処女を捨てたい時はどうしたら良い?処女喪失の方法や注意点まとめ 恋愛・心理

処女を捨てたい時はどうしたら良い?処女喪失の方法や注意点まとめ

目次

[表示]

処女を捨てたいと思う理由・瞬間は?

Ben_Kerckx / Pixabay

次に注目をしていくのが、処女を捨てたいと思う理由やその瞬間についてです。

処女の人は、どのような理由や瞬間に処女を捨てたいと思うのか、早速注目をしていきましょう。

周りのみんなは卒業をしているから

darksouls1 / Pixabay

周りの友人の多くが処女を捨てていることを知ると、劣等感や疎外感、焦りなどが生まれてきてしまうことがあります。

特に日本人は、良い意味でも悪い意味でも協調性を意識してしまうため、自分だけが外れた存在だと感じると、急激に焦ってしまうのです。

また、特にこの理由に関しては10代のうちに感じることが多いという特徴があります。恋愛をする機会が増え、処女を卒業することも増え、そういったラッシュの波に影響を与えられてしまうのです。

男性に引かれるのが怖いから

Free-Photos / Pixabay

処女に対して、面倒や重いという印象を持ってしまうと、いつまでも処女でいると男性や恋人に引かれてしまうかもしれない、という不安感が生まれてきてしまうものです。

特に10代ではなく、20代、30代と年齢が重なってくると、未だに処女でいることの負い目を感じてしまい、引かれてしまうのではないかという一種の恐怖心が芽生えるようになっていくのです。

処女を捨てたほうが魅力的になれそうだから

panajiotis / Pixabay

処女を捨てたほうが魅力的になれそう、本当の意味で大人の女性になれそうという考えを持つ人もいます。

実際、性行為を通じて磨かれる魅力や今までと考えや意識が変わるということもあるため、この理由、目的はあながち間違いではないと言えます。

性行為に興味を持っているから

Free-Photos / Pixabay

性行為自体に興味を持っていると、とにかく処女を捨てたい、性行為を経験してみたいという好奇心がどんどん膨れ上がっていくものです。

性行為は単なる恋愛の通過儀礼というような印象ではなく、特別な行為のように思える人は少なくありませんし、実際に性行為を経験している人にとっても特別という印象を持つ人は多くいます。

また、周囲の人から「気持ちよかった」という感想をきけば、自分も体験してみたいという気持ちが生まれてくるのも当然だと言えるでしょう。

いつも恋愛を失敗してしまうから

Counselling / Pixabay

いつも恋愛に失敗をしてしまうと、性行為をしたら何か違う視点や価値観を持てるのではないか、という一種の希望が生まれてくるものです。

たしかに性行為を通じて異性を知ることや価値観が変わることも多くあり、それが恋愛において強い武器になりうることも十分にありえます。

処女だから恋愛は失敗に終わるとは一概には言えませんが、恋愛を成功させる可能性の1つとして、処女を捨てる選択肢を持つことは何ら不思議ではないと言えるでしょう。

違う自分になってみたいから

Free-Photos / Pixabay

性行為の感想を聞いたり、実際にドラマや映画などでそういったシーンを目撃したりすると、性行為中の男女の普段との違いに驚かされることがあるでしょう。

自分が処女を捨てるその瞬間や性行為中、ドラマや映画のようないつもとは違った自分になれるのかな…という好奇心が芽生えていくと、処女を捨てたいという気持ちが出てくる人もいるようです。

性行為中は様々な意味で普段は見れない人の顔が見えることもあるため知らない自分を知りたい、または相手を知りたいという場合は性行為に対する興味が生まれてきてしまうことは少なくないと言えます。

恋人のことが大好きだから

3194556 / Pixabay

今付き合っている恋人のことが本当に好きだから、そう思うと相手に処女を捧げたいと感じる人は少なくありません。

性行為は特別なものではありますが、特に処女に対して特別視をしている人は少なくありませんし、男性側が処女に価値を見出しているのであれば、より特別なものになると言えます。

好きだからこそ、今まで守り抜いてきた処女を捧げることで相手へ最大限の愛情を示したいと考えてしまう…そんな人は多いと言えるでしょう。

処女を捨てたい!そう思った時に考えるべきこと・注意点

qimono / Pixabay

続いて、処女を捨てたいと思った時に考えるべき注意点について紹介をしていきます。

「処女=悪いこと」ではない

Alexas_Fotos / Pixabay

そもそも、処女=悪いことという考えを持っている人は、一度立ち止まって考えを改めてみることをおすすめします。

もしかしたら誰かに処女=悪いことという考えを植え付けられたかもしれませんが、世間一般的に処女=悪いことという考えを持つ人はあまりいないと言われています。

もちろんハンデとなってしまうこともありますが、むやみに捨てると後悔してしまうこともあるため、安易な考えで処女を捨てたいと考えている人は一度冷静になってみましょう。

