1978年生まれの芸能人、有名人を紹介!2019年の運勢は? 芸能人

1978年生まれの芸能人、有名人を紹介!2019年の運勢は?

芸能人、有名人の中には、1978年生まれの方がとても多いようです。1978年生まれの人たちは、2019年に何歳になるのでしょうか?そして、男の人たちは厄年を迎える年齢のようですが、厄年とはどんな特徴がある年のことを言うのでしょうか?

目次

[表示]

1978年生まれは、現在何歳?干支は何?

geralt / Pixabay

1978年生まれという事は、干支は何になり、そして2019年で何歳になるのでしょうか?また、その特徴にはどういったものがあるのでしょうか?

1978生まれは昭和何年生まれ?今何歳?

「ザ・ベストテン」や、「24時間テレビ」の放送が始まり、サザンオールスターズが、「勝手にシンドバッド」でメジャーデビューしたのが、1978年です。

1978年は元号で言うと、”昭和53年”で、この年に生まれた人たちは、2019年で41歳になります。

1978年生まれの干支や厄年は?

minadori / Pixabay

1978年の干支は、午年(うまどし)です。そして、1978年生まれの男性は、2019年が厄年で、しかも本厄の年に当たります。

厄年というと、色々なトラブルが起こりやすいため、あまり表立った行動は控える方がいいとされています。2019年は、勝負事を控え、体調に気を付けて落ち着いた行動をするのがいいようです。

女性は、30代は厄年続きですが、40歳になってしまえば次の厄年は60歳なので、しばらくは大丈夫なようです。

1978年生まれの人は何年に小学校・中学校・高校・大学を入学、卒業した?

paseidon / Pixabay

1978年生まれの人たちが、学校に入学、卒業した年をまとめます。

ただ、4/2~12/31生まれの人とそれ以前の人で変わるので、4/2~12/31生まれの人を基準にまとめています。(早生まれの人はそれぞれ1年前です。)

  • 【1/1~4/1生まれの人】
  • 小学校入ー1985年(昭和60年)
  • 小学校卒業、中学校入学ー1991年(平成3年)
  • 中学校卒業、高校入学ー1994年(平成6年)
  • 高校卒業、大学入学ー1997年(平成9年)
  • 大学卒業ー2001年(平成13年) ※4年生大学の場合

矢田亜希子さんと押尾学さんに関する記事はこちらから

1978年生まれの芸能人、有名人を紹介【女優編】

StockSnap / Pixabay

1978年生まれの女優さんには誰がいるでしょうか?2019年で41歳になるということで、そろそろ母親役なども演じている女優さんたちでしょうか。

①ドラマ「先生のお気に入り」に出演している小田茜

小田茜さんは1978年11月6日生まれです。小田さんは、1990年に第4回全日本国民的美少女コンテストで、グランプリを受賞していますが、小田さんは、この時まだ小学生でした。

グランプリ受賞の翌年、1991年には、陣内孝則さん主演のドラマ「先生のお気に入り」に、生徒役で出演しています。この時小田さんはまだ中学一年生でしたが、その大人びた顔だちで高校2年生の役を演じました。

その後、歌手デビューを果たし、ドラマの主役も務めましたが、結婚、出産を経て2009年からはテレビには出ていないようです。

②マクドナルドのCMで大ブレイクした遠藤久美子

遠藤久美子さんは、1978年4月8日生まれです。アルバイトをしている時にスカウトされ芸能界入りしています。そして、遠藤さんが一躍有名になったのは1995年から放送されたマクドナルドのCMです。

女優としてもドラマやCMで活躍する中、バラエティ番組にもレギュラー出演するなど幅広い活躍をし、1998年には歌手デビューをし、2009年にはバンドも組んでいます。(遠藤さんはボーカル担当)

2016年には、映画監督の横尾初喜さんと結婚し、2017年2月には男の子が生まれています。2019年では、ドラマ「法医学教室の事件ファイル」や、映画「こはく」などに出演しています。

③「BAD GUY BEACH」で映画デビューした麻生久美子

麻生久美子さんは1978年6月17日生まれです。1995年に、第6回全国女子高生制服コレクションでグランプリを受賞し、その年の「BAD GUY BEACH」で映画デビューしています。

