暇つぶしができるサイト!読み物に雑学、ゲーム等ジャンル別まとめ! おもしろ

暇つぶしができるサイト!読み物に雑学、ゲーム等ジャンル別まとめ!

目次

[表示]

ネットショッピングをする

geralt / Pixabay

辛い仕事の中でもたまには肩の力を抜くことは大事です。「この仕事が終わったらご褒美として好きな物を買おう」と決めておけば、仕事も捗るかも知れません。

また、自分が欲しいものを決めておけば、その金額を稼ぐために頑張るというモチベーションの向上にも繋がるので、ウィンドウショッピング感覚で見ても面白いでしょう。

授業中におすすめの暇つぶしまとめ!

nikolayhg / Pixabay

「そんな低レベルのことは理解してるよ…」「課題も終わったし、やること無いな」と感じることはあると思います。ここからは、授業中にできる暇つぶしの方法についてご紹介します。

小説を読む

EliFrancis / Pixabay

中学生や高校生の場合は、学校にスマートフォンの持ち込みが禁止されていることもあるでしょう。電子書籍は便利ですが、没収されてしまっては元も子もありません。

そんなときは小説や参考書を持ち込んで読むことをおすすめします。万が一、見つかっても「ちょっと…しまっておきなさい!」と注意されるだけで済むでしょう。

漫画や小説を書く

プリントの裏やルーズリーフなどに漫画や小説を書くこともおすすめです。誰にも見せる必要は無いので、妄想を膨らませながら自分だけの漫画や小説をかけるのでワクワクするでしょう。

「公開して読者からの反応を知りたい」と思ったら、前述したように素人でも無料で小説を投稿できるサイトもあるので投稿してみましょう。

手紙のやり取り

Free-Photos / Pixabay

女子の中では手紙でやり取りをする人は多いのではないでしょうか?「何を書こうかな〜」「どんな話題を出そうかな」と、考えているうちに時間は過ぎるでしょう。

教科書の落書き

pencilparker / Pixabay

学生の暇つぶしの鉄板と言ったら教科書への落書きではないでしょうか?特に歴史の教科書に出てくる偉人の落書きは個性が出るので、友達を笑わせるつもりでやってみるのも面白いでしょう。

数独

授業中の暇つぶしとして数独もおすすめです。白いマスに数字を埋め込んで「縦・横・ボックス」内で1〜9の数字を完成させるというルールです。

スマホアプリでもリリースされていますが、100円均一などで100問程度の数独本も販売されています。サイズもコンパクトなので、教科書で隠しながら出来るでしょう。

暇つぶしができるサイトまとめ!(飛行機編)

Free-Photos / Pixabay

飛行機に頻繁に乗る方はフライトの1〜2時間はとても退屈に感じると思います。機内にWi-Fiが通っている場合はネットが繋がりますが、基本的には機内モードにしないといけません。

ここからは、飛行機内の暇つぶしに使えるサイトをご紹介します。

スマートニュース

スマートニュースは「エンタメ」「スポーツ」「生活」「経済」などのニュースが読めるキュレーションサイトです。

あらかじめニュースを読み込んでおけば、圏外になっても記事を読むことができます。しかし、画像は読み込めない場合が多いので注意しましょう。

Amazonオーディブル

Amazonオーディブルは、オーディオブックと呼ばれるサービスで、サイト内で掲載されている本を音声で聴くことができるサイトです。

一度、ダウンロードすることでオフラインの環境でも利用出来るので、目も疲れずに本を楽しむことができます。

音楽を聴く

PourquoiPas / Pixabay

暇つぶしの鉄板と言ったら音楽を聴くことだと思います。ダウンロードをしておくことで、オフライン環境でも再生出来るアプリがたくさんあるので、音楽を聴くことはおすすめです。

暇つぶしに最適!おすすめのYouTuberとは?

geralt / Pixabay

社会現象にもなっていると言っても過言ではないYouTube。そのYouTubeに動画を投稿している個人・グループをYouTuber(ユーチューバー)と呼びます。

短い動画や長い動画までたくさんありますが、ここからは大人にもおすすめなYouTuberをご紹介します。暇つぶしどころか、毎日観ることが日課になってしまうかも知れません。

暇つぶしにおすすめのYouTuber①Naokiman Show

「Naokiman Show」さんは、世界の都市伝説や陰謀論などの情報をYouTubeに投稿している男性です。チャンネル登録者は約79万人(2019年7月現在)です。

「Naokiman Show」さんの魅力はトーク力と動画の編集技術です。自動音声ではイントネーションや声の抑揚が乏しいですが「Naokiman Show」さんは動画の内容に合わせた演習をしています。