処女喪失は痛いということを覚悟しておく

RondellMelling / Pixabay

全てに当てはまるというわけではありませんが、処女喪失は基本的に激痛が生じることがほとんどです。

性行為=気持ちが良いという印象は強いかもしれませんが、それはあくまで個人差、さらに経験がものを言う、とも言えるポイントでもあるのです。

最初から気持ちが良い性行為が出来る人もいますが、処女が失われる瞬間は人によってかなり痛いということは覚悟しておきましょう。

避妊や病気の対策はしっかりとする

性行為によって処女を捨てたいと考えるならば、妊娠の可能性、性病に感染するリスクについて考えておく必要があります。

たとえ避妊具をつけていたとしても、100%妊娠しないというわけではありませんし、性病にも同じことが言えます。

特にナンパやマッチングサイトやSNSなど、よく知らない相手との性行為はいざ上記のことが問題になった時にトラブルや泣き寝入りに発展しやすいため、注意が必要です。

自暴自棄にはならないように注意

Free-Photos / Pixabay

処女を捨てたいということばかりに意識を持っていかれてしまい、自暴自棄になっていることに気づかないのはかなり危険だと言えます。

処女を捨てたいと考えるとそればかりを意識してしまう人もいるかもしれませんが、初めての性行為はただの1回だけであり、注意点を考えずに誰振り構わずしてしまえば妊娠・性病のリスクが高まるだけです。

気をつけるべき点、覚悟するべき点、超えてはならないラインなど、処女を捨てたいのであれば、とにかく冷静になって一度方法やリスクについて向き合うことが成功の秘訣へと繋がります。

体目当ての恋愛を防止できなくなる

JUrban / Pixabay

処女を捨てたい、だから様々な人と出会いたいし、出来ればそのまま付き合いたい…と考える人もいるでしょうが、恋愛はそこまで単純で簡単なものではありません。

体目当て、処女という身体が好きという人も少なくなく、自分の欲求を満たすために、思ってもいないようなことを平気で囁き、騙してくる人もいて、誠実な恋愛が出来ないリスクはかなり高いのです。

特に処女で恋愛経験が少ないからこそ恋愛に対する審美眼も養われていないケースも多いため、体目当てだけが嫌という人は、処女を捨てたいという気持ちばかりが先走らないように注意をしましょう。

カメラで撮影されてネットにアップされる危険性も

RyanMcGuire / Pixabay

処女ということはその手の知識や経験に疎く、様々なトラブルに不用心であるとも言い換えられます。

そんな無知を利用してカメラで処女喪失の性行為を撮影されてしまうこと、時にはそれで脅されてしまうこと、ネット上に動画をアップされてしまうなど、危険性はかなりあります。

特にナンパなど、見知らぬ人との性行為は処女でなくても危険性はかなり高いため、出来る限り処女喪失またはその後の性行為の相手も自分が安心出来る相手に限ったほうが良いと言えるでしょう。

既婚者には要注意

Vitabello / Pixabay

処女を喪失したいと考えた時、同時に経験豊富な人のほうが良い、優しく包容力がある人のほうが安心すると考える人も少なくありません。

そんな人に注意をしてほしいのが、既婚者の存在です。既婚者の中には慣れていない性行為を楽しみたい、処女を貪りたいと考える人も少なくなく、甘い言葉で誘ってくる人は多いのです。

既婚者と性行為をしてしまえば、それは不倫です。最悪バレて慰謝料請求や社会的地位の損失、周囲との信頼関係の崩壊など様々なトラブルに見舞われることもあるため、必ず避けたほうが良い存在だと言えます。

相手が知り合いだと周囲にばれる可能性もある

366308 / Pixabay

処女を卒業する相手として、知り合いに頼めば様々なトラブルを回避出来たり、安心して性行為が出来たりというメリットがあります。

しかし相手が知り合いだからこそ、性行為をしたという事実が周囲にバレて噂をされたり、好き勝手に言われたりと気まずい雰囲気になったりしてしまうこともあるのです。

当然、性行為をした相手との関係がぎくしゃくしてしまうこともありえるため、もし知り合いに処女卒業を頼むであれば完全に割り切り、周囲に隠し通すという意識が必要となる場合もあります。

処女を捨てたい!その前に準備しておくべきことは?

