キツマンとは?セックスの時痛い?見分け方やメリット・デメリットも 恋愛・心理

キツマンとは?セックスの時痛い?見分け方やメリット・デメリットも

目次

[表示]

小指から挿入して膣内をほぐす

Pexels / Pixabay

膣の周囲を愛撫して愛液が出たら、小指から膣内に挿入をして穴を広げていきましょう。ゆっくりと指を入れることで膣も指の太さに合わせて広がっていきます。

まずは指を1本挿れて、彼女が痛がってない様子だったら指を2本挿れましょう。そして、勃起したペニスをゆっくりを挿れてください。

挿入するときも彼女に「痛かったら言ってね?」と気遣ってください。

膣が濡れない場合はローションを使用する

saponifier / Pixabay

経験の少ない女性は、緊張のあまり膣が濡れないことがあります。そんな時は膣への愛撫はやめて潤滑油となるローションを使用することをおすすめします。

愛液よりもローションの方が滑らかなので、挿入するときも痛みを感じないことが多いです。選択肢の1つとしてローションは持っておきましょう。

大人のオモチャを使って慣れさせる

女性の膣を舐めたり指を挿れることが苦手な人は、バイブなどの大人のオモチャを使用してみましょう。ローターやディルドは膣内に挿入するので痛みを感じやすいのでやめましょう。

おすすめの大人のオモチャは、振動で刺激を与えるバイブです。膣周囲の筋肉をほぐすマッサージ効果も期待できるので、緊張している相手にもおすすめです。

キツマンのメリット・デメリットは?

geralt / Pixabay

「締まりが弱いよりキツマンが良い!」と、言われていますが、実際はどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?ここからは、キツマンのメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット①男性が気持ち良いと感じる

Pexels / Pixabay

挿入ができるほどのキツマンの女性は男性からのウケがとても良いです。勃起したペニスがギュッと締め付けられる感覚はとても気持ちが良いので、満足して絶頂を迎えることができます。

メリット②ガードが堅い女性というアピールができる

thisismyurl / Pixabay

彼氏と初めてセックスをするときにキツマンだと、彼氏は嬉しいと感じるでしょう。「キツマン=経験人数が少ない」と思っている男性が多いので、ガードが堅い彼女という印象を与えられます。

メリット③開拓できるという好奇心を与えられる

自分の彼女がキツマンだった場合、「これからいろんな手法を使って開拓できる…」「自分だけの女…」という支配欲や好奇心をくすぐることができます。

つまり、彼女に熱中してくれるので、セックスの回数が増えてお互いの関係が良好になることが予想できます。

デメリット①経験人数の少ない相手だとセックスが痛い

Anemone123 / Pixabay

彼氏が女性経験が少ない場合、セックスのときに無駄に漢気を出そうと思って積極的になる傾向があります。すぐに挿入を要求してくることがあり、痛みを感じることもあるでしょう。

デメリット②男性を困らせてしまう

StockSnap / Pixabay

優しく挿入しているつもりでも「痛い!痛い!」と挿入を拒んでしまうと、男性はどうすることもできなくなって困惑することもあるでしょう。

デメリット③セックスができないとエロ動画で済ませてしまう

Counselling / Pixabay

キツマンが痛くてセックスができない日々が続くと、彼氏はエロ画像や動画を見て1人で済ませてしまうことが快感になって、セックスレスになる可能性もあります。

エロ動画サイトにはレビュー欄があり、キツマン好きにおすすめの女優のレビューなども書かれています。AV女優の森川アンナさんはキツマンの痴女として有名です。

森川アンナさんだけでは無いですが、その他のAV女優や高級風俗街として有名な吉原の風俗嬢は普段からトレーニングをしており、キツマンを保っているようです。

キツマンになるにはどうしたらいい?

「いますぐキツマンになりたい!」と思った女性は多いでしょう。ここからは、キツマンになるための方法をご紹介します。

膣トレーニングをする

lograstudio / Pixabay

膣周囲の筋肉を鍛える膣トレーニングはおすすめです。特に骨盤底筋に刺激を与えることができると、骨盤周囲筋に力が入りやすくなり、膣の締まり具合に影響をもたらします。

ランニングをする

panmukola0 / Pixabay

キツマンになるついでにダイエットをしたいと考えている方は、ランニングがおすすめです。足腰が鍛えられると、お尻がキュッと上がり締め付けが強くなります。

ランニングなどで筋量を増やすことで、骨盤底筋に刺激を与えることができます。

乗馬をする

nicolagiordano / Pixabay

ランニングに比べるとハードルが高いですが、乗馬は足腰を鍛えるトレーニングとして最適です。股関節周りの全ての筋肉に刺激が加わるので、骨盤底筋も鍛えられます。

また、常にお尻をキュッと閉めている状態なので、自然と締まりが良くなっていきます。

腹圧トレーニングを行う

StockSnap / Pixabay

骨盤底筋の働きを最大限に活かすためには、腹圧を自由自在に操れるようになることが重要です。インターマッスルと呼ばれる深部にある筋肉を鍛えることで、腹圧が高まり膣の締まりも良くなると言われています。

