イキリとは?意味や由来、使い方を解説!ネット上でイキる理由は? おもしろ

イキリとは?意味や由来、使い方を解説!ネット上でイキる理由は?

目次

[表示]

イキリ関連動画集

Dsndrn-Videolar / Pixabay

ここでは、イキリに関する動画を3本紹介します。どのYouTuberも、それぞれイキった発言や行動を見せてくれます。

【全力イキリ】こんなYouTuberは嫌だ!

VTuberのキズナアイがイキリを演じています。どうやら意識高い系のイキリみたいです。

スノーボードしてる奴ら、イキリ過ぎww

スノボをしながらイキるという対決みたいです。やはり、○○アピールをしています。この動画でイキリの決着はついていないので、続きが見たい方は探してみてください。

イキリ中学生あるあるwwwwwwww

21歳のなるみんさんが、中学生ならではの数々のイキリ発言を紹介しています。

イキリオタクや陰キャの特徴

Mizter_x94 / Pixabay

「イキリ」は、オタクや陰キャが起こしやすいことの一つとも、この世の中では言われています。

ネット上でよく見かける言葉で、現実社会というよりもネット上での方が多く、オタクや陰キャに見られると言われる所以ではないでしょうか。

それでは、オタク・陰キャとはどのような人物なのでしょうか。また、「イキリ」行為をする人達にはどんな特徴があるのかを見ていきます。

オタクとは

Fifaliana-joy / Pixabay

オタクとは、主にアニメ・マンガ・ゲーム・アイドルといった、狭いジャンルに特化したものに熱狂的な人物を総称したものです。

マニアとはまた違い、個人的な熱狂ぶりをアピールして仲間内で共有し合うこともオタクを呼ばれる人達の傾向であり特徴です。

一方では、自分達が愛するものに対して批判的な目で見られると、我満ならなくなり、ネット上でイキる光景を多々見られるのも特徴です。

陰キャとは

franciscoucha / Pixabay

陰キャとは、陰気なキャラクターの略し言葉で、地味で陰気な性格・性質の人物を総称したものです。

あまり強気なタイプではないので、批判的な意見を言われたところでそんなに反論も出来ず、ストレスを抱えて込んでしまうことが多いです。

そのため、ネットなど匿名性が高いところでイキってしまう傾向があります。陽キャと真逆なタイプと考えればいいでしょう。

オタク・陰キャ以外でイキる人の特徴とは

Free-Photos / Pixabay

前述したとおり、オタク・陰キャにイキリ行為をしてしまう人達が多いことは、一つの傾向として見ることが出来ます。

但し、それは一つの側面でしかなく、必ずしもオタク・陰キャと言われる人達だけがイキリ行為をする訳ではありません。

ここからは、イキリ行為をする人の特徴を見ていきます。

やたらと声が大きい

SeppH / Pixabay

男子学生に多いイキリの一つとして挙げられるのは、やたらと声が大きいという特徴です。これからの学校生活で自分の立場が決定するような場面では、イキって周囲の人達に「俺は強い」アピールをする人が増えます。

イキって自分をアピールする人ほど取り巻きは少なく、学校生活での自分の立場が決定し始める頃になると、自然と静かになります。

マウンティングしたがる

panajiotis / Pixabay

マウンティングイキリは、女性に多く見られるイキり方です。自分が相手と比べてどんなに優れているかということをアピールしてくる女性は、マウンティングイキリ女だと言ってもいいでしょう。

自分がどれだけモテるかと言うことをアピールするマウンティングイキリ女は、何かにつけてマウンティングして、イキり続けなければ自分を保てないのです。

自慢話や過去の栄光アピールが多い

goranmx / Pixabay

中年以降の人に多いイキリの特徴は、自慢話や過去の栄光についての話しを延々としてくることです。自らを必要以上にアピールし、相手を下に見るような態度は、イキっているという証拠です。

イキっている相手を、必要以上に持ち上げたり突っかかって指摘したりするのは、余計な面倒を招くことにもなりかねません。イキっている相手の話は聞き流すのが一番です。

イキリ過ぎるのは恥ずかしいこと

Free-Photos / Pixabay

人間は誰しも感情というものがあるので、時にはイキってしまうこともあるでしょう。アピールするということが、不快な「イキリ」になってしまうと、「イキっている人」というイメージを与えます。

匿名性を利用し、ネット上で叩くことは絶対に悪いとは言いませんが、イキって他者を叩きまくる人もいます。それは流石に恥ずかしいので、度が過ぎたイキリをしないように気をつけましょう。

関連する記事はこちら

3/3