宅八郎は現在オタクからイケメンになった?死亡説?逮捕されていた?

宅八郎はオタク評論家として話題になった人物です。様々なトラブルを起こし逮捕されたりと過激な活動が目立っていました。今では死亡説もありますが、死んだという事実はありません。現在の画像はおたくのイメージとは異なり、ロックバンドやDJなどの活動をしているようです。

宅八郎は今現在何をしている?

宅八郎は1962年生まれで現在56歳のオタク評論家です。1990年頃からオタクの象徴として強烈なイメージを世間に与えてきましたが、現在はロックバンドのボーカルバンドやDJとして活躍しているようです。

宅八郎のプロフィール

宅八郎は、1962年8月19日生まれの「オタク評論家」です。本名は矢野守啓(やのもりひろ)です。コラムニスト、タレントとして活動してきましたが、ホストやミュージシャンとしての一面も持っています。

静岡県浜松市の出身で、法政大学の社会学部を卒業した経歴を持っています。宅八郎が世の中に認知されるようになったのは、1990年に「週刊SPA!」で「オタク評論家」として登場したのがきっかけでした。

その後、様々な騒動を引き起こしながら、雑誌やテレビで注目される存在となっていった人物です。

オタク評論家でマジックハンドとフィギュアがトレードマークだった

宅八郎は1990年に「週刊SPA!」に登場した翌年に、テレビにも出演するようになりました。宅八郎はオタク評論家として、マジックハンドとフィギュア、紙袋を手にしているのがトレードマークでした。

宅八郎は、独特なオタクファッションで「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」や「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」などに出演して話題となりました。

1989年の東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件での宮崎勤の逮捕によって「オタク」という言葉に注目が集まっているタイミングでした。その後、雑誌やテレビで注目される存在となっていった人物です。

現在はロックバンド「ハチロック」のボーカル・作詞作曲をしている

宅八郎は、ミュージシャンとしての一面も持っています。現在は「ハチロック」というロックバンドで活動しています。

オタクのイメージとロックバンドとはかけ離れているので、意外に思う人も多いかもしれません。

宅八郎は「ハチロック」で作詞作曲をして、ボーカルを担当しています。現在すでに56歳ですが、ライブなど精力的に活動を続けているようです。

「ハチロック」(宅八郎)LIVE映像

宅八郎はボーカルを務める「ハチロック」のLIVE映像はYouTubeで視聴することができます。宅八郎がMCも担当している様子を見ることができます。

オタク評論家としての宅八郎のイメージとは、かなり違った印象を受けるかもしれません。

DJメカヤクザとしても活動している

宅八郎は、ロックバンドだけではなく、DJとしても活動をしています。「メカヤクザ」という名前でDJとして活躍しているようです。

ロックバンドにDJと、オタクのイメージとは違った一面も持った人物であることが分かります。

NEXT ブログが存在するが現在は情報発信していない