インナーマッスルを鍛える方法として代表的なのが、お腹を凹ませたまま呼吸をするドローインエクササイズです。ドローインの流れは下記の通りです。

  • 仰向けに寝て膝を立てる
  • 腹式呼吸をしてお腹を動かせる
  • 息をゆっくり吐きながらお腹をへこませる
  • 息を吐ききって、限界に達したらその状態をキープしながら浅い呼吸を繰り返す
  • 10秒〜30秒で元に戻す

日常的に歩く習慣を増やす

silviarita / Pixabay

ヨガやピラティス、筋力トレーニングをする時間が無い方は日常的に歩く瞬間を増やしましょう。直接的な効果は低いですが、足腰が鍛えられることで、腸腰筋など骨盤周囲筋が優位に働きます。

キツマンではない人必見!セックスで男性を喜ばせる超絶テクニックとは?

StockSnap / Pixabay

キツマンになるための方法についてご紹介しましたが、絶対にキツマンになれるとは言い切れません。人それぞれ個人差があるので、「キツマンになれなかった…」という方もいるでしょう。

「セックスのときに彼氏が気持ち良さそうじゃない」「発射する時はいつも私が手でお手伝いをしてるから心が痛い」という悩みを抱えている女性は少なくないでしょう。

ここからはキツマンで悩む女性のために、キツマンと同じくらい気持ち良いと言われている「口で性器を刺激するテクニック」についてご紹介します。彼氏があなたの虜になること間違いなし。

キツマン同様に気持ち良い「クチ奉仕テクニック」①大量の唾液を含んだまま咥える

34680 / Pixabay

口で男性の性器を咥えるプレイの際に重要なのは唾液の量です。唾液を含んでおくことでストロークの時に潤滑油の働きをします。口の中や唇が乾燥していると痛みを感じて気持ち良くないと思うことがあります。

エロ動画ではローションなどを使って、手で奉仕するプレイがありますが、唾液がローションの代わりになっていることになります。唾液が出ない方はあらかじめガムを噛んでおくことをおすすめします。

ガムなら口臭予防にも期待できるので、一石二鳥と言えるでしょう。また、普段から食べ物をよく噛む習慣をつけておくことで唾液が出やすくなるようです。

キツマン同様に気持ち良い「クチ奉仕テクニック」②アプローチの種類を増やす

derneuemann / Pixabay

キツマン同様に気持ち良いと思ってもらうためには、口で奉仕するためのテクニックを増やす必要があります。性器は「亀頭」「カリ」「裏スジ」「金玉」の4大ポイントがあります。

  • カリ・・・ペニスの上部にあるエラのような出っ張り部分。性感帯と語る男性は多いので、口で奉仕するときは「ゆっくり〜速く」など、スピードの変化をつけてあげましょう。
  • 亀頭・・・カリよりも上の部分。特に仮性包茎の男性は刺激を受けると気持ち良さを感じるため、舌先でぺろぺろと舐めてあげると良いでしょう。
  • 裏スジ・・・ペニスの裏側で本体の部分。神経が集中しているので、男性はくすぐったいと思いながら気持ちいいと感じます。ゆっくりと舌先で舐めながら何回も往復してあげましょう。
  • 金玉・・・精子が作られる部分。玉袋を口で頬張って、吸い付くように舐めてあげると男性は気持ち良さを感じることができます。

上記のようにペニスの部位ごとにアプローチをすることで、男性は「お〜気持ち良い…」と、あなたのテクニックの虜になってくれるでしょう。

キツマン同様に気持ち良い「クチ奉仕テクニック」③寸止めの技術を使う

Pexels / Pixabay

唾液たっぷりでたくさんの部位を責めるだけでも男性は興奮して絶頂に達するのですが、それよりも1つランクアップした手法が「寸止め」です。男性が射精する寸前で動きをピタッと止める技です。

絶頂に達する瞬間に止められたことによって、男性は「もぉ〜出したい…」と頭が彼女のことでいっぱいになり、興奮度もMAXになるのです。

何度も寸止めをされて、最後に発射できたときの快感は通常のセックスの倍以上と言えるでしょう。そんなプレイを巧みにこなす彼女に虜になること間違いありません。

キツマンは膣の締め付けが強い!セックスの時に痛いと感じる場合がある

Free-Photos / Pixabay

キツマンとは、膣の締め付けが強い女性のことを意味しており、締め付けが強いことによって男性は通常のセックスよりも気持ち良く感じることがわかりました。

キツマンを見分ける方法はたくさんありますが、筋肉が発達している人はキツマンの可能性が高いです。特に、スポーツやヨガをやっている人は骨盤周囲筋が活発に働くのでキツマンになりやすいと言われています。

また、キツマンの女性がセックスをするときは痛みを感じることが多いので、前戯やローション、大人のオモチャを使って優しく穴を広げていきましょう。

セックスに関連する記事はこちら

2/2