岡田あーみんの現在は?引退して結婚?さくらももことの関係は? 芸能人

岡田あーみんの現在は?引退して結婚?さくらももことの関係は?

岡田あーみんは、1983年に「お父さんは心配症」でデビューして以来、その独特な作風で人気を集めたギャグ漫画家です。しかし1997年に休筆し、その後の動向は謎に包まれています。美人と噂の素顔、同期の漫画家さくらももことの関係、結婚の噂に迫りました。

目次

[表示]

漫画岡田あーみんは今現在なにをしている?

Tentes / Pixabay

漫画家としての活動から離れた岡田あーみんの現在については様々な噂があります。

美人と話題の漫画岡田あーみんのプロフィール【顔画像アリ】

当時公開された顔写真があります。当時は岡田あーみんのことを男性と勘違いしている読者も多く、公開時はその美人な素顔に驚いた人も多かったようです。

  • 誕生日:1965(昭和40)年8月14日(54歳)
  • 出身地:沖縄県
  • 活動期間:1983(昭和58)年〜1997(平成9)年
  • 職業:ギャグ漫画家・少女漫画家。1983年のデビュー時は高校在学中

1997年以降活動を休止し集英社を通しても面会すら出来ず引退状態に

StockSnap / Pixabay

岡田あーみんはりぼん誌上で「お父さんは心配症」でデビューして以来、その独特な世界観と、少女漫画とは思えないエキセントリックな作風でファンを獲得してきました。

その後も14年間、数々の作品を発表していましたが、1997(平成9)年に執筆活動を中止し、その後は集英社を通しても連絡が取れず、面会もできない状態になりました。

引退の理由、現在の様子については様々な噂があります。

事実上の引退後動きがなく今は地元に帰って結婚していると噂される

kadoyatakumi / Pixabay

出身地の沖縄に帰って結婚しているという噂があります。あくまで噂ですが、具体的には沖縄県の糸満市の出身では…とも言われています。

奈良で夫と漬物屋をやっているという噂がある

szjeno09190 / Pixabay

同様に結婚はしましたが、こちらは奈良県にある漬物店を営んでいるという噂です。

ファンの間では岡田あーみんの引退後の消息が心配されており、この噂に関して「幸せならよかった」と安堵する意見も多く見られました。

死亡説も浮上していた

Huskyherz / Pixabay

根拠は不明ですが、一時は岡田あーみんは亡くなったのではという噂もありました。

漫画家に限らず一世を風靡した人物には必ずと言っていいほど死亡説が持ち上がりますので、この噂はあまり世間に本気にされなかったようです。

引退理由はいじめ?美人すぎていじめられた?

Alexas_Fotos / Pixabay

気になる引退理由ですが、美人で目立つ風貌ゆえに漫画家仲間の嫉妬を買い、苛烈ないじめを受けたという話があります。

りぼんは作家同士が顔を合わせるパーティがあり、原則として全員出席しなけらばならず、その場での周囲からの風当たりも強かったのでしょう。

漫画家だった過去はつらかった?思い出したくないと言っている?

Anemone123 / Pixabay

美人ゆえにいじめられた事の他にも、漫画家という職業があまりにも辛かったため、今では思い出したくもないと発言しています。

「お父さんは心配症」の6巻の中で、原稿を締め切り当日に航空便で送るために空港へ向かうタクシーの中や受付の机で原稿を描いたり、台詞を書き込まずに編集者に任せるなどのエピソードが描かれています。

面白おかしく描かれていますが、心身への負担は相当なものだったと思われます。

いじめが原因で鬱病を発症?休業することになった?

