梁山泊の今現在!【最新情報】元最強パチプロ集団の足取りを調査!エンタメ

梁山泊の今現在!【最新情報】元最強パチプロ集団の足取りを調査!

パチプロ集団の梁山泊は、春一番などの機種で全国を制覇し、1日に350万円、半年で2億円稼いだといわれていますが、多くの事件も発生しています。また、梁山泊の元メンバーの多くは、現在では消息が不明です。今回はそんなパチプロ集団の梁山泊を紹介します。

目次

[表示]

パチンコプロ集団「梁山泊」とは?

伝説のパチンコプロ集団「梁山泊」は、1990年代に全国をまたにかけ、16名の集団により半年で2億円程稼いだといわれています。

1994年当時は連チャン機全盛時代で、彼らは西陣の「春一番」という機種などで全国を制覇して歩いていました。そんな梁山泊について紹介していきます。

1990年代に活躍したパチプロ集団「梁山泊」

梁山泊は1990年代に活躍していた伝説のパチプロ集団で、その活躍は日本中に知れ渡り、映画や漫画にもなりました。

特に1994年頃のパチンコ機「春一番」などの攻略で、半年に2億円を荒稼ぎしていたことで有名です。

「梁山泊」とはどんな意味?

梁山泊とは、主に1990年代に活動していたパチプロ集団の名前です。梁山泊は中国の山東省の南東にあった水滸伝に記された場所で、豪傑や野心家が集まる場所のことを指すようになりました。

梁山泊は、関係者の間では大阪梁山泊といわれていたようで、当時は単なる便乗攻略販売会社だったと関係者は明かしています。

梁山泊の最後の攻略機種は「アレンジマン」で、その後は一部のメンバーが「モンスターハウス」などの攻略をしていたようです。

たった1日で350万円、半年で計2億円を稼いだ

Maklay62 / Pixabay

1996年当時、国民的娯楽と呼ばれたパチンコは、日本中に約1800店、3000万人が遊んでいました。年間に動いたお金は30兆円にも上り、「CR黄門ちゃま」でファンが拡大していました。

そんな年の2年前、1994年の春にパチンコ梁山泊の16名が、1日に78万発を出していました。当時は連チャン機全盛時代で、彼らは西陣の「春一番」などで全国を制覇して歩いていました。

梁山泊のパチプロ集団は漫画になり、ビデオにもなっていました。彼らは全国をまたにかけ、16人での1日の稼ぎは350万円、半年で2億円を稼いだといわれています。そんな彼らの噂は全国に広がりました。

梁山泊は紹介動画も話題に

梁山泊については、紹介動画が現在も話題になっているようです。視聴した人からは、パチプロって本当に存在したんだ!伝説的!というような声が上がっていました。

梁山泊は当時パチンコをしていなかった人でも名前は知っているというようなすごい集団だったようです。

https://www.youtube.com/watch?v=N8nHAwtvOuk

赤井英和に関する記事はこちら

【最新情報】梁山泊元メンバーの今現在を徹底調査!

Free-Photos / Pixabay

1990年代に活躍していた梁山泊の元メンバーは、現在は何をしているのか気になりますが、最新情報の元梁山泊のその後を追ってみました。

「リーダーK氏」は廃棄物処理会社の社長に

grafic-vision / Pixabay

梁山泊のリーダーだったK氏という人物は現在何をしているのかを調べると、パチンコ台の廃棄物処理会社の社長をしていたというのが、最後の情報です。

梁山泊のリーダーだったK氏は現在何をしているのかは、分かっていないというのが現状です。また、当時の梁山泊のメンバーは、当時の活動はしていないようです。

2019年9月、リーダーKがインタビューに応じた!?

Tumisu / Pixabay

そんな中、2019年9月、リーダーK氏がインタビューに応じたという記事が話題になりました!梁山泊が一世を風靡してから25年もの時が経過しています。

リーダーK氏がインタビューで語ったこととはなんだったのでしょうか?

リーダーKはカジノ攻略を狙っている!

Pexels / Pixabay

リーダーK氏の現在は、なんとカジノ攻略を狙って準備をしているそうです。数年後に、日本でカジノが解禁されるということで話題になっていますよね。

リーダーKさんはパチンコの知識と経験を生かし、世界BIG2のカジノ都市であるラスベガスやマカオで活動する「グローバルファミリー」という集団のメンバーと協力するそうです。

リーダーKは梁山泊関連の詐欺が悔しかった?

