三助とは?江戸時代の銭湯で客の背中を流す仕事は現在もある?

三助とは、銭湯の労働者で男性や女性の背中を流す仕事をしていた人を意味する言葉です。三助という仕事について詳しく調べてみました。三助は今でもいるのでしょうか。三助は差別用語なのでしょうか。また、槍魔栗三助など、三助がつく芸名の芸能人についてもまとめました。

男の憧れ三助とは?三助の意味や仕事について

RyanMcGuire / Pixabay

三助とは、銭湯でお客の背中を流したり、お湯の準備などの仕事をする男性のことです。三助という名称の由来や、詳しい仕事内容についてまとめました。

三助は銭湯の男性労働者、男女の背中を流すサービスも行った

whitesession / Pixabay

三助は、江戸時代の中期から現代においての銭湯で働いていた男性の労働者です。風呂を焚いたり、下駄係、男女関係なく入浴している客の背中を流すなどの仕事をしていました。

三助の由来・語源は?

geralt / Pixabay

三助の「三」には、炊爨の「さん」の意味があり、炊爨と他の雑用などの仕事をしたことによります。銭湯の労働者を指す言葉になったのは、享保もしくは化政期からです。それ以前は下男、小者の通称でした。

また、かま焚きと湯の温度の調整、番頭という三つの仕事をかけ持つため、三つを助けるということで三助になったという由来もあるようです。

越後から、江戸にやって来た三人の兄弟の名前に「助」の字がついていたことが、三助の由来という説もあります。三兄弟は、銭湯で働き者だったため人気があったそうです。

下積みから一人前になるまでに10年はかかる

Pexels / Pixabay

三助を志望し、風呂屋に雇われると、まずは見習いとして、かま焚きのための木を拾う仕事から始めます。夕方は、入り口で客の履物の出し入れ、管理をする下足番をします。

見習いを2年から3年ほどして、かま焚きを始めます。かま焚きを経て、入浴する客の体を洗う「流し」をするようになると、三助を名乗ることができるようになります。

湯の温度調整をすること、洗い場の様子にも気を配ることなどの仕事ができるようになってから、一人前の三助と認められます。一人前になるには、約10年働かなければなりません。

「流し」の仕事内容

sasint / Pixabay

流しとは、浴室で三助が客の体の垢すりをしたり、体を洗ったりするなどを行う接客のことです。三助は、番台から、流し希望の客の連絡を受けたら、桶に湯を汲み、流し場に用意します。

そして、桶の所に来た客に流しを行います。客が複数人いる時は、待ち時間や順番を間違わないようにしたり、要領よく流しをしていかなければなりませんでした。

客から札を貰って、流しのサービスが終了

tookapic / Pixabay

流しが終わった後、客から流しの札を貰うことで、流しの接客が終わります。その札の数の多さで、給料の他に、歩合給がつくことになっていました。三助の給料は、銭湯の男性の被用者の中で一番高かったそうです。

三助は、性別問わず流しをしており、たくさんの裸の女性がいる中で流しをするため、その環境に耐久がないと、三助の仕事はできなかったそうです。

NEXT 男性の憧れの仕事だったが実際はすることが多く大変