起こす1週間ほど前だったようで、ターゲットにする相手は特に強いこだわりもなく狙っていたようでした。

星島貴徳は太っていない女性を無差別に選んでいた

stevepb / Pixabay

ターゲットにするのに強いこだわりはなかったようですが、条件として太っていなくて、若い女性というのはあったようです。

そのため犯行がスムーズに行えそうな2部屋隣に住む女性を選んだようでした。それも緻密に犯行計画を練っていたワケでもなく犯行の1週間前に目星をつけていたそうです。

2008年4月18日星島貴徳は性奴隷を得る為に被害者女性の帰宅を待ち伏せ

jclovesu / Pixabay

事件当日である2008年4月18日に、星島貴徳は1週間ほど前から目星をつけていた被害者女性の帰宅を待ち伏せしていました。

強姦や性的暴行を行うために、被害者を狙っていたといいます。犯人の当初の目的では怪我をさせることなく部屋に連れ込み、暴行した後に月曜日には家に帰すつもりだったようです。

被害者女性が自宅へ帰宅直後女性宅へ侵入

stevepb / Pixabay

星島貴徳は被害者が帰って来るのをドアに耳をつけて待ち伏せしていたといいます。そして被害者宅のドアが開いた音がすると、閉められる前に侵入しました。

被害者はブーツを脱いでいた状態で犯人と出くわしたような形でした。お互いに顔を知ったのはこの時が初めてだそうです。

被害者女性が騒いだ為、頭を殴打し自宅へ連れ帰った

被害者宅へ侵入したところで、被害者女性が身の危険を感じて大声で叫んだようです。人が来てしまう可能性があるため星島貴徳は被害者のこめかみ辺りを狙って思い切り殴りつけたそうです。

うずくまって抵抗できない状態になった被害者を乱暴に部屋の奥へ連れて行き、そこで脅す為の包丁を手に取りました。

さらに自分の部屋に連れ込む為に被害者宅にあったタオルで手の自由を奪い、ジャージで目隠しをして視界を奪いました。そして被害者の首筋辺りに包丁を当てて脅しながら自宅へ連れ帰ったようです。

被害者女性を星島貴徳の部屋へ連れて行きベッドに縛り付けた

keresi72 / Pixabay

被害者を自宅へ連れ帰った星島貴徳は自由を奪う為にベッドに縛り付けて寝かしていたようです。

ただこの時、星島が普段使っているベッドに被害者を上げるのは難しく思えたので簡易的なエアマットを広げてその上に寝かせたようでした。

そしてさらに自由を奪う為に口に白いタオルを詰め込み、腕と胴体をくっつけて縛りました。

被害者女性の姉が帰宅。自宅に血痕などが残されていた為警察へ通報した

TeroVesalainen / Pixabay

それから間もなくして被害者女性の姉が帰宅しました。姉はドアに鍵がかかっていないことに疑問を感じたそうです。また、妹の姿が見えなかった事からマンション周辺を探しましたが見当たりませんでした。

そのうえ室内には血痕が残っていたうえに無理矢理連れ去られてしまったような痕跡等があったことから、異常事態だと思い警察へ通報。

結果的にこの通報のおかげで事件発生から時間が経たずに捜査を開始することができましたが、それが星島貴徳を焦らせ当初の目的ではなかった殺人という残忍な行為に走らせてしまいました。

事件発覚を恐れ被害者女性の首を包丁で刺し殺害

ROverhate / Pixabay

姉がすぐに通報したおかげで、警察の捜査は迅速に始まりました。また、この時に被害者が帰宅後にマンションを出た姿が防犯カメラに映っていなかった事から神隠し事件と称しメディアが派手に取り上げました。

事件を起こした数時間後には警察が被害者宅に集まっており、星島貴徳は事件に関係ない風を装って警察に事情をきいていたようでした。

そして、捜査はマンションの住人にも行われるようになりました。思っていたよりも事件発覚が早かった星島貴徳は逮捕されるのを恐れ、被害者女性の首を刺し殺害したのです。

犯行に使われたのは被害者女性宅の包丁

Pexels / Pixabay

犯行に使われていた包丁は被害者女性宅から持ち出された包丁だったようです。当初は殺害する目的で盗ったのではなく、包丁を向けて脅す為の目的として被害者宅から持ってきたようでした。

しかし最終的にはこの包丁で被害女性の首を刺し、なかなか絶命しなかったことから刺した包丁を抜き、5分以上かけて失血死させたといいます。

星島貴徳は焦りから「早く死んでください」と非常に自分勝手なことを念じながら、犯行に及んだそうです。

「神隠し事件」とマスコミがマンションに押し寄せる

stevepb / Pixabay

マンションの防犯カメラには被害者が帰宅した姿は移っていましたが、外出したり連れ去られた姿は映っていませんでした。このことからマスコミは今回の事件を神隠し事件というタイトルで大々的に取り上げました。

また、何か新しい情報を探す為に事件が起きたマンションには常にマスコミが張り付いていたそうです。

動画には、マスコミの取材に積極的に対応していた様子が

星島貴徳は犯行後に何食わぬ顔でマスコミの取材に積極的に応じていました。

警察は被害者が外出した姿や連れ出された姿が防犯カメラに映っていなかった事からマンションの別の部屋に連れ込まれたのかもしれないと思い、マンションの部屋を全て捜索したようです。

星島貴徳の部屋も家宅捜索されましたが、その時は証拠を見つける事ができませんでした。その時のことを「疑われたのかもしれない」等と冗談じみた余裕をみせた返答をしていました。

