沙織事件で18禁が誕生!?事件の内容やアダルトゲームの内容は?

京都で起きた沙織事件をご存知でしょうか。この事件で18禁がうまれるきっかけとなったアダルトゲーム、エロゲーなのです。沙織事件できららやジャストという会社は摘発されたのです。一体どんな事件だったのか当時の時代背景も踏まえつつご紹介していきましょう。

アダルトゲーム業界に大きな影響を与えた沙織事件の概要

VanDulti / Pixabay

1991年に起きた沙織事件をご存知でしょうか。この事件をきっかけにアダルトゲームに大きな影響を与えたようなのです。一体どんな事件でどの様な影響を与えたのか調べてみました。

沙織事件とは?

Mediamodifier / Pixabay

現代では当たり前となっている18禁のシールやアダルトゲームですが昔はそういう規制が緩い時代がありました。しかしこの沙織事件がきっかけで規制が厳しくなったのです。

沙織事件とはある京都に住む中学生が起こしてしまったことで起きた事件なのですが、本来はそこまで大きな話になることはなかったようなのです。

しかしなぜここまで沙織事件は名前までついて話題となったのか詳しく見ていきましょう。

万引き事件が大きな問題となり話題となった

cocoparisienne / Pixabay

この沙織事件はある中学生が起こした行動で話題となったのですがそれは万引きだったのです。しかし万引きというのはよく聞く話で特に事件性はありません。

中学生が万引きをすればある程度の処罰を受けて終わりなのですが、この万引きがきっかけであることが明るみになり大きな問題へと発展していくのです。

沙織事件でアダルトゲーム業界は大きく変化する

Capri23auto / Pixabay

事件が起こる前も18禁のゲームエロゲーは多く存在し販売されていました。しかしこの沙織事件によりエロゲーに規制がかかるようになっていったのです。

関連記事はこちら

沙織事件の詳細と万引き事件が沙織事件となった時代背景について

Bru-nO / Pixabay

中学生の万引きによって引き起こされたこの沙織事件ですがどのような事件だったのでしょうか。

またこの沙織事件が起きたときの時代背景を交えながら事件の詳細についてもまとめてみました。

男子中学生によるアダルトゲームの万引きが思わぬ事件に発展!

stux / Pixabay

当時からもエロゲーは普通に販売されていました。しかし内容については特に規制はありませんでした。昔はこういうゲームの内容は今のように厳しくありませんでした。

そんな中ある中学生がアダルトゲームを万引きしたことで内容が問題視されました。その中学生が万引きしたアダルトゲームは女性の大事なところにモザイクがかかっていなかったのです。

ゲームタイトルは「沙織 -美少女達の館-」

RobinLe / Pixabay

この問題となったアダルトゲームのタイトルは「沙織 -美少女達の館-」というそうです。これはフェアリーテールという会社から販売されたゲームでした。

今ではR18と年齢指定がありますが事件が起きた時代にはそんな規制もなくただ単に成人向けゲームとして販売されていました。

しかしこの「沙織 -美少女達の館-」はかなり過激なものが含まれているゲームだったのです。

アダルトゲームの開発会社を家宅捜査する事態に!

andibreit / Pixabay

この中学生が万引きしたアダルトゲームが性描写がありなおかつ、性器が隠されていないことから警察が動くことのなったのです。

そして、中学生が万引きしたことが悪いではなく有害なアダルトゲームを青少年が簡単に手に入れられるお店が悪いとし、このゲームの会社であるフェアリーテールが家宅捜索される事態になったのです。

制作会社や親会社の関係者が逮捕される

警察が動きだし、「沙織」を販売した「有限会社キララ」と親会社である「株式会社ジャスト」と家電量販店の4店舗が家宅捜査をされることになったのです。

そして家宅捜査の結果、ジャストの社長とキララの配送室長が逮捕されたのです。図画販売目的所持の容疑で逮捕されたのです。

そしてこの事件を沙織事件と言われるようになったのです。

逮捕に至ったのは当時の時代背景も大きく影響していた

_Alicja_ / Pixabay

現在もR指定がされていてもエロゲーは世の中に普及されており販売されています。

この沙織事件は過激な性描写やモザイクがないことから逮捕されても仕方ないのですがこも逮捕にはあとでご紹介しましがある事件によって引き起こした時代背景が大きく影響したのです。

