暇つぶしができるサイト!読み物に雑学、ゲーム等ジャンル別まとめ! おもしろ

暇つぶしができるサイト!読み物に雑学、ゲーム等ジャンル別まとめ!

目次

[表示]

大島てる

「大島てる」は、日本全国の事故物件がわかるサイトです。Googleマップのように地図が表示されるのですが、事故物件を炎のマークでピン止めされています。

自殺や他殺、火災などによって死亡事故が起こった物件が分かるので、自分が住んでいる地域の事故物件の有無がわかります。

東京DEEP案内

東京DEEP案内は、東京のワケありスポットを紹介しているサイトです。物件情報やガイドブックには掲載されていない情報をたくさん扱っています。

無差別殺人事件の現場を歩いて、当時の情景や街並みを紹介しています。最近では、川崎の登戸で発生した小学生の無差別殺人事件についての情報も掲載されています。

ゆいたんねる

「ゆいたんねる」は、2ちゃんねるの逸話や名言、オカルト系の話などをまとめているサイトです。その中でも怖い話には定評があります。

恐ろし屋

「恐ろし屋」は、プロのホラー作家が出版している漫画や作品を無料で読める試し読みサイトです。文字だけではなくイラストもあるので、怖さが倍増します。

サイコパスや怪談、心霊などの幅広いジャンルの作品を試し読みできるので、ホラー・オカルト好きの方にはおすすめのサイトです。

暇つぶしができるサイトまとめ!(ニュースサイト編)

「読書をするほどの時間は無いから、ちょっとした時間にニュースを確認したい!」「経済や芸能のニュースを把握しておきたい!」という方も多いでしょう。

ここからは暇つぶしサイト「ニュースサイト編」をご紹介します。

グノシー

グノシーは、情報キュレーションサイトとして「エンタメ」や「スポーツ」「経済」などの幅広いジャンルの旬な情報が読むことができます。

タイムリーな話題がたくさん投稿されているので、気づいたら時間を忘れて読み続けているという意見もたくさんあります。

exciteニュース

exciteニュースは、事件や速報、話題のニュースをピックアップしているサイトです。トレンドネタだけではなく、ドラマや映画のレビューなども投稿されています。

専属ライターによる連載コラムなども投稿されているので、面白いと思ったら定期的に読みたくなるサイトです。

livedoorニュース

livedoorニュースは、exciteニュースやグノシーと同様に「トレンド」や「エンタメ」「スポーツ」のニュースを多く扱っています。

マイナビニュース

マイナビニュースは、100種類以上のカテゴリーが毎日更新されるキュレーションサイトです。ビジネスやデジタルなどの情報がたくさん掲載されています。

流し読みをするだけでも雑学や知識がつくので、会話のネタを見つけることができます。

Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースは、新聞社や通信社が配信するニュースを多く取り扱っています。多数のジャンルがあるので、Yahoo!ニュースだけでも暇つぶしができるでしょう。

暇つぶしができるサイトまとめ!(動画サイト編)

ijmaki / Pixabay

公共施設やカフェでもFree Wi-Fiを繋げられるようになったので、外でも動画を閲覧する人は多くなりました。

ここからは、暇つぶしができるサイト「動画サイト編」をご紹介します。

YouTube

StockSnap / Pixabay

YouTubeは誰でも無料で利用できる動画共有サイトです。企業や個人などが投稿した音楽や動画を見ることができます。

最近ではYouTubeに動画を投稿するYouTuberが登場したことにより、これまで紹介した「面白い系」「オカルト・ホラー系」「哲学系」などの様々な動画も楽しむことができます。

U-NEXT

U-NEXTは、人気の映画やドラマ・アニメが見れる動画サイトです。1ヶ月間無料で体験することができますが、その後は月額料金がかかってきます。

ニコニコ動画

ニコニコ動画はドワンゴが提供している動画共有サービスです。動画途中にコメントが横流れするシステムが特徴です。

ニコニコ動画は生放送が人気となっており、ニコ生主と呼ばれる動画投稿者がたくさんいます。YouTubeの登場により縮小気味ですが、ニコニコ動画でしか見られないコンテンツもあります。

TikTok

TikTokとは、ショート動画の作成やシェアを中心とした動画共有サービスです。中高生を中心に大ヒットしている動画サービスで、多くの芸能人も利用しています。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオは、Amazonが提供するビデオ・オンデマンドサービスです。Amazonのプライム会員になることで、コンテンツを楽しむことができます。

映画やドラマ、バラエティー番組などを視聴することが可能で、Amazonプライム・ビデオだけで見られる動画がたくさんあります。

暇つぶしができるサイトまとめ!(眠れない夜中におすすめ編)

Claudio_Scott / Pixabay

「寝ないといけないのに眠れない…」「じーっとしているのも暇だから、暇つぶしができるサイトを知りたい」と思っている方も多いでしょう。

ここからは、眠れない夜中におすすめするサイトをご紹介します。

NASA映像

NASAが公開している宇宙ステーションからの映像をYouTubeで見るこができます。地上の夜景とは圧倒的にスケールが違う幻想的な映像を楽しめます。

疲労やストレスを感じているときに見ると、心が浄化されるように癒されるので、気づいたら眠っていたということもあるでしょう。

リラックス効果のある音楽

電気を消してスマートフォンを見ると目が痛くなってしまって余計に眠れなくなった経験がある方も多いでしょう。そんなときには、リラックス効果のある音楽を流すことをおすすめします。

