井上敬一、逮捕後の現在は婚活事業?ホスト時代は常にトップだった? 芸能人

井上敬一、逮捕後の現在は婚活事業?ホスト時代は常にトップだった?

井上敬一さんは元60ヶ月連続トップのホストで、日本一のホストも育てた方です。顧問税理士の脱税による逮捕でご自身も起訴となってしまいましたが、現在は婚活セミナーや執筆・社会貢献活動を活発にされています。そんな彼のバイタリティあふれる人物像に迫ります。

目次

[表示]

井上敬一の今現在は?ホストを辞めて婚活事業へ?

ここでは、井上敬一さんの来歴・現在の活動・プライベート等についてご紹介します。顧問税理士の脱税疑惑を巡る一件についても、具体的にどのような経緯であったのかを振り返ります。

井上敬一のプロフィール!NO.1ホストだった?

井上敬一さんの公式サイトには、肩書が「コミュニケーションデザイナー」とあります。以下は、井上敬一さんのプロフィールの概略です。

  • 井上敬一(いのうえ・けいいち)
  • 出身 兵庫県尼崎市
  • 生年月日 1975年11月5日
  • 血液型 B
  • 身長・体重 174cm、66kg
  • 1995年 立命館大学文学部哲学科中退
  • 2014年~株式会社FiBlink(ファイブリンク)代表取締役
  • 2017年~一般社団法人恋愛・結婚アカデミー協会 代表理事
  • 鳥浜トメと特攻隊員の資料館「ホタル館・富屋食堂」観光親善大使
  • 活動内容:講演、セミナー、研修講師(コミュニケーション)、恋愛力トレーナー、復縁コンサルタント、Webセミナー事業(プレジデントキャンパス)、アパレル、A’KAHトートバッグ、サムライスーツプロデュース 他

井上敬一さんはホスト時代は伝説のホストと言われました。ご本人の公式サイトによれば、立命館大学在学中の1ヶ月目から5年間連続ナンバーワンをキープし続けたそうです。

さらに、関西最高記録となる1日1600万円の売上を達成されており、それから経営サイドに移るまでの現役期間中の全期間を通してNo.1ホストとして活躍されていました。

井上敬一は2013年に脱税疑惑で逮捕されていた!原因は税理士?

falco / Pixabay

この疑問に対する結論から言えば、井上敬一さんご自身は逮捕されておらず、脱税で逮捕をされたのは井上敬一さんの税理士です。

経理の一切を税理士に任せていた井上敬一さんは、自分が信頼していた税理士が逮捕されたことをニュースで知りました。その後国税局がやってきましたが、意味がわからなかったそうです。

税理士の先生に全て任せていたと井上敬一さんは主張しましたが、逮捕された税理士が井上敬一さんに罪をかぶせるような発言をしたことで、井上敬一さんも責任を取らざるを得なくなりました。

井上敬一への判決は?

TPHeinz / Pixabay

逮捕された税理士のクライアントで事件に関わっていた企業は25社ほどあり、そのすべての経営者が同様に起訴された中、有名人であった井上敬一さんのみがマスコミの標的となりました。

「カリスマホスト経営者」としてもてはやされていた生活から一転、社会的信用を失うばかりか「2億円の追徴課税に3年間の執行猶予」という非常に重いペナルティを負うことになりました。

2億円の追徴課税にはさらに年間14.7%の金利が付き、1日生きているだけで8万円を支払わなければならない状態は非常に応え、生まれて初めての借金もするはめになったそうです。

井上敬一の逮捕によってスタッフはどんどん離れていった

kholisrevenge / Pixabay

税理士の逮捕に端を発した井上敬一さんの身に降り掛かった一連の出来事は、経営していた店にも非常に悪い影響を及ぼしました。

普段からスタッフを大切にしてきた自負のあった井上さんは、何があってもスタッフはついてきてくれると信じていましたが、予想に反して次々とスタッフが離れていってしまいました。

井上敬一さんにとっては、検察で追求されるよりも身近な人々に見切られることのほうがよほど辛かったと述懐しています。

その後、表舞台から姿を消したかに見えた

werner22brigitte / Pixabay

井上敬一さんは一連の出来事でマスコミから取り上げられることもなくなり、ホストの業界からも引退しました。

そのため表舞台から姿を消したように見えていたのですが、実はその間も井上敬一さんは次のステージへ進むべく、精力的に活動を続けていました。

まずは資金を集めようと思い立った井上さんは、ただお金を貸してくださいでは集まらないと思い「井上敬一復活祭」を企画し、ゲストに新規事業の計画を発表し、資金の貸与を募ります。

追加課税を借金して返済し、地道な活動へ

blickpixel / Pixabay

お金は「井上敬一復活祭」を催した1日で4250万円が集まったため、それを税金の支払いと新会社の事業資金に当てました。

井上敬一さんはこのときお金を貸してくれた人たちに5年での返済の確約とともに、年数回の報告会を行ってきたそうです。現在では、地道にお金を稼ぐことの大切さを実感されている模様です。

