岡山弁(岡山の方言)一覧!かわいい?怖い?語尾に特徴がある?

日本各地でその土地の言葉、方言があります。岡山弁もそのうちの一つです。岡山弁は怖いやかわいいといった印象を持たれています。今回は「おえん」や「わや」などの岡山弁を使った日常会話を例に出したりして紹介していますので、早速見ていきましょう。

岡山弁はかわいい?怖い?岡山弁の特徴

EliasSch / Pixabay

最近では芸人の千鳥さんがテレビで岡山弁を使っているのをよく見かけます。その使い方を見ていると「岡山弁は少し怖いのかな」と思ってしまう方もいるのではないでしょうか?

確かに、岡山弁を使う人や言い方によっては「怖い」という印象を与えてしまうかもしれませんが、実は女の子が岡山弁を使っていると、「かわいい」という印象にもなるそうです。

今回は、そんな「怖い」とも「かわいい」とも取れてしまう岡山弁の特徴を見ていきましょう。

県内でも多少方言が違う

Hans / Pixabay

岡山弁と一括りにしても、岡山県内でも場所によってはイントネーションが違っていたりもします。方言別に大まかにエリアを分けてみます。

岡山市がある岡山県東南部、倉敷市がある岡山県西部、津山市がある岡山県東北部と、大まかに分けると3つのエリアに分けることができます。

同じ岡山県内であっても、遠く離れたおじいちゃんやおばあちゃんの話す言葉が分からないと言った事もあるのかもしれませんね。

母音が続く時は伸ばす

JamesDeMers / Pixabay

母音が続くことを「連母音」と言います。岡山の方言・岡山弁では、この連母音を使うことが特徴的でしょう。

例えば、地図では岡山県の下にある瀬戸内海(setonaikai)を例に見てみると、「nai」と「kai」が連母音で続いていることが分かります。

岡山の方言・岡山弁では、このように連母音が続いている時の読み方としては「せとないかい」ではなく、「せとねーけー」と伸ばすようです。

アクセントは関東寄り

lincerta / Pixabay

岡山の方言・岡山弁では連母音が続くと、伸ばすという特徴がありました。「数える」という言葉は連母音なので岡山の方言・岡山弁では「かぜーる」と読みます。

しかし、岡山の方言・岡山弁のイントネーションの部分は、東京などの標準語に近いものとされているようです。

ただし、岡山県の東にある兵庫県境を越えてしまうとイントネーションは関西寄りになってしまい、岡山県の南にある香川県境を超えると讃岐弁のイントネーションに変わるようです。

語尾に特徴がある

michaelwedermann / Pixabay

岡山の方言・岡山弁では連母音が続くと伸ばす、という特徴がありましたが、それに加えて語尾に「〜じゃ」と付ける特徴があります。

テレビのバラエティ番組をよく見る人は、岡山出身の芸人さん「千鳥」のノブさんがツッコミの中に「〜じゃ!」と言っているのを見かけた事があるのではないでしょうか。

しかし、最近では、この「〜じゃ」という語尾は、岡山県内でもお年寄りの人しか使っていないという印象があるため、若い人は「〜じゃ」という語尾を意図的に使わないようです。

