既婚者がセフレを作る方法は?ばれないように注意すべきことは何? 雑学・ライフスタイル

既婚者がセフレを作る方法は?ばれないように注意すべきことは何?

結婚している既婚者が、パートナーがいるにも関わらずセフレを作りたいと思うのはどんな時なのでしょうか。また、セフレができた時のリスクや、セフレに対して本音ではどのように思っているのか、特徴について今回はまとめてみましたので、紹介していきます。

目次

[表示]

既婚者でもセフレを作る人は多い?

3194556 / Pixabay

セックスが好きな人は、いつでも会えばセックスができる相手がいれば最高だと思うでしょう。自分がムラムラしてしまった時は、必ず連絡をするはずです。

未婚で、遊び目的のセフレがいたとしても、お互いが同意の上なら問題はないです。お互いが自己責任で、セックスしたいと思っているからです。

しかし、結婚をしていて、パートナーがいるにも関わらず、セフレが欲しいと思っている人はどうなのでしょうか。

既婚者でもセフレを作ることは可能

Takmeomeo / Pixabay

既婚者でもセフレを作る事はもちろん可能です。事情は人それぞれあるかもしれませんが、結婚をしていてもセックスフレンドは作れます。

しかも、男も女もどちらの性別でもセックスフレンドは作ることが可能です。実際には、男性の方がセフレが欲しいと思っている確率は高いです。

セックスをしたいという欲望は、既婚という枠を超えて外にまで手を伸ばして、リスクを背負ってでも満たしたい欲望なのでしょう。

セフレは不倫?既婚者が不倫をする割合とは

Olessya / Pixabay

結婚していてパートナーがいるにも関わらず、セックスフレンドがいるという状態は不倫と呼んでもいいかもしれません。

既婚女性が不倫をしてしまう割合は、全体の23パーセントほどで、仕事をしていた女性が不倫をしたことがある割合が高いようです。

既婚男性が不倫をしてしまう割合は、全体の25パーセントほどで、4人に1人が浮気、不倫をしている計算になります。

関連する記事はこちら

既婚者がセフレが欲しい・不倫したいと思う瞬間や心理

toanmda / Pixabay

結婚していてパートナーがいるにも関わらず、外で不倫をしたり、セックスフレンドが欲しいと思っている人は存在します。

ただ不倫相手や、セックスフレンドに求めている愛の形は、人それぞれ違いがあるようです。

今回はそんな、家庭内にパートナーがいるにも関わらず、不倫相手やセックスフレンドが欲しいと思っている人の本音や心理を見ていきます。

刺激が欲しい

Takmeomeo / Pixabay

毎日の同じような繰り返しの生活にハリがなく、一体何のために生きているのかと嘆いてしまうような人は、セフレを作りたいと思っています。

朝起きて、仕事に行って、帰って来て寝る。こんな生活の人は、何か日々の中で刺激を求めています。自分の性浴も満たしてくれるセフレがいてくれたら生活にハリがで出るでしょう。

