1999年生まれの有名人・芸能人一覧!女優や俳優など53人を紹介 エンタメ

1999年生まれの有名人・芸能人一覧!女優や俳優など53人を紹介

1999年生まれの有名人・芸能人にはどのような人がいるのでしょうか?今回は1999年生まれの有名人・芸能人を俳優・女優・アイドル・声優・スポーツなどジャンル別にそれぞれ紹介していきます。また1999年生まれの特徴や1999年当時の世相についても取り上げます。

目次

[表示]

1999年生まれの有名人・芸能人【俳優編】

Pexels / Pixabay

1999年生まれの俳優は2019年現在20歳。ちょうど大人の仲間入りを果たした世代です。新たな希望に胸を弾ませて大いなる期待と可能性を秘めていることは有名人や芸能人も同じです。

1999年生まれの俳優には、これからの芸能界を引っ張っていく中心となる人材がたくさん出てきています。既に注目されている俳優も、今後話題になるであろう俳優もいます。

市川理矩(1月24日)

市川理矩(いちかわ・りく)さんは東京都出身で所属事務所はキューブ。オフィシャルサイトによると身長173cmです。趣味はカラオケ。特技はサッカー。スケートボートも得意です。

市川理矩さんが俳優としてドラマデビューを果たしたのは2007年日本テレビ「ハケンの品格」第7話のゲスト・豆剣士役を演じたことでした。同じ年にはマクドナルドのCMに出演しています。

映画デビューは2009年の「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」で、市川さんは士の幼少期を演じています。また2015年に大ヒットした「暗殺教室」にも出演しています。

今川碧海(1月30日)

今川碧海(いまがわ・あおい)さんは東京都出身で所属事務所は砂岡事務所。身長は163cmと男性としては小柄です。今川さんはトラフィックライトというグループのメンバーとして活躍しています。

今川さんは第28回ジュノン・スーパーボーイコンテストで審査員特別賞を受賞するほどのイケメンで近年注目されていますが、現在はグループとしての活動が中心です。

トラフィックライトは2016年にデビューシングル「Dance Dance!!/Traffic Jam」がオリコン週間CDシングルでトップ10入りを果たしています。

萩原利久(2月28日)

萩原利久(はぎわら・りく)さんは埼玉県出身で所属事務所はトップコート。身長は176cmです。2012年まではNEWSエンターテインメント・スクールで子役として活躍していました。

芸能界デビューは2008年にCM「LEGOブロック」の出演でした。萩原さんは現在テレビや映画、舞台を中心に活躍しています。また子役時代「めちゃイケ」に出演しています。

ドラマデビューは2008年のテレビ東京「トミカヒーローレスキューフォース」の男の子役。その後「幽かな彼女」や「金田一少年の事件簿N」など数々の人気作に出演しています。

三浦宏規(3月24日)

三浦宏規(みうら・ひろき)さんは三重県出身で所属事務所はウィルビー・インターナショナル。身長は176.7cmです。俳優だけでなくダンサーとしても活躍しています。

ダンスに目覚めたのは5歳のときに熊川哲也さんに憧れを抱いたからです。ダンスを習い始めると三浦さんは数々の賞を獲り、2013年に振付師の上田遥さんに見出されて上京します。

三浦さんは「2.5次元」俳優として若い世代を中心に人気を博し、現在は「テニスの王子様」や「進撃の巨人」などの舞台を中心に活躍しています。趣味は料理や買い物、温泉巡りです。

吉井一肇(4月13日)

吉井一肇(よしい・はじめ)さんは東京都出身で所属事務所は市川理矩さんと同じキューブ。かつては子役として活躍した時期もありました。現在も俳優としてテレビや舞台で活躍しています。

吉井さんは2011年10月に第20回金鶏百花映画祭において外国映画部門最優秀男優賞を受賞するなど実力も高く評価されています。また妹の吉井乃歌さんはオスカープロモーション所属の女優です。

「レ・ミゼラブル」などの舞台を中心に活躍し、ドラマデビューは2012年の「浪花探偵団」で芹沢勤を演じています。また大河ドラマ「八重の桜」や「家族ゲーム」にも出演しています。

岡田健史(5月12日)

