【閲覧注意】石狩沼田幌新事件とは?大正に起きた惨劇とヒグマの恐怖 雑学・ライフスタイル

【閲覧注意】石狩沼田幌新事件とは?大正に起きた惨劇とヒグマの恐怖

1923年、北海道沼田町で祭り帰りの一団をヒグマが襲う石狩沼田幌新事件が発生しました。このヒグマは5名もの死者を出し、念仏を唱えながら連れ去られたものもいたといいます。今回は、そんな石狩沼田幌新事件の熊や当時の状況の詳細をまとめました。

目次

[表示]

羆の恐怖!石狩沼田幌新事件とは?

suetot / Pixabay

石狩沼田幌新事件は、日本三大獣害事件の一つで、日本史上2番目に被害が大きい事件です。1923年に開拓間もない北海道沼田町で巨大なヒグマが現れ、開拓民らを恐怖に陥れました。

このヒグマの恐怖は現在も忘れられることなく、毛皮は沼田町ふるさと資料館に保存されています。

1923年に北海道雨竜郡沼田町幌新地区発生した獣害事件

geralt / Pixabay

石狩沼田幌新事件は、1923年8月21日から8月24日にかけて、北海道雨竜郡沼田幌新地区で発生した、獣害事件です。

日本では最も被害が大きい三毛別熊事件に続く、史上2番目に被害が大きかった獣害事件です。

開墾間もない北海道で、祭り帰りの一団に凶暴なヒグマが猛然と襲い掛かった

Pixel-mixer / Pixabay

事件当時の北海道は開墾間もない時期で、事件が起こったのは祭りから一団が帰っている最中でした。

突然巨大なヒグマが祭り帰りの一団を襲い、多くの人々を恐怖に陥れました。

獣害事件としては死者5名、重傷者2名と国内で史上2番目に大きい

Free-Photos / Pixabay

石狩沼田幌新事件は死者を5名、重傷者を2名出し、国内の獣害事件としては史上2番目に大きい被害を出しました。

石狩沼田幌新事件の怖さは2chでも話題に

jamesmarkosborne / Pixabay

石狩沼田幌新事件はあまりに残酷だった為、サイト2chでも話題となりました。

2chで初めて石狩沼田幌新事件のことを知った人も多かったようですが、やはりその詳細を見ると、誰もが恐怖を感じています。

ヒエッ…こんなんあったんか…

これ初めて知ったけど三毛別と同じくらい怖いやん
顔だけ残してあと全部食うって・・

(引用:2ch)

ネット上では事件を紹介する動画が多々

石狩沼田幌新事件そのあまりの恐ろしさから世間でも話題となり、事件のことを紹介する動画もネットで多くあります。

事件のことを動画にすることで、野生の熊の恐ろしさを現代にも伝え、自分たちも気をつけなければいけないということを改めて思い知らせてくれます。

最近は環境破壊によって、人里に熊が降りてくることも増えたため、石狩沼田幌新事件を教訓に、安易に近づかないようにしなければいけません。

関連する記事はこちら

石狩沼田幌新事件の詳細「8月21日」

jpeter2 / Pixabay

1923年の8月21日、この日に祭り帰りだった一団に突然現れた巨大なヒグマが襲い掛かりました。

1人は一撃で撲殺され、1人は重傷を負わされ生きたまま連れ去られ、保存食として土に埋められました。

その後逃げた一団の先に撲殺した再びヒグマが現れ、もう1人を連れ去り、上半身を残して食い殺しました。

午後11時半頃、祭りが終了し一団は帰路についた

Free-Photos / Pixabay

大正12年8月21日、北海道沼田町内の恵比島区で、太子講の祭りが開催されていました。当時は開拓してすぐだった為娯楽も少なく、この祭りには近隣の村落からも多くの人が集まっていました。