セフレは自分の生活の中で、オアシスのような存在になってくれて、乾ききった日々に水を与えてくれるかもしれません。

収入に余裕ができた

kschneider2991 / Pixabay

今までは、少ない収入で家族を食べさせていかないければならなかったけれど、だんだんと昇進していくにつれて収入がアップしてお金に余裕ができる人もいます。

お金に余裕ができると、人は気持ちが大きくなるので、自分の欲にお金を使うようです。そのうちの一つが性欲です。

ご飯代やホテル代だって気にせずに払えるので、セフレも作りやすいのかもしれません。また、お金に余裕があるという事は、セフレも寄ってくるでしょう。

家に居場所がない

Myriams-Fotos / Pixabay

昼間は会社で上司に怒られ、夜は家に帰っても、家族は誰も相手にしてくれないような状況の人は、セフレを作って寂しさを紛らわせるのかもしれません。

家族のために頑張って日中、やりたくもない仕事で汗水垂らしているのに、家に帰って来ても誰も「お疲れ様」の労いの言葉もなく、家に居場所がない人もいるでしょう。

誰かにねぎらって欲しくて、自分の存在価値を認めて欲しいと思っている人がセフレを作って安住の地を求めているようです。

癒しが欲しい

congerdesign / Pixabay

男女問わず、仕事が忙しすぎて、仕事をするために生きてしまっているような人は、セフレに癒しを求めているのかもしれません。

自分のキャパシティーを完全に超えているような仕事を与えられている人が、つかの間のひとときに癒しを求めています。

セフレを作ってセックスをしている時に、身も心も解放されて、その瞬間は日々の激務を忘れさせてくれて、癒されるのでしょう。

ストレスを感じている

Olichel / Pixabay

仕事上のことやプライベートでも、様々な事が原因でストレスを感じます。既婚者は余計に家庭で弱音などの本音が吐けないこともあります。

そんな時に、異性の人が優しい言葉をかけてくれてくれたら、ドキッとして一線を超えてしまうかもしれません。

モテたい

olga-filo / Pixabay

結婚していてパートナーがいる既婚者が、まだまだモテたいと感じているなら、セックスフレンドや不倫相手を探しているかもしれません。

自分は、まだまだあの頃のようにモテることができるという思いがあるのでしょう。

頼られた時

mohamed_hassan / Pixabay

結婚していて既婚者のパートナーがいる人でも、結婚生活が長くなるとパートナーから頼られることも少なくなってくるようです。

同じ職場の異性から頼られるような瞬間になると、不倫につながるようなことがあるかもしれません。

結婚に幸せを感じない

Pexels / Pixabay

結婚生活が長くなると、パートナーへの不平不満が溜まり、結婚生活に疑問を感じ始めるかもしれません。

家庭内で不平不満を解消できれば問題はないと思いますが、そうはいかない人は、外で異性に不満を解消するようになり、やがてセフレや不倫相手になるのでしょう。

パートナーの浮気が発覚した

bohed / Pixabay

結婚してどんなに愛した人でも、パートナーが浮気、不倫をしていたと知ってしまったら、悲しみにくれてしまうかもしれません。

もしくは、怒り狂ってパートナーがしたことと、同じことをしてやろうと企むかもしれません。同じ事というと、浮気、不倫です。

この状況でのセフレが欲しいという感情は、「やり返し」という意味になるでしょう。やり返しで遊びのつもりが、本気にならないように注意してください。

パートナーとの喧嘩が絶えない

RyanMcGuire / Pixabay

家に帰れば、あーだこーだ言われて、口を開くたびに喧嘩になってしまう。こんな状況の人もセフレが欲しいと思っているようです。

昔は仲が良く、喧嘩することなんてなかったのに、結婚してからは、お互いの些細なことを許すことができなくなってしまったという人もいるでしょう。

この状況でのセフレが欲しいと思ってしまう感情は「癒し」に近いでしょう。仕事が終わってから家に帰ることが億劫になってしまうのです。

パートナーと体の相性が悪い

Pexels / Pixabay

結婚する前も、後もパートナーのことが大好きなんだけれども、どうしてもセックスの相性が悪いと思っている人は、別セフレを欲しいと考えているかもしれません。

セックス以外は不満がない相手でも、セックスに対しては不満があるということなので、自分の性欲を満たしてくれる相手とセックスがしたいのです。

しかし、もし相性のいいセフレと出会ってしまった場合は、後戻りできなくなるかもしれませんので、そこは注意が必要です。

パートナーの容姿が結婚当時と全く違う姿になってしまった

darksouls1 / Pixabay

結婚する前は細身でスタイルが良くて、自分の好みのファッションをしてくれていたのに、結婚してからは、タガが外れたかの様にブクブクと太り出して、家ではスウェットしか着ない人もいます。

パートナーにこんな仕打ちをされたら、外でセフレを作りたくなるのかもしれません。結婚した後に別人の様になるのは、詐欺に近い行為かもしれませんよね。

あの頃のパートナーに戻って欲しいと願いながら、外でセフレとセックスをしているなら、どっちもどっちな気はしますが。

パートナー以上に運命を感じる人に出会ってしまった

bngdesigns / Pixabay

結婚しているパートナーのことが大好きにも関わらず、運命の相手と出会ってしまって、身体を重ねてしまうといったケースもあるようです。

自分でも、こんな事があってはいけないと思ってはいるが、頭で考えている自分と本能で動いてしまっている自分に差があります。

神様のイタズラで、パートナー以上に運命を感じる人に出会ってしまった場合、理性を保つことができるかどうかがカギを握っているでしょう。

友達が既婚者なのにセフレがいるので羨ましくなった

Comfreak / Pixabay

最愛のパートナーと家族がいるだけで幸せを感じていたけれど、友人にセフレができたと自慢されて、羨ましくなって自分もセフレが欲しくなったという理由もあります。

セフレができてリスクはあるけれど、生活にハリが出て、活き活きとしている友人を見ていると、「自分だって」という気持ちになるようです。

また、身近な友人からセフレとのセックスの話を聞かされると、自分にもセフレが作れるんじゃないかと思ってしまいます。

既婚者でもできるセフレの作り方は?パートナーにばれずに作れるのか

StockSnap / Pixabay

結婚している既婚者が、不倫相手やセックスフレンドを作りたいと思う心理を見てきましたが、では実際に不倫相手やセックスフレンドを作るためにはどうすればいいのでしょうか。