沙織事件当時の時代背景は?

geralt / Pixabay

中学生がアダルトゲームを万引きした些細な事件で販売したお店や、ゲームを開発した会社や親会社が捕まるという大きな事件に発展しました。

ただそのゲームがかなり過激だったという理由もありますがある事件が起こったことで逮捕に至ったのです。その事件どんな事件だったのでしょうか。

その事件を紹介しながら、当時の時代背景を振り返ってみましょう。

逮捕へ至った理由として東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件が関係している

stux / Pixabay

この沙織事件は、連続幼女誘拐殺人事件が関係していると言われています。逮捕までに至ったのは東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件が関係しているというのです。

1988年から1989年にかけて4人の小さな命が奪われたという事件なのです。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の概要

JillWellington / Pixabay

この事件では1988年から1989年にかけ4~7歳の小さな子供が殺されたのです。しかも殺された子はすべて女の子でした。犯人は既に判明し宮崎勉という男が逮捕されたのです。

しかも殺されただけでなく殺害後はわいせつな行為をしその後遺体をバラバラにしたり野焼きをしたり異常性が話題となりました。

殺す前は少女に優しく話しかけ山の中に連れ込み卑猥な写真を撮り首を絞めて殺してしまったのです。

当時はオタクへの偏見が強くパソコンの普及率も低かった

377053 / Pixabay

この殺人を犯した宮崎勉が捕まった後、生活したコンテナからには有害コミック(今でいう18禁コミック)が大量に発見されたのです。そのことからオタクへの偏見がもたれるようになったのです。

そのせいでオタクは犯罪予備軍と言われるようになったのです。そして今では誰でも持っているパソコンですが当時は含まれて普及率が低かった為パソコンを持っているだけでオタク扱いされていたそうです。

刑法177条を題材としたゲーム「177」が国会で問題になっていた

MasterTux / Pixabay

この沙織事件が起こる前にこういったゲームについて1986年に国会で問題になっていたそうです。刑法177条の強制性交等罪をモチーフにしたコンピューターゲームが非難されたのです。

このコンピューターゲームは【177】と呼ばれており、ゲームの内容自体は過激ではないのですが性的なシーンがあるということで国会で議論となっていたのです。

当時アダルトゲーム業界は無法地帯だった

pcjvdwiel / Pixabay

今のようにアダルトゲームがしっかり規制されている時代ではなくアダルトゲーム業界は無法地帯でした。

事実この「沙織 -美少女達の館-」以外にも加工がされていなかったりと性描写があるゲームが多数開発、販売されていたのです。

当時は簡単にモザイクが取れる仕組みになっていた

Pexels / Pixabay

今では考えられませんが、当時はモザイクが取れる仕組みになっていたそうです。ですから、買う前からモザイク処理していなくても自宅で簡単にとれるという操作ができたのです。

当時は基準の甘さもあったのですが、ゲームを開発する会社側はどうやったら売れるかを考えた末モザイクをとることが一番手っ取り早いと考え発売したのです。

そのような仕組みを「沙織 -美少女達の館-」も取り入れていました。

モザイク処理をしていないと刑法175条に反していた

3dman_eu / Pixabay

刑法175条ではわいせつ物領布ということが言われ、このようなモザイク処理をしていないのは罪に問われてしまいます。

しかし当時はそんなのは関係なく「沙織 -美少女達の館-」以外にもこういったゲームは多く販売されていました。沙織事件が発覚する前は刑法に問われてしまうゲームが沢山あったのです。

ですのでしっかりとモザイク処理を行っていれば「沙織 -美少女達の館-」も罪を問われることもありませんでしたし、社長や室長も逮捕されることはなかったのです。

未成年が万引きしてまで欲しがってしまうアダルト作品であることも問題だった

万引きするのは犯罪ですし許されないことであるから万引きした少年も罪があるのですが、当時は未成年でも簡単にアダルト作品が購入できていたことにも問題がありました。

たとえ万引きしていなくても、自分でお金を払えば簡単に購入できていたということです。

ですから簡単に入手できる環境も悪いし、「沙織 -美少女達の館-」のようにモザイク処理が出来ていないという万引きしてまで欲しくなるような作品にも問題があるのではないかと言われていました。

