超愛犬家、坂上忍の何匹もの飼い犬への想いとしつけ方の極意とは?!

坂上忍さんは、その場その時に応じた気の利いた発言や、皮肉たっぷりに世相をズバッと斬るMC(司会者)をはじめとするマルチタレントです。極度の潔癖症や毒舌キャラが際立っており、他の追随をゆるさない圧倒的な存在感を誇りますが、芸能界屈指の「愛犬家」でもあるのです。

坂上忍の何匹もの愛犬家ぶりは?

坂上忍さんはこれまで12匹の愛犬を飼いました。それぞれ苗字・名前がつけられています。佐藤ツトム(長男 チワワ)から、筑波サンタ(12男末っ子 雑種)です。「犬が飼いたい、犬が好き」だけではとてもできない12匹の犬の飼育です。

「犬の立場に立つことはもちろんであるが、溺愛するのではなく厳しく接することもある」という態度であるそうです。これはペットと飼い主というよりも、もはや親子関係です。そこまでの愛情を注ぐまでに至った経緯を知りたいですね。

坂上忍の家の場所を特定!?気になる年収から豪邸まで公開!

坂上忍のプロフィール

坂上忍さんのプロフィールを紹介します。1967年6月1日東京都生まれです。演出家、児童俳優養成所経営、司会者、映画監督、歌手など幅広い活躍をしています。彼の圧倒的な存在感が明らかになったのは、フジテレビのお昼の人気長寿番組「笑っていいとも!」を引き継いだ情報番組「バイキング」です。

天才子役時代

当初、坂上忍さんは月曜日の担当MCでしたが、2年目からは毎日のメインMCに抜擢されました。彼のエンターテイナーとしてのルーツは、劇団若草に3歳から子役として所属したことです。14歳で個人事務所を設立しました。中学校卒業後もテレビ、舞台、映画で活躍しましたが、定着していた子役イメージからの脱却に苦労した時期がありました。

坂上忍の若い頃の年収は?天才子役時代とイケメン時代の画像も!

積極的挑戦と再ブレイクへの道!

その後1988年の映画「クレイジーボーイズ」で演じたヤクザ役が転機となったそうです。1980年代には歌手活動も開始しました。1997年には「30 thirty」で映画監督デビューを果たしました。2005年、演劇集団「コントレンジャー・オニオンスライス」を旗揚げし、演出を務めました。

さらに2009年、キッズアクタープロダクション「アヴァンセ」を開校しました。バラエティ番組でのブレイクのきっかけは、2012年に「笑っていいとも!」に出演、毒舌キャラを前面に出したことでした。2018年現在、複数のレギュラー番組や多数のスペシャル番組で大活躍をしています。

坂上忍はなぜ何匹もの愛犬家になったのか?

坂上さんは愛犬家としても知る人ぞ知る存在ですが、愛犬家となったきっかけは何でしょうか。11歳の時、テレビドラマ「ふしぎ犬トントン」という番組で主演を演じました。その時共演した犬の賢さと愛らしさに触れ、いつか犬を飼いたいと思ったのだそうです。

初めての愛犬との出会いと別れ

24歳の時、ウェルシュ・コーギー犬を飼いました。趣味が草野球だったことから「ヒット」と名付けました。当時、仕事や仲間との飲み会などで家を空けることが多く、ヒットの世話がおざなりとなってしまいました。

ヒットは寂しさからのストレスが原因となって抜け毛になってしまったり、部屋の壁を壊すといった問題行動を起こしたりするようになりました。もう自分は犬を飼うことはできないと考え、知人にヒットを譲りました。その後、ヒットが亡くなってしまったことを知り、大きな罪悪感に苦しんだそうです。

NEXT 再び愛犬との出会いと誓い