スーパーフリー事件とは?被害者は400人!和田真一郎の現在は? 社会

スーパーフリー事件とは?被害者は400人!和田真一郎の現在は?

目次

[表示]

スーパーフリー事件の主犯・和田信一郎はどんな人物?現在は?

Free-Photos / Pixabay

スーパーフリー事件の主犯は、代表であった和田真一郎でした。彼が代表に就任してから、すスーパーフリーは輪姦をするようになります。

スーパーフリー事件の主犯だった和田真一郎とは、いったいどのような人だったのでしょうか?

和田真一郎のプロフィール・画像

和田真一郎は1974年7月30日生まれ、現在は44歳です。

新潟県新潟市出身で、東京都三鷹高等学校を卒業後、早稲田大学を受験し、入学してスーパーフリーの代表となりました。

中学時代は地味だった?

強姦・輪姦を繰り返すイベントサークルの代表といわれると、相当派手な印象を受けますが、和田真一郎はそのイメージとは程遠く、むしろ地味でおじさんのようでした。

和田真一郎と同じ中学だった同級生の話では、和田真一郎は根暗でオタクっぽく、真面目そうな人物だったそうです。

しかし、スーパーフリーの関係者によると、和田真一郎は組織づくりや人を動かす才能があり、カリスマ性があったと言います。地味でさえない印象が、逆に女性に警戒心を持たせなかったようです。

三国志が好きで文学部史学科を目指すが就職を考え経済学部を受験

Foundry / Pixabay

大学受験の際、三国志が好きだった和田真一郎は、文学部史学科に進学を希望していました。

しあkし、就職が難しくなると考えた和田真一郎は、考え直した末機材学部を受験しました。

中央大学に入学後、早稲田大学を受験

stevepb / Pixabay

和田真一郎は、早稲田大学野入学前に、現役で1993年4月に中央大学経済学部に入学しています。

和田真一郎には大学では遊びたいという願望がありましたが、八王子の山の中にある中央大学では、理想のキャンパスライフとは程遠かったようです。

そこで、中央大学に入学後、早々に早稲田大学を受験し、1994年4月に早稲田大学に入学しました。

和田信一郎自身は中央大学時代に童貞を喪失している

mangeshkumbhar / Pixabay

和田真一郎は、早稲田大学でスーパーフリーの代表になる前に、中央大学で交際していた女性に対して童貞を喪失していました。

10年近く早稲田大学の学生だった?

Free-Photos / Pixabay

和田真一郎は1994年に早稲田大学野政経学部に合格して入学しましたが、実は2001年に授業料が未払いの為退学処分となっています。

しかし、再び和田真一郎は早稲田大学を受験し、第二文学部に合格して入学しています。その後逮捕されるまで、10年近く早稲田大学の学生でした。

大学に残れば残るほどスーパーフリーのメンバーとの歳の差も離れていき、それが和田真一郎の権力をさらに強めていきました。

事件発覚後の2003年7月1日付けで退学処分になっている

Foundry / Pixabay

事件発覚を受け、早稲田大学文学部教授会は代表の和田真一郎を、2003年7月1日付で退学処分としました。

他にも、政治経済学部、教育学部も2003年7月8日付けで逮捕となった幹部らを退学処分としました。

和田真一郎とスーパーフリーの出会いは?

Free-Photos / Pixabay

和田真一郎がスーパーフリーのことを知ったのは、スーパーフリーに所属していた先輩に声を掛けられたことがきっかけでした。

大学では遊びたいと思っていた和田真一郎にとってイベントサークルは理想の場であり、入ることになりました。

その後早稲田大学2年生になった和田真一郎は、スーパーフリーの15代代表となりました。

1年で100人やったと自慢していたことも

EliasSch / Pixabay

スーパーフリーで代表をしていた和田真一郎は、犯行に全く罪悪感も感じておらず、1年で100人やった、1ヶ月に20人やったと周囲に自慢していたそうです。

事件当時和田真一郎の年収は1000万円以上もあった?

geralt / Pixabay

スーパーフリーはイベントのチケットだけで月に70万円を超える稼ぎがあり、代表の和田真一郎には1000万以上の年収があったと言われています。

しかし、その反面月に30万円もの債務も抱えていました。

様々なメディアにも出演していた

stevepb / Pixabay

事件が発覚するまでのスーパーフリーは非常に有名なサークルで、代表の和田真一郎はまるで芸能人のように様々なメディアに出演していました。

2003年に刑務所に入り2018年6月に出所

Ichigo121212 / Pixabay

和田真一郎は2003年にスーパーフリー事件で逮捕され、刑務所に入りました。その後、2018年6月に出所していあmす。

拘置所では他の被収監者たちと文通していた?

