ハンドサインの意味まとめ!職業別や海外ではNGなハンドサイン 占い・スピリチュアル

ハンドサインの意味まとめ!職業別や海外ではNGなハンドサイン

目次

[表示]

トイレに閉じ込められている

「乗客の誰かがトイレに閉じ込められている」という事を他の乗務員に伝える時に使うハンドサインです。

トマトスープ

両手でTの字を作り、掻き混ぜるジャスチャーをすると「トマトスープ」を意味するハンドサインになります。

ベーコンバゲット1つ

豚の鼻を表す仕草をして、指で1を表現し「ベーコンバゲットを1つ」という意味となるハンドサインです。

ミルクを温めて

赤ちゃんを抱く動作から、飲むジェスチャーをして「赤ちゃんにあげるミルクボトルを温めて」という意味のハンドサインになります。

プロポーズがあったよ

これは海外特有なのかもしれませんが「機内でプロポーズがあったからシャンパンの用意を!」という意味で使われるハンドサインとなります。ハンドサインが必要な程、頻繁に行われるのでしょうか?

バチェラーパーティーが開かれている

「機内でバチェラーパーティーが開かれているわ」という意味のハンドサインとなります。バチェラーパーティーとは欧米ならではの催しで新郎が独身最後の夜を同性の友人と過ごすパーティーを指します。

プロポーズがあるくらいですから、その後、流れでバチェラーパーティーが開かれるのでしょう。因みに、新婦が独身最後の夜を同性の友人と過ごすパーティーを『バチェロレッテパーティー』呼びます。

親指を立てる

これは国内・国外共通の航空業界で使われるハンドサインとなり「OK」という意味で使われます。キャビンアテンダント同士や、機外の飛行場で働く従業員が機内の乗務員に向けて「OK」と伝える際にも使われます。

パイロットも航空機の整備士もこのサムズアップのハンドサインを「OK」の意味として使います。日本の「OK」のハンドサインは前述の通り、国によっては侮辱の意味となります。

パイロットが、もし手を挙げて「OK」のサインを伝えようとしても、相手には何の意味か伝わりません。航空業界内では世界共通でサムズアップを「OK」という意味で使っています。

手話通訳士の仕事と将来性について

RobinHiggins / Pixabay

現代社会では障害者の社会参加が増えており、正しい知識とスキルを持つ手話通訳士の需要は年々高まっています。日常生活で耳の不自由な人が十分なサービスを受ける為には手話通訳士の存在が必要となっています。

バリアフリー化が叫ばれる現在、手話通訳士の需要は増々増えていく事が予想されます。しかし、国や自治体が手話通訳に充てる予算は決して高くはなく、その為、手話通訳士だけでは生活出来ないのが現状です。

その為、手話通訳士はボランティアかパートで活躍している人がほとんどであり、職業としては余り認知されていないのが現状となります。

手話通訳士の資格について

kreatikar / Pixabay

手話通訳士は、手話の技術と通訳するスキルが必要とされる専門職となります。公的資格となり、資格取得の試験は難関となっており、合格率は約20%と言われています。

しかし、手話通訳の仕事は公的資格がなくても行う事が出来る為、難しい試験を受けずに各自治体で手話通訳者として登録され、身近なところから聴覚障害者のサポートをする道を選ぶ人が多いようです。

手話通訳士の将来性について

kaboompics / Pixabay

最近ではIT化が進んでおり、様々な既存の職種が将来性の危機を叫ばれていますが、手話は耳の聞こえない障害者の言語であり、手話通訳の需要が全くなくなると言う事はあり得ないと言われています。

現状は副業的要素が強い手話通訳士ですが、今後、公共施設やあらゆる場所での需要がどんどん増えて行く事を考えると職業的な地位が高まり、将来期待が持てる職種の一つとなり得ると予想されています。

ハンドサインは知っていて損はしない知識

sonming4 / Pixabay

日常、自分の周囲に聴覚障害者の方がいない、そういった職業に就いていないという方は中々ハンドサインに触れる機会が少ないと思います。今回ご紹介したハンドサインを頭の片隅にでも入れて頂ければ幸いです。

いつ、何処で、ハンドサインを必要とする場面に出くわすか未来は予測出来ないので、ご紹介したハンドサインを活用して頂ける機会が訪れた際には、この記事を活かして貰えれば嬉しく思います。

関連する記事はこちら

4/4