コンビューターゲームに対する当時の概念は?

geralt / Pixabay

今では当たり前に各家庭や会社で当たり前に使われているパソコンですが当時は価格も高く手の出しにくい代物とされていました。

また当時コンピューターを持っている人はアダルトゲームなどをするために購入してりいるいわゆるオタクだと思われていたそうです。

「オタク=犯罪者予備軍」という考え方が生まれる

StockSnap / Pixabay

幼い少女を無残にも4人も殺した犯人であった宮崎勉は逮捕後に有害コミック(今でいう18禁コミック)が沢山部屋にあり、ビデオが膨大な量の児童ポルノもあったと言われていました。

そのせいで世間からはオタクは犯罪予備軍だとひとくくりにされてしまったのです。

沙織事件が起きる前もアダルトゲームへの規制の動きはあった

succo / Pixabay

この事件が起こる前にもアダルトについての規制をするかどうか、基準をそうするかという議論が国会で行われていました。

しかし、具体的な結論は出ないまま議論も平行線をたどる中、沙織事件が起こり大きな事件へと発展してしまったのです。

沙織事件が起きる前から有害図書への批判が多く問題になっていた

klimkin / Pixabay

この沙織事件が起こる何十年も前から有害図書についての批判はあったのです。猥褻、暴力的な表現があ本は有害図書であり販売すべきではないと言われていたのです。

しかし反対されながらも何かを規制されわけでもなく法律が変わったわけでもなく結果、本からゲームに形が変わっても同じ様なことがおこなわれていたのです。

海外ではすでに児童ポルノが規制の対象になっていた

stevepb / Pixabay

日本と違い海外では早く児童ポルノを規制の対象にしていました。海外では児童ポルノが性犯罪につながる可能性が少しでもあると思いすぐ行動に出たのです。ですので日本にも早急な法整備が迫られていました。

戦後から市民団体による悪書追放運動が繰り返されていた

geralt / Pixabay

戦後は特にこういった猥褻、暴力的な表現があるような本は排除すべきとして悪書追放運動が繰り返されていたのです。

そしてその代表格が「ハレンチ学園」という作品で、青年向け漫画の過激な性表現が問題になることがしばしばあったそうなのです。

1985年に「ロリコンランド8」を摘発

ClarissaBell / Pixabay

海外の影響や市民の有害図書の排除運動もあり、有害図書への風当たりは強くなっていったのでした。

そしてようやく警察も動き始め1985年9月に白夜書房「ロリコンランド8」を摘発し販売禁止にまで追い込んだのでした。

1980年代からは雑誌ではなくアダルトゲームにも厳しい目が向けられる

そして、当初は有害図書だけでしたが1980年代からは次第に雑誌だけでなく、沙織事件にも関係しているアダルトゲームにも厳しい目が向けられていくようになるのです。

当時は青少年でも簡単に入手できることから、子供の育成に悪影響を及ぼすといわれ市民団体もアダルトゲームに対する規制強化するよう叫んでいたのです。

沙織事件の真の犯人は一体誰だったのか?

Alexas_Fotos / Pixabay

沙織事件が起きたことで、この事件の真の犯人は誰だったのかとの疑問をもった方が沢山いたそうです。

これは誰かが引き起こした事件ではなく、たまたまエロゲーを万引きしそのゲームの内容が如何わしい物で法に触れ社長や会社が罪を問われたのです。

この沙織事件の犯人をそれぞれの視点から見ていきましょう。

万引きをした中学生

4711018 / Pixabay

当時は未成年であろうとお金さえ出せば簡単にアダルトゲームが買えた時代でした。しかし高額な為万引きしないと手に入らないという子もいたのです。

ですから万引きしてまで欲しいと思える作品を堂々とおいている店も悪いと罪に問われていましたがどんな物であれお金を払わず物を捕るのは窃盗です。

万引きは犯罪なのです。沙織事件は若者の万引きに対する罪の重さを軽視しているのではないかと言えるでしょう。

NEXT アダルトゲームの販売元