マイアミゾンビ事件の概要は?犯人は被害者の顔を噛みちぎった?

2012年にアメリカ合衆国のフロリダ州で起きた異様な事件は、犯人が銃で撃たれても被害者の顔を食いちぎる事を止めなかったため、「マイアミゾンビ事件」と呼ばれています。犯人や被害者のショッキングな画像や、防犯カメラの映像だけでは分からない事件の真相に迫ります。

マイアミゾンビ事件の概要は?被害者が顔を噛みちぎられた?

bdeanindy / Pixabay

2012年5月にフロリダ州マイアミで起きた猟奇的な事件、通称「マイアミゾンビ事件」では、被害者が犯人に顔の約80%を噛みちぎられました。

マイアミゾンビ事件とは?男性が顔を噛みちぎられた事件

geric10 / Pixabay

マイアミゾンビ事件の犯人はホームレスの黒人男性で、事件当時は全裸で、不幸にも彼に遭遇した同じくホームレスの白人の老人を襲って、あろうことか顔の大半を噛みちぎり続けました。

事件が起こったのは2012年5月26日、現場はフロリダ州マイアミの脇道

MustangJoe / Pixabay

この事件は2012年5月26日の午後、フロリダ州マイアミにあるマッカーサー・コーズウェイという、フリーウェイの脇道で起きました。このフリーウェイは、マイアミ市とマイアミビーチ市をつなぐ幹線道路です。

具体的な事件現場は、マイアミ市側のノース・イースト13thストリートの脇道でした。現場の近くにはコンサートホールや大きなミュージアムパークがあり、マイアミ市の文化的なエリアです。

現場で男2人が争っているとの通報を受け警察官が出動

5月26日の午後、マイアミ市警察に通行人から、老人が黒人男性に襲われていると言う通報が入りました。無線を受けたマイアミ警察が現場に駆けつけましたが、そこでは異常な事態が発生していました。

2人の男は全裸で寝そべっており、1人の男が被害者男性の顔を噛み砕いていた

mary1826 / Pixabay

事件現場では、共に全裸の犯人と被害者の老人が寝そべっていました。そして驚いた事に、黒人男性の犯人が被害者の老人の顔を貪り食っていました。

そこで警察官が見たのは、黒人の犯人が一心不乱に被害者の顔を噛み砕く、大変恐ろしい光景でした。

NEXT 警官は加害者に銃を発射するも加害者は顔を食べるのを止めなかった