もともと麻生さんはアイドル歌手志望で、女優には興味がなかったそうですが、1998年公開の映画「カンゾー先生」のオーディションに合格し出演、その映画で、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞しています。

2007年にはドラマの役名で歌手デビューし、同じ年の12月に結婚、2012年5月には女の子を、2016年6月には第2子を出産しています。また、2019年の大河ドラマ「いだてん」にも出演しています。

④最近はタレントとしても出演している長谷川京子

長谷川京子さんは1978年7月22日生まれです。長谷川さんは1997年にモデル活動を開始し、雑誌”Can Cam”の表紙を飾るなど活躍後、2000年にはドラマ「らぶ・ちゃっと」で女優デビューしました。

2004年には10社のCMに出演し”CM女王”と呼ばれました。2008年には”ポルノグラフィティ”のギタリストである新藤晴一さんと結婚しています。

2009年に男の子を、2012年には第2子を出産しています。2019年1月からの「グータンヌーボ2」では、長谷川さんにとって初挑戦となる、トーク番組の司会を務めています。

⑤女優、そして作詞家としても活動している釈由美子

釈由美子さんは1978年6月12日生まれです。釈さんは、短大に在学中の1997年に、「週刊ヤングマガジン」という雑誌の、Missキャンパスでグランプリを獲得し、芸能界入りをしました。

1999年に「ツインズな探偵」でドラマデビュー、2001年には、映画「修羅雪姫」で映画初主演を務めました。さらに2001年5月には、自身が作詞をした「ドラマティックに恋をして」をリリースしています。

2015年10月には、レストランを経営している実業家の方と結婚し、2016年6月12日に男の子を出産しました。偶然にも釈さんと息子さんは同じ誕生日です。

⑥二ューカレドニア観光親善大使にも就任している田丸麻紀

田丸麻紀さんは1978年9月4日生まれです。15歳で雑誌「mc Sister」の専属モデルとしてデビュー後、2003年10月から放送された、「帰ってきたロッカーのハナコさん」で女優デビューしました。

その後は、女優としてだけではなく、バラエティ番組の司会なども務めています。田丸さんはお笑いファンとしても知られており、同じ事務所のお笑い芸人らが飲み仲間でもあるといいます。

2012年の田丸さんの誕生日に一般男性と結婚し、2014年、2018年にそれぞれ男の子を出産しています。2015年には、ニューカレドニアの観光親善大使に就任しています。

⑦白い巨塔などにも出演している矢田 亜希子

矢田亜希子さんは1978年12月23日生まれです。中学2年生の時に原宿でスカウトされ芸能界入り、1995年に「愛していると言ってくれ」で女優デビュー、その後、ドラマや映画でも主役を務めました。

2003年10月から放送された、唐沢寿明さん主演の「白い巨塔」では、東貞藏の娘役を演じています。2006年に元俳優の押尾学さんと結婚し、男の子が誕生していますが、2009年に離婚しています。

2019年は、「トレース~科捜研の男~」や、「デジタル・タトゥー」などに出演しています。

⑧とくダネなどキャスターとしても活躍した菊川怜

菊川怜さんは1978年2月28日生まれです。菊川さんは、東京大学に在学中であった1997年に、新宿でスカウトされ芸能界入り、1998年にモデルデビュー後、雑誌「Ray」の専属モデルとして活躍しました。

1999年には、ドラマ「危険な関係」で女優デビューし、その後は、教養番組やバラエティ番組など幅広い活躍をみせ、2002年10月からは、「真相報道バンキシャ」のキャスターを7年間務めました。

2012年からは、朝の報道番組「とくダネ」の司会者に抜擢されましたが、2017年の9月に卒業しています。2017年4月には、番組内で一般男性との結婚を発表し、2019年4月に第1子が誕生しました。

⑨歌手としても活動している小西真奈美

小西真奈美さんは1978年10月27日生まれです。小西さんは、1997年、大手のモデルエージェンシーが主催する”エリートモデルルック”という世界規模のコンテストの日本代表に選ばれました。

そして、雑誌モデルとして活動後、1997年に”北区つかこうへい劇団”に入団し、1998年に「寝取られ宗介’98」で女優デビューしました。その後も、バラエティ番組やCMなど幅広く活躍しています。

