1973年生まれの厄年は?1973年生まれの有名人もご紹介!

高度経済成長期を終わりの年である1973年。日本が大きく変わった年です。それでは1973年生まれの有名人や芸能人にはどんな人いて、どのように活躍したのでしょうか。現在は一体何歳なのでしょうか。様々な分野の人を紹介します。

1973年生まれの芸能人・有名人【女優編】

1873年生まれの有名人そ紹介します。まず女優編です。ちょうど10,20代の頃にアイドル黄金期のすこし後というとこでアイドルやモデル出身が多いです。

櫻井淳子(1月5日)

キリッとした眉毛が特徴的な櫻井淳子さん。埼玉県出身のA型で所属は株式会社アイエス・フィールドです。高校2年生のときに竹下通りでスカウトされ、1991年にドラマ「葡萄は目にしみる」でデビューしました。

その後1993年にはドラマ「誘惑の夏」でドラマ初主演を果たし、第31回ゴールデン・アロー賞放送新人賞ならびに最優秀新人賞を受賞しました。

数々の作品に出演し、ドラマ「ショムニ」では妖艶な悪女、ドラマ「おみやさん」では主人公の部下でヒロインを演じました。2003年にテレビプロデューサーの島川博篤さんと結婚し、子供は1人の母親のようです。

深津絵里(1月11日)

「ふかっちゃん」の愛称で知られる深津絵里さん。大分県出身のO型で所属はアミューズです。原宿で行われたミス原宿グランプリで優勝し、それをきっかけで13歳でデビューしました。

現在も変わらない美貌ですが、結婚はしておらず、独身のようです。1997年から放送された踊る大捜査線ではヒロインの女性刑事を演じ、知名度は格段にあがりました。

映画「悪人」ではモントリオール世界映画祭の女優賞、日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞しました。2011年頃から1本の作品に集中出来るように仕事を調節しており、テレビ出演は少なくなったようです。

田村英里子(1月16日)

90年代正統派アイドルとして人気を集めた田村英里子さん。茨城県出身のB型で今はアメリカで活躍しています。

14歳の時オーディションでグランプリを受賞し、16歳でアイドル歌手としてメジャーデビューを果たします。3枚目のシングル曲「真剣(ほんき)」ではその年の新人賞を数々受賞しました。

2000年頃に夢だった渡米を果たし、キャリアが何もない場所で、ハリウッドで活躍するまでになりました。今は長期休業中ですが、YouTubeでは歌を投稿しています。

りょう(1月17日)

スラリーとした長身でクールな印象があるりょうさん。埼玉県出身のO型で所属は株式会社研音です。原宿でスカウトされ、モデル、女優、歌手として様々な活動を始めました。

女優としては映画「双生児」で高崎映画祭の最優秀主演女優賞を受賞しました。

2003年にバンドマンのTOSHI-LOWさんと結婚し、現在は子供が2人いるようです。

中山忍(1月18日)

2時間ドラマの女王といわれる中山忍さん。埼玉県出身のB型で所属はオフィスミューズです。女優の中山美穂さんの妹で、美穂さんの事務所のスタッフの目に留まり、スカウトされ、デビューしました。

姉と比べられることが耐えられず、アイドルは引退しますが、現在は2時間ドラマを中心に活躍しています。また、1995年に映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」に出演し、様々な映画祭で助演女優賞を受賞しました。

46歳とも思えない可愛らしい風貌ですが、結婚はしておらず、独身のようです。

加藤紀子(1月30日)

バラエティー番組で活躍する加藤紀子さん。三重県出身のB型で所属はジェイピィールームです。1991年にアイドルグループ「桜っ子クラブさくら組」として芸能界デビューし、翌年に歌手デビューを果たしました。

2000年からフランス留学のため、一時芸能活動を休止していましたが、現在は復帰し、テレビだけでなくラジオやインターネットでも活動しています。スタイルがよく、さんまさんからビキニ姿を絶賛されています。

また、一度離婚を経験しており、2013年にバンド「TOKYO No.1 SOUL SET」の川辺ヒロシと再婚しました。子供はいないようです。

久保田磨希(2月27日)