Wokandapix / Pixabay

岡田あーみんがもしいじめが原因で漫画界を去ることになったのなら、その経験が心の傷となり、他人と関わることに不安、恐怖を抱いている可能性があります。

2人以上の組織では、それぞれの能力、個性による序列が生まれます。意識しようがしまいが、力の均衡による上下関係が生まれるのです。時に力の強い者は弱い者に対していじめという名の攻撃を加える事もあるのです。

いじめを受けた側は、心に深い傷を負い、時にはうつ病を発症することもあります。岡田あーみんがうつ病を発症したという証拠はありませんが、休業するほどに追い詰められたことは間違いないでしょう。

岡田あーみんは天才?ファンが多く存在している

StockSnap / Pixabay

岡田あーみんのはその画風、ギャグのセンス、キャラクターの台詞の言い回しなどに強烈な個性があり、現在でも根強いファンを持っています。

漫画家としての活動期間が14年間と比較的短いことも、作品に対する強いインパクトを残した理由かもしれません。

現在でも上記のように、ツイッターには岡田あーみんを天才と評するツィートが見られます。

2000年に「復刊ドットコム」が開設されて以来リクエストが多く寄せられた

オンデマンド出版社「復刊ドットコム」が2000年に開設されました。これは、絶版や入手困難となった本のリクエストを募り、復刊するサービスです。

復刊された本は一般の書店やオンライン書店で購入することができます。

開設の際には岡田あーみんの単行本未収録作品の刊行についてのリクエストが多数寄せられ、一時は5000票以上が集まりました。

2015年5月得票数トップになるものの岡田あーみんと連絡がつかなかった

Momentmal / Pixabay

しかし作品の刊行にあたっては著作権者である岡田あーみんの許可が必要です。

そこで復刊ドットコム編集部は集英社を通して岡田あーみんへの連絡を試みますが、連絡がつかず、許可はおろか面会すらできない状態でした。

2015年新装版「ルナティック雑技団」発売!未収録の番外編・読み切りが収録

そんな中、2015年5月1日発売のりぼんで、創刊60周年の記念企画の一環で岡田あーみんの単行本未収録作品を掲載した「ルナティック雑技団」新装版全3巻が発売予定であると発表されたのです。

新装版の出版には本人の承諾が必要!岡田あーみんと連絡がとれた?

Pexels / Pixabay

これは新装版の出版にあたって必要な作者の承諾を取ることができたということでしょう。

名にはともあれ、岡田あーみんのファンはこのニュースに大喜びでした。

2017年4月まで岡田あーみん作品すべて電子書籍としても発売された

Pexels / Pixabay

2017(平成29)年4月までは岡田あーみんの作品全てが電子書籍として発売されていました。しかし現在では一切ダウンロードできなくなっています。

当然電子書籍としての販売にも作者の許可が必要ですから、岡田あーみん自身にも何か電子書籍販売を継続できなかった理由があるのかもしれません。

2018年8月ベルメゾンでグッズ発売?#岡田あーみんでりぼんコラボが話題に

blickpixel / Pixabay

2018(平成28)年8月、大手通販サイトのベルメゾンとりぼんがコラボレーションし、1970年代に活躍した漫画家のイラストを使ったiPhoneケース、トートバッグなどのグッズが発売されました。

岡田あーみん以外では、池野恋、陸奥A子、萩岩睦美の3人のイラストが使用されました。こちらのニュースも、当時夢中でりぼんを読んでいた世代の心に刺さるものでした。

ただ1つ気になるのは、それぞれの作者が直筆メッセージを寄せているにもかかわらず、岡田あーみんのメッセージだけがないということでした。

ネット上の反応は?さくらももこの死で思い出す人が続出?

2018(平成28)年にさくらももこが、乳がんのため53歳の若さでこの世を去りました。このニュースに、「ちびまる子ちゃん」連載当時の思い出が甦った人も多くいました。

同時に岡田あーみんは今何をしているのか、消息を尋ねる投稿も増えています。

SNSでは「お父さんは心配症」とのコラボレーション漫画が当時大好きだった、今でも時々読み返しているなどの投稿も多く見られました。

過保護と噂の有名人に関する記事はこちら

岡田あーみんとさくらももことの関係は?

