高知白バイ事件の真実は?内部告発で捏造発覚して冤罪?保険金詐欺?

2006年に発生した高知白バイ事件は、バスの運転手に過失があったとして既に刑の執行も終わっています。その後も真実は明らかにされないままで、再審請求での裁判官の対応や多数の内部告発からも冤罪の可能性は捨てきれません。もう一度、高知白バイ事件の真実に迫ってみます!

高知白バイ事故とは?事件の詳細について

2006年に起きた「高知白バイ事故」は、スクールバスと白バイの衝突事故で、バスの運転手が逮捕されましたが、冤罪ではないかと議論を呼び、いまだに真相が分からない未解決事件です。

2006年3月3日、高知県でスクールバスと白バイが衝突

この2006年の3月3日に起きた「高知白バイ衝突死事件」で、当時26歳だった高知県警の白バイ隊員が死亡しました。バスに衝突した白バイ隊員には、双子の赤ちゃんが生まれたばかりだったといいます。

事件は、遠足帰りの中学生22人と教師ら3人を乗せたスクールバスが、レストラン駐車場を出て大通りを横切って右折しようとした時に、国道56号線の中央分離帯付近で、走行中の白バイが衝突したというものです。

  • 場所:高知県吾川郡春野町
  • 日付:2006年(平成18年)3月3日
  • 概要:スクールバスと白バイの交通事故
  • 死亡者:高知県警察交通機動隊巡査長(白バイ隊員、殉職後二階級特進で警部補)
  • 対処:高知県警察がスクールバス運転手を逮捕。(業務上過失致死罪容疑)最高裁判所上告棄却、禁錮1年4か月

この事故により、バスを運転していた片岡晴彦元氏は、業務上過失致傷罪容疑で現行犯逮捕されました。理由は車道進入時に安全を怠ったとされています。

また、同日に重体となっていた警察官が死亡したことで、業務上過失致死罪容疑に切り替えられ、バスの運転士は起訴されました。

バスには20名以上の乗っており、事故を目撃した多数の乗客が「バスは停車していた」と証言しましたが、訴えは聞き入れられず、バスの運転手には「禁錮1年4か月の実刑判決」が言い渡されています。

白バイの巡査長は死亡、バス側に負傷者は出なかった

バスの運転手と乗客の生徒や教師にケガ等はありませんでしたが、白バイを運転していた高知県警の交通機動隊巡査長(当時26歳)が重体となり、のちに胸部の大動脈破裂により死亡(殉職)しました。

スクールバスの運転手は、片岡晴彦氏(当時52歳)で、バスに乗っていたのは遠足帰りの仁淀川町立仁淀川中学校3年生の生徒22人と教員3人でした。また、 殉職した巡査長は二階級特進して警部補となっています。

業務上過失傷害の疑いとしてスクールバスの運転手を現行犯逮捕

高知県警は、スクールバスの運転手を業務上過失傷害の疑いで現行犯逮捕しました。衝突の原因は運転手の「安全確認不十分のまま道路に進入」としています。

スクールバス運転手は逮捕・起訴されたが、起訴事実はないと無罪(冤罪)を主張

mary1826 / Pixabay

スクールバスを運転していた片岡晴彦氏は逮捕・起訴されましたが、バスは停止しており起訴事実はなく、証人も複数いるとして無罪(冤罪)を主張しました。

弁護士と一部メディアも、証拠捏造の可能性が高く自損事故と主張

mohamed_hassan / Pixabay

弁護士と一部のメディアによって交通事故鑑定人による検証実験が行われたり、目撃者の取材などを行った結果、 警察や検察側の主張には疑問視される部分が多々あるとされました。

特に注目されたのは、「バスは動いていて、急ブレーキをかけた」という証言で、証拠として提出されたはブレーキ痕」の画像は捏造された可能性が高いと主張しました。

また、当時現場周辺では違法な白バイの高速走行訓練が行われていたという情報もあり、これは自損事故であるとして無罪を主張しています。

高知県警は捏造や過失を否定した

geralt / Pixabay

高知県警はこの主張に対し高知県議会や記者会見などで、事件に関与する証拠の捏造や、白バイ側の過失を真っ向から否定しました。

2008年8月20日、禁錮1年4か月の刑が確定

1866946 / Pixabay

この両者の主張を受けて、「高知白バイ事件」の第1審が2007年6月に高知地方裁判所で行われましたが、一方的にバスを運転していた人間の過失が問われる結果となります。