Free-Photos / Pixabay

東京拘置所に収監されていた和田真一郎は、暇を持て余し他の被収監者と文通をしていました。

その内容の一部が週刊誌に報道され、「地雷を踏んだだけ」「アフターフォローを怠ったことが致命的だった」などと語っていました。

和田信一郎以外のメンバーは?有名人・マスコミも関与していた?

Free-Photos / Pixabay

スーパーフリー事件では、和田真一郎以外にも14人の幹部が逮捕され、その他にもたくさんの人が事件に関与したと考えられています。

有名人やマスコミの中にも、スーパーフリーに関係があったのではないかと噂されている人もいます。

沼崎敏行・小林潤一郎・若松直樹(早稲田大学)

StockSnap / Pixabay

スーパーフリー事件で逮捕された早稲田大学生の幹部は、和田真一郎を除いて沼田敏行、小林潤一郎、若松直樹の3人でした。

早稲田大学以外の学生も関与

nikolayhg / Pixabay

スーパーフリー事件で逮捕された幹部の中には、他大学の学生も多くいました。

逮捕されたのは、法政大学の吉野豪洋、日本大学の藤村翔、産能大学の小泉創一朗、東京大学の高山知幸、駒澤大学の小林大輔、慶應義塾大学の岸本英之、明治大学の宇田篤史、フリーターの関本雄貴でした。

中には出所して家庭を持っているメンバーも

驚くことに、逮捕されたメンバーは、和田真一郎以外は就職していたり、中には家庭を持っている者もいて、ごく普通に性格しているようです。

ギャルズの女性スタッフたちも誰1人逮捕されず、事件に関与していたメンバーも逮捕されていない人たちは何事もなかったように生活しているのでしょう。

亀井京子や本田棚子が関係しているといわれる理由や根拠はあるのか?

元フジテレビアナウンサーの本田棚子や元テレビ東京のアナウンサーで現在フリーで活動している亀井京子も、スーパーフリー事件に関与していたのではないかと噂されています。

亀井京子は、当時「cancan」で読者モデルをしており、スーパーフリーのホームページに顔と名前が記載されていました。また、雑誌内でもスーパーフリーを紹介しています。

本田棚子については、スーパーフリーに関わっていたという根拠は全くないため、関係があったのかもわかっていません。なぜスーパーフリーに関与していると噂されているのかも、謎のままです。

スーフリギャルズたちは1人も検挙されず

StockSnap / Pixabay

スパーフリーには、ギャルズという女性メンバーもいて、事件に関与している可能性も大いにありました。しかし、事件発覚後ギャルズのメンバーは誰一人検挙されていません。

スーパーフリーのホームページに顔写真付きで名前が掲載されていた有名人もいたのに対し、少し不自然です。

元プロ野球選手・大越基とスーフリの関係性は?

福岡ダイエーホークスに所属していた元プロ野球選手の大越基も、早稲田大学の出身で、宇s-パーフリーに在籍していたことがあります。

1991年には甲子園優勝投手でしたが、スーパーフリーに入会したことで、早稲田大学の野球部を退学することになったと言われています。

しかし、大越基がスーパーフリーに在籍していたのは活動が停滞していた時期で、和田真一郎が入学する以前です。そのため、スーパーフリー事件の活動に関わっていた可能性は、きわめて低いでしょう。

マスコミや芸能界とも繋がりがあった?

