カンディルとは?ピラニアより恐ろしい殺人魚?危険生物の生態と事件 社会

カンディルとは?ピラニアより恐ろしい殺人魚?危険生物の生態と事件

アマゾン川流域に生息するカンディル。現地ではピラニアよりも恐れられている魚です。カンディルによる死亡事故や事件が起きており、女性は特に危険だと言います。日本では主にブルーカンディルが飼育されているようです。これから殺人魚カンディルについて紹介していきます。

目次

[表示]

カンディルとは?絶対に会いたくない生物?!

joakant / Pixabay

カンディルは、アマゾン川など南アメリカの熱帯地方に生息する肉食淡水魚でナマズの一種です。

アマゾン川流域では、肉食で大型魚を捕食するナマズの中でも30cm以下のものを総称してカンディルと呼んでいるようです。

アマゾンで本当に怖い魚はピラニアではなく、カンディルだと言われています。たとえ人間であろうとも食いつき、肉を食いちぎって体内に侵入してくると言います。こんな生物には会いたくないですね。

アマゾンなどに生息するナマズ目の肉食淡水魚!画像は?

kareni / Pixabay

カンディルはナマズの仲間で肉食淡水魚です。ナマズの仲間と言っても、一体どんな形で、どんな色の魚なのでしょうか?そのカンディルの画像があります。

恐ろしい殺人魚カンディルの画像がこちらです。

一見、平和的な普通の小魚に見えますが、口の中には鋭い牙が何本も生えています。その鋭い牙によって、体内から噛みつかれ、肉を食いちぎられるのです。

ピラニアより恐ろしいカンディルの生態

AllNikArt / Pixabay

カンディルは全長3cm~10cmほどの小魚で、大型種でも20cmほどです。しかし、その食性は非常に厄介なのです。

砂の中の微生物を食べて生きる比較的おとなしい種類もいますが、他の大型魚のエラなどからその細い体を潜り込ませて体の内側を捕食するものや、生きた魚や死魚の体表を食い破り肉を食するものが存在します。

カンディルのヒレには返し針のようなトゲがあり、無理にはがそうとすると肉を切り裂いてしまいます。現地の人々にはピラニア以上に恐れられています。その体型と習性により、女性の膣に侵入した事例があります。

取り出せたとしても感染症にかかり死亡することもある

体内に侵入したカンディルを取り出すには切開するしか方法は無いようです。無理に引き離そうとすると肉を切り裂いてしまうためです。

しかし、カンディルを体内から取り出せたとしても感染症にかかり亡くなるケースも多数あるようです。

主なカンディルの種類

Schoggimousse / Pixabay

カンディルの種類として、トリコミュクテルス科とセトプシス科があります。このトリコミュクテルス科とセトプシス科全体をカンディルと呼ぶのが一般的です。吸血タイプと噛みつきタイプに分かれます。

トリコミュクテルス科

joakant / Pixabay

バンデッド・カンディルは全長10cmほどで、黄土色の体に黒い縞模様が入っているのが外見的な特徴です。

エラに侵入するタイプの典型で、頭部が平たくなっていて、他の魚の体内に入り込みやすくなっています。

このトリコミュクテルス科のカンディルが吸血したり、肉に食らいついたりするタイプです。

セトプシス科

JacekAbramowicz / Pixabay

バイオレット・カンディルは、全長20cmほどの大型のカンディルです。その姿はクジラを思わせるような丸い頭部が特徴で、英語ではWhale Catfishとも呼ばれます。

このセトプシス科のカンディルが噛みつきタイプ。大型の魚や死骸の表皮を食い破り、肉を食べる。その目を引く補食形態から水族館やアクアリウムで飼育されることがあります。

但し、エラや排泄口から侵入するトリコミュクテルス科のカンディルとは違い、皮膚に噛みついて直接穴を開けることがあるため注意が必要です。

カンディルに天敵はいる?

xusenru / Pixabay

この様に恐ろしいカンディルなので、一見無敵のようにも思えますがそんなことはありません。カンディルは体が小さいので、食べようと思えば一口です。特にピラルクーなどには普通に食されます。