岡田健史(おかだ・けんし)さんは福岡県出身で所属事務所はスパイスパワー。180cmの高身長に爽やかなルックスが持ち味の今もっとも勢いのある若手俳優の1人です。

岡田さんがスカウトを受けたのは中学生の時でしたが、野球に集中したかったので5年間断り続けています。その後2017年に野球部を引退したことを機に俳優を目指します。

岡田さんは一躍脚光を浴びたのは2018年放送され社会現象を巻き起こしたドラマ「中学聖日記」で有村架純さん演じるヒロイン末永聖の相手役・黒岩晶役に抜擢されたことでした。

清水尋也(6月9日)

清水尋也(しみず・ひろや)さんは東京都出身で所属事務所はオフィス作。186cmの高身長にクールな雰囲気が特徴です。兄の清水尚哉さんもアンブリンクで俳優として活躍しています。

清水尋也さんが芸能界デビューのきっかけは兄・尚哉さんの主演映画「からっぽ」試写会の際に事務所の関係者にスカウトされたことでした。兄弟で仕事の話をするのは恥ずかしくてやらないといいます。

ドラマ「高校入試」に出演すると、その後映画「ソロモンの偽証」や「渇き」など数々の話題作に出演。2019年も「貞子」「パラレルワールド・ラブストーリー」などに出演しています。

小野寺晃良(7月16日)

小野寺晃良さんは神奈川の出身でスターダストプロモーションに所属しています。身長は172cm。俳優業の傍ら抜群のスタイルを武器にモデルとしても人気を博しています。

知人の伝手で事務所入りし、2016年にはドラマ「火村英生の推理」で坂亦清音役を演じています。また電子書籍「週刊★小野寺晃良」もファンに好評です。

「アンナチュラル」第7話や「dele」第6話に出演。2019年「都立水商!~令和~」にも出演している他、「痛快TVスカッとジャパン」でも活躍しています。

若林時英(10月25日)

若林時英(わかばやし・じえい)さんは神奈川県出身で所属事務所はトライストーン・エンターテイメント。身長163cmと男性の中では小柄なタイプです。

日出高等学校時代から芸能コースで学び、趣味が映画や舞台を鑑賞することなど、公私ともに芝居好きであることを公言しています。12歳の時蜷川幸雄さんの演出「身毒丸」に出演しています。

その後映画「ソロモンの偽証」に出演。近年ではドラマ「中学聖日記」や「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出演するなど注目度が高まっている若手俳優の1人です。

浦上晟周(11月23日)

浦上晟周(うらがみ・せいしゅう)さんは東京都出身で所属事務所はアミューズ。身長162cmと男性の中では低いタイプです。ドラマ「家族ゲーム」の沼田茂之役で話題になりました。

2016年には大河ドラマ「真田丸」で真田信繁の息子・大助を演じました。その後は「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」や「相棒」など推理ドラマで影のある役を多く演じています。

「三菱UFJファイナンシャルグループ」や「丸美屋」などCMの出演も多く、バラエティでは「痛快TVスカッとジャパン」にも再現ドラマで複数回出演するなど、勢いのある俳優の1人です。

関連する記事はこちら

1999年生まれの有名人・芸能人【女優編】

JillWellington / Pixabay

1999年生まれの有名人や芸能人の中には女優として活躍している人もいます。また子役時代から注目されていた人物や、現在はテレビで見かけなくなった人物もいます。

1999年生まれは2019年現在は20歳になります。自分の人生を決める大きな転機となる時期でもあるので、今後のさらなる飛躍も期待されます。

橋本環奈(2月3日)

橋本環奈(はしもと・かんな)さんは福岡県出身で所属事務所はアクティブハカタ及びディスカバリー・ネクストです。身長は152cm。以前はアイドルでしたが現在は女優を中心に活動しています。

福岡でアイドルグループRev.from DVLの一員として活動していた中学三年生の時、ファンが撮影した画像がネット上で拡散し、「千年に一人の逸材」として全国に知られます。

その後映画「暗殺教室」や「セーラー服と機関銃~卒業編~」など数々の話題作に主役や準主役で話題を呼び、ドラマ「貴族探偵」「警視庁いきもの係」にも出演するなど活躍の幅を広げています。

浅川梨奈(4月3日)

浅川梨奈(あさかわ・なな)さんは埼玉県出身で所属事務所はエイベックス・マネジメント。身長160cmに抜群のスタイルを活かして女優だけでなくグラビアアイドルとしても活躍しています。