Pexels / Pixabay

スーパーフリーの活動は非常に大規模で全国展開も行っており、イベントの売り上げは1000万円、年商は1億を超えていたそうです。

学生ができることの範囲を大きく超えているため、その背景には広告代理店や芸能関係者のサポートがあったと考えられます。

また、スーパーフリーのメンバーの中には大手広告代理店や有名な企業に就職している人もいるため、女性で接待をしていたのではないかとも言われています。

嫁がスーパーフリーの元メンバーだったという書き込みも

ネットにはスーパーフリーの元メンバーだった女性と、何も知らずに結婚し、結婚後発覚したという男性の書き込みがありました。

嫁がスーパーフリーのメンバーだったらしい…。
それが分かった途端に凍り付くほどに冷めた…。

今まで凄く愛してたし、お互い上手くいってたのに、
その話を聞いた途端に全部冷めた…。

今は口を利くのも忌々しいし、嫁も戸惑ってるのが分かるんだけど、理由が言いにくくて、別に怒ってないとしか言えない自分ももどかしい

どうしたらいいだろう?

被害者なら悲しい過去としてフォローできるし、
支える覚悟もあるんだけど、
誘導役とかやってて、逮捕はなかったけど
任意同行とかされた過去があったみたい。

(引用:2ちゃんねる)

スーパーフリーの組織の実態とは?

TeroVesalainen / Pixabay

今回輪姦を起こしたスーパーフリーですが、最初から強姦、輪姦が行われていたわけではありませんでした。

早稲田大学が公認していたこともあったことから、立ち上げ当初はしっかりとした活動を行っていたものだと思われます。

しかし、「性風俗研究会」という名目で作られたため、少し怪しいところではあります。

歴史は長い?元は「性風俗研究会」という名目だった

StockSnap / Pixabay

スーパーフリーが立ち上げられたのは、「性風俗研究会」という名目でした。もともと早稲田大学野サークル活動には怪しい団体も多く、サークル紹介の冊子にもそのようなサークルの掲載が多かったようです。

怪しげなサークルは公認されていませんでしたが、スーパーフリーは早稲田大学公認のサークルだったため、立ち上げ当時は犯罪行為は行っていなかったと考えられます。

また、一時期にはサークル活動が停滞していたこともあり、和田真一郎が現れるまではイベントも行っていなかったようです。

明治大学「クライス」と繋がりがあった?

geralt / Pixabay

明治大学の「クライス」というテニスサークルもヤリサーとして有名ですが、スーパーフリーはこのクライスとも繋がっていたのではないかといわれています。

一説には、クライスの幹部から「スーパーフリーも女を泥酔させて輪姦したらいいじゃないですか」という発言があったそうです。

サークル内には階級が存在し上下関係が厳しかった

SJJP / Pixabay

スーパーフリーのサークル内には「ボーイズ」と呼ばれる3軍、2軍、1軍と階級に分かれており、ボーイズは1軍や2軍の部下とされていました。

上の者は上司と呼ばれ、上下関係が厳しかったようです。

「鬼畜班」「和み班」といった役割分担も

rawpixel / Pixabay

サークル内には鬼畜班、和み班という役割分担があり、和み班が女性を和ませ警戒心を解き、鬼畜班が女性に輪姦をしていたそうです。

輪姦後はまた和み班が女性を慰め、犯行が明るみに出ないようにしていました。

女性スタッフ「ギャルズ」の役割は?

Free-Photos / Pixabay

女性スタッフギャルズの役割は、大きく分けて3つありました。1つは、女性たちをイベントに勧誘する役割でした。同性から声を掛けられると、女性たちも安心したようです。

2つめは、女性を男性幹部に献上する役割です。友人と一緒にイベントに参加した女性を、友人を引き離すこともあったようです。

3つ目は、強姦後の被害女性を慰め、外部に反犯行が漏れないようにする役割です。400人以上いるといわれている犯行の内3件しか立件されなかったのは、ギャルズの働きだといってもいいでしょう。

開催したパーティーでは相当設けていた?

MichaelWuensch / Pixabay

スーパーフリーが開催したパーティーは、1000人規模の場合は1回で80~100万円ほど儲けており、和田真一郎はこの儲けを学費や生活費に充てていたようです。

NEXT:スーパーフリー事件の被害者と事件のその後は?
2/4