StockSnap / Pixabay

後にご紹介しますが、梁山泊に関しては名前を使う権利を譲った先が詐欺グループだったというようなことが相次ぎました。

これまでの騒動に歯がゆい思いと深い反省を感じていたというリーダーKさんは、もう一度梁山泊の名前でカジノ攻略に挑みたいと思っているそうです。

「浪花の哲」は大阪でラーメン屋を経営

vardansevan / Pixabay

梁山泊で「浪花の哲」と呼ばれていた人物は、現在は大阪でラーメン屋を経営しています。お店は大阪箕面の「台湾ラーメン徹」で、現在は「台湾らーめんG」というお店のようです。

週末は行列ができるほど人気があるそうです。ラーメンブログなどで検索すると出てくるお店だということです。

「浪速の哲」は、婚約してくれた彼女のために、ラーメン屋の道を選んだといいます。ゼロからのスタートで自分自身に賭けてみたいと思ったそうです。

「爆裂王大野」の現在は消息不明?

danymena88 / Pixabay

「爆裂王大野」は梁山泊の古いメンバーで、台に向かった時の爆裂的な腕前からこう呼ばれるようになったそうですが、現在の消息は、残念ながら分かっていません。

昔、父親とパチンコに行っては、父が負けてばかりいたから、何か攻略はないかと考えるようになったといいます。

梁山泊の元メンバーの多くは、全盛期にこんなことはいつまでも続けられないと言っていたそうですから、「爆裂王大野」も、現在は全く別の道を歩んでいるのではないでしょうか。

「サブリーダーM氏」の現在

pixel2013 / Pixabay

「サブリーダーM氏」は、梁山泊時代はマンションの一室でメンバーからの報告を待っていました。当時のメンバーは二人一組で行動し、平日の午後7時までで、1日に10万円までと決めて稼いでいたといいます。

梁山泊のサブリーダーのM氏の現在も、何をしているのか詳細は分かっていません。

「マリボの松ちゃん」の現在

Tumisu / Pixabay

当時の若手メンバーのひとりに「マリボの松ちゃん」がいました。彼は週刊誌で梁山泊のことを知ってリーダーに何度も電話し、その熱意によってメンバーとなっています。

「マリボの松ちゃん」は、稼いだ金は飲み食いに使っていましたが、身内の病気もあってお金が必要だったようです。

1日に稼ぐのは10万円で、できれば20万とか行きたいけど決まり事で仕方がなかったと当時は語っていました。そんな「マリボの松ちゃん」も、現在は何をしているのか分かっていません。

「大阪のタカ」の現在

MasashiWakui / Pixabay

「大阪のタカ」は、リーダーの男気に惹かれた初期メンバーで、腕のよかった大工職から梁山泊に入っています。

パチンコの腕もよく、宵越しの金は持たないタイプで行きつけの店は多く、祇園の一流クラブでその日の稼ぎの半分を使っていたそうです。

しかし、そんな「大阪のタカ」も現在の消息は分かっていません。

パチプロ集団の梁山泊は現在、活動していない

qimono / Pixabay

パチプロ集団だった梁山泊は、現在ではその活動をしておらず、それぞれが別の道を歩んでいるようですが、メンバーの多くはその後の消息が不明です。

梁山泊の名を語った詐欺が横行している

geralt / Pixabay

梁山泊が活動しなくなってからも、梁山泊の名前を使った詐欺が横行していました。たとえば、詐欺とは知らず、パチンコ梁山泊花和尚という攻略法に2万円振り込んで、だまし取られたという人もいました。

https://career-find.jp/archives/139635

梁山泊の伝説的エピソードとは?強さの秘密は?

Vladvictoria / Pixabay

梁山泊の現在についてご紹介しましたが、続いては梁山泊の伝説的エピソードと強さの秘密について、ご紹介していきたいと思います。

勝ちすぎて「梁山泊対策マニュアル」が作成されるほどだった

maciej326 / Pixabay

梁山泊の春一番の攻略は、体感器を使っていましたが、当時はまだ体感器が合法だったため、パチンコ店側も見逃すしかなかったようです。

しかし、梁山泊対策としてこの頃から「変則打ち禁止」や「体感器禁止」といった張り紙が増えてきていました。

梁山泊が勝ちすぎていたため、大阪のパチンコ組合が弁護士を集めて「梁山泊対策マニュアル」も作成されたほどです。

梁山泊は勝ちすぎて逮捕されることも?