ピラルクーは非常に固い鱗に覆われていて、ピラニアの歯でさえも通らないほどです。そのため、エラや肛門から侵入することは出来ないのです。ピラルクーが余程弱っていない限りは襲われる立場なのです。

尿に反応するのは魚のエラのにおいに似ているため?

christels / Pixabay

人間の尿のにおい(アンモニア)が、普段襲う魚のエラから放たれるにおいに似ているため反応するのだとか。川に放尿すると、尿の流れを遡って尿道に侵入してくると言われています。

しかし、カンディルは目視によって捕食する生物なので、アンモニアに反応して人間を襲うという可能性は低いと言えます。

カンディル駆除には植物の汁が有効?

InspiredImages / Pixabay

この殺人魚カンディルを駆除するには、特定の植物の汁が有効だと言われています。ウイトという植物で作った薬が有効らしいです。

群れになって行動する習性が危険性を高めている

Pexels / Pixabay

カンディルは群れをなして行動する習性を持つ肉食魚です。非常に獰猛な性質で、獲物にも集団で襲いかかります。

肛門や膣、ヘソや口などから侵入し、柔らかい部分を食いちぎって体内侵入を試み、数にものを言わせて一気に食い尽くすのです。

関連する記事はこちら

恐ろしい肉食淡水魚カンディル動画集

ここでは、恐ろしい殺人魚カンディルに関する5本の動画を見て行きたいと思います。どの動画も5分以内なので、是非見てみてください。

BBC animalsが紹介するカンディルの怖い話

カンディルがキャットフィッシュのエラから侵入し内臓を食い破る様子と、人間が川の中で放った尿(アンモニア)に反応して、尿道に侵入する様子が描写されています。※衝撃映像ではありません。

体内に侵入したカンディルを除去する手術の内視鏡映像

人間の体内に侵入したカンディルの内視鏡映像です。終盤には医療用の特殊な器具を使ってカンディルを取り出しています。

水族館のブルーカンディル

日本の水族館で飼育されているブルーカンディルの映像です。正面からの映像で鋭い牙が何本も生えているのがわかるでしょうか?

カンディルに鮭と牛肉を与える実験

日本のYouTuber・トミックさんが、カンディルの獰猛さと捕食について、鮭の切り身と牛肉を使った実験・検証動画を上げています。こちらもブルーカンディルです。

カンディルの捕食シーンの動画

水中に吊されたウグイの内臓を捕食するカンディル達の様子です。噛みつき、体を回転させながら内臓を貪っているのがわかります。

カンディルは男性の尿道から侵入するという噂は都市伝説?

Free-Photos / Pixabay

カンディルはアンモニアに反応するため、人間も襲うことがあり、肛門や尿道から侵入された際には切開による除去手術が必要となるとされています。

しかし、実際には、カンディルが男性の尿道に侵入したというところは目撃されていないようです。

1997年に、カンディルが尿道に侵入した男性を処置したという医学論文があるようですが、その報告は疑わしいものとしているそうです。

オーストラリアで少年の尿道にカンディルが侵入するニュースが報じられた

MichaelGaida / Pixabay

インドで14歳の少年の尿道に魚が侵入したということを、オーストラリアのニュースサイト「NEWS.com.au」が2008年9月に報じました。魚は全長2cm、幅1.5cmのカンディルだったようです。

少年は、家で魚の水槽を掃除中にカンディルを掴んだままトイレに入ったところ、用を足している最中に手からカンディルが滑り落ち、尿道に侵入。カンディルは膀胱まで達し、少年は24時間苦しんだのだそうです。

病院では、医療用の特殊なピンセットでつまみ出そうとしたようですが上手く掴めず、尿管結石の際に使用される尿管鏡を使い摘出したようです。少年がトラウマにならないよう、カウンセリングも行われたとのことです。