交感神経が優位に働いていると興奮して眠れなくなるのですが、音楽によってリラックスすると副交感神経が優位に働くので、快眠効果に期待されています。

生き物の動画

水槽の中にカラフルな魚が泳いでいる映像です。たくさんの魚が優雅に泳いでいる姿を見ると自然に眠たくなってくることもあるでしょう。

仕事やプライベートのストレスを抱えているときに見ると心が落ち着いてくるでしょう。

音フェチ動画

眠れないときはリラックス効果のある水の音を聞くことが効果的です。「ASMR」と呼ばれる音響効果によって実際にシャンプーをされているような気持ちになります。

目を閉じて耳元にスマートフォンを置き、ASMR効果のある動画を見ることをおすすめします。

漫才動画

https://youtu.be/5zD31nZF7qM

「静かな場所だと寝れない…」という方も多いと思います。そんな方には快眠用に作成された芸人の漫才動画をおすすめします。

テンポの良い漫才が心地良いBGMとなって、自然に眠くなってくることもあるでしょう。

電車の中でおすすめの暇つぶしまとめ!

pixel2013 / Pixabay

通勤や通学など、長時間電車に乗る機会は多いと思います。乗客のおよそ9割の人がスマートフォンを見ていることは当たり前になっています。

ここからは電車の中で暇つぶしをできるサイトをご紹介します。

Abema TV

Abema TVは、パソコンやスマートフォン向けのインターネットテレビです。恋愛コンテンツやアニメ、ニュースなど15000以上の番組を見ることができます。

インターネットで放送されているので、テレビでは放送できないような過激な内容の番組をも見ることができるので、テレビが味気なくて面白くないと思っている人にはピッタリです。

どうぶつタワーバトル

「どうぶつタワーバトル」は、さまざまな動物を積み上げて、対戦相手よりも動物を積み上げた方が勝利というオンライン対戦ゲームです。

「あー!もう1回…いや…あともう1回…」と、1度プレイをしたら止まらなくなるような中毒性の高いゲームになっています。

「気づいたら目的地の駅まで着いていた…」というコメントも多く、長時間の移動には必須アプリかも知れません。

LINE ツムツム

メッセージアプリLINEから展開されている「ツムツム」は、画面上部から落ちてくるキャラクターを繋いで連鎖をさせて消していくパズル型アクションゲームです。

ディズニーキャラクターとコラボをしており、ミッキーやミニー、プーさんなどのキャラクターが可愛すぎると話題になりました。

BGMを消しても十分に楽しめるアプリなので、電車内での暇つぶしには最適です。

Q

「Q」は、出題されたミッションに対して、指で線や図形を描いてクリアを目指す物理演算パズルゲームです。非常にシンプルなお題なのですが、頭の柔軟性が問われるゲームです。

「え?コレでクリアしないの?」「悔しい!どうやったらいいんだろう…」と、無料とは思えないクオリティーでユーザーを夢中にさせてくれます。

漢字ナンクロ2

「漢字ナンクロ2」は、白いマスの中に特定の漢字を埋めていくパズルゲームです。ナンプレのように白いマスにヒントとなる数字が記載されており、最終的には熟語を完成させます。

実際に利用したユーザーからは、「単純だけどシンプルで面白い。勉強になる」「頭も使うし、暇つぶしに最適!」というレビューが寄せられています。

仕事中におすすめの暇つぶしまとめ

Free-Photos / Pixabay

特に事務職をしている方は「作業が終わってしまったから、やる事がない…暇すぎる」「仕事が終わった事を知られると手伝わされる…」という方も多いでしょう。

すぐに仕事が終わるのは楽な会社と思われがちですが、仕事が出来る人は、暇すぎることがストレスで疲れてしまうのです。

ここからは、仕事中にもできるおすすめの暇つぶし方法をご紹介します。事務職が多い人は必見です。

電子書籍で小説や参考書を読む

Pexels / Pixabay

Kindleやipadなどの電子書籍で小説や参考書を読むことはおすすめです。文庫本はあからさまに暇というのが周囲に伝わってしまうので、電子書籍なら調べ物をしていると見られるでしょう。

「何読んでるの?」と聞かれたら、「〇〇について深く知りたかったので、参考書を買って調べています!」と、あくまでも仕事に関連していると言い訳をすれば問題ないでしょう。

電子書籍で漫画を読むという人もいますが、職場によってはできない場合もあるでしょう。活字なら取り上げられて読まれない限りバレないので、とてもおすすめです。

ワイヤレスイヤホン装着でYouTubeを見る

ワイヤレスイヤホンを片耳に装着して、YouTubeで著名人の雑談や音楽を聴くことも暇つぶしに最適です。片耳だけなので、話しかけられても声に気づけるでしょう。

著名人の雑談や音楽なら、映像を見なくても十分に楽しめるのでスケジュールを調整したり、デスクの上を整理しながら時間を潰すことができるでしょう。

会社のパソコンでYouTubeを見ると履歴が残るのでバレてしまうという方はご自身のスマートフォンやタブレットでチャレンジしてみるのも手段の1つです。

資格の勉強をする

kaboompics / Pixabay

自分のスキルアップのために資格取得の勉強をする人も多いです。小さい参考書を書類の下に隠して勉強する人や、電子書籍に資料を入れて読むなど方法はさまざまです。

今の職場に不満があって、転職を考えている人は現在の仕事を平行しながら「資格を取得したら辞める」という覚悟を持って勉強をしている方もいるようです。

ラジオを聴く

ワイヤレスイヤホンなどを利用してラジオを聴く方法もあります。「radio」というサイトでは自分が住んでいる地域のAM・FMラジオを聴くことができます。

毎日のように放送されているので、各曜日で好きなパーソナリティやコーナーなどが見つかったら、仕事の中でも楽しみが増えるでしょう。

NEXT:ネットショッピングをする
3/4