生まれてこのかた、今がいちばんコツコツ働いていると思います。大学辞めてすぐにフェラーリ乗ってましたからね(笑)。夜の仕事の1万円と、こういう仕事の1万円は重みが全然違います。年間の売上が、ホストクラブの頃の1店舗の売上程度。でも、一発でバーッといくのではなく、ひとつずつやっていくことが大事なのだと気づきました。

(引用:サンクチュアリ出版WEB Magazine)

現在では婚活支援の事業をしている

井上敬一さんは現在では婚活支援の活動を積極的に行っています。これまで女性からたくさんお世話になったので、還元をしたいという思いがあるそうです。

井上敬一さんは自ら展開する婚活事業について、紹介やマッチングアプリではできない、コミュニケーション能力や人間力を高めることに重点を置いています。

ホストとしての経験から体得した男女間の心の機微に関するノウハウを人に伝えることで、多くの人を幸せにしていきたいと考えており、実績を上げています。

講演会やセミナーも行っている

井上敬一さんは、ホストや経営者の経験を活かし、人間関係のエキスパートとして、講演会・セミナーの講師としても活躍されています。

対象は、営業マンをはじめとするビジネスマンから「恋愛や婚活にお悩みの方」「男女の脳の違いを知り、社内マネジメントに活かしたい法人・個人の方」など多岐にわたります。

マンツーマンで悩み相談やコーチングなどを行う個人セッションも行っています。

恋愛本「シークレット婚活塾」も発売

井上敬一さんは執筆活動も精力的にされており、これまでに7冊の本を出版されています。このうち「シークレット婚活塾」という最新刊がとりわけ好評で、3週間で重版となっています。

これまでは元ホストでありながら恋愛の本を書くことについては「なんかチャラい」と思い躊躇をしていたそうです。

ですが、人から恋愛について書くよう勧められることが多く、求められていることに従って書いたらうまく行ったので、人の話を聞くものだと感じたそうです。

要は、「ちゃんと人の話を聞きましょう」ということ。求められていることの中から、やりたいことを見つけていくんです。

僕も、勧めに従って恋愛のことを書いてみたら、初めてうまくいきました。自分を貫くよりも、川の流れに沿ってやってみる。このことを頭の片隅に入れておくといいと思います。

(引用:井上敬一.net)

井上敬一がホストに戻らない理由とは?

井上敬一さんは2012年、ホスト業界からの引退を表明しています。その後はホストを対象とした研修をリクエストがあった際には行いますが、現在の事業はあくまでも啓発活動のようです。

地道にお金を稼ぐことの大切さをどん底の時期に痛感したからこそ、現在のように誰かの役に立つ、社会に求められていることを熱心に行っていらっしゃるようです。

活動の一環として、「人生の使命を明確にする」ため特攻隊で有名な知覧への合宿も行っています。定期的に行われているようですので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

井上敬一は独身?奥さんはいない?

井上敬一さんは、現在でも男性を対象とした恋愛講座を実施していらっしゃいます。

常に多くの女性と同時進行で体の関係を持てる!井上敬一が実際に使っている高速振り子事例。

(引用:井上敬一.net)

その中で、ご自身が「実際に使っている」として高速振り子というテクニックを紹介していますので独身の可能性が高いです。もしご家庭があれば「実践している」と現在進行系にはならないでしょう。

井上敬一のブログやTwitterは?

井上敬一さんは公式ブログをアメブロでやっていらっしゃいます。2006年から毎日更新されているようです。

Twitter

ツイッターも活発に更新されているようです。情報発信に力を入れていらっしゃる様子が伝わります。

公式サイトのみならず、あらゆる情報媒体を積極的に活用し、コミュニケーションのエキスパートとしての使命を果たすべくエネルギッシュに活動をされていることが伺えます。

関連する記事はこちら

井上敬一のホスト人生とは?60ヵ月もトップだった?

TerriC / Pixabay

井上敬一さんはホストの世界に入って1ヶ月目から通算60ヶ月、5年間もの間トップであり続けたそうです。その記録は自ら経営側に回るまで誰にも譲ることはありませんでした。

井上敬一がホストになったきっかけは?ナンパ?

井上敬一さんは立命館大学に在学中、高校1年の頃から交際していた彼女に振られてしまいます。

その傷心を癒やし自信を取り戻すべく、井上敬一さんは勉強中の哲学はそっちのけでナンパに明け暮れるようになりました。

そのような日々を過ごす中、繁華街の北新地の女性に「そんなにモテたいならホストをやってみれば?」と言われ、早速2ヶ月体験でホストの世界に足を踏み入れました。

大学も中退し、本格的にホストの世界へ

Pexels / Pixabay

折しも、井上敬一さんのお母様が連帯保証人となっていた他人の借金トラブルに巻き込まれ、数千万円という莫大な借金を抱えてしまいます。

奨学金を頼りに大学に通っていた井上さんは、このような経済状況では返済がとても追いつかないと考え、大学を中退してプロのホストとなる決断をしました。

ホスト時代は会話を研究した

Free-Photos / Pixabay

ホストの業界に入って井上敬一さんが感じたのは、お金を払ってホストクラブに来店する人達が求めているものが自分の想像とは違うものであったことです。

ギャグを求められたり、歌を歌うことになったり、ドラマの話になったりと会話の引き出しの多さや対応力が求められるだけでなく、男女の会話はそれぞれ喜ぶポイントが違いました。

そのため井上敬一さんは毎回ノートに課題を書き付け、2回同じことをしないようチェックリストを作り、前回やれなかったことに集中してできることを増やしていきました。

井上敬一は下戸でイケメンじゃなくてもNO.1だった?