明るくやわらかな印象で名脇役として活躍すつ久保田磨希さん。京都府出身のA型で所属はホリプロのグループ会社「プロダクションパオ」です。

デビューはKBS京都テレビのレポーターとしてです。しばらくは関西を中心に活動していましたが、ドラマ「大奥」で一躍有名になり、現在は活動拠点を東京に移しているようです。

2006年には同窓会であった同級生と結婚し、子供が1人います。女優だけでなく、バラエティや情報番組でも活躍しており、最近ではママさんコメンテイターとしても注目を集めています。

宮沢りえ(4月6日)

映画やドラマ、舞台、CMと様々な場所で活躍している宮沢りえさん。東京都出身のB型で所属はエムツー企画です。実は父親はオランダ人のハーフなのです。

11歳でモデルデビューし、まもなく「週間セブンティーン」の表紙に抜擢されます。1988年には映画「ぼくらの七日間戦争」で主演を果たし、日本アカデミー賞新人賞を受賞しました。翌年歌手デビューもしました。

マスコミのバッシングから一時芸能活動を休止していましたが、現在は復帰して活躍しています。1度離婚しており、2018年にV6の森田剛さんと再婚しました。子供は前の夫との間に1人いるようです。

篠原涼子(8月13日)

大人の色気が感じさせ、魅力的な篠原涼子さん。群馬県出身のB型で所属はジャパン・ミュージックエンターテインメントです。1989年の現事務所のオーディションに合格し、所属しました。

翌年アイドルグループ「東京パフォーマンスドール(TPD)」のメンバーとしてデビューしました。1994年にはソロで小室哲哉さんプロデュースのシングルでダブルミリオンを記録しました。

その後、女優として活動し始め、現在も活躍しています。2005年に俳優の市村正親と結婚し、子供は2人いるようです。

三浦理恵子(9月1日)

大人の色気でルードル写真が好評の三浦理恵子さん。東京都出身のA型で所属はプロダクション尾木です。1989年にタレント育成講座、乙女塾の2期生で同塾の5人でアイドルグループ「CoCo」を結成しました。

可愛らしいルックスと「キャットボイス」と言われる特徴のある声質で人気を集めました。「CoCo」は後に解散してしまいますが、その後もソロで活動しつづけました。

1991年に女優デビューを果たし、現在は主に女優として活躍しています。ダイアモンド☆ユカイと結婚しましたが、3年ほどで離婚し、2015年に一般男性と再婚しました。

藤谷美紀(9月15日)

40歳すぎた今でも可愛らしい印象の藤谷美紀さん。愛知県出身のO型で所属はオスカープロモーションです。第1回全日本美少女コンテストでグランプリを果たし、14歳で芸能界デビューをしました。

1988年にはアイドル歌手、女優デビューを果たしました。現在は女優として活躍していますが、アニメ「るろうに剣心」では声優として出演しています。

また、絵を描くことが好きで小学館「ヤングサンデー」で連載もしたことがあるようです。ほんとに様々なことに取り組んでいますね。2012年に一般男性と結婚しており、現在は子供が2人いるようです。

松嶋菜々子(10月13日)

ドラマ「家政婦のミタ」でお馴染みの松嶋菜々子さん。神奈川県出身のO型で所属はセブンス・アヴェニューです。

まず、1991年に旭化成の水着マスコットガールに選ばれ芸能界デビューを果たします。その後、女性ファッション誌「ViVi」の専属モデルを務め、女優デビューもします。

1996年にはNHKの連続テレビ小説「ひまわり」で主演を務め、一躍メジャー女優となりました。2001年に俳優の反町隆史さんと結婚し、現在は子供が2人いるようです。

川口智子(5月3日)

1980年代に活躍した子役で福岡県出身のO型です。現在は引退し、小学校の先生をしているようです。

4歳の頃に劇団日本児童に入り、子役として活動し、ドラマ「うちの子にかぎって、、、」、バラエティ番組「モモコクラブ」などに出演しました。

引退後はメディアには登場していませんでしたが、2004年に1度テレビに出演しています。

関連する記事はこちら

1973年生まれの芸能人・有名人【俳優】

Free-Photos / Pixabay

次に俳優編です。すこし癖のある人が多いようですが、実力は高い評価を得ています。

市川染五郎(1月8日)