運転手が主張する「十分な安全確認を行った」「事故当時バスは停止していた」という証言や、多くの目撃者による「バスが止まっていた」という事を裏付ける証言も信ぴょう性がないと判断されます。

結果として、事件は「スクールバスの運転手が十分な安全確認を怠った」として、バスの運転手に禁錮1年4ヶ月の実刑判決が下されました。

2008年8月20日・最高裁判所第二小法廷(今井功裁判長)

  • 判決 :本件上告を棄却する。
  • 理由 :刑事訴訟法405条の上告理由に当たらない。

(引用:wikipedia)

被告側はすぐに再審請求をしますが最高裁は上告を棄却し、2008年8月20日一審通り禁錮1年4か月の刑が確定しています。

被告側は、証拠となったスリップ写真には不自然な点が多く、捏造の疑いがある事を主張しました。

しかし、「大勢のマスコミと野次馬の中で、証拠を捏造する事は考えにくい」という理由から、被告側の訴えは退けれています。

元バス運転手は収監され服役、2010年2月23日に満期で出所した

craigclark / Pixabay

元バス運転手は2008年10月23日に高知地方検察庁に出頭し、高知刑務所で数週間の収監されたのち、11月から加古川刑務所(交通刑務所)に収監されます。

元運転手は身元引受人が居るにも関わらず仮釈放が認められなかったため、2010年2月23日に満期を迎えての出所となりました。

運転手は出所後も再審請求を行っている

Claimaccident / Pixabay

出所後も元運転手は再審請求を行っていますが、尽く却下されることになり、今も争いは続いています。

冤罪に関する記事はこちら

高知白バイ事件は冤罪?検察側と弁護側の主張と争点

geralt / Pixabay

高知白バイ事件は、冤罪を主張する被告側と、判決通りの一方的な運転手の過失が原因とする検察側の主張が反目する様相となり、裁判が繰り返されました。

現在も真相が究明されず、多くの議論を呼んでいる「高知白バイ事件」の主張の違いを見てみましょう。

検察側の主張

geralt / Pixabay

高知県警と検察側が主張しているのは、全面的な過失はスクールバスの運転手にあり、安全確認を怠ったために起きた事故だと言っています。

元運転手の安全確認の不十分を指摘

truthseeker08 / Pixabay

レストランの駐車場から道路に出たスクールバスは一旦停止は行ったが、運転車が安全確認不十分なままで道路に進入し、時速10キロで走行したと言っています。

その後、同速度で6.5メートル走行した地点で高知県警の白バイ1台を衝突後に跳ね飛ばし、運転していた高知県警巡査長と白バイを引きずり、2.9メートル進んだ地点で停車したと続けています。

この一旦停止後の『道路進入時の安全確認不十分』が、業務上の過失にあたると主張しました。

事故直前の白バイについて

また、事故直前の白バイについては、目撃者である対向車線を走行していた同僚の白バイ隊員の証言によって断定されています。

「白バイは時速50 – 60キロで走行中に動いているバスと衝突した」

(引用:wikipedia)

この証言から、衝突直前の白バイは時速60kmで通常走行中に衝突し、白バイは制限速度いっぱいの時速60km程度の速度であり、バスが停車していれば事故は無かったと主張しています。

急ブレーキの跡と白バイを引きずったことを主張

急ブレーキの跡は、バスが当時は動いていたことを示唆するとともに、バスが衝突後に白バイを引きずったことの証明にもなります。

「スクールバスの運転手が安全確認を怠り、低速で走行中に白バイと衝突。急ブレーキをかけて白バイを引きずった」

(引用:alpy)

また、スクールバスは、発進して6.5mを5秒で通過している事から、時速4.6km(※あくまで計算上であり時速5~10kmの間と推測)の速度で5秒走行した地点で急ブレーキをかけたと言っています。

そして、そのまま白バイを轢いたまま約2.9m先で停車しており、警察官を約3.6m前方に跳ね飛ばし転倒させて死亡させたと主張しました。

白バイが公道で高速走行訓練をしていたかどうか

この事故が起きた近辺では、白バイの違法な高速走行訓練が行われていたという証言があり、これも両者の争点となりました。

事故に遭う前に白バイの後ろを走行していた軽トラックの運転手が証言しています。

「突然白バイが加速して、もの凄いスピードで離れていった」

(引用:alpy)

