ジョンディーコンはクイーンの元ベースで仲介役!引退後の現在は?

過去に「笑っていいとも」に出演したこともある「クイーン」のベース担当だったジョンディーコン。現在は引退したジョンディーコンですが、ファンサイトには時々書き込みをしているそうです。イケメンと言われる子供達も含めジョンディーコンの今を追ってみました。

ジョンディーコンとは?

その温厚な人柄が決め手となって1971年、クイーンのベーシストのオーディションによってクイーンの一員となったジョンディーコン。来日した際は「笑っていいとも」にも出演しました。

先日公開された映画「ボヘミアンラプソディー」が話題になっている今、フレディーマーキュリーを愛してやまなかったジョンディーコンの現在を調べてみました。

身長は何㎝?ジョンディーコンのプロフィール

  • 本名: ジョン・リチャード・ディーコン
  • 生年月日:1951年8月19日生まれ(現在68歳)
  • 出身地:    イギリスレスターシャーオードビー
  • 活動期間: 1165年から1997年
  • 身長:  180cm
  • イギリスのロックバンド「クイーン」のベースギター担当

ロックバンドクイーンの中では1番年下だったジョンディーコンですが、その人柄からメンバーの仲裁役にもなっていたようです。

クイーンのベーシスト、多くのヒット曲を生み出した

Free-Photos / Pixabay

ジョンディーコンは、クイーンのベーシストでありながら実に多くの曲を作曲し、中には全米ヒットチャート1位となった「地獄の道連れ」があります。

他にも多くの楽曲を提供していますが、「ベスト・マイ・フレンド」はジョンディーコンの妻であるベロニカさんにあてて作曲したものだそうです。

温厚な性格でバンド内の衝突や解散の危機を救ってきた

3dman_eu / Pixabay

メンバー内の意見の衝突、すれ違いや諍いによる解散の危機を何度も救ってきたのはジョンディーコンでした。

自分の主張を譲らないメンバー同士の争いも、ジョンディーコンの謙虚で優しい人柄により事なきを得ることができたようです。

機械に強く、エフェクターやアンプの制作・改造でもバンドに貢献した

Free-Photos / Pixabay

ロンドン大学で電子工学科を専攻していたジョンディーコンは、ギター担当のブライアンメイが使用していたアンプもオリジナルを自身で組み立てました。

通称ディーキーアンプによって、ブライアンメイが愛用しているギター、レッドスペシャルによるギターテクニックとエフェクターの組み合わせで7つの音色を奏でることが可能だったそうです。

NEXT 日本でもかわいいと人気!ジョンディーコンの画像は?