池山隆寛の経歴がすごい!現在は指導者?監督?感動の引退試合とは? エンタメ

池山隆寛の経歴がすごい!現在は指導者?監督?感動の引退試合とは?

目次

[表示]

現在も駿河台大学の客員教授をしている?

駿河大学において2015年までの任期として客員教授の契約でしたが、2015年以降も契約延長という形で教授を続けています。駿河大学のホームページには、講師をする姿の写真がアップロードされています。

トークショーもしている?

池山隆寛さんは、トークショーも行っています。2019年7月に東京都港区にあるシバウラハウスで行われました。特典としてツーショット写真の撮影とサイン会も付いているプログラムとなります。

池山隆寛のブログはある?頻繁に更新中!

池山隆寛さんは、アメーバブログを運用しています。主に仕事の告知を行うために使われています。ブログのタイトルは、「ブンブンスタジアム」という名前で数日に一回は更新されています。

最近のブログでは、トークショーの感想やファンに囲まれている写真がアップロードされています。

2019年3月有吉反省会に出演!

池山隆寛さんは、2019年3月に人気バラエティ番組の「有吉反省会」に出演しています。自身のブログにおいて3週間に渡り出演しますと、告知をしています。

3月9日放送の回で、メインとして反省をしています。内容としては「自撮りが下手すぎる」というものです。球界屈指のイケメンとして有名ですが自撮りが酷いためファンが困惑しているそうです。

ブログにアップされた過去の写真は、半開きになっていたり、うつろな目をしていたりと自身の美男子ぶりを全く活かしていませんでした。

自撮り写真もブンブン丸スタイルだった

写真の撮り方について尋ねられると池山隆寛さんは、「5連射ぐらいで写真を一気に撮影して一番映りの良い写真をアップしている」とブログ用の画像選定の方法を明かしています。

さらに、その手法については「数打てば当たるってことで、ブンブン丸スタイルですね」と自虐的に過去のスイング手法を掛けたギャグも披露して有吉弘行さんから苦笑いをされていました。

 池山隆寛は楽天監督を狙っていた?星野仙一との関係は?

2018年1月に他界した星野仙一さんは、中日ドラゴンズや阪神タイガース、東北楽天イーグルスなどの複数の球団で監督を務めていました。

逝去の報を受けて池山隆寛さんは、哀悼の意を表わしています。星野仙一さんに対しては大きな恩を感じていたそうです。東北楽天イーグルスを星野仙一さんが監督を務めた時代もありました。

池山隆寛さんは「今の自分があるのは星野さんのおかげだ」と、自身のブログ内でコメントしています。

過去にはヤクルトのコーチのオファーを蹴ったことも

Engin_Akyurt / Pixabay

星野仙一監督が東北楽天イーグルスを率いた時代に池山隆寛さんは、ヤクルトのコーチのポジションのオファーを受けていますが、これを蹴って星野仙一さんの誘いを受けて楽天へと移籍しています。

星野仙一さんとの話し合いの席を設けた際に、「星野さんの背番号77を僕に使わせて下さい」と懇願しています。一部の人からは星野仙一監督の後釜を狙っていたという見方もされています。

メルカリで池山隆寛元選手のサイン入りアイテムが出品されている?

池山隆寛さんがプロ野球選手を辞めてからかなりの年月が経過していますが、現在もサイン入りのアイテムがメルカリで出品されています。ボールや、色紙、バットと種類が豊富です。

 池山隆寛と結婚した嫁は?子供はいるの?

ここからは池山隆寛さんのプライベートについてもご紹介します。ここからは結婚した妻の素姓や、子供について調査しました。

池山隆寛は結婚してる?