人それぞれの性格や立場によって、どんな相手がいいのか、どんな場所で出会うことができるのか違いがあるようです。

今回は、結婚している既婚者でもできる、不倫相手やセックスフレンドの作り方について見ていきましょう。

元カレや元カノ

StockSnap / Pixabay

過去に付き合っていた元カレや元カノとヨリを戻してやり直た、ということは結構耳にしたことがあるのではないでしょうか。

結婚していて、パートナーがいる既婚者の人たちも例外ではありません。意図的か偶然かは分かりませんが、元カレや元カノと会うことがあれば、過去の記憶が蘇ります。

過去に身体を重ね合わせた経験があるので、結婚していてパートナーがいる既婚者でも、不倫相手やセックスフレンドになってもらえる可能性が高いようです。

合コン

LicorBeirao / Pixabay

家にいるパートナーには、会社の飲み会や友人達との会食と称して、「合コン」に行って、不倫相手やセックスフレンドを探している例もあるようです。

男なら男友達と、女なら女友達と作戦が立てやすく、お持ち帰りがしやすいような状況を作り出します。その日のうちにセックスができれば成功です。

一度セックスした相手を、今後も不倫相手やセックスフレンドとして繋ぎ止めておきたい場合は、セックスの後のケアが大事になってきます。

クラブ

Free-Photos / Pixabay

クラブには出会いを求めている男女が多数存在します。ワンナイトラブの可能性もかなり高い確率であるようなので、試してみてはいかがでしょうか。

ブラックライトの暗い雰囲気の中、大音量で音楽が流れていて、お酒の瓶を片手にダンスしている若い男女。必ずダンスをしなければいけない訳ではないのでご安心ください。

お酒も結構入って、体に熱を持った肉体は、いい相手を探してセックスを求めている可能性が高いです。もし、あなたのノリがクラブ向きなら不倫相手やセックスフレンドを作りやすいでしょう。

キャバクラ

Seo_Seungwon / Pixabay

地方の安いキャバクラでも、銀座、六本木の高級キャバクラでも、絶対に変わらないことは、お金を払えば女の子がもてなしてくれるということです。

衣装は露出が多いもので、キツイ接客業のキャバクラで働いている子達は、お金に目がありません。

もし、あなたがお金に余裕があるようでしたら、キャバクラの女の子を口説いて、不倫相手やセックスフレンドにしてみてはいかがですか?

風俗

Pexels / Pixabay

そこに金銭は発生していますが、風俗だと一度はセックスをした相手です。ですから、キャバクラなどよりはハードルが低いかもしれません。

風俗嬢と接するときは、なるべく普通の女の子と接するようにした方がいいようです。

インターネット

一昔前だったら、出会い系の詐欺が多くて、イタズラメールなんかも頻繁に来たようですが、今は出会い系のアプリでマッチする人たちが急増しているようです。

出会いの形もたくさんあるようで、自分の趣味などにあった相手をマッチングアプリが選び出してくれます。マッチングした後の最初の会話がしやすいですよね。

しかし、マッチングアプリも追い求め過ぎると、課金という形で、お金が発生することもありますので、利用するなら注意が必要です。

趣味友達

SplitShire / Pixabay

休日で、自分の趣味仲間と過ごすひとときは、日頃の生活のストレスを軽減させてくれるでしょう。スポーツやハイキングなどのアウトドアならなおさらです。

毎週休日に趣味をして過ごしていると、友人が新しい仲間として連れてくることがあります。その相手が、不倫相手やセックスフレンドになる可能性もあります。

家にいるパートナーにも、休日は趣味仲間と時間を過ごしていると思わせることも可能なので、不倫相手やセックスフレンドにするには最適かもしれません。

習い事

HeungSoon / Pixabay

そこに金銭は発生していますが、風俗だと一度はセックスをした相手です。ですから、キャバクラなどよりはハードルが低いかもしれません。

風俗嬢と接するときは、なるべく普通の女の子と接するようにした方がいいようです。

職場の人間

職場の人間だと、あなたの人となりが分かっているので、そういう意味では不倫相手やセックスフレンドを作りやすいのではないでしょうか。

しかし、職場での不倫相手やセックスフレンドは、ドキドキ感は楽しめるかもしれませんが、ちょっとリスクが高いです。

もし不倫やセックスがバレてしまったら、家庭が崩壊するかもしれませんし、職場内の出来事として、あなたはクビになってしまう可能性もあるでしょう。

NEXT:一人暮らしの人を狙う
1/3