湯シャンは楽なだけじゃない!?効果はある?正しいやり方は?

芸能人や海外セレブがしているということで話題になった湯シャンですが、一般的にはあまり広まっていません。そこで、実際に湯シャンとはどのようにするのか、そのやり方や、メリットやデメリット、実践例などを調べてみました。また、シャンプーとの共通点も見つけていきます。

今話題の湯シャンってなに?どんな効果があるの?

tookapic / Pixabay

芸能人の方々が洗髪にシャンプーを使っていないと公言した事で話題になった湯シャンですが、きちんとした方法で洗わないと悪影響が出たりします。しかし、正しい湯シャンができると様々な効果が期待できるようです。

そこで、まずは湯シャンによるその効果や、世間の反応などを見ていきます。

最近話題の湯シャンとは?

congerdesign / Pixabay

湯シャンとは端的に言えば、シャンプーを使うことなく洗髪をすることです。

シャンプーを使っていないのに湯「シャン」というのに違和感を感じる方もいるかもしれませんが、そもそも「shampoo」という単語には洗髪をするという意味があります。

つまり、お湯を使ってシャンプーをするということで、湯シャンは実に理にかなったネーミングであると言えます。

湯シャンをするメリットってなに?

TeroVesalainen / Pixabay

湯シャンが持つ最大の効果と言えば、本来持つ頭皮や髪の持つバリア機能を正常化させることができるということのようです。

普段、シャンプー剤を使って洗髪をしていると、実は必要以上に頭皮の脂分を落としてしまっていて、頭皮が足りなくなった脂分を戻そうと過剰に皮脂を分泌をしてしまうことがあるそうです。

その点、湯シャンの場合、シャンプー剤では落としすぎてしまう皮脂を適度に残すことができるということなのです。更に、他にも湯シャンによるメリットはいくつもあることがわかりました。

白髪に効果があるって本当?薄毛予防にも

ThuyHaBich / Pixabay

湯シャンは白髪の予防にもなるとの説もあります。湯シャンには、頭皮のバリア機能を正常化することができると期待されていますが、その頭皮の健康状態が白髪と大きな関係を持っているようです。

そもそも、髪は白髪の状態で生成されます。そして、その成長の過程で、メラノサイトという細胞の働きによりメラニン色素が生成され、それが髪に取り込まれることにより黒髪が完成するのです。

しかし、シャンプー剤などにより頭皮の状態が不健康になっていると、メラノサイトが正常に働かなくなる可能性があるそうです。つまり、湯シャンにより頭皮が健康になれば、黒髪が正常に作られるという事なのです。

アトピーや肌が弱い人に

miapowterr / Pixabay

アトピー皮膚炎の人は、皮膚が非常にデリケートなので、刺激の少ないシャンプーや自分に合ったシャンプーを探したりする必要があります。しかし、湯シャンをしたら状態が良くなったという人もいます。

アトピー皮膚炎の原因は黄色ブドウ球菌ではないかと言われていて、この菌を落とすために、シャンプー剤などを使ったほうが良いとの説もありますが、湯シャンによる頭皮の改善効果に期待する声も多く聞かれます。

髪や皮膚の状態は人それぞれなので、湯シャンも一つの選択肢として、それぞれの皮膚の状態にあった洗髪を選択する必要があると言えそうです。

NEXT お風呂時間の短縮にも