浅川さんはアイドルに憧れており、自身もSUPER☆GIRLSの一員として活躍していました。2015年には「週刊プレイボーイ」で水着グラビアに挑戦するなど話題を集めました。

2017年以降「カバーガール大賞」コミック部門賞を毎年受賞する他、2019年には「ベストフンドシストアワード2018」を受賞しています。その他ドラマや映画にゲスト出演しています。

優希美青(4月5日)

優希美青(ゆうき・みお)さんは福島県出身で所属事務所はホリプロ。身長159cmです。女優だけでなくタレントやファッションモデルとしても活躍しています。

芸能界デビューのきっかけは2012年のホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得したことでした。前年の東日本大震災もあって東北を盛り上げたいとの熱い想いで臨んだといいます。

2013年以降映画「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」やドラマ「雲の階段」などに出演。同年NHK「あまちゃん」にも出演。2019年には「相棒」にもゲスト出演するなど波に乗っている女優です。

大橋のぞみ(5月9日)

大橋のぞみさんは2002年に3歳で再現ドラマに出演したことをきっかけに子役として活躍していました。特に2007年公開の映画「崖の上のポニョ」では大橋さんの歌う主題歌が大ヒットします。

その後2009年のドラマ「白い春」や「ザ・クイズショウ」に出演するなど女優としての活動を本格化させていきます。映画では2012年公開「しあわせのパン」で声のみの出演をしています。

子役ブームの到来と同時に2012年大橋さんは学業を理由に芸能界を引退します。その後大橋さんは2019年現在まで芸能活動を再開させていません。

伊原六花(6月2日)

伊原六花(いはら・りっか)さんは大阪府狭山市出身で所属事務所はフォスター。身長160cm。女優だけでなく歌手としても活躍しています。ドラマや映画、CMなど活躍は多岐に渡っています。

大阪府立登美丘高等学校ダンス部の元キャプテンとして一躍注目を浴びました。高校卒業後は芸能界入りを果たし、現在は女優を中心にドラマや映画に出演しています。

また東京ガールズコレクションにも出演するなどモデルとしての活動も始めました。ドラマデビューは2017年「チア☆ダン」。その後NHK「なつぞら」でも話題を集めています。

荒川ちか(7月29日)

荒川ちかさんは神奈川県横浜市出身でかつてはジュニアアイドルとして活動していた時期もありました。芸能界入りのきっかけは「アニー」に憧れたことでした。

2003年にACジャパンのCMに出演し、以後ジュニアアイドルとして活動していきます。2017年には受験を優先し活動を制限。翌年にベリーベリープロダクションを退所しました。

大学進学後も芸能活動は続けていく意欲を見せており、自主映画「地下鉄シアター」の上映イベントを開催するなど現在も活動を続けています。趣味は囲碁からタップダンスなど幅広いとのことです。

田辺桃子(8月21日)

田辺桃子(たなべ・ももこ)さんは神奈川県出身で所属事務所はスターダストプロモーション。元子役として芸能界デビューしており、現在はファッションモデルとしても活躍しています。

デビューのきっかけは小学三年生の時に事務所から声をかけられたことだったといいます。2009年には事務所の企画した小学生アイドルグループ「みにちあ☆ベアーズ」の一員として活動しています。

2013年にはミスセブンティーンに選出されるなどモデルとしても活躍しており、2019年ドラマ「こんな未来は聞いてない!!」では主演を果たしています。その他多くの作品に出演しています。

柴田杏花(8月30日)

柴田杏花(しばた・きょうか)さんは東京都出身で所属事務所はスターダストプロモーション。女優としてドラマや映画に数多く出演し話題を集めています。

デビュー作は2007年に放送されたドラマ「名探偵コナン 工藤新一の復活!黒の組織との対決」でした。その後2009年に雑誌「りぼん」でりぼんガール準グランプリに輝いています。

2014年には「瀬戸内海賊物語」で映画初出演を果たすなど実力は高く評価されています。ドラマでは2018年「絶対零度」や「さくらの親子丼2」など数々の話題作に出演し人気を集めています。

永野芽郁(9月24日)

永野芽郁(ながの・めい)さんは東京都出身で所属事務所はスターダストプロモーション。女優だけでなくファッションモデルやタレントとしても活躍しています。

芸能界デビューは小学三年生の時に事務所にスカウトされたことでした。2009年には映画「ハード・リベンジ・ミリーブラッディバトル」で子役として出演しています。

ドラマでも2010年「ハガネの女」に出演するなどキャリアを積み、2017年映画「ひるなかの流星」で主役に抜擢されたことで人気が急上昇しました。役作りは細部まで拘るといいます。