もし、この証言が真実なら、やはり白バイの高速走行訓練中に起きたことで、警察が公道で高速走行訓練を行った事実を隠すために証拠をねつ造した可能性があると言われたからです。

これが立証されれば大きな問題となり、原因は白バイの運転ミスによるもので自損事故になります。そして違法な訓練中の事故は警察の重大な責任ともなるのです。

しかし警察は、白バイは緊急走行や追跡追尾訓練のために公道で法定速度を超えて走行することはない。高速で運転するのは速度違反を取り締まるために追跡するときだけだと言い切っています。

同僚の白バイによる目撃情報

以下は、対向車線を走行していた同僚の白バイ隊員の証言です。

同僚の白バイ隊員が約130m離れた交差点のバスと178m先の白バイを目視、交差点から約80m離れた場所で事故を目撃した。

(引用:wikipedi)

証言したのは、8年のベテラン隊員であり、バスは時速約10km、白バイは時速約60kmであると断定されました。

被告逮捕は正当と主張

mohamed_hassan / Pixabay

被告を現行犯逮捕したことについては、死亡事故である事と被害者が警察官である事からも、重大な事案と判断するのは正当なものであり、事故直後の対応は正しいものであったと主張しました。

弁護側の反論

geralt / Pixabay

対する被告側の反論では、スクールバスの運転手は、レストランの駐車場から道路に入る時には一旦停止して、十分に安全確認を行ってから道路に進入ているとしています。

その後も安全確認を行いながら中央分離帯付近まで進入して再び一旦停止をし、対向車の有無などの安全確認を行っている時に高知県警巡査長が運転する白バイが衝突してきたと主張しました。

この主張によると、衝突した時には「バスは停止していた」という事になっています。また「安全確認を充分に行っている」ということが、両者の相違であり大きな争点になります。

「レストランの駐車場から左右の安全をしっかりと確認してから国道に侵入した。中央分離帯付近で一旦停止させ、対向車の確認をしていたときにいきなり白バイが衝突してきた。」

(引用:alpy)

上記が、スクールバスの運転手の証言であり、バスは動いていなかったので、急ブレーキをかけることはないという事も言っており、「急ブレーキをかけた」とする検察側の主張とも異なります。

このように、両者の主張に大きな食い違いが見られ、事故後に本人から事情聴取も行われていないため事実の判定が難しくなっています。

どちらかが真実を語り、一方が嘘をついているか誤認しているという結論になります。

業務上の過失及び安全確認の不十分という事実はなし

業務上の過失は、「安全確認不十分のまま道路に進入」した事とされており、被告側の主張では「安全確認を充分に行っている」としていますから、過失はなかったという事になります。

業務上の注意義務を怠り、右方道路から進行してくる車両の有無及び安全確認が不十分のまま発進した事実はない。

(引用:wikipedia)

このような事実誤認であるから、現行犯逮捕されるのは違法であるとの主張です。

事故直前の白バイの速度は検察側の速度と相違

もう一つの相違は、同僚の白バイ隊員の証言により、事故に遭った白バイの直前までのスピードが断定されていますが、被告側の推定速度とは大きくかけ離れています。

被告側には、白バイの後方を走行していた軽トラックの運転手が証人となり、「白バイが100キロ近い速度まで加速し車間距離を広げていった」と証言しています。

また、先の白バイ隊員の証言は、約80メートルの距離から正確に事故を見ているかは極めて疑問であり、更に対向してくる白バイの速度を目測で判定するのも極めて困難だと反論しました。

白バイが公道で高速走行訓練をしていた可能性があると主張

裁判では、被告側の主張は信ぴょう性に欠けるとされ、逆に検察側の主張は体験を基にした推定で信用性は極めて高いとして、一方的に警察の主張が認められました。

しかし、被告側の主張が真実ならば、「事故前の白バイの速度は時速約100キロ」とされ、法定速度を超過しています。これは速度超過を取り締まる警察にとって認められない事実です。