2008年には、映画の役名で主題歌を歌い歌手デビューし、2017年の9月には「I miss you」でシンガーソングライターとしてインディーズデビュー、2018年にはメジャーデビューもしています。

⑩白線流しにも出演している酒井美紀

酒井美紀さんは1978年2月21日生まれです。静岡県出身の酒井さんは、1991年4月から、静岡第一テレビの「JanJanサタデー」というバラエティ番組のアシスタントを務めていました。

その後1993年4月に「永遠に好きと言えない」で歌手デビュー、1995年にはドラマ「東京的聖誕祭」で女優デビューしています。1996年からスタートし、大ヒットしたドラマ「白線流し」にも出演しています。

2008年10月にお医者さんと結婚し、2010年3月には男の子が誕生しています。2019年には、映画「4月の君、スピカ。」や、ドラマ「坂の途中の家」などに出演しています。

⑪夫は長野博の白石美帆

白石美帆さんは1978年生まれです。白石さんは、短大に在学中渋谷でのスカウトをきっかけに芸能界入りしています。2000年に「惑星ビュービュー」という深夜番組でアシスタントととして出演しています。

その後はグラビア活動などを行いながら、人気の生放送深夜番組「ワンダフル」のMCを務め、2002年には、映画「白い船」で女優デビューしています。

その後スポーツ番組のメインキャスターを務めたり、多くのドラマに出演しています。2016年11月には、V6の長野博さんと結婚し、2018年5月には男の子が誕生しています。

1978年生まれの芸能人、有名人を紹介【俳優編】

kapodistriasg / Pixabay

続いて1978年生まれの芸能人、俳優編です。男性も実力者揃いです。

①未来戦隊タイムレンジャーに出演している永井大

永井大さんは1978年5月20日生まれです。永井さんは、2000年に「未来戦隊タイムレンジャー」で主役として俳優デビューしていますが、学業に専念するため一度俳優活動を休止しています。

そして、大学を卒業後、2002年に活動を再開します。その後多くのテレビドラマなどに出演するとともに、その鍛えられた肉体を生かし、「スポーツマンNo.1決定戦」などにも出演しています。

2014年12月には、女優の中越典子さんと結婚し、2017年5月には男の子が、2018年11月には女の子が誕生しています。

②父親が小泉元総理の小泉孝太郎

小泉孝太郎さんは1978年7月10日生まれです。小泉さんのお父さんは言わずと知れた、元総理大臣の小泉純一郎さん、弟の小泉進次郎さんも政治家です。

小泉さんは2000年に「21世紀の石原裕次郎を捜せ」というオーディションを受けましたが、身長が足りずに落選、しかし、お父さんが総理大臣となった2001年に多くの事務所から声がかかり芸能界入りしました。

2002年にドラマ「初体験」で俳優デビューし、その後は多くのドラマやCM、テレビ番組などに出演しています。2019年は、ドラマ「グッドワイフ」や、「ハズキルーペ」のCMなどに出演しています。

➂俳優や歌手として活動していた押尾学

押尾学さんは1978年5月6日生まれです。押尾さんは1998年に、ドラマ「愛、ときどき嘘」で俳優デビュー後、多くのドラマに出演しています。

また、俳優業の傍らロックバンド「LIV(リブ)」のリーダーとボーカルを担当し、シングルやアルバムを発売しています。2006年11月に女優の矢田亜希子さんと結婚し、翌年には男の子が生まれています。

しかし、2009年8月に、麻薬取締法違反で逮捕され懲役刑となっています。事件直後、矢田さんとは離婚しています。

➃芸能活動を一時期休止していたが復活した吉沢悠

吉沢悠さんは1978年8月30日生まれです。1997年に「夢カラオケオーディション」で準グランプリを受賞し、芸能界入りをしています。

1998年のドラマ「青の時代」に出演後多くのドラマ、映画、舞台に出演しています。2005年に、一度芸能活動を休止していますが、2006年6月に活動を再開しています。

2013年3月にモデルで女優の桐山マキさんと結婚し、2019年は、ドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」や、映画「ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave」などに出演しています。