被害者女性殺害後に星島貴徳が見せた奇妙な行動

星島貴徳は被害者女性を死亡させた後に、エレベーターで乗り合わせた被害者の父親に「大変なことになりましたね」と声をかけていたようです。

またマンションの管理会社にも「監視カメラが足りない」等のクレームを電話でいれていたりしており、自分は事件に無関係な事を装っていたようです。

通常の犯罪者であれば犯行後に身を隠すなどの変化が見られますが、星島貴徳は他の住民に紛れて堂々と暮らしていたため、逮捕まで1ヶ月もの時間を要することになったとされます。

被害者女性を殺害後、2本の包丁とのこぎりで女性の体を切断し冷蔵庫などに隠す

xusenru / Pixabay

被害者女性の首を刺して殺害した後、星島貴徳は2本の包丁とノコギリを使って女性の体を切断し、冷蔵庫や段ボール、ベッドの下に隠しました。そして少しずつゴミとして出して隠蔽を図ったのです。

遺体の肉や臓器は包丁で刻んで、トイレに流していたといいます。さらに腕や足の肉も包丁を使ってはぎ取って細かくしてトイレに流していました。

また切り分ける時に服ごと切断しており、服や小物類も切り刻めるものは切り刻んでトイレに流したようです。トイレに流せないものは後日平然と家庭ごみとして出していました。

残った骨や頭部はノコギリで切って冷蔵庫へ隠した

さらに残った被害者の骨や頭部は、ノコギリで切り分けて冷蔵庫に隠していました。脳は腐ってしまうので頭蓋骨から取り出して、下水道に流して処理をしていたといいます。

冷蔵庫に隠しながらゴミ捨て場に捨てていた他に、近くのコンビニのごみ箱にも遺体を捨てていたようです。

警察は家宅捜索で遺体の入ったダンボール箱を見逃していた

Mediamodifier / Pixabay

警察は遺体が入っていた段ボールが星島貴徳の部屋にあった時期に家宅捜索を行っていましたが、遺体の存在を見逃してしまいました。

犯人が関係ない段ボールの箱の中身を警察に見せて確認をさせた後、他の段ボールも確認して構わないと伝えていたようです。

その堂々とした態度と冷静な対応から、警察は他の段ボールを確認することはなかったのでした。

警察の捜査中にもマンションのゴミ捨て場に遺体を捨てていた

DarkWorkX / Pixabay

警察がマンションを捜査している時にも、犯人はマンションのごみ捨て場に遺体が入ったごみ袋を捨てていたといいます。

こうして淡々と被害者の遺体を処理し続け、星島貴徳は殺人から2週間後には全ての遺体を遺棄しました。

被害者女性宅から星島貴徳の指紋が採取される

MichaelGaida / Pixabay

警察の捜査の結果、被害者女性宅から犯人と思われる指紋が出ていました。

指紋が至るところについていたワケではなく、少量だったことから犯人は指紋を残さずに被害者を連れ出すようにしていたようですが、ここは犯人の思惑通りにはいかなかったようです。

事件直後、指先の皮膚を荒らして指紋採取ができないようにしていた

stevepb / Pixabay

被害者女性宅から検出された少量の指紋から犯人を捜していた警察ですが、被害者宅に指紋が残っていたことをメディアが報道したことにより、星島貴徳にも指紋が残っていたことが知られてしまいました。

指紋が残っていたことが分かった星島は指先を薬品で荒らし、10本の指全てから指紋を採取することができないようにして警察の目を欺こうとしたのです。

皮膚が再生しており、女性宅で採取された指紋と一致し逮捕

Hans / Pixabay

事件が起きた当初の指紋採取では星島貴徳の指紋を採取する事ができませんでしたが、1か月後には皮膚も治っており、2度目の指紋採取では指紋を取ることができました。

2度目の指紋採取でとった指紋は女性宅で採取された指紋と一致し、警察は星島貴徳を逮捕。この時の罪名は殺人でも死体遺棄でもなく、住居侵入容疑でした。

しかし、捜査官の「(被害者の)家族に申し訳ない気持ちはないのか?」という言葉で星島貴徳は我に返り、犯行を自供。警察の捜査も相まって今回の殺人事件が真相が明るみにでました。

警察が下水道を調べた結果わずかに遺体の肉片を発見

Free-Photos / Pixabay

その後の捜査で犯人宅の部屋や浴室から採取された血痕が、被害者女性のDNAと合致。下水管からは被害者の肉片の一部などが検出されるなど、星島貴徳の供述の裏付けが取れました。

また星島の部屋からは被害者の財布や免許証等も出てきた事から、死体遺棄、死体損壊の疑いで再逮捕、その後殺人の容疑でも再逮捕されました。

星島貴徳の生い立ち・経歴

geralt / Pixabay

残忍な事件をおこした星島貴徳ですが、子供の頃は厳しい家庭で育っており、頭は良かったものの精神的に歪曲してしまうような家庭環境でした。

経歴だけ見るとセガに入社後、4年で退職してその後は個人事業主としてコンピューター会社で務めており、その時の月収は50万ほどもあり立派な人物にみえます。

その反面、幼いころに受けた火傷痕のトラウマのせいで女性と普通のお付き合いをすることはできないと諦めていました。それをカバーするかのように異常な性癖が芽生えてしまったようです。

星島貴徳の写真は?

2008年に起きた事件だったことから、星島貴徳の写真はまだネット上で残っています。

江東マンション神隠し事件が起きた直後に秋葉原連続通り魔事件が起きたために星島貴徳の犯行は影に隠れてしまいましたが、未だにその残忍さは語られています。

NEXT:岡山県出身で1歳の頃に足に大火傷を負い火傷跡が残る
1/3