池山隆寛さんは、プロ野球選手をしていた1992年に結婚しています。当時は、ゴールデングラブ賞を受賞するなどヤクルトスワローズを牽引し年俸が1億5千万円と推定された好調な時代でした。

1992年に結婚!お相手は元モデルの池山ゆりか(旧姓・真田)

妻となった女性は、池山ゆりかさんという名前で旧姓の苗字は、真田となります。結婚するまでの期間にモデルの仕事をしていたようです。

池山隆寛は5人家族で、息子が2人と娘が1人!

妻のゆりかさんとの間には、息子が2人と娘が1人生れています。息子2人は、野球の経験があるそうです。

子供たちの名前や年齢は?

3人の子供の名前と年齢については、2002年にスポーツ誌にて公表されていますが、一般人であることを加味してか現在の子供の画像や、素姓がわかる生年月日などの情報は、公開されていません。

2002年の段階で長男の颯斗さんは8歳、次男の拳聖さんは6歳、長女の愛莉さんは5歳でした。現在は全員成人していることになります。

颯斗さんは東京国際大学に進学して野球をしていました。拳聖さんは駿河大学に進学しました。2人ともプロ野球選手になる道を選ばなかったようです。

池山隆寛が南野陽子と熱愛!?

ジャニーズ系と言われてきた精悍な顔立ちと高身長から以前は、多くの女性と熱愛の噂がありました。その中でも最もメジャーで話題性が高かった熱愛の相手は、南野陽子さんでした。

池山隆寛は過去に南野陽子と熱愛していた?

当時アイドル歌手として人気絶頂だった南野陽子さんとの熱愛が報道されたことがありました。南野陽子さんは、恋多き女性と言われており過去に熱愛の噂が多く流れていました。

発覚は車内でのツーショット写真だった

南野陽子さんとの熱愛がスクープされたのは、車中で2人が乗車している写真が流れたことがきっかけとなりました。

南野陽子によるカモフラージュに利用された?

2人の熱愛の噂が立ったものの、実はデマであると言われてきました。理由としては、当時南野陽子さんには、音楽プロデューサーとの不倫疑惑があったという背景がありました。

売れっ子アイドルにとって不倫の熱愛はイメージダウンに繋がります。カモフラージュ用の熱愛を仕立てられたと言われています。

南野陽子側は「グループ交際」とコメントしている

南野陽子さん側からは2人の間柄をグループ交際である、というコメントを発表しています。その後に2人の写真を撮られる機会も、デートの目撃証言の続報がなかったことで友人関係である可能性が高いとされています。

【動画あり】池山隆寛の引退試合が感動的すぎる!

ヤクルトスワローズ一筋でプロ野球選手生命を賭けた池山隆寛さんは、2002年に開催された引退試合が感動的であると話題になりました。

エグすぎた現役時代の守備やバッティングは引退試合でも!?

打撃力だけではなく並外れた運動神経で、ショートを守り続けた現役時代を彷彿される引退試合は、2002年10月に広島東洋カープ線で、大舞台を用意されました。

引退を惜しむ多くのファンに見守られながら、8回に二塁打を打ち、守備においてもファインプレーを見せて球場を大いに沸かせました。

フルスイングに込めた思い、満身創痍でも戦いきった池山隆寛

https://www.youtube.com/watch?v=pLCCEW_FSMY

延長10回裏に打席が回ってきました。最後までブンブン丸として全力でバットを振り、結果は三振によるゲームセットとして現役最後のバッティングを終えました。

ゲーム終了時には膝が回らない状態になっており試合終了後は、足を引きずって移動する程に満身創痍の状態でした。

引退セレモニーで語ったこととは?

引退セレモニーにおいては、家族と一緒にマウンドに立ち応援してくれたファンや関係者だけではなく、家族の名前を1人ずつ読み上げながらありがとう、と感謝の意を述べています。

最後に「これから第二の人生の打席に入ります。必ず(野球に)戻ってきます」と力強いコメントを残しています。

池山隆寛が歌っている自由の女神って?

