山形マット死事件とは?加害者の現在は?公務員になって結婚した? 社会

山形マット死事件とは?加害者の現在は?公務員になって結婚した?

山形マット死事件は悲惨ないじめの事件としても未だ話題になることが多い事件の1つです。そんな事件の犯人・加害者は現在公務員になっており、結婚したという噂や実名が特定されたというような噂もあるようです。今回はそんな山形マット死事件についてまとめてみました。

目次

[表示]

山形マット死事件とは?事件の概要

StockSnap / Pixabay

山形マット死事件、またはマット死事件と呼ばれているこの事件は、いじめが生んだ事件としても有名で、未だ注目されている事件の1つでもあります。

そんな山形マット死事件について、まずは事件の概要を簡単に見ていきましょう。

1993年に山形県新庄市の中学校で男子中学生が遺体で見つかった事件

Free-Photos / Pixabay

山形マット死事件が起きたのは1993年1月13日のことで、山形県新庄市の中学校の体育館用具室内にて男子中学生が遺体で発見されました。

遺体は縦に置かれたマットに包まれていたことから、通称マット死事件と呼ばれるようになりました。

現場となった中学校は山形県新庄市立明倫中学校

Wokandapix / Pixabay

現場となった中学校は山形県新庄市立明倫中学校で、被害者は同中学校に通う男子中学生でした。

被害者は中学一年生(13歳)の児玉有平さん

Anemone123 / Pixabay

山形マット死事件の被害者である男子中学生は、当時中学1年生で13歳だった児玉有平さんです。

児玉有平さんは裕福な家庭に育ち、両親が15年前に山形県新庄市に引っ越してきてから生まれ、両親の影響を受けて標準語を話していたようです。

山形県新庄市では方言が使われており、被害者である児玉有平さんは方言は使っていなかったと言われています。

児玉さんは体育用マットの中に逆さになって入っていた

1866946 / Pixabay

児玉有平さんの遺体は、縦に立てられたマットに包まれた状態で発見されました。

また、児玉有平さんは頭を下にした状態であり、逆さの格好でマットに包まれており、不審死として注目をされていました。

「マット死事件」「マット事件」などとも呼ばれている

ChristopherPluta / Pixabay

被害者の児玉有平さんがマットに包まれて遺体で発見されたということから、マット死事件、マット事件などという呼び名でこの事件は呼ばれるようになります。

また、山形県新庄市と言えばマット死事件というような形で、未だに事件を思い出す人が多いなど、名称や事件の経緯から強い印象がついているようです。

いじめに関する記事はこちら

山形マット死事件の詳細は?

stux / Pixabay

次に、山形マット死事件の経緯や詳細についてまとめてみたのでご覧ください。

1993年1月13日帰宅時間になっても児玉さんが帰らない為、両親が卓球部の顧問に連絡

MasterTux / Pixabay

事件当日1993年1月13日、児玉有平さんがいつもの時間に帰宅しないことを不審に思った両親が、所属している卓球部顧問へと連絡をしました。

この日児玉有平さんは英語塾に行く予定が入っており、普段も遅い時間に帰宅することはないことから、すぐに両親は不審に思ったそうです。

一通り周囲を探したものの見つからず、何らかの事件に巻き込まれた可能性も考え、両親は学校に連絡をすることにしたようです。

顧問や教師、小学校の生徒やバドミントンの少年団たちで児玉さんを捜索

Wokandapix / Pixabay

連絡を受けてから、卓球部顧問、明倫中学校の教師、小学校の生徒、バドミントンの少年団と共に、児玉有平さんの捜索を開始することにします。

体育館用具室内でマットに巻かれ逆さ吊りになっている児玉さんの遺体が発見された

joseph_Berardi / Pixabay

大人数で児玉有平さんの行方を探す中で、ついに通っている明倫中学校体育館用具室内の縦に置かれたマットの中から、マットに巻かれ、逆さの状態でいる児玉有平さんの遺体が発見されます。

