パナウェーブ研究所の現在は解散?江頭2:50が潜入した騒動とは エンタメ

パナウェーブ研究所の現在は解散?江頭2:50が潜入した騒動とは

目次

[表示]

赤色の服の場合

RonPorter / Pixabay

赤い服のイメージは、「外交的」、「派手」、「活発」で行動的な人に見られやすいです。ただし、時と場合によっては「目立ちたがり」であったり、「非常識」という印象も与えてしまいます。

ピンク色の服の場合

rosysmith581 / Pixabay

ピンク色の服のイメージは、「女性らしさ」と「優しさ」で着ている本人や接する相手を優しい気持ちにさせます。ただし、全身ピンク色の服で固めてしまうと下品に思われることもあります。

オレンジ色の服の場合

オレンジ色の服のイメージは、「社交的」、「遊び人」、「人懐っこい」などで、周囲の人は親しみを感じたり、着ている本人は楽天的で大らかな気持ちになります。

しかし、全身をオレンジ色で固めてしまうと、他人から面倒ごとを頼まれることも多くなるでしょう。

茶色の服の場合

ChrisFiedler / Pixabay

茶色の服のイメージは、「温かい人」、「融通が利く人」、「包容力がある」などで年輩の方や会社の上役の人などに最適な色です。

また、責任重大な仕事を任せてもガッチリと受け止めてこなしていく信頼感を感じさせます。

黄色の服の場合

1103997 / Pixabay

黄色の服のイメージは、コミュニケーションそのものを表し、友達になろうというメッセージを伝えます。ですから、内気でなかなか友達が出来ない子どもや新しく友人をつくりたい人に最適な色です。

ただし、黄色のスーツなどで固めていると「挑発」や「見栄っ張り」といった印象を相手に与えてしまいます。

緑色の服の場合

jeonsango / Pixabay

緑色の服のイメージは、「若々しい人」、「お洒落な人」といった印象を与え、 人間関係を改善したいときに最適な色です。人は緑色を眺めていると穏やかで優しい気持ちになります。

ですから、話をするテンポもゆっくりになり、人を許したり、守り育てる気持ちも強くなるでしょう。

青や紺色の服の場合

rawpixel / Pixabay

紺色の服のイメージは、「堅実な人」、「知的な人」、「礼儀正しい」といった印象を与え、信用を重視する職業の人に適した色です。

また、青系を身につけると心理的に落ち着いたり、正確に仕事をこなせるようになりますし、仕事以外でも人から批判されにくくなるなどの効果があります。

紫色の服の場合

O12 / Pixabay

紫色の服のイメージは、「魅力的」です。特に女性の場合は相手に対して自分を魅力的に見せることができるでしょう。
しかし、魅力的に見せると同時に反社会的な印象を与えてしまうこともあります。

また、芸術的な仕事に関わっている場合は、リラックス効果を実感できたりします。

グレーの服の場合

Pexels / Pixabay

グレーのイメージは、「真面目」や「分別」でビジネススーツなどにもよく使用される色です。また、グレーは接する人に拒絶を感じさせることもあります。

ですから、無駄な関わりあいを防ぎたい時や外的なストレスを和らげたいときに最適です。

黒い服の場合

maura24 / Pixabay

黒い服のイメージは、「スマート」や「魅力的」などで、黒を着ると周りの人に近寄りがたい印象を与えることもあります。また、同時に反社会的な印象も与え、打ち解けにくい人と思われることもあります。

白い服の場合

peter_pyw / Pixabay

白い服のイメージは、「清潔感」や「気品」、「従順」などの印象を与え制服に最適な色です。しかも、着た人はアクティブになりやすく仕事の効率も上がります。

また、パナウェーブ研究所もそうですが、新興宗教団体などの出家信者の着衣は白装束が多かったりします。

これは、人は白を身につけると命令に従順になりやすかったりする心理的効果を利用している可能性も考えられます。

パナウェーブ研究所の活動再開の可能性は低い

geralt / Pixabay

数々の事件報道により、謎の多い団体として一躍有名になったパナウェーブ研究所ですが、千乃裕子代表の死後は自然消滅したと言われています。

母体組織である千乃正法会は、存続しているようですが、最近では活動や目撃情報などはいっさい出てきていません。

パナウェーブ研究所は千乃裕子代表の存在があってこそ成立していた団体だったと考えられます。ですから、千乃代表の亡き今、パナウェーブ研究所の活動再開の可能性は極めて低いでしょう。

2/2