ハンドサインの意味まとめ!職業別や海外ではNGなハンドサイン 占い・スピリチュアル

ハンドサインの意味まとめ!職業別や海外ではNGなハンドサイン

目次

[表示]

海外でやってはいけないハンドサインは?

Greyerbaby / Pixabay

ここからは海外でやってはいけないNGなハンドサインをご紹介していきたいと思います。

おいでおいでの手招き

TaniaVdB / Pixabay

日本では人を呼ぶときに手のひらを下にして、「おいでおいで」と上下に振る仕草をします。しかし、アメリカやイギリスではこのハンドサインは逆の意味になり「あっちへ行け」という意味と捉えられます。

アメリカやイギリスでは手のひらを上に向け、上下に振る仕草で「カモン」というジェスチャーをします。その為、海外で作られた招き猫は手のひらが上になり日本の招き猫とは手が逆になっています。

又、オーストラリアでは手のひらを上に向け、一本の指でこちらに来いというジェスチャーをすると侮辱する意味となりますのでご注意下さい。

自分の顔に指をさす

geralt / Pixabay

日本では自分の事を示す時には、指で自身の顔を指すジェスチャーをします。しかし、海外の人達から見るとこの仕草はとても不思議に見えるようです。顔がどうかしたのかな?といった感覚になると言います。

特に注意が必要なハンドサインではありませんが、海外では自分を指す時には胸に手を当てる、もしくは親指を立てて自分を指し示すジェスチャーが主流となりますので覚えておくと役立つかもしれません。

人差し指と中指の間から親指を出す

このジェスチャーは国によってはとても卑猥な意味とされています。トルコではNGとなりますので、海外旅行をされる際には注意が必要です。

パーから薬指を親指をだけ入れる

日本ではあまり見慣れないジェスチャーですが、イギリスでは侮辱を意味するハンドサインとなります。

自分の頬を指で指す

日本では「ぶりっこポーズ」として知られているこのジェスチャーは、メキシコでは「頭がおかしい・イカレている」といった侮辱の意味になるハンドサインとなります。

中指を人差し指の上に重ねる

このジェスチャーは英語圏では「幸運を祈ってるよ」という意味のハンドサインとして使われていますが、ベトナムでは女性の性器を意味しており人に向けてこのジェスチャーをすると侮辱の意味となります。

サムズダウン(親指を下に向ける)

日本やアメリカでは、ブーイングのサインとして知られています。元は「闘技場で戦って敗けた人間を殺せ」という意味で使われていたハンドサインです。このハンドサインは相手を侮辱する意味で使われます。

中指を立てる

英語圏では「ザ・フィンガー」と呼ばれており、中指は男性器の象徴しています。「くたばれ」という意味でよく使われています。日本では「ファックサイン」と呼ばれ、ファック=性交を意味しています。

相手に喧嘩を売る時に使うものになる為、気安く使ってしまうと危険な事態になりかねませんので注意が必要なハンドサインです。

顎(あご)をかく

正確には顎を指ではじくジェスチャーとなります。これはイタリア・ベルギー・フランス・チュニジアでは、「消え失せろ」という意味になるハンドサインです。

これは”雄鹿が角を振り回し相手を蹴散らす姿”が由来で、口論の際に「もういい、お前は消え失せろ」と言う時に使われるハンドサインとなります。海外旅行の際に不用意に顎をかかない事をお勧めします。

右手の親指を噛む

このジェスチャーをインド・パキスタンでやると「家族もろとも滅びろ」という意味のハンドサインになります。指を噛む癖がある人は注意した方が良さそうです。

頭を手で撫でる

日本では褒める時などによく頭を撫でて「ヨシヨシ」といったジェスチャーをしますが、これをタイでやるととても失礼な行為となります。

タイは熱心な仏教徒の国であり、仏教で”頭は精霊が宿る神聖な部位”となる為、不用意に他人の頭を撫でる行為は失礼に当たるハンドサインとなります。

親指と人差し指でL字を作る

このハンドサインを日本では拳銃を意味しますが、イギリスではこのハンドサインをおでこに当てると「負け犬」という侮辱の意味に、メキシコでは「お金持ち」という意味となります。

肩をすくめて両手のひらを上に向ける

このジェスチャーは海外ではよく見かけるハンドサインです。「分からない・困った」という時に使います。もし海外で言葉が分からなくてもこのハンドサインをすれば理解して貰えるようです。

人差し指で鼻を上げる

Pexels / Pixabay

人差し指で自分の鼻を上げるジェスチャーは海外でよく使われています。これは「バカにする・見下している」という意味になるハンドサインとなります。

両手の指で×を作る

このハンドサインは日本では料亭で食事をした際に「お勘定をお願いします」といった意味で使われますが、イタリアのレストランでこれをすると「料理がまずい」という意味となり侮辱の意味となります。

人差し指と親指をこすり合わせる

日本では「ほんの少し」という意味となりますが、欧米では「お金」という意味となり、強盗がよく使うジェスチャーになります。メキシコでは「混乱している」という意味で使われます。

相手の前で手を上下に振り、切るようなハンドサイン

日本では相手の前を通る時に「ちょっと失礼します」といった意味で使われるこのハンドサインは、イタリアでは「近づいたらぶん殴る」という大変失礼な意味になってしまいます。

パーにした手を肩の後ろに放るハンドサイン

Free-Photos / Pixabay

このハンドサインはフランスでは「どうでもいい・勝手にしろ・嫌だ」という意味合いで使われます。

こめかみを指でトントン叩く

このハンドサインはフランスでは「頭がおかしい」という意味で使われます。

首の前で手を左右に振る

日本では「解雇(クビ)」という意味で使われますが、アメリカでは「ストップ・終わり・売り切れ」などの意味で使われるネガティブな意味のハンドサインです。

片方の手でグーを作り、もう片方の手のひらに打ち付ける

Arcaion / Pixabay

日本では何気なくやってしまう人もいるこのハンドサインは、インドネシアでは「下品で猥褻」な意味となるハンドサインになります。気合を入れる時などに、うっかりやらない様にした方が良いでしょう。

職業別よく使用するハンドサイン【軍隊・サバゲー編】

Defence-Imagery / Pixabay

サバイバルゲームにおいて、チームで連携して攻める為には自分の動きや味方にどうやって指示を出すかが重要となります。肉声、無線機、無声による伝達方法があり、無声で指示をする際にはハンドサインを使います。

サバイバルゲーム(以下サバゲー)において、ヒット(敵の攻撃を受ける)したらフィールドから退場しなければなりません。その際、フィールド外からハンドサインで敵の情報を送るのはルール違反となります。

ここからは、軍隊のようなサバイバルゲームで使われるハンドサインをご紹介します。

あなた

味方の特定の誰かを呼ぶ際の「あなた」という意味のハンドサインになります。

自分の事を指し示す際に使うハンドサインです。

こっちに来い

遠方にいる味方に対し「こっちに来い」という意味のハンドサインです。

STOP

後方の味方に対しその場に留まるよう「STOP」という意味で使われるハンドサインです。

伏せろ

味方に対しその場に「伏せろ」という指示を出す時に使うハンドサインです。

急げ

味方に対し「急げ」という指示を送る為のサインです。

車両

サバゲーフィールド内に設置されている「車両」を意味するハンドサインで、味方に対し「車両に敵が潜んでいる」などと指示を送る時に使えるハンドサインです。

NEXT:集合地点
2/4