午後11時ごろ、祭りは終了し、祭りを楽しんだ一団は帰路につきます。

襲われるも事もなきを得た林謙三郎

strichpunkt / Pixabay

幌新地区から祭りに参加していた一団も祭りが終わると帰路についていましたが、一団が幌新本通りの沢に差し掛かったところで、突然巨大はヒグマが現れました。

一団から50mほど後ろを歩いていた林謙三郎19歳は、突然襲われたこの熊に背後から襲われます。

しかし、衣服はヒグマに裂かれてしまったものの、全力で暴れたことで、命は助かりました。そして、ヒグマに怯むことなく前方を歩いていた一団にヒグマが現れたことを知らせます。

狡猾なヒグマは先回りし、村田幸次郎を撲殺、兄由郎に重傷を負わせた

Gellinger / Pixabay

林謙三郎を襲ったヒグマは一段の前に先回りし、今度は先頭を歩いていた村田幸次郎15歳を一撃で撲殺しました。そして、幸次郎の兄由郎18歳にも重傷を負わせます。

ヒグマは撲殺した幸次郎の遺体を腹から食べ始め、兄の由郎は保存食として連れ去られ、生きたまま土に埋められました。

一団は命からがら300m程先の民家へと逃げ込みヒグマの襲撃に供える

punch_ra / Pixabay

ヒグマの襲撃に遭った一団は、パニックになりながらも命からがら現場から300mほど先にあった持地乙松住宅に逃げ込みました。

玄関に火を焚いて火を強め、屋根裏や押し入れの中に身を潜めてヒグマが再び来た時に立ち向かえるように供えていました。

約30分後、幸次郎の内臓を咀嚼しつつヒグマが襲来

一団が避難してから約30分ほど経ったころ、再び一団を襲ったヒグマが現れました。この時ヒグマは、先ほど襲った村田幸次郎の内臓を食べていました。

しばらくヒグマは家の周りを周回していましたが、襲われた村田兄弟の父、村田三太郎54歳は戸口を抑えていました。しかし、ヒグマは怪力で簡単に扉を破壊し、三太郎に一撃を加え、重傷を負わせました。

ヒグマは一団がヒグマを追い払うために焚いた火にも恐れることはなく、あっさりと踏み消しました。

夜風にかき消された村田ウメの念仏

DarkWorkX / Pixabay

家の中に進入してきたヒグマは、村田兄弟の母で三太郎の妻でもある村田ウメ56歳に目を付けました。ヒグマはウメをそのままくわえて連れ去ろうとします。

三太郎は妻を守るため必死でヒグマにスコップで反撃をしますが、ヒグマにはまったく効かず、ウメはヒグマに連れて行かれてしまいました。

ウメがヒグマに連れ去られた方向からは、「助けてくれ」という声や念仏が聞こえていましたが、夜風にかき消されてしまいました。

石狩沼田幌新事件の詳細「8月22日」

hschmider / Pixabay

8月22日、ヒグマに襲われてから一夜が明け、一団は周囲の安全を確認し、ヒグマに連れ去られた2人を探しに行きます。

血の匂いが漂う場で一団は朝を迎えた

stux / Pixabay

8月22日、銃などの備えもなく恐怖で家の外に出ることができない一団は、そのまま朝を迎えます。

そこは異様なほどに血生臭く、妻子を奪われた三太郎たち一団は、心身ともに苦痛に苛まれていました。

しかし、そこで見つけたのは下半身を食われたウメの遺体と、生きたまま土に埋めえられた虫の息の由郎でした。ヒグマが現れたことは、この日のうちに周囲一帯に知れ渡ることになります。

安全確認後、外に出た一団が目にしたのは無残なウメの姿

8385 / Pixabay

現場に何も知らない村人がたまたま通りかかり、一団は助けを求めます。周囲が安全なことがわかると、やっと外に出て、ヒグマに連れ去られた由郎、ウメの捜索に取り掛かります。