Ronile / Pixabay

かつてプロ野球選手は、オフシーズンになるとCDを出す人が多数いました。当然のことながら人気度の高かった池山隆寛さんもCDをリリースした過去がありました。

小室哲哉さんがプロデュースを担当しており、「自由の女神」という楽曲です。

池山隆寛は在日韓国人?帰化してるの?

池山隆寛さんには、在日韓国人ではないかという噂があります。芸能人やスポーツ選手には、このような噂が出ることは珍しくありません。在日韓国人と言われる情報源も特に出てきませんでした。

両親も純日本人であることから見ても、この噂はデマである可能性が高いと言われています。

ゲーム好きは知りたい!?パワプロでの池山隆寛!

実況パワフルプロ野球というゲームがあります。プラットフォームはPS4とPS Vitaで遊ぶことができます。一般的に「パワプロ」という呼ばれ方をされていることが多いようです。

池山隆寛さんのキャラクターが存在しています。キャラクターには幾つかのパラメタが設定されています。守備力、パワー、走力、ミートというように各項目はA~Gランクまで存在しています。

池山隆寛さんの過去のデータから格付けをされています。例えばパワーは、Aランクですが三振が多かったことからミートはDランクとなっています。

イケトラコンビの相違点とは?

ヤクルトスワローズ黄金期に打線で活躍したのは、池山隆寛さんだけではありません。黄金期を支えたメンバーの1人に広沢克己さんというバッターがいました。2人はクリーンナップを担った名コンビでした。

池山隆寛さんと広沢克己さんは、プライベートでも仲が良く、名物バッターとして人気を博し「イケトラコンビ」と呼ばれていました。イケトラコンビの共通点と、相違点についてご紹介します。

広沢克己とは?

広沢克己さんは1984年にドラフト1位指名でヤクルトスワローズに入団しています。入団した翌年からレギュラーを務めています。

1988年から4番打者になり、ホームラン30本、打点80というチームの主軸として花開きます。過去の受賞履歴は、ベストナイン賞を4回、月刊MVPを3回、打点王を2回受賞するという才能を発揮しています。

トラというニックネームは、渥美清さんが演じていた「寅さん」に似ていることから付いたそうです。

イケトラコンビの共通点とは?

広沢克己さんは不動の4番バッターでしたが、イケトラコンビには共通点がありました。2人とも長打力に優れており本塁打の多さが共通点でした。1988年には、2人とも30本ホームランを達成しています。

その反面2人には、三振が多いという共通点もあります。1989年に関根潤三監督は、「三振は100までなら許容する」と妥協をしたのですが、あっさりと2人とも100三振を超えてしまいました。

池山隆寛さんは約150三振を記録しています。関根潤三監督は大いに呆れてしまい「100三振でも足りないとは、どうしようもない」とコメントを残しています。

イケトラコンビの相違点とは?

イケトラコンビは、ヤクルトスワローズのファンから大いに支持されていました。打撃においては、2人とも共通点が多くありましたが、それ以外の点で相違点もありました。

広沢克己は複数の球団を渡り歩いた

広沢克己さんは、1985年から1994年までの期間をヤクルトスワローズで4番打者として活躍後にFA宣言をしています。翌年に読売ジャイアンツに移籍しています。

1999年には、読売ジャイアンツを自由契約の身となり、2000年に阪神タイガースに移籍しています。池山隆寛さんは現役を退くまでヤクルトスワローズ一筋でした。

チームメイトであり、ライバルでもあった、広沢克己さんのFA宣言の翌年に池山隆寛さんは、成績を落としている事から張り合いを失ったと言われています。

広沢克己は生徒として大学へ通う

広沢克己さんは、2018年に日本大学大学院の通信制を使って入学したと発表しています。国際情報を専攻しており「グローバルな感性を身に付ける」と前向きに勉学に取り組んでいます。

池山隆寛さんは、息子が通っていた大学である駿河大学で客員教授の肩書を持ち、対照的な立場にあります。

NEXT:池山隆寛は引退してもブンブン丸として野球を愛する
2/3