ホームシックを克服する方法はある?原因やなりやすい人の特徴とは?

一人暮らしや留学などが原因で、大人であってもホームシックに陥る人はいます。しかし、ホームシックになりやすい人に特徴というのはあるのでしょうか?ホームシックの意味や症状、防止するための対策や克服方法などについて紹介していきます。

ホームシックとは?みんな経験するものなの?

3438312 / Pixabay

生まれ育った地元や親元を離れて暮らしていると、慣れない生活の中でふと襲ってくるどうしようもない寂しさ。

単なる寂しさとホームシックでは、どのような違いがあるのでしょうか?ここではホームシックとどういう意味なのか、その概要を紹介していきます。

ホームシックとはどういう意味?

Alexas_Fotos / Pixabay

ホームシックとは生まれ育った家や両親などの出生家族の元を離れた時に、異常なまでに家に帰りたい・寂しいといと感じることです。

現在の環境に不安を感じ、安心感を与えてくれる実家に帰りたい、家族に守られたいという願望が膨れ上がった状態で、やや病的な心理状態とも言えるでしょう。

家族の顔を見たくなったという軽度のものではなく、現在の生活をかなぐり捨ててでも家に帰りたいというのが、ホームシックの特徴です。

日本語では「懐帰病」・英語では「homesickness」が正しい?

libellule789 / Pixabay

英語では「homesick」は形容詞のため、正しくは「homesickness」が日本で言うホームシックに該当します。

また、日本語ではホームシックは「懐郷病(かいきびょう)」と呼ばれており、芥川龍之介も小説『玄鶴山房』内で、この単語を用いています。

ホームシックは多くの人が経験あり!女性の方が発症しやすい?

darksouls1 / Pixabay

ホームシックは精神状態が相当に不安定になっている際に見られる症状ですが、ある調査では一人暮らしをしている女性のおよそ半数がホームシックの経験ありという結果も出ています。

また、男性の場合も3人に1人はホームシックにかかったことがあるという結果が出ており、多くの人にホームシックの経験があると言えるでしょう。

関連する記事はこちら

ホームシックの症状は?自分がホームシックかどうか診断してみよう!

TeroVesalainen / Pixabay

自分はホームシックなのか?それとも実家を離れて、新しい環境で少し心細くなっているだけなのか?判断がつかないという方もいることでしょう。

ここではホームシックの人に見られる特徴や症状を紹介していきます。複数当てはまった場合は。ホームシックにかかっている可能性が高いと考えてくださいね。

NEXT 帰宅した途端に情緒不安定になる