房中術の意味とは?中国の歴史にある術?その方法や効果は? 雑学・ライフスタイル

房中術の意味とは?中国の歴史にある術?その方法や効果は?

「房中術」とは、中国に古来から伝わるセックスについての歴史ある技のことをいいます。房中術についてのセミナーなども行われていますが、勘違いをしている人が多いのも事実です。この記事では、房中術の意味や効果、その方法を紹介していきます。

目次

[表示]

房中術の意味とは?中国古来の技?長寿の効果がある?

Cimberley / Pixabay

房忠実とは、中国古来の技であり、様々な効果があるとされています。では具体的に房中術とはどのようなもので、いったいどんな効果があるのでしょうか。

房中術はセックスの技?

sasint / Pixabay

房中術とは中国に古来から伝わるセックスの実践法の1つです。房中術は中国のハニートラップに使われる術だと勘違いされがちですが、実はきちんとした健康術なのです。

中国伝統の養生術!陰陽五行の思想に基づいている?

Lazare / Pixabay

房中術は中国の歴史に古くから存在する養生術のひとつで、中国の自然哲学である「陰陽五行思想」にもとづいています。

「陰陽五行思想」では「宇宙の神羅万象あらゆる現象は陰と陽の結びつきによって成り立つ」とされています。すなわち陰と陽の調和によって秩序が保たれているという思想のことです。

房中術では、セックスについても陰と陽のように男性と女性を一対とし、切り離すことのできない存在として扱われています。

医療の一種でもある

sasint / Pixabay

房中術は医療の一種としても考えられています。現代医学とは異なる考え方をされてきた「中医学」では、病気になってからの治療よりも病気にならないための予防が重視されました。

その「未病を治す」という考え方に基づいて、養生や健康法など用いられたもののひとつが「房中術」でした。

セックスの仕方で健康を保つ

TBIT / Pixabay

房中術とは、セックスの仕方によって男女ともに健康を保つというものです。

例えば「楽しみに節度を持って行い、ちょうど良いところまですること」や「男性は快楽に身を任せず、女性が十分に興奮した状態で行うこと」などが挙げられます。

お互いの関係を深めるのに役立つ効果も

waldryano / Pixabay

房中術は男女互いを大事にし、尊重することが重要視されているため、房中術を実践すれば必然的にお互いの仲も深まることが考えられます。

セックスを単なる性欲のはけ口として使うだけでなく、房中術の考えでは男女の仲を深めたり、お互いを尊重するために使うことができるのですね。

日本では相手を虜にする技として広まっている?

Free-Photos / Pixabay

日本で「房中術」というと、中国のスパイが日本の要人に対してハニートラップを仕掛け、相手を虜にするための技として広まっています。

しかしそのようなイメージはフィクションの世界で多く語られたことが影響しており、実際の房中術とは全く意味の違うものになっています。

相手を骨抜きにする技という勘違いが多い

geralt / Pixabay

前述したとおり、中国のスパイが相手を虜にする技として使うものとして房中術のイメージがついたため、房中術の内容自体も勘違いされがちです。

房中術は要人やその情報を取り込むため、セックスを使って相手を骨抜きにするほど気持ちよくする術だというイメージが付いているのです。

実際はそういった手法とは全く違い、お互いを尊重したり健康を増進したりする目的で使われています。

房中術は簡単に言うと健康的なセックス

skeeze / Pixabay

「陰陽五行思想」や中国の歴史など、房中術には難しい話も多々出てきますが、房中術を簡単に言うと「健康的なセックス」のことです。

セックスの仕方を考えることによって健康やお互いの仲の深まりを手に入れようとする方法、それが房中術なのです。

正しい房中術は健康や長寿に効果がある

Pavlofox / Pixabay

房中術の効果のひとつに「性養生」というものがあります。これは、「正しい理にかなった性生活は心身を健康に保つ」という効果です。

反対に、誤った性生活を送ってしまうと精を浪費してしまい、心身共に疲弊するともいわれています。

関連する記事はこちら

房中術の実践方法とは?気の流れを意識するのが大事?

leninscape / Pixabay

房中術の概要や効果を紹介しましたが、房中術を実践するにはどうしたらよいのでしょうか。房中術と言ってもそんなに難しい技法を駆使するわけではありません。

少しづついろんなところでの意識を変えたりすることだけでもかなり効果は違ってくるのです。それでは、具体的な房中術の実践方法を紹介していきます。

房中術の実践方法①:始める前に水で身体と心を清める

ronymichaud / Pixabay

房中術では、まず心と体をポジティブに保つことが健康への第一歩としています。そのため、水分を摂取することは必須です。

水分を摂取することで心も体も浄化され、健康なセックスや生活ができると言います。さらに、水分を摂取するだけでなくセックスの前にシャワーを浴びることも有効とされています。

房中術の実践方法②:自然からエネルギーを取り入れる

JillWellington / Pixabay

房中術では、男女がお互いに「気」を取り入れることが大事であるといわれています。「気」を取り入れるには自然に多く触れることが大事です。

例えば、セックスをするパートナーと自然豊かな公園を散歩したり、太陽のもとで元気に遊んだりといったようにです。そうすることで自然から「気」をもらうことができます。

房中術の実践方法③:雨の日が効果的

Pexels / Pixabay

セックスをする日は激しい雨の日がおすすめです。雨の日には家にこもってじっとしてしまいがちですが、雨や嵐は2人の「気の高まり」を増幅させる効果もあります。

雨の日に外に出かけることができないときは、パートナーとの時間を楽しんでみましょう。

房中術の実践方法④:共通のアクセサリーを持つ

sarakgraves / Pixabay

房中術では、「2人の交点を知る」ことが重要になります。セックスにおいては相手の最も気持ちいい点を知ることが重要です。

特に男女の性的な交わりは「十字」をかたどっており、例えば同じ十字架のアクセサリーを身に着けることによってお互いの「交点」をいち早く知ることができるとされています。