WikimediaImages / Pixabay

また梁山泊はあまりに勝ちすぎていたため、逮捕されてしまうこともあったそうです。とはいえ、先にご紹介したとおり、梁山泊の手法は違法ではありませんでした。

どうして逮捕につながってしまったのかというと、パチンコのホール側が梁山泊の勝ちを阻止するために手首を掴んだり、パチンコ台の電源切りをしたりするようなことがあったそうです。

梁山泊と言い争いになったら自らパチンコ台の盤面ガラスを割って手を切るよう従業員が指示されていたこともあったそうです。

RyanMcGuire / Pixabay

障害の現行犯で逮捕されてしまい、その時には店内の防犯カメラを確認してもらい無罪放免となったものの、ホール側と警察官が結託して逮捕しようとしていたことも良くあったそうです。

そのため、違法なことをしていなくても言い争いになった時に「脅迫罪だ!」ということで本当に逮捕されてしまったこともあったそうです。

梁山泊の強さの秘密はキャッツとのパイプ?

geralt / Pixabay

なぜ梁山泊がこれまでに勝ち続けることができたのかということですが、まず「春一番」が長期間稼働し続けたということもあるようです。

一方で、日本一ともよばれていた攻略会社「キャッツ」と梁山泊には太いパイプがあったというのも大きな理由であるようです。

「キャッツ」はコンピューター解析で独自の攻略法を編み出し、その情報を会員に販売しており、次々に新台が登場した際、攻略法をキャッツの解析により得ることができていたということでした。

【動画あり】梁山泊の密着取材・手法映像

MashiroMomo / Pixabay

梁山泊が活躍していた当時の密着取材の様子を、youtubeなどで見ることができます。そんな密着取材の様子を紹介します。

梁山泊メンバーの密着取材動画

https://www.youtube.com/watch?v=ZrAGKEIu2II

この映像は1996年のものですが、当時はパチンコ店が全国に1万8千店、遊戯人口は3000万人だったそうです。

そんな中で、2年前のパチプロ集団である、伝説の梁山泊の180日を追っています。

浪花の哲が明かす攻略法「ランプ打法」

https://www.youtube.com/watch?time_continue=599&v=NeN3gOfc26I

素人でも攻略可能だったといわれる、梁山泊の「浪花の哲」が明かす攻略法「ランプ打法」を公開しています。これは「春一番」という機種の大当たり中に連チャンモードにさせるテクニックでした。

逮捕者続出?梁山泊が関係している事件3選

geralt / Pixabay

梁山泊が関係している事件が過去に発生し、逮捕者もでていますが、そんな事件についてまとめてみました。

梁山泊が関係している事件①証券取引法違反「アイシーエフ事件」

geralt / Pixabay

証券取引法違反「アイシーエフ事件」とは、投資会社アイ・シー・エフ(現オーベン)が梁山泊関連会社を買収することを発表した時に、梁山泊関連会社の価値が8億円あると虚偽の情報を公開しました。

2004年12月のこの事件は、正常な企業買収を行ったように装い、梁山泊関連会社がICFの2365株を入手したうえ売却し、約5億8000万円の利益を得ていたという事件です。

この事件では、梁山泊経営者、ICF社長、ICF役員とICFが証券取引法違反のため起訴され、アイ・シー・エフの最高顧問である榎本大輔は、8億円の株を受け取ったとして、家宅捜索されています。

梁山泊が関係している事件②株式市場を不正に操作「ビーマップ事件」

3844328 / Pixabay

梁山泊はパチンコ攻略法販売以外にも、株式市場などの仕手戦としても注目されていました。

2007年2月14日には大阪市の情報通信会社ビーマップ株の取引きで、株価の不正操作の疑いで、警察と証券取引等監視委員会の捜査が入っています。

同年3月7日に、大阪府警察は経営者や投資顧問役員を証券取引法違反の容疑で逮捕しています。彼らはインターネットにより、「馴れあい売買」や市場の株価以上の買い注文を出す手口を繰り返していました。

梁山泊が関係している事件③9億円以上の所得を隠した「脱税事件」

Alexas_Fotos / Pixabay

梁山泊関連会社2社は、9億円以上の所得を申告せず、2億8300万円を脱税した事件がありました。

この事件では、経営者と幹部の3人が逮捕されていますが、幹部2人は起訴猶予となり、経営者と2法人に対して法人税法違反で起訴されています。

梁山泊はヤラセだったのか?

Pexels / Pixabay

梁山泊が使っていた手法はゴト行為などの違法な手法ではなく、正当なパチンコ攻略法でしたが、彼らがあまりにも稼ぎすぎたため、パチンコ組合から目を付けられるようになりました。

NEXT:ヤラセではなく正当な攻略法で勝負していた
1/2