歌舞伎役者でありながら、豊かな演技力でテレビ俳優としても活躍する市川染五郎さん。東京都出身のAB型です。女優の松たか子さんを妹にもちます。

子供の頃にNHKの大河ドラマに子役で出演しており、1980年には映画「遙かなる走路」で主演を務めました。

2003年には高校時代からの友人の関園子 と結婚し、2人の子供は、長男は歌舞伎座で、長女は舞踊で初舞台を踏みました。2018年に7代目市川染五郎の名を息子に譲り、10代目松本幸四郎を襲名しました。

大泉洋(4月3日)

個性的なキャラで天然パーマが特徴的な大泉洋さん。北海道出身のB型で所属はCREATIVE OFFICE CUEです。大学時代に演劇研究会に入り、演劇ユニットTEAM-NACSを結成します。

その後、演劇の腕が認めれ現在の事務所に所属し、北海道テレビで芸能活動を始めます。同局のバラエティ番組「水曜どうでしょう」では深夜番組ですが、高視聴率を記録し、全国にも知名度が広がっていきました。

全国ネットのテレビ番組にも出演するようになり、現在はドラマや映画で活躍しています。2009年にはフジテレビのプロデューサーの中島久美子さんと結婚しており、子供は1人いるようです。

金城武(10月11日)

香港、台湾、日本で国際的に活躍する金城武さん。台湾の台北出身のO型で所属はアミューズです。日本人の父と台湾人の母のハーフで、沖縄県出身の祖父をもつようです。

高校生の時にスカウトされ、清涼飲料水のCMに出演し芸能界デビューをしました。

日本ではドラマ「聖夜の奇跡」でデビューし、ドラマ「神様、もう少しだけ」では深田恭子さんとW出演を果たし、ブレイクのきっかけとなりました。また、アジアだけでなく、アメリカやヨーロッパでも人気があります。

堺雅人(10月14日)

個性的な役柄が特徴的で実力俳優といわれる堺雅人さん。宮崎県出身のO型で所属は田辺エージェンシーです。高校時代から演劇部に所属しており、早稲田大学に入学後も劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加しました。

劇団の看板俳優で「早稲田のプリンス」と呼ばれていたようです。事務所に所属後、舞台、ドラマ、映画で活動を始め、2004年の大河ドラマ「新撰組!」で山南敬助を演じて有名になりました。

その後もドラマ「大奥」「リーガル・ハイ」「半沢直樹」で主演を務め、様々な賞も受賞しました。2013年には女優の菅野美穂と結婚しました。

浅野忠信(11月27日)

日本だけでなく、アジアの様々な映画賞を受賞するほどの実力派俳優の浅野忠信さん。神奈川県出身のA型で所属はアノレです。母方の祖父が北欧系アメリカ人のクウォーターです。

アノレは浅野さんの父親である佐藤幸久が設立した事務所で、浅野さん自身父親からドラマのオーディションを勧められ、合格し、俳優としてデビューしました。

ドラマよりも映画をメインに活動しており、海外の監督からも目をつけられるほどです。2017年にはドラマ「刑事ゆがみ」で民放の連続ドラマで初めて主演を務めました。

反町隆史(12月19日)

ドラマ「相棒」で主人公の4代目の相棒役を務めている反町隆史さん。埼玉県出身のAB型で所属は株式会社研音です。デビュー当時はジャニーズ事務所に所属しており、光GENJIのバックダンサーも務めていました。

事務所を退社後、モデルとして活動し、1994年に俳優デビューしました。ドラマ「バージンロード」、「ビーチボーイズ」などに出演し、有名になりました。また、1997年には歌手デビューもしています。

2001年に女優の松嶋菜々子さんと結婚し、子供は2人いるようです。

袴田吉彦(7月16日)