房中術の実践方法⑤:気を高める音楽を流す

MabelAmber / Pixabay

房中術では「気」の他に「波」というものも重要視されています。この「波」とは体の中を流れるリズムのようなものとされています。

「波」とはリズムですから、これを高めるためには音楽をかけるのが良いとされています。セックスでなくとも、大事な局面では音楽を聴いて心を落ち着かせたりする人も多いでしょう。

房中術においては、セックスの際はクラシック音楽や落ち着いたピアノの音楽などが有効だといわれています。

房中術の実践方法⑥:理性を保つ

RondellMelling / Pixabay

房中術において「理性を保つ」ことはかなり重要です。男女のどちらか一方が快楽に身を任せ、独りよがりなセックスをした瞬間、それは正しいセックスではなくなります。

正しいセックスをするためには、セックス中であろうと男女ともに理性を持ち、互いを尊重する態度が重要です。

また、そのためには一日に何度もセックスをしたり、何人もの人と関係を持つべきではないとされています。疲れ果てるまでセックスをするのではなく、ちょうど良いところでやめておきましょう。

房中術の実践方法⑦:お互いが気持ちよいセックスをする

emiliebergman / Pixabay

房中術では男女お互いがお互いを尊重することが最も重要です。どちらか一方が相手を軽視したり、一方が相手を見下すようなことがあっては正しいセックスはできません。

お互いを思いやり、尊重できるようなセックスをすることでその後も仲が深まり、性生活以外も充実してくるでしょう。

房中術の実践方法⑧:適度にしておいてやり過ぎない

whoismargot / Pixabay

房中術では、「適度にしておく」という考え方も重要視されています。何人もの女性と関係を持ったり、1人相手でも1日に疲れるまで何度もセックスをしたりというのは適切ではないのです。

そのため、「もうすこししたいな」という程度でやめておくのが房中術では吉とされています。

お互いの波長や気の流れを意識するのが大事

StockSnap / Pixabay

房中術は自然などから良い「気」を取り込むことが大事だとされています。しかし、これは相手にも言えることです。

自分がとても良い「気」を持っている日でも、相手があまり乗り気でないような状態でセックスをするのは望ましくありません。逆に、自分の気持ちが乗らないときでも無理にする必要はありません。

仮にそのような状態でセックスをしても、投げやりで適当なものになってしまいます。お互いの「気」が高まりあったときにセックスをすることで、結果的にお互いを尊重するセックスができるのです。

普段の食事も大事

RitaE / Pixabay

房中術では、普段の食事も大事です。「医食同源」という言葉があるように、食生活は健康や病気の予防に大きくかかわってきます。

食物から得られるものは、精となって体にいきわたります。したがって食物は体を作りあげる最も大きな要素となるので、食事の仕方を改善することも健康につながるとされています。

房中術のセミナーも存在する?

ijmaki / Pixabay

房中術は、そのノウハウを多くの人に広めるためにセミナーも行っています。中には房中術の専門家として日本中を飛び回りながらセミナーをしている人もいるほどです。

セミナーでは独自の体ほぐしや食生活の改善法、その他様々な房中術に関するノウハウが語られています。

房中術の歴史とは?中国の歴史書に記述されていた?

jarmoluk / Pixabay

房中術とは、中国の歴史にも古くからかかわっており、房中術を記したその歴史書も存在するほどです。

また、中国のみにとどまらず他の国々にも房中術は伝わり、本格的に研究されるまでになった過程も見ていきましょう。

馬王堆三号漢墓で発見された本に記されていた?

Free-Photos / Pixabay

1973年、中国の湘南省の郊外で「馬王堆三号漢墓」から大変貴重な書物が発掘されました。その中には、房中術などの性医学を記したものも多く含まれていたのです。

「十問」「合陰陽」「天下至道談」「胎産書」などがその代表で、ここから発掘された書物は中国戦国時代の楚のものであると推測されました。

この馬王堆三号漢墓が建てられるよりもさらに古い時代のものと考えられ、春秋前期(西暦700年ごろ)と推測されています。

発掘されたのは6冊?

発掘されたのは、「十問」「合陰陽」「天下至道談」「胎産書」「養生方」「雑療法」の6冊でした。これは現代に書物として伝わっていなかった貴重な資料になります。

道教の不老長生の1つとなった

geralt / Pixabay

房中術は後漢末期の五斗米道に取り込まれることとなり、唐代編の「隋書」や「経籍志」に経典が道教であるとされ、道教の不老養生のひとつとなりました。

日本にも伝わり医書に載った

Kanenori / Pixabay

この書物は、後に日本にも伝わることとなります。日本で編纂された「医心方」という平安時代の医書には、「素女経」や「洞玄子」など中国の房中術を記した書物が存在しています。

これらは、後の1907年に葉徳輝によって復元され、「双海景闇叢書」として発行されました。

オランダにも伝わり房中術の本が出版された

8300 / Pixabay

房中術はオランダにも伝わり、ファン・フーリックにより中国の古代医学と性医学がまとめられた文献「秘戯図考」が1951年、「中国古代房内考」が1971年にそれぞれ出版されました。

一方、海外で馬王堆漢墓からの文献の出土をきっかけに房中術が本格的に研究され始めたのを見て、中国国内でも房中術が本格的に研究され始めました。

NEXT:現在でも房中術は研究されている
1/3