捜索後、ほどなくして藪の中でウメの姿は見つかりました。しかし、ウメは下半身をヒグマに食われ、すでに絶命していました。

土中に埋められるもまだ息のあった由郎も発見する

flo222 / Pixabay

ウメの発見後、最初にヒグマに連れ去られた由郎も見つかります。彼は、生きたままヒグマに保存食のため土に埋められていました。

この時の由郎は、かすかながらまだ息があったので、一団はすぐに由郎を病院に搬送しました。

病院で手当てを受けたものの、その後由郎は息を引き取ります。

一連の惨劇は22日中に周囲一帯に知れ渡った

22日中にヒグマによる一連の惨劇は沼田周囲一帯に知れ渡りっていました。

多くの人がヒグマの恐怖にかられ、怯えていました。

石狩沼田幌新事件の詳細「8月23日」

KELLEPICS / Pixabay

8月23日、ヒグマを討伐するために、腕利きの猟師が雨竜村に集まります。しかし、集まった猟師の内の1人が単身で山の中に入り込み、数発の銃声を残し、そのまま行方不明となりました。

腕利きの猟師が雨竜村へと集う

White_Bull_Films / Pixabay

ヒグマが現れた翌日の8月23日には、熊撃ち名人として有名な砂澤友太郎などの腕利きの猟師たちが集まり、ヒグマ討伐の応援へ向かいました。

駆け付けた猟師の1人であった長江政太郎56歳は、ヒグマの話を聞いて怒り、「そのヒグマは自分が仕留める」と言うと周囲の制止も聞かず、1人で山に入っていきました。

数発の銃声を残し、消えた猟師

mwewering / Pixabay

長江政太郎が一人で山に入った後、山の中で数発の銃声が鳴り響き、その後長江政太郎が戻ってくることはなく、行方不明となりました。

石狩沼田幌新事件の詳細「8月24日」

volfdrag / Pixabay

8月24日、ついにこの日石狩沼田幌新事件は終わりを迎えます。300人以上の討伐隊が結成され、ヒグマの討伐に向かいます。

突然あら現れたヒグマに討伐隊に1人が一撃で撲殺され、1人は重傷を負わされます。討伐隊は怯えますが、一発の銃弾が命中したことで士気を取り戻し、一斉射撃でヒグマを仕留めます。

ヒグマ討伐後、前日に単身で山に入っていった猟師の頭部のみの遺体が発見されます。

300人を超える大規模な討伐隊が結成される

41330 / Pixabay

8月24日には、在郷軍人、消防団、青年団など総勢300人が集まり、ヒグマの討伐部隊を結成しました。幌新、恵比島の集落民の60歳未満の男子も残らず出動し、ヒグマの退治に向かいます。

山中に入った討伐隊の背後に突如迫る黒く巨大な影!1名死亡、1重症に

sabinem34 / Pixabay

討伐隊が山に入ると、間もなくヒグマが現れました。討伐隊の最後尾にいた上野由松57歳がヒグマに一撃で撲殺され、折笠徳治にも重傷を負わせます。

パニックに陥る討伐隊を救ったのは、退役軍人の放った1発の銃弾

kiragrafie / Pixabay

ヒグマは2人を襲った後も、討伐隊を襲おうとして、討伐隊はパニックに陥りました。しかし、そこに退役軍人の1人がヒグマに1発の銃弾を放ち見事命中しました。

この一撃のおかげで、討伐隊は一斉に反撃にかかります。

ヒグマの最後!鉄砲による一斉射撃!

DariuszSankowski / Pixabay

退役軍人の一発のおかげで士気を持ち直した討伐隊は、ヒグマに一斉射撃を浴びせました。ヒグマはその一斉射撃によって倒れました。

討伐後、頭部のみを残した長江政太郎が発見される

artbejo / Pixabay

ヒグマ討伐後、現場のすぐそばで、前日の23日に行方不明となっていた長江政太郎の遺体が見つかりました。

見つかった長江政太郎は頭部のみで、その他はすべてヒグマに食い尽くされてしまっていました。

ヒグマが一団を襲った原因は「獲物を横取りされる」と考えたから?

Antranias / Pixabay

ヒグマが祭りの帰りの一団を襲った日には、その近くに斃死した馬の死骸が保存食として埋めてありました。

夜中にその近くを多くの人間が通ったことで、「一団に獲物を横取りされる」と考え、襲ったのではないかと推測されています。

NEXT:石狩沼田幌新事件のその後や余談
1/3