picjumbo_com / Pixabay

次に、いざ処女を捨てたいと思ったときに準備をしておくべきポイントについて触れていきましょう。

スタイルを整えておく

Pexels / Pixabay

処女を捨てるということは、他人に肌を見られるということでもあります。

部屋を暗くしたり、布団を被ったりすることである程度見られることは防げますが最大限に密着したり触れられたりするため、体型は確実にバレます。

処女卒業の前には出来るだけ筋トレをしたり、ダイエットをしたりして、スタイルを整えておきましょう。最悪相手が萎えて、失敗に終わってしまう可能性がありえます。

ムダ毛処理をチェック

SplitShire / Pixabay

ムダ毛処理は何が何でも絶対にやっておいたほうが良いポイントです。

特に男性の中には女性=ムダ毛がない、少ないと考えている人が多いため、ムダ毛があることで相手が萎えてしまう危険性があります。

脇毛や腕毛、すね毛、お腹の産毛、生殖器周り、脇毛などとにかくムダ毛処理は徹底していきましょう。

ニオイ対策はしっかりとする

sidenknatalja / Pixabay

性行為中に気になってしまうのがニオイです。特に見落としがちなのが足のニオイであり、しっかりと対策をしていないと男性が臭いと感じてしまう恐れが出てきます。

足の場合、挿入時に男性が足を持ったり、足と鼻先が近づいたりすることも多く、足が臭いとダイレクトに男性にニオイが伝わってしまう可能性があります。

他にも脇や生殖器周りなど、ニオイがキツイと性行為が失敗に終わるリスクがあるため、対策はしっかりと行っていきましょう。

下着は出来るだけ新しいものを用意する

jackmac34 / Pixabay

性行為をするならば、下着は出来るだけ新しいものを用意するようにしましょう。

新品ならば何でもいいというわけではなく、出来れば男性が見て「可愛い、綺麗」と思えるような気合が入ったものを選ぶのがおすすめです。

下着は性行為のモチベーション・テンションを上げるものにも繋がるため、気合を入れたほうがプラスに働くことが多いのです。

全身スキンケアで肌の調子を整える

timokefoto / Pixabay

可能であれば一週間ほど前から全身スキンケアを徹底し、肌の調子を整えていきましょう。

身体を全部見られ、触れられた時に肌触りが良いと男性はいつまでも触っていたい、もっと楽しみたいという欲求に火がつくようになり、燃え上がるような性行為が出来る確率がアップします。

スクラブやボディミルクなど、とにかく肌の調子を整えて処女卒業のその瞬間に備えていきましょう。

念の為避妊具を用意しておく

qimono / Pixabay

処女を卒業するための相手によりますが、可能であれば念の為避妊具を用意しておくようにしましょう。

相手は処女だからといってあなたを言葉巧みに騙し、無責任な性行為をしてくる可能性もあります。特に見知らぬ相手が相手の場合は、その可能性はかなり高くなってしまうのです。

避妊具を購入するのに抵抗があるという人は知人に相談をして1つだけ分けてもらったり、処女を卒業する前に相手と一緒に買いに行くと安心です。

処女喪失も痛くない?痛みを和らげる方法って?

Alexas_Fotos / Pixabay

処女喪失=痛いという話を先程少し触れましたが、実は痛みを和らげる方法もあります。

そんな痛みを出来るだけ和らげる方法を5つ紹介していくので、痛いのが怖いという人は是非参考にしてみてください。

十分にストレッチをする

jesslef / Pixabay

身体が硬かったり緊張状態になりやすいと、無駄に力が入ってしまい処女喪失に痛みが伴う可能性は高くなってしまうと言われています。

出来るだけ日頃からストレッチをして、身体が柔らかい状態や緊張しない状態を作り上げていくと良いでしょう。

指を入れて慣らしておく

kaboompics / Pixabay

可能であれば自分自身で膣に指を入れて、ある程度慣らしておくと良いでしょう。

何も慣れていない状態の腟というのは愛液も分泌されずらく、異物の侵入を頑なに拒もうとしていき、それが痛みの原因に繋がるケースもあると言われています。

いざという時にそうならないためにも少しずつ指を入れて、膣に侵入するモノに対して慣れさせておくようにしましょう。

前戯は長めに

congerdesign / Pixabay

これは男性側の配慮が必要となるポイントですが処女の場合には、膣が濡れにくい状態になってしまうことがほとんどだと言われています。

そのため、緊張を和らげること、また快感から膣を濡れやすくしていくためにも出来るだけ挿入前の前戯は長めに取っておいたほうが良いと言えるでしょう。

ローションを使ってみるのもあり

初めては膣が濡れにくく、摩擦によって痛みが発生しやすいと言われています。

そこで用意をしておきたいのがローションの存在です。ローションは疑似愛液となっているためたとえ膣が濡れにくくても、使用すれば挿入時の摩擦から出る痛みを多少軽減することが可能になるのです。

ローションはドラッグストアなどで入手できる他、ラブホテル内で購入できることが多いため必要であれば使用していきましょう。

力を抜く

cuncon / Pixabay

処女にとって性行為は初めてのことばかりであり、無駄に緊張をしてしまうことが多いと言われています。

しかし、緊張をして力が入ってしまうと、膣がきつく閉ざされることとなり、必要以上に摩擦が生じて痛みの原因になってしまうことが多いと言われているのです。

出来るだけ力を抜くこと、または適度にリラックス出来る瞬間をはさみ、力が入らないような工夫を凝らしていきましょう。

NEXT:実際処女ってどうなの?処女に対する男の本音
2/3