アンモニアに反応して肛門や尿道から人間の体内に侵入するという噂がある

Dieter_G / Pixabay

これまでに、カンディルはアンモニアに反応して人間の体内に侵入するという話を紹介してきました。しかし、カンディルは目視によって捕食する生物なので、それらの話は噂なのではないかとも言えます。

侵入したカンディルを取り出す手術映像とホルマリン漬けで保存した標本は存在する

mmohdfahmi / Pixabay

人間の体内に侵入したカンディルを取り出す手術映像は、先の動画で見て頂いたかと思います。

カンディルのホルマリン漬けに関しては、ブラジル国立アマゾン研究所に個体標本が存在するようです。

体内にどんどん侵入してくるのを防ぐために性器を切り落とすこともある?

saeedkebriya / Pixabay

男性の尿道にカンディルが侵入した場合、更に奥に進むのを防ぐため性器を切り落とすという策が取られる場合があるそうですが…。

基本的に男性の体内に侵入する場合は、尿道ではなく肛門や鼻や口だと言います。性器を切り落とすと言う話は噂なのかも知れません。

カンディルに襲われたらウイトという果実で作った薬で追い出せる?

Peggychoucair / Pixabay

アマゾンのインディオ達は、ウイトと言うあかね科の未熟な果実を搾って作った薬を飲んで、体内に侵入してしまったカンディルを出しているそうです。カンディルの力が抜け、体外に滑り出してくるといいます。

ウイトとは

Huitoまたはgenepa Americana、深緑の葉と大きな花による木です。その果実は、免疫を高めるために、健康トニックとして伝統的に使われました。若い果実のジュースは、皮膚の上で濃い青色を発し、ボディーペインティングにも使われています。

(引用:凄い噂)

女性の膣に侵入したという報告も

WilliamCho / Pixabay

カンディルが生理中である女性の血のにおいを嗅ぎつけて寄ってきたり、膣の中に侵入した事例もあるそうです。生理中でもなく、傷口も無ければカンディルがいる場所で泳いでも攻撃されることはないようです。

先住民の女性の膣内からカンディルが見つかったという事例は、下着を着用せず川に入っていて経血のにおいから侵入したのかも知れないとのことです。傷口も無く、水着を着用していれば襲われることはないらしいです。

実際の目撃例はなく専門家も危険性を否定している

DariuszSankowski / Pixabay

Irmgard Bauer博士は、カンディルの生息域と地域の人口を考えれば危険性はないという結論を出しています。

化学物質ではなく視覚で獲物を捕まえるといわれている

creozavr / Pixabay

研究によると、カンディルはアンモニアなどの化学物質には反応せず、視覚で獲物を探して捕食するとのことです。

カンディルの威力は侵入後2時間で人間を白骨化させるほど?

annblack / Pixabay

アマゾン川最大の支流マデイラ川。濁った水の中から必死の捜索の末にダイバー達が見つけ出したのは、男性の白骨化した遺体でした。

どれ程の長い間、水中に放置されていたのでしょう。2時間前には男性は生きていたのです。

何故、わずか2時間で男性は白骨化してしまったのでしょうか?それは、最凶の殺人魚カンディルによる仕業だと考えられています。

2015年、ブラジルのマデイラ川で魚釣りをしていた男性が川に落ちた

1195798 / Pixabay

2015年8月19日の午後、ブラジル・ロンドニア州を流れるマデイラ川にボートを浮かべて魚釣りをしていた男性が、突然、何らかの理由で川に落ちてしまいました。

溺れている男性を目撃した人達は助けを求めて奔走しますが、男性はいつの間にか川底に引きずり込まれるように水面から姿を消してしまったのだそうです。

捜索がはじまってわずか2時間後に白骨化した遺体で発見された

elianemey / Pixabay

すぐに消防隊が駆けつけ、男性の捜索や救助活動が開始されたものの、2時間後に白骨化した遺体となって発見されたのだと言います。

遺体のハーフパンツは男性のものと一致したという

stokpic / Pixabay

遺体は検死に回されたそうですが、男性のハーフパンツが目撃者の証言と一致しているとのことでした。

NEXT:200人以上がカンディルに食い殺された事件とは?
1/2