事故現場の近郊では、日常的に白バイの高速走行訓練が行われていたという情報もあり、「白バイが公道で高速走行訓練をしていた可能性がある」と、被告側は主張したのです。

現場に残ったブレーキ痕

警察側は、現場に残っていた「ブレーキ痕」を理由に、スクールバスが動いていて急ブレーキをかけたとし、大きな証拠の一つとされています。

しかし、バスの後ろにいた乗用車の運転手である校長は、「スクールバスは停車しており、急ブレーキの事実がなかった」と法廷で証言しています。

同じように、乗車していた生徒も「スクールバスは停車しており、急ブレーキの事実がなかった」と、バスの中での様子を語り、法定で証言しても良いと申し出ますが、却下されました。

被告逮捕の必要性なかった

WikimediaImages / Pixabay

被告は、事故目撃後すぐに負傷者を救急車に乗せるなどしています。逃亡する可能性もなく、証拠の隠ぺいをする気配のない被告を現行犯で即時逮捕する必要性は無かったとも反論しました。

捏造の疑惑

3dman_eu / Pixabay

少ない証拠の中で決め手ともなり、逆に「警察側のでっち上げ」を連想させたのが、「ブレーキ痕」でした。この証拠はバスが動いていたかを証明する大きな決め手となります。

検察側は、「白バイが引きずられたことを示す車体のブレーキ痕(擦過痕さっかこん)」だとして、証拠として提出しています。しかし被告側はこの「ブレーキ痕」を不自然だと感じています。

衝突による破片の散乱はスクールバスの最終停止位置に集中している事。また、仮に一旦停止からの発進して急ブレーキをかけたとしても、道路状況からも1メートル以上のブレーキ痕は疑問だと主張しました。

両者の主な争点

geralt / Pixabay

問題となったのは、事故当時にスクールバスが動いていたか停止していたかという事です。

そして、スクールバスの停止か動いていたかを証明することで注目されたのが、警察側が提出した物的証拠となる「ブレーキ痕」であり、論争の中心に浮上しました。

  • とりわけブレーキ痕がバスによってできたものか、警察に捏造されたものかという点に争いがある。
  • ブレーキ痕が捏造であれば、事件本体も捏造である。

「捏造」という言葉が使われ出したのは、この「ブレーキ痕」に端を発しています。そして、この事件は作られたものであり「冤罪」ではないかと強く思われたのもこの時からでした。

証拠として提出された「ブレーキ痕」の写真にタイヤの溝の痕が写っていないという不自然な事実を指摘され、真実を隠すために捏造された証拠だという人も多くなりました。

事件の目撃者でもある、スクールバスに乗車していた生徒や先生が「事件が起きた瞬間、スクールバスが停止していた」と証言したにもかかわらず、それを隠蔽するように証拠を提出しているように受け止められるのです。

ブレーキ痕はバスの急ブレーキによるものか、警察に捏造されたものか

ブレーキ痕は、バスが動いていたかを証明する大切な証拠であり、これが本物かつくられたものかによって裁判の結果も左右される重要な事項です。

よって、警察側では「バスの急ブレーキ」によって残された重大な証拠であり、不審な部分の多数指摘されても「捏造はない」と言っています。

これに対して弁護側は、不審な点を明らかにすべく専門家にも依頼して「本当に動いていたバスのブレーキ痕」なのかを確認しています。これが覆れば裁判の行方が変わるからです。

両者の主張

geralt / Pixabay

警察や裁判官によると、多数の人が見ている中で「ブレーキ痕の捏造」などできる訳がないとしています。そして明らかにバスが動いていたことを証明する証拠だと主張しています。

対する被告側は、第三者の意見を提出し反論しています。

高知地検で検察官に実況見分の図面やスリップ痕なるものの写真を見せられた。

(事故発生直後、現場での本人による確認を受けていない)

(引用:wikipedia)

被告は、事故から8か月も経って初めて「スリップ痕」の写真を見せられています。

また、ブレーキ痕は捏造されたと思われる痕跡が多数残っており、専門家もが認めるところです。これを主張して裁判に臨みますが、裁判では検察側の意見を取り上げます。

救急車と入れ替わりで警察到着時点、まだ生徒達がバス内にいる時点で警察好みの証拠が揃っている。捏造する理由がない。

捏造、飲料水を塗ったと言うことはない。(交通部長) 捜査上、反省すべき点はない。(同上)

(引用:wikipedia)

今もこの「スリップ痕」が争点となってお互いが食い違う主張を続けています。

NEXT 高知白バイ事件の疑問点