ナ行変格活用が残っている

StockSnap / Pixabay

現代の標準語では、既に使われていないとされている「ナ行変格活用」が岡山の方言・岡山弁では残っているようです。

しかし、残っていると言っても、この「ナ行変格活用」は岡山の方言・岡山弁でも「死ぬ」と「住む」の2つだけです。

標準語では「死ぬ」は五段活用に分類されるようですが、岡山の方言・岡山弁では根強く残っており、「死ぬる」「いぬる」とナ行変格活用が使われています。

広島弁とは似ているが語尾やイントネーションなどが違う

Valiphotos / Pixabay

岡山の方言・岡山弁は、よく広島弁に似ていると言われています。東京などの関東の人から見れば、岡山弁も広島弁もさほど変わりはないと感じているのではないでしょうか。

しかし地元の人達からすると、岡山の方言・岡山弁と広島弁は、語尾などの特徴を観ても、全く別物だと思っているようです。

例えば「〜しなさい」という言葉も、広島弁では「〜しんさい」と言い、岡山弁では「〜せられぇ」と全く違うものになります。

関連する記事はこちら

かわいい?怖い?岡山弁の定番表現一覧と日常会話で使える例文

JillWellington / Pixabay

岡山の方言・岡山弁は、地元の人は当然のように普段から使っていますよね。地元の人が使っている言葉にはどんなものがあるのでしょうか。

普段が標準語の人も、聞いてみたら、なんとなくニュアンスで分かるものや、全く分からないものまで、様々あります。

今回はそんな岡山の方言・岡山弁の定番の表現一覧と、日常会話での使い方を見ていきましょう。

~じゃ:~だ

Kanenori / Pixabay

標準語では「〜だ」という語尾になりますが、岡山の方言・岡山弁では「〜じゃ」と、語尾につけて言います。

岡山の方言・岡山弁と聞いて、まず浮かんでくるのがこの「〜じゃ」という表現かもしれません。

使い方としては、「それはえー(良い)香りじゃ」、「岡山はえー(良い)ところじゃ」などとして使われています。

ぼっけぇ・でぇれぇ・もんげぇ:とても、すごい

ArminEP / Pixabay

標準語では「とても」や「すごい」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「ぼっけぇ」「でぇれぇ」「もんげぇ」と、表現されます。

人気アニメ「妖怪ウォッチ」の中で出てきていた「もんげぇ」が、この「とても」や「すごい」といった表現です。

「ぼっけぇが」は「すごい」、「でぇれぇが」は「めちゃくちゃすごい」、「もんげぇが」=「ありえない」です。「もんげぇ」が最も強い表現です。

じぇけぇ・じゃけん:だから

1195798 / Pixabay

標準語では「だから」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「じゃけぇ」「じゃけん」と、表現されています。

岡山の方言・岡山弁の中でも、かなり日常的に頻繁に使われている言葉のようです。

使い方としては、「じゃけぇ言ったじゃろうがぁ」、「じゃけん岡山はえー(良い)ところじゃ」などとして使われています。

みてる:なくなる

Hans / Pixabay

標準語では「なくなる」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「みてる」と、表現されています。標準語の人に「みてる」と言われると「見てる」と勘違いされそうです。

標準語の「見てる」と、岡山の方言・岡山弁の「みてる」はイントネーションが違います。岡山の方言・岡山弁の「みてる」は、真ん中の「て」にアクセントがきます。

日常的な使い方としては、「食べてた餅がみててしもうたわ」、「飲んでた水もみててしもうた」などとして、岡山では使われています。

めぐ:壊す

標準語では「壊す」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「めぐ」と、表現されています。この表現は、日本に古くからある古典文学でも使われているようです。

「めげる」は「壊れる」と表現されて、「めいだ・めんだ」は「壊した」は過去形で表現されます。

日常的な使い方としては、「そんな使い方したらめげる」(そんな使い方をしたら壊れる)などとして、岡山では使われています。

おえん:だめ

Hans / Pixabay

標準語では「だめ」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「おえん」と、表現されています。語源は、「手に負えない」という表現から、短縮されて「おえん」となったようです。

また、「おえなんだ」は過去形として使われていて、「ダメだった」という表現になります。

日常的な使い方としては、「今日のテストは全然おえんは」(今日のテストは全然ダメだった)などとして、岡山では使われています。

たいぎぃ・たいぎな:めんどくさい

whoalice-moore / Pixabay

標準語では「めんどくさい」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「たいぎぃ」「たいぎな」と、表現されています。

岡山の方言・岡山弁では、別に「疲れた」といった意味もあります。語源は、古語の「大義な」が変化したもののようです。

日常的な使い方としては、「今日のテストはたいぎーのー」(今日のテストは面倒臭いな)などとして、岡山では使われています。

いじましぃ:じれったい

mintchipdesigns / Pixabay

標準語では「じれったい」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「いじましぃ」と、表現されています。

岡山の方言・岡山弁では、別に「鬱陶しくてイライラする」といった意味もあります。小さな虫がずっと家の中を飛んでいるような状況でしょうか。

日常的な使い方としては、つまようじの束が床に落ちてしまった時に「あーいじましぃ!」などとして、岡山では使われています。

たう(たわん):届く(届かない)

Kanenori / Pixabay

標準語では「届く」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「たう」と、表現されています。郵便物が「届く」という意味ではなく、距離的な長さが「届く」という意味の言葉です。

岡山の方言・岡山弁では、別に否定的な意味で「たわん」といった意味もあります。標準語では「届かない」となります。

日常的な使い方としては、「天井までは、あと少しだけたわんわ」(天井まであと少しだけ足りない)などとして、岡山では使われています。

うめー:おいしい

JillWellington / Pixabay

標準語では「おいしい」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「うめー」と、表現されています。これは標準語圏内の人が聞いても、想像できる言葉ではないでしょうか。

全国的にも、何かおいしいものを食べた時に衝動的に「うめー」といってしまう人もいるのではないでしょうか。

日常的な使い方としては、「ばあちゃんの味噌汁はこげんにうめー」(おばあちゃんのお味噌汁はこんなにおいしい)などとして、岡山では使われています。

ええけぇ:いいから

LoggaWiggler / Pixabay

標準語では「いいから」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「ええけぇ」と、表現されています。もう大丈夫だからという意味で使われます。