アパ不倫で話題になった袴田吉彦さん。静岡県出身のA型で所属はプラチナムプロダクションです。第4回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞しました。

翌年映画「20歳の微熱」で主演を務め、芸能界デビューを果たしました。俳優として活動のかたわら声優も務め、ジブリ映画「猫の恩返し」ではバロン役を演じました。

2010年には元グラビアアイドルの河中あいと結婚し、子供が1人できましたが、上で述べたように不倫もあり、2017年に離婚しています。

安田顕(12月8日)

北海道出身のA型で所属はCREATIVE OFFICE CUEです。高校時代に演劇研究会に入り、その先輩の影響を受け劇団OOPARTSに在籍します。

その後、演劇仲間と演劇ユニットTEAM-NACSを結成、現在でもサブリーダーを務めています。

舞台、ドラマ、映画、アニメなど様々な場所で活躍しており、バラエティ番組でも独特の雰囲気を醸し出しています。2002年には学生時代から付き合っていた一般女性と結婚し、子供は一人いるようです。

村上大樹(7月17日)

俳優としてだけでなく、脚本や演出も手がける村上大樹さん。愛知県出身のO型で所属はオフィスPSCです。

早稲田大学在学中に演劇仲間と劇団拙者ムニエルを結成し、現在でも精力的に活動しています。この劇団はギャグを演劇に混ぜ込んだ個性的な劇で人気を集めています。

その後はテレビでは俳優として出演し、舞台では演出や脚本を手がけています。

1973年生まれの芸能人・有名人【タレント・モデル】

Free-Photos / Pixabay

次はタレント・モデル編です。現在40代後半と思えないほど皆さん活躍していますね。

島崎和歌子(3月2日)

飾らないさっぱりとした性格でバラエティ番組に欠かせない島崎和歌子さん。高知県出身のO型で所属はゴールデンミュージックプロモーションです。現事務所のオーディションを受け、準優勝となり所属しました。

1989年に女優とアイドル歌手としてデビューを果たし、翌年には映画「スキ!」で主演を務めます。「オールスター感謝祭」や「クイズ!当たって25%」の司会を務め、バラエティ番組でも活躍しました。

現在は女性タレントとしての仕事が多く、お笑い芸人と一緒に出演することが多いようです。結婚はしていないようです。

中條かな子(3月4日)

元アイドルで学園祭の女王と言われた中條かな子さん。広島県出身のAB型で所属はアーティストハウス・ピラミッドでした。1997年に芸能界を引退しましたが、現在広島テレビでコメンテーターを務めています。

ロッテ主催のオーディションで本選に進み、1991年に芸能界デビューしました。アイドルグループ「桜っ子クラブさくら組」の創立メンバーで、グラビアアイドルとしても活躍しました。

1996年には当時広島東洋カープの外野手だった緒方孝市さんと結婚し、子供は3人いるようです。

さとう珠緒(1月2日)

ぶりっこキャラで有名なさとう珠緒さん。千葉県出身のA型で所属はシンクバンクです。1998年に第2回ミス・アクション・オーディションで準グランプリを受賞し、芸能活動を始めました。

しかし、本格的に活動し始めたのは1991年からで、徐々にグラビアアイドルとして人気になりました。1996年には初代ミニスカポリスとしてブレイクし、競馬中継のレギュラーも務めました。

現在は事務所の社長が行方不明になったこともあり、テレビ出演も控えめです。フリーになっても頑張ってほしいですね。

梨花(5月21日)

東京都出身のO型で所属はスターダストプロモーションです。父方の祖母がフランス人のクウォーターです。ファッション雑誌のスラップ写真が事務所の人の目にとまりスカウトされたようです。

歌手、モデル、タレントと活動していました。第2のZARDを目指し活動していましたが、歌手としてはあまり売れなかったようです。2010年には一般男性と結婚し、子供が1人いるようです。

現在はハワイに移住しており、ハワイと日本を行き来しながらファッション雑誌「オトナミューズ」の専属モデルとして活躍しています。また、ハワイのスタイル親善大使にも任命されています。

NEXT 長谷川理恵(12月1日)