大友花恋(10月9日)

大友花恋(おおとも・かれん)さんは群馬県高崎市出身で所属事務所は研音。女優だけでなくファッションモデルやタレントとしても活躍しています。

デビューのきっかけは雑誌の読者モデルに自分自身で応募したことでした。母親とは1度だけの約束でオーディションを受けたところ見事に合格し芸能界入りを果たします。

その後「セブンティーン」のモデルに選出されるなど活躍の幅を広げ、2015年には映画「案山子とラケット」で平祐奈さんとダブル主演を務めています。今後も活躍が期待される女優の1人です。

1999年生まれの有名人・芸能人【ジャニーズ編】

Free-Photos / Pixabay

1999年生まれで現在活躍している有名人・芸能人は俳優や女優だけではありません。ジャニーズにも1999年生まれの人物は在席しています。

ここからは1999年生まれのジャニーズ事務所に所属する有名人・芸能人について取り上げていきます。今後のジャニーズを牽引する存在が登場する可能性を秘めています。

永瀬廉(1月23日)

永瀬廉(ながせ・れん)さんは東京都出身のジャニーズ事務所所属アイドル。関西ジャニーズjr.として芸能活動をスタートし、現在はKing&Princeのメンバーとして人気を博しています。

芸能界入りのきっかけは母親が事務所のオーディションに履歴書を送ったことでした。2012年のジュニア時代には大西流星さんや西畑大吾さんと「なにわ皇子」として活動しました。

またKing&Princeとして活動する一方で2017年からは明治学院大学に進学しています。2019年公開の映画「うちの執事が言うことには」で主人公・烏丸花穎を好演しています。

高橋海人(4月3日)

高橋海人(たかはし・かいと)さんは神奈川県出身のジャニーズ事務所所属アイドル。永瀬廉さんと同じくKing&Princeのメンバーとして若い女性を中心に人気を集めています。

高橋さんがダンスを始めたのは幼稚園の頃からで、2008年には全国大会静岡予選で優勝するなどかなりの実力を持っています。2010年にはSMAPのバックダンサーを務めました。

アイドルとして活躍する傍ら、ジャニーズ主宰の舞台に数多く出演するなど役者としても活躍する他、バラエティ番組にも多数出演するなど、活躍の場は多岐に渡っています。

小島健(6月25日)

小島健(こじま・けん)さんは大阪府出身のジャニーズ事務所所属アイドル。関西ジャニーズjr.として活動を開始し、ジュニア内のユニット「Aぇ!group」のメンバーとして活動しています。

ジュニアとしての現在の活動は主にステージ上で歌やダンスを披露する他、俳優やタレントとして幅広く活動しており、2018年からはラジオ「バリバリサウンド」にも出演しています。

2017年には映画「関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!」で真砂礼司を演じる他、2019年公開の映画「少年たち」ではマサキを演じるなど役者としての活躍も見せています。

今村隼人(6月26日)

今村隼人(いまむら・はやと)さんは1970年代から80年代にかけて活躍したずうとるびのメンバー・今村良樹さんの三男で、神奈川県出身です。鼻が父親に似ていると話題です。

今村隼人さんは生まれて間もない頃からテレビに出演しており、「サタ☆スマ」の1コーナー「中居パパの赤ちゃん預かります」ではSMAPの中居正広さんと共演しています。

その後も「ミュージックステーション」などバックダンサーとして出演する他、ジャニーズ主宰のミュージカル舞台など役者としてのキャリアも積み重ねていきます。今後が期待される1人です。

高橋優斗(11月15日)

高橋優斗(たかはし・ゆうと)さんは神奈川県出身のジャニーズ所属アイドル。現在はジャニーズJr.内のユニット「HiHi Jets」のメンバーとして活動しています。

小学生の頃から野球をやっているなどスポーツ万能で、2016年に行なわれたジャニーズ野球大会で高橋さんはファインプレー賞を獲得するなど、身体能力の高さを発揮しています。

またドラマ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」にゲスト出演した際には、役作りのために家族とも会話を避けるなどの徹底ぶりで、役者としてのプロ意識の高さも兼ね備えています。

NEXT:1999年生まれの有名人・芸能人【アイドル編】
1/3