日常的な使い方としては、「済んだことはもうええけぇ」(済んでしまったことはもういいから)などとして、岡山では使われています。

ありゃぁ:あれは

Kanenori / Pixabay

標準語では「あれは」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「ありゃぁ」と、表現されています。何かわからないものに指をさして「ありゃぁ」という感覚です。

関東圏内の標準語の方は「ありゃぁ」と聞くと、失敗した時の「あちゃー」を浮かべる人が多いかもしれません。

日常的な使い方としては、「ありゃぁいったいなんじゃぁ」(あれは一体なんなんだ)などとして、岡山では使われています。

せぇじゃ:それだ

auntmasako / Pixabay

標準語では「それだ」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「せぇじゃ」と、表現されています。頷きながら「せぇじゃ」と言う感じでしょう。

関東圏内の標準語の方は「せぇじゃ」と聞いても、ピンと来ないで、トンチンカンな返答をしてしまうかもしれませんね。

日常的な使い方としては、「せぇじゃ、せぇでまちげーねー」(そうだ、それで間違いない)などとして、岡山では使われています。

岡山弁の告白表現・かわいい方言一覧と日常会話で使える例文

mikuratv / Pixabay

誰でも一度ぐらいは、告白をしたりされたりした事があるのではないでしょうか?あの時のドキドキを思い出すと恥ずかしくなってしまうかもしれませんね。

告白の仕方だって地方には方言の言い回しがあります。もちろん岡山の方言・岡山弁ならではの言い回しもあります。

今回はそんな岡山の方言・岡山弁の告白表現、かわいい方言と、日常会話での使い方を見ていきましょう。

でぇれぇ好きじゃけぇ:大好き

pixel2013 / Pixabay

標準語では「あなたの事が大好き」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「でぇれぇ好きじゃけぇ」と、表現されています。

「でぇれぇ好きじゃけぇ」という男っぽい言葉かと思われがちですが、女子に「でぇれぇ好きじゃけぇ」と言われるとキュンとしてしまうかもしれません。

日常的な使い方としては、「前からおまんの事がでぇれぇ好きじゃけぇ」(前からあなたの事が大好きです)などとして、岡山では使われています。

ふうがわりー:恥ずかしい

Free-Photos / Pixabay

標準語では「恥ずかしい」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「ふうがわりー」と、表現されています。

日常的な使い方としては、「ふうがわりーからみんといてー」(恥ずかしいから見ないで)などとして、岡山では使われています。

どちゅーまちゅーする:ドギマギする

AG2016 / Pixabay

標準語では「ドギマギする」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「どちゅーまちゅーする」と、表現されています。

関東圏内の標準語の方が「どちゅーまちゅーする」という言葉を聞いても、どんなニュアンスの事なのかも想像することは難しいのではないでしょうか。

日常的な使い方としては、「なにをそんなにどちゅーまちゅーしとるんじゃ」(何をそんなにドギマギしているの)などとして、岡山では使われています。

こっちにこられー:こっちにおいで

標準語では「こっちにおいで」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「こっちこられー」と、表現されています。

イメージとしては、おばあちゃんが子供を呼ぶ時に「こっちにこられー」と言っているのが目に浮かびませんか?

日常的な使い方としては、「そんなところにおらんでこっちにこられー」(そんな所にいないでこっちにおいで)などとして、岡山では使われています。

いごいごする:ウロチョロする

RitaE / Pixabay

標準語では「ウロチョロする」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「いごいごする」と、表現されています。

「イライラしてしまう」といった感情の表現になりますが、子供が動き回っている時に、使われるような言葉のようです。

日常的な使い方としては、「あぶねーからいごいごせんの」(危ないからウロチョロしないの)などとして、岡山では使われています。

もんげー:すごい

Larisa-K / Pixabay

標準語では「すごい」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「もんげー」と、表現されています。岡山の方言・岡山弁を代表する言葉のようです。

日常的な使い方としては、「もんげー頑張ったのー」(すごい頑張ったね)などとして、岡山では使われています。

あんご:バカ

StockSnap / Pixabay

標準語では「バカ」という表現が、岡山の方言・岡山弁では「あんご」と、表現されています。

「バカ」と言われてしまうと、ちょっとムカッときてしまいますが、「あんご」と言われると、なんだかほっこりしてしまうかもしれません。

日常的な使い方としては、「このあんごが」(このバカが)などとして、岡山では使われています。

NEXT にがる:お腹が痛い