⑤龍が如くの堂島大吾役でも知られている徳重聡

徳重聡さんは1978年7月28日生まれです。徳重さんは、2000年8月に「21世紀の石原裕次郎を捜せ」オーディションで、5万名を超える応募の中からグランプリに輝き芸能界デビューをしました。

ドラマ「弟」では、実際に若き日の石原裕次郎さんを演じています。2015年2月に高校時代の同級生と結婚し、2016年5月には女の子が生まれています。

2005年にセガから発売された「龍が如く」というゲームでは、堂島大吾という主要キャラクターの声優を務めています。2019年は、ドラマ「トレース~科捜研の男~」などに出演しています。

⑥プロデュース活動も行っている柏原収史

柏原収史(しゅうじ)さんは1978年12月23日生まれです。柏原さんは、1993年、実兄である柏原崇さんの「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の応援に来ていた所をスカウトされて芸能界入りしました。

この時お兄さんの柏原崇さんはコンテストでグランプリを獲得し、翌年俳優デビューをしていますが、柏原収史さんも同じ年に「人間・失格」で俳優デビューしています。

その後多くのドラマや映画に出演する傍ら、アーティストに楽曲を提供したり、劇伴音楽の制作、プロデュース活動なども行っています。

1978年生まれの芸能人、有名人を紹介【歌手編】

Pexels / Pixabay

次に、1978年生まれの芸能人、歌手編です。現在活躍している歌手の中でも、1978年生まれの人は非常に多いです。

①アルバム「A SUMMER BEST」が大ヒットした浜崎あゆみ

浜崎あゆみさんは1978年10月2日生まれです。地元福岡でのキッズモデルを経て、1993年にドラマ「ツインズ教師」で女優デビューしています。1994年には、現在の”浜崎あゆみ”に改名しました。

その後高校に通いながらドラマや映画に出演し、浜崎あゆみとして歌手デビューしたのは、1998年の「poker face」です。10枚目のシングル「A」で初のミリオンセラーを記録しています。

ベストアルバム「A SUMMER BEST」のリリースで、シングルとアルバムの総売り上げ枚数が5000万枚を突破しました。2011年と2014年に結婚していますが、いずれも離婚しています。

②独特な世界観が話題になる椎名林檎

椎名林檎さんは1978年11月25日生まれです。椎名さんは中学、高校時代から友達とバンドを組み、コピーばかりを演奏していたそうですが、徐々に自分でも曲を作るようになったといいます。

1996年には「MUSIC QUEST JAPAN 」という音楽コンテストに”椎名林檎”として出場し、「ここでキスして。」で優秀賞を受賞し、1998年5月に、シングル「幸福論」でデビューしました。

1999年にはファーストアルバムでミリオンヒットを記録し、その後も多くのシングル、アルバムを発売、また、他のアーティストへ楽曲提供もしています。2000年に結婚し、子供もいますが離婚しています。

③ドラマの主題歌や社会貢献などで話題になるMISIA

MISIAさんは1978年7月7日生まれです。教会のゴスペルで小さなころから音楽に親しんでいたというMISIAさんは、歌手になるため、色々なオーディションに応募していたようです。

1998年にシングル「つつみ込むように‥」でデビューし、2004年には女性ソロアーティストとして、日本で初めて5大ドームツアーの完全制覇を達成しました。

またMISIAさんは、2008年10月に、世界の子供の教育支援を目的とした”Child AFRICA(チャイルドアフリカ)”という非営利団体を立ち上げるなど、社会貢献の面でも話題になっています。

④CMに出演するなどタレントとしても活躍持田香織

持田香織さんは1978年3月24日生まれです。持田さんは子役として活動後、雑誌で公募されたアイドルグループ”黒BUTAオールスターズ”の2期メンバーとして芸能界入りしています。

このグループ名義で歌手ーデビューした後に、1993年「もう一度」でソロデビューしています。Every Little Thingとしてデビューしたのは1996年8月です。

2009年からはソロ活動も多い持田さんですが、トーク番組やCMにも数多く出演しています。2015年8月には一般男性と結婚しています。

NEXT:⑤妻は女優の北川景子で、歌手としても活躍のDAIGO
1/3