井上敬一さんは下戸であり、風貌も親しみが持てて感じが良いものの、とりわけ俳優やモデルのようなイケメンというほどではありません。

しかしこれだけの実績を残されたということは、女性にモテるというのは外見ではなく、いかに女性を喜ばせることができるかということに尽きるためでしょう。

井上敬一さんはクラブに来店する女性のニーズを研究し尽くし、女性に満足してもらうことだけを考えて行動した結果、No.1となりました。

井上敬一のホスト時代の実績は?1日1600万円?

Skitterphoto / Pixabay

井上敬一さんはホストで生計を立てることを決めたとき、大阪でナンバーワンと言われたホストの売上が1日1000万円であることを知り、それを超えることを目標にしたそうです。

ホストが最も売上を上げられる誕生日に備え、井上敬一さんは懇意にしてくれるお客様にナンバーワンになりたいと公言していました。

そのように正直に話せる信頼関係を築いた結果多くの人から応援された井上敬一さんは、誕生日に1600万円という売上を上げ、宣言通り、大阪ナンバーワンの座につくことができました。

井上敬一は60ヵ月もの間、常にトップで居続けた

MasashiWakui / Pixabay

ホストを始めて日の浅いうちから結果を出し、経営という立場にシフトするまでの5年間の間、井上敬一さんはその現役時代のほぼ全期間においてトップでした。

これは井上敬一さんほどの努力を誰にもできなかったということの現れといえます。

元々はサッカーを熱心にやっており、大学では哲学を学んでいたという井上敬一さんは、根は非常に真面目で勉強熱心な方なのでしょう。

ホストから経営者に変わったことで記録ストップ

stevepb / Pixabay

井上敬一さんは経営側に回ったので60ヶ月連続ナンバーワンの記録はストップしましたが、そのまま現役を続けていたら、その記録はもっと伸びていたであろうと言われています。

経営者としても井上敬一さんはその才覚を発揮し、ミナミでナンバーワンの、全国的にも知名度を誇るクラブを運営するまでになりました。この時点でまだ弱冠30歳そこそこだったそうです。

井上敬一は日本一のホストを育てる力もあった

SCY / Pixabay

井上敬一さんは後進のホストを育成するにあたり、人は「正しいこと」では動かず、「この人のためにがんばりたい」という気持ちから動くということに気がついたそうです。

その後は家族ぐるみでホストと向き合うように心がけ、箸の持ち方から帽子のかぶり方など、細かいことも一から教えてホストを育てるようにしました。

その結果、ホストの日本一を決めるグランプリで優勝するほどのホストを育てました。

井上敬一が伝授する「振り子の法則」とは?

Antranias / Pixabay

井上敬一さんの提唱している人間関係の理論は、「振り子理論」と名付けられており、これはよく「ギャップ萌え」などと表現されるものと内容的に同一と考えて相違ないでしょう。

人の魅力はギャップ、つまり振り幅であり、この振り幅が人の感情を揺さぶります。平たく言えば、バカも賢くもできる人になりましょう、と井上敬一さんはおっしゃいます。

振り幅のレンジをどんどん広げて自分の魅力を高めていきましょうという理論です。井上敬一さんが実際に振り子理論について説明されているインタビューが有りましたのでご紹介します。

普段はクールなのに情熱的、すごいユーモラスなのに真面目だったり、チャラチャラしてると思ったら実は誠実だったとか。この振り幅に人は魅力を感じるんですよ。で、この幅があればあるほど「あの人ギャップがあって素敵だね」ってなる。僕は「天然振り子」と呼んでいますが、遊び人というのは、この「快と不快の振り幅」を意識しないで使っています。

(引用:bizSPA!フレッシュ)

井上敬一が語る!恋愛における復縁の方法は?

井上敬一さんは、女性が男性と復縁する方法についてもアドバイスをされています。以下にその要点を整理してご紹介します。

まずは友達に戻る努力をし、謝罪と感謝の気持ちを整理したらそれを相手に伝えます。相手のキーパーソンを味方につけましょう。相手を徹底的に承認しましょう。

詳細は井上敬一さんの著書をご一読されると良いでしょう。「愛する人」と結ばれる女性、結ばれない女性”という本に、復縁のためにすべきことが微に入り細に入り書かれているようです。

井上敬一のその他のエピソードは?ホストクラブ祭り?

井上敬一さんという人はとてもユニークな人であることが数々のエピソードからわかってきました。他にはどのようなエピソードがあるのでしょうか。ホストクラブ祭りとは何でしょうか。

NEXT:ザ・ノンフィクションにも出演した井上敬一
1/2