MabelAmber / Pixabay

岡田あーみんと同時期に、りぼん誌上で連載をしていたさくらももことの関係についてまとめました。

「ちびまる子ちゃん」作者のさくらももこと同期だった

GLady / Pixabay

今から約36年前のりぼんには、現在では少女漫画界でも有名な漫画家たちが連載に名を連ねていました。そんな中に岡田あーみんとさくらももこも同期として活躍していたのです。

また、二人とも1965(昭和40)年生まれの同級生ということもあり、交流があったようです。

2人は共作したこともある

StockSnap / Pixabay

ファンの間では伝説の回となった「お父さんは心配症」と「ちびまる子ちゃん」の合作漫画がりぼんに掲載されました。

その内容は、夏休みの昆虫採集の宿題に困ったまる子が昆虫標本を手に入れようとデパートへ出かけたところ光太郎と偶然出会い、騒動に巻き込まれるというお話です。

りぼん誌上でも異彩を放つ両作のコラボレーションは今でも時折SNS上で話題に上っています。

さくらももこと岡田あーみんは仲が良いように思われた

同時期に同じ雑誌に連載を持ち、ギャグ漫画とちょっと毒のあるエッセイ漫画をそれぞれ手がけていた2人は度々交流があったようです。

共作漫画のあとがきでもお互いの似顔絵を描いたり、ホテルの同室で起こったエピソードを披露したりしています。

ですが、ある時を境にお互いの交流を思わせる情報が一切公開されなくなりました。

岡田あーみんの交際相手がさくらももこに奪われた?

Pexels / Pixabay

交流がなくなったことで、2人は仲違いしたと噂になり、その原因が岡田あーみんが交際していた男性をさくらももこに奪われたというものです。

その後さくらももことこの男性が結婚したため、「略奪婚」だと囁かれるようになりました。岡田あーみん、さくらももこともに当時24歳のことです。

交際相手は編集者の宮永正隆?のちにさくらももこと結婚している

Free-Photos / Pixabay

そのお相手は、当時りぼんの編集者であった宮永正隆です。結婚後、2人の間には男児が1人生まれています。

宮永正隆は現在では音楽評論家、プロデューサーとして活躍しています。

さくらももことはお金目的で結婚した?

TBIT / Pixabay

結局この結婚は9年後の1998(平成10)年に破綻しています。その理由は作品への厳しいダメ出しが挙げられます。専門外の絵のことにまで細かく口を出されたことにさくらももこが耐えられなくなったようです。

他には宮永正隆の金遣いの荒さが目立ったからとされています。しょっちゅう銀座で遊んだり、さくらももこの妊娠中に浮気が発覚したとの記事もあります。

当時さくらももこは「ちびまる子ちゃん」がアニメ化され、人気漫画家として活躍していましたので、「お金目当てでの結婚」と噂されました。

さくらももこは漫画で「あーみんごめんよ」と言わせ不仲は解消された?

略奪婚のことについてなのか、さくらももこは漫画の枠外で「あーみんごめんよォ」と書いています。これで不仲は解消されたのでは…と当時のファンは安心しました。

ですがもちろん、「彼氏を奪ってごめんよォ」などと書けるはずもなく、当時は「喧嘩でもしたのかな」くらいに思う読者も多かったようです。

岡田あーみんはさくらももこの被害者だった?現在は達観している?

Foto-Rabe / Pixabay

略奪婚の噂が本当であれば、岡田あーみんはさくらももこの被害者と言えます。

しかし今から30年前の話であり、その後さくらももこが離婚し、53歳の若さで亡くなってしまったことを考えると今では瑣末なことと考えることもできそうです。

さくらももこの死に際しての岡田あーみんのコメントなどは一切発表されていませんが、現在では達観しているのではないでしょうか。

岡田あーみんの書籍は?

LubosHouska / Pixabay

活動期間である14年間に出版された作品をご紹介します。この他に、実際はコミックスに収録されていない幻の作品も存在します。

NEXT:1985年発売「お父さんは心配症」
1/2