見つけたのは卓球部顧問だったと言われています。

児玉さんの死因は窒息死

Free-Photos / Pixabay

遺体は検死の結果から、マットに巻かれたことによる窒息死だと判断されました。

児玉さんの顔はうっ血し、通常の2倍の大きさに膨れ上がっていた

moshehar / Pixabay

さらに、児玉有平さんの遺体は逆さになっていたということもあり、顔はうっ血した状態で赤紫色に変色をし、顔が判別できない状態だったと言われています。

また、その影響により通常の2倍もの大きさに顔は膨らんでいました。ただ、顔には擦過傷などの痕跡は見当たらず、暴行の様子は窺えなかったそうです。

駆け寄った父親は近くの教師に掴みかかっていた

WenPhotos / Pixabay

児玉有平さんの遺体が発見された際、児玉有平さんの父親は近くの教師に掴みかかったと言われています。

この時、児玉有平さんの父親はあまりの衝撃で記憶が薄かったと証言しています。

また、掴みかかった際にはその教師に向かって「誰がやったんだ、お前がやったんだろう!」と感情的になっていたことも証言されています。

逮捕されたのは14歳が3人、被害者と同級生の13歳が4人だった

3839153 / Pixabay

児玉有平さんがマットに巻かれて不審死を遂げた山形マット死事件ですが、後に14歳が3人、同級生である13歳の4人が犯人として逮捕されることになりました。

山形マット死事件の加害者Aの自供内容で明かされたいじめ問題と事件の流れ

markusspiske / Pixabay

児玉有平さんの1つ上である14歳が3人、同級生である13歳の4人が逮捕されたことにより、山形マット死事件の経緯が見えてくることとなります。

なぜ児玉有平さんはマットに巻かれ、逆さの状態で亡くならなければならなかったのか、現在わかっている情報についてまとめてみたのでご覧ください。

加害者Aは標準語を話す金持ちの子だという妬みから児玉さんに目を付けた

Alexas_Fotos / Pixabay

具体的にどの生徒がということは定かではないので、ここでは加害者A、B…というような形でまとめていきます。

事件の犯人の1人とされる1つ年上の加害者Aは、もともと両親の影響で標準語を喋り、さらに裕福な家庭で育っていた児玉有平さんを妬んでいたようです。

自分とは違う境遇に気に食わなさを感じ始めたころから、だんだんと被害者の児玉有平さんに目をつけるようになっていったと言われています。

1992年9月頃から児玉さんをいじめだす

事件が起きる少し前である1992年9月頃から、具体的に加害者Aらは児玉有平さんをいじめるようになっていきます。

いじめの内容としては肉体的な暴力となっていて、殴ったり蹴ったりというような形で児玉有平さんをいじめていたようです。

また、日常的に一発芸を披露しろと命令をしていたようで、児玉有平さんは抵抗をしたり、教師に助けを求めたりはしなかったと言われています。

11月には、仲間8人で児玉さんをマット用具室に押し込め暴行を加える

ibrahim62 / Pixabay

11月頃になっていくと、よりいじめはエスカレートしていきました。加害者Aを含む8人で児玉有平さんをマット用具室に押し込め、暴行を働いていたようです。

その後も一発芸を強要し断るとマット用具室で暴行を加えていた

Ella_87 / Pixabay

暴行の理由としては、児玉有平さんに一発芸を求め、それを断られたり気に食わない態度をされたりすると、殴る蹴るなどをしていたと言われています。

日常的にマット用具室でのいじめは行われていたようですが、マット用具室内だけでなく、昇降口ホールや階段などでも一発芸を理由にいじめられていたと証言されています。

事件のあった1月13日、BとCが児玉さんに一発芸をさせる為、用具室へ

Ichigo121212 / Pixabay

そして事件当日である1月13日では、2年生である加害者BとCが一発芸をさせるために部活中の児玉有平さんを用具室に呼び出します。

この時点で、児玉有平さんは所属していた卓球部には顔を出せていなかったようであり、また、当日運が悪く顧問の教師も部活には出ていなかったことがわかっています。

その場に居た人物たちは?Aも様子を見に行っていた

加害者BとCが一発芸をさせるために児玉有平さんを呼び出した場には、他にもD、E、F、G、そしてAと、計7人の加害者が揃っていたと言われています。

集まった経緯としては、もともと児玉有平さんを知っていた加害者Cが一発芸のことをBに話したことから、Bも興味が湧き、見てみたいと思い呼び出しに参加をしたと供述しています。

また、他のD、E、F、Gもその話を聞きつけたようで、結果的に7人が児玉有平さんに一発芸を披露させるために部活中に体育用具室に呼び出したことがわかっています。

BとCが児玉さんに一発芸を要求するが児玉さんは応じなかった

geralt / Pixabay

加害者BとCが児玉有平さんにいつものように一発芸を要求したところ、児玉有平さんは応じずに「できません」ときっぱりと断ったそうです。

しかしそれを見た加害者Aが児玉有平さんに怒鳴りつけ、そこから暴行へと発展していきました。この時児玉有平さんは「ごめんなさい、許してください」と謝っていたそうです。

児玉さんの態度に腹を立てEが殴り7人は児玉さんを用具室へ閉じ込めた

TheDigitalArtist / Pixabay

そんな児玉有平さんの態度に腹を立て、加害者Eが殴ったのをきっかけに、児玉有平さんを用具室に閉じ込めようとします。

用具室は外から見えないだけでなく、加害者Aらが日常的に遊びの場として使っていたということもあり、他の生徒がこのことに気づくことはなかったと言われています。

一発芸を要求するが、児玉さんが拒否したためリンチ

Free-Photos / Pixabay

一発芸を何度要求しても断られたことから、加害者の7人は児玉有平さんをリンチしていきます。

暴行はエスカレートしていく一方であり、加害者Bに至ってはプロレス技であるヘッドロックを児玉有平さんにかけ、殴る蹴るなどをしていたようです。

リンチ後、Aは「児玉をマットへ入れろ」と指示

geralt / Pixabay

一通りのリンチが終わった後、加害者Aは他の6人に対し、児玉有平さんをマットに入れるように指示をしたと言われています。

泣く児玉さんをCとFが持ち上げ、Bが引っ張りながら児玉さんをマットに入れた

この時すでに児玉有平さんは泣いていたようですが、それを無視して加害者CとF、Bの手によって児玉有平さんはマットに包まれた状態になります。

また、加害者Aの命令により、児玉有平さんは逆さの状態でマットに押し込まれていたようです。

児玉さんはマットに押し込まれた後も数発顔を殴られている

Tumisu / Pixabay

さらに、マットから出ようとした児玉有平さんに対し、生意気と感じた加害者らは数発顔を殴ったと証言をしています。

そして力ずくで顔をマットの中に押し込め、児玉有平さんを閉じ込めてしまったようです。

Aは危険を知っていたはずなのに抵抗する児玉さんをマットに押し込み去る

WenPhotos / Pixabay

実は加害者Aは以前、マットで遊んだことがあったようです。その時マットに包まれたら命に危険があるかもしれないということを知っていました。

しかし、そういったことを知っておきながらも、加害者Aは児玉有平さんをマットに無理やり押し込め、抵抗する児玉有平さんを力ずくで屈服させようとしたのです。

NEXT:Aは自身もいじめられた過去があることを明かす
1/3