1993年生まれの有名人・芸能人一覧!女優や俳優など75人を紹介 エンタメ

1993年生まれの有名人・芸能人一覧!女優や俳優など75人を紹介

目次

[表示]

1993年生まれの有名人・芸能人【av女優編】

1643606 / Pixabay

たくさんの有名人・芸能人が生まれた1993年で現在もAV女優として活躍している方たちについて紹介していきます。みなさんが知っている方たちはいるでしょうか、一緒に見ていきましょう。

乃ノ原みき(10月29日)

  • 生年月日:1993年10月29日
  • 年齢:25歳
  • 血液型:A型
  • 出身地:不明

2012年にエスワンのAV女優として活動を始めています。18歳でデビューし大きな瞳と真っ白体がが特徴でS1新生アイドルと呼ばれ、特技は料理だと紹介されています。

朝日まな(11月30日)

  • 生年月日:1993年11月30日
  • 年齢:25歳
  • 血液型:O型
  • 出身地:不明

19歳の時にAV動画に初出演してkawaii*という事務所に専属で所属していたようです。その後も様々な動画に出演して大分人気があったそうです。

白石悠(12月10日)

  • 生年月日:1993年12月10日
  • 年齢:25歳
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都

2014年にアダルトビデオメーカー・エスワンの専属女優としてAVデビューを果たしています。2016年にSNS上でAV女優として活動していないことを発表しています。

中野えりか(12月12日)

  • 生年月日:1993年12月12日
  • 年齢:25歳
  • 血液型:O型
  • 出身地:山梨県

2012年にエスワンのAV女優として2作品に出演しています。出ている作品は学生がテーマの物が多く、特技はピアノとクラリネットだそうです。

1993年生まれの特徴は?

esudroff / Pixabay

1993年に誕生した数多くの有名人・芸能人を紹介してきましたが、なぜ1993年生まれの方は芸能界やそのほかの大きな舞台で活躍しているのか紹介していきます。

1993年生まれはクールで自己主張を持たない

Free-Photos / Pixabay

1986年から1995年に誕生した人たちは「クールな調整型」な特徴がありさとり世代と似ていると言われています。考え方は自己主張を持たずに着実な消費をすると言われています。

具体的にはバブル景気をを経験した親に育てられ消費者としては児童期からすでに成熟し受験戦争や就職氷河期に遭遇した団塊ジュニアやポスト団塊ジュニアも知っているので強烈な自己主張を持っていません。

1993年生まれは「新人類ジュニア世代」

OmarMedinaFilms / Pixabay

1960年から1970年頃に誕生した新人類世代を親に持ち、1980年後半から1990年中頃に誕生した人たちのことを「新人類ジュニア世代」と呼び幼い頃からネット文化に馴染んでいます。

最大の特徴として「仲間や大人の評価を適度に頭に入れ、こざっぱりした服を着こなし、現実的な目標に向けそれなりに努力」と言われ社会規範へ順応し適応力を発揮できると考えられています。

1993年の人気アニメランキング5選!

ADMC / Pixabay

1993年に放送されたアニメも数多くありますがその中でも特に人気のあったアニメをランキング形式で紹介していきます。皆さんの見たことのあるアニメはあるでしょうか。

アニメランキング第5位「忍たま乱太郎」

1993年から放送されているNHKアニメで2017年には最長の25年目を迎えて最長寿作品となり国民的に知られているアニメになって多くの人に見られています。

アニメランキング第4位「ドラゴンボールZ」

鳥山明さんの「ドラゴンボール」続編として作られたアニメでアニメ化作品では長い約6年10カ月ものロングランとなる人気絶頂に上った作品になります。

アニメランキング第3位「機動戦士Vガンダム」

ガンダムシリーズの1作品で第4作目にあたる作品になっています。子供向けのアニメでは珍しい残酷なシーン等もありましたがシリーズの中でも視聴率が高くなっています。

アニメランキング第2位「美少女戦士セーラームーン R」

少女向けアニメとして武内直子さんの同名漫画「美少女戦士セーラームーン」を5年間をかけてすべてアニメ化した超大作なアニメになっています。

アニメランキング第1位「スラムダンク」

高校バスケを題材にした漫画「スラムダンク」は井上雄彦さんによる少年漫画です。第21巻~23巻の発行部数は当時最高でシリーズは累計で1億2000万部を突破しています。

1993年のヒット曲5選!

Skitterphoto / Pixabay

1993年に発売された曲も数多くありますがその中でも特に人気のあった曲をランキング形式で紹介していきます。皆さんの聞いたことのある曲はあるでしょうか。

ヒット曲第5位「裸足の女神」

B’zさんの13作目のシングルで前作から約3カ月ぶりに発売されタイアップ曲にも選ばれ様々なチャートでもランク入りしている売上が4番目のシングルです。

ヒット曲第4位「エロティカ・セブン」

サザンオールスターズの32枚目のシングルで第26回有線放送を受賞しビクターエンタテインメントからは188万枚を記録し自身最大ヒット曲になっています。

ヒット曲第3位「ロード」

THE 虎舞竜のシングルで有線放送から話題になり220万枚を売り上げ、「テレビ近未来研究所」のエンディング曲にも選ばれて歌詞を元に映画も制作されています。

ヒット曲第2位「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」

B’zさんの12作目に作ったシングルで最大ヒットをあげていてオリコン週間シングルチャートで4週間連続1位を獲得し累計売上202.1万枚を記録しています。

ヒット曲第1位「YAH YAH YAH」

CHAGE&ASKAさんがドラマ「振り返れば奴がいる」の主題歌としてリリースしたシングルになっています。第8回日本ゴールドディスク大賞を受賞しています。

1993年の新語・流行語3選!

Tumisu / Pixabay

現在もみなさんが気になる新語・流行語ですが1993年にも若い人たちが使っていた言葉や、流行っていた言葉もあるので流行語について紹介していきます。

流行語「コギャル」

nastya_gepp / Pixabay

コギャルは高校生ギャルの略称と言われ流行の派手な服装をし、盛り場などに集まる女子高生という意味やギャルになりきれていないという意味でも使われています。

1990年代を賑わせたコギャルですが日本では聞かれなくなりアメリカなどでは日本の若い女性を表す一般的な言葉として認識され、未だに使っている国もあるそうです。

流行語「どたキャン」

Bluestones / Pixabay

どたキャンは略語でスケジュール調整のない土壇場で約束やイベントなどに不参加を申し入れることの意味で使われ、テレビ業界で使われていた言葉が一般に知られ広まっています。

海外では「どたキャン」に近い言葉に「flake out」で約束をしたのに待ち合わせ場所に行かないや直前に約束を取り消すなどのスラング表現として使われているそうです。

流行語「リストラ」

geralt / Pixabay

リストラは英語の「Restructuring」の略語で本来の意味は「再構築」ですが、日本での意味は企業の経営に関わる行動としての意味合いや解雇という意味で使われています。

リストラには解雇以外の方法も多くあり帳簿上の固定費用の削減、見直しとして不動産費用圧縮や電気代の削減、不要なリース契約の見直しなっどをすることもあげられます。

1993年生まれは大物が多かった

RyanMcGuire / Pixabay

今回は1993年に誕生した有名人・芸能人を75人について紹介しました。

1993年生まれには社会規範を守り、自分の思った目標に向けて努力をして大物になっているのでこれからの活躍などに期待が高まります。

関連する記事はこちら

5/5