「初めて見たけど、この人めっちゃ面白い!」「毎回面白すぎる!」「こんなネタどこから仕入れてくるんだ?」と、絶賛されています。

暇つぶしにおすすめのYouTuber②チャンネルがーどまん

「チャンネルがーどまん」は、ドッキリ系YouTuberと呼ばれており、親友の大事な物を破壊したときのリアクション映像を投稿しています。チャンネル登録者数は78万人(2019年7月)です。

「物を破壊するドッキリ=実は壊していなかった」というのが普通なのですが、チャンネルがーどまんでは、本当に物を破壊してしまうのです。

「さすがにやりすぎ!」というコメントも多く寄せられていますが、過激なことばかりするので、彼らの行動を見ているとストレス発散できるという方も多いようです。

暇つぶしにおすすめのYouTuber③カジサック

「カジサック」は、お笑い芸人キングコングの梶原雄太さんが設立したチャンネルです。お笑い芸人ならではのトークスキルで豪華なゲストとトークや企画を繰り広げています。

テレビでは聞けないような貴重な会話や、面白い映像が見れるので老若男女問わず大人気です。インパルスの堤下敦さんとのコラボ動画が面白いと話題になっています。

テレビの場合は、事務所やスポンサーの関係もあり、台本が決められているのですが、、YouTubeは梶原雄太さんが自由に出来るので、更に面白さが際立っています。

暇つぶしにおすすめのYouTuber④ジャルジャル公式チャンネル

お笑い芸人の「ジャルジャル」の公式チャンネルです。YouTubeにはコントや漫才の動画を投稿しています。チャンネル登録者数40万人を超えるほど人気です。

数多くの賞レースで好成績を納めてきたジャルジャルの漫才・コントは好評で、お金を払って見るべきものを無料で楽しめることが話題になっています。

「ジャルジャルの動画を見てから出勤する!」「電車内でジャルジャル動画見てる!」という方も多く、老若男女問わずファンが多いのが特徴でもあります。

暇つぶしにおすすめのYouTuber⑤AbemaTV

AbemaTVとは、パソコンやスマートフォンで見れるインターネットテレビです。YouTuberというカテゴリーではないのですが、予告動画などをYouTubeで見ることができます。

テレビ番組ではスポンサーや放送倫理などが関係しているので、踏み込んだ話は出来ないのですが、AbemaTVではインターネットということで、テレビよりも過激な番組が放送されています。

ちょっぴりエロい話から裏社会の話題まで、その道の専門家を呼んで過激な討論を見ることができます。最近は芸人の闇営業の話題で持ちきりです。

暇つぶしにおすすめのYouTuber⑥ホリエモンチャンネル

実業家の堀江貴文さんが、ビジネスのノウハウや日本の現状などについてゲストを招き、意見を交わす内容のチャンネルです。チャンネル登録者数は29万人を超えています。

時代の風雲児と称された堀江貴文さんの視点は常に最先端を見ており、動画のコメント欄では「そういう考え方があったのか…」「さすがホリエモン!」と、絶賛されています。

また、堀江貴文さんの発言で勇気をもらうサラリーマンの方も多く、「自分も堀江貴文になれるかも!」と、視聴者に希望を与えるチャンネルでもあります。

暇つぶしにおすすめのYouTuber⑦ひろゆき

2ちゃんねるの創設者である「西村博之」さんもYouTubeチャンネルを開設しています。お酒を飲みながらダラダラと雑談をしているのですが、そのラフさが人気になっています。

このチャンネルでは、視聴者から寄せられた質問に答えていく会話型の放送をしており、あらかじめ用意されていたと思えるような的確なコメントで視聴者を納得させています。

「この考え方はすごい!」「知識の量がハンパない!」と絶賛するコメントばかりで、マインドセットとしてはとても参考になる動画です。

暇つぶしサイトの種類は豊富!状況に応じて使い分けることが大事

ijmaki / Pixabay

本記事では暇つぶしサイトの中でも「雑学」「スマホ・PCゲーム」「哲学・オカルト」「ホラー」など、様々なジャンルのサイトをご紹介しました。

暇つぶしどころか、面白くて時間を忘れて熱中するようなアプリもあり、「早速、ダウンロードしよう」と思った方も多いのではないでしょうか?

学校や職場、飛行機内でも暇つぶしが出来るサイトをご紹介しましたが、場所や状況に合わせて利用することをおすすめします。

暇つぶしの鉄板である読書に関連する記事はこちら

4/4