ヘイポーとは?ガキの使いの演出家?ガースーやナダルとの関係は?

「ガキの使い」で有名になった、演出家のヘイポーこと斉藤敏豪さんは、スタッフなのになぜあんなにたくさんテレビ出演しているのでしょうか?そして「お豆」と呼ばれる理由とは何なんでしょうか?ガースーこと菅賢治さんとの関係や、ナダルさんとの関係についても調べてみました!

ヘイポーって誰?「ガキの使い」で有名になった演出家?本名や年収は?

Maklay62 / Pixabay

ヘイポーという何かのキャラクターのようなあだ名がついている斉藤敏豪さんとは、一体何者なんでしょうか?

ヘイポーは演出家・斉藤敏豪の愛称!世界のヘイポーと呼ばれる事も

lukasbieri / Pixabay

実は、ヘイポーこと斉藤敏豪さんは、「ファクト」という制作プロダクションの演出家です。

本来裏方であるはずの演出家ですが、ヘイポーさんは、バラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」にたびたび出演しており、ダウンタウンの二人らによくイジられています。

テレビ出演の際は”ヘイポー”や、”世界のヘイポー”と呼ばれています。

ヘイポーのプロフィール

Pexels / Pixabay

  • 本名‥斉藤敏豪(さいとうとしひで)
  • 職業‥テレビ演出家
  • 生年月日‥1954年11月16日
  • 出身地‥東京都品川区
  • 学歴‥東放学園専門学校

東放学園専門学校というのは、音楽や映画、テレビなどのエンタメに特化した専門学校で、お笑い芸人の原口あきまささんや、映画監督の堤幸彦さんなども、この専門学校の卒業生という事です。

身長を詐称していた?

Ashish_Choudhary / Pixabay

ヘイポーさんは、自分の身長を160センチだと公言していましたが、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(以下「ガキの使い」)の番組内で身長を測ったところ、156センチであったことが発覚しました。

現在は、身長を聞かれると「160センチあるかないか」と、答えるそうです。

名付け親はヘイポーの同期である菅賢治ことガースー?

ヘイポーさんが出演するバラエティ番組「ガキの使い」で、同じくタレントでもないのに「ガースー」と呼ばれイジられていた菅賢治さんという方がいます。

ガースーこと菅賢治さんは、実は元日本テレビのプロデューサーで、ヘイポーさんとは同期なんだそうです。このガースーが、ヘイポーというあだ名をつけた張本人です。

なぜヘイポーなのかという事ですが、ヘイポーさんは滑舌が悪いため、自分の名前をいう時に「斉藤です」が、「ヘイポーです」に聞こえるということで、このあだ名が付けられたという事です。

ヘイポーとガースーは同期?ガースーがヘイポーとの絆を語った

ガースーこと菅賢治さんは、ヘイポーさんのことについて、”自分の(テレビ出演の際の)立ち位置は役がらだけど、ヘイポーの気持ち悪さは役とリアルが半分ずつ。”と語っています。

さらに、”ヘイポーとは同い年でADの頃から30年以上の付き合い、死ぬまで一緒なんだろうなと思います。”とも、語っているので、いい意味での腐れ縁のようです。

ヘイポーは「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で有名に

ヘイポーさんは、1990年の終わり頃から「ガキの使い」の中のスタッフいじりで、”パーマン2号”と呼ばれるようになりました。パーマン2号とは、アニメ「パーマン」に出てくるチンパンジーの名前です。

その後、1992年にはヘイポーと呼ばれるようになり、1994年頃には”世界のヘイポー”と呼ばれるようになりました。

”世界の”がついたのは、”世界のサカモト”こと、坂本龍一さんが「ガキの使い」に出演したことがきっかけになったようです。

「ガキの使い」の初期制作スタッフの1人?総合演出を担当

Broadmark / Pixabay

ヘイポーさんは、「ガキの使い」が始まった1989年の初めの回から、スタッフとして参加しています。

放送開始当初、ヘイポーさんはディレクター担当だったようですが、その後総合演出担当に昇格し、2017年の3月まで総合演出を務めていました。

芸人を超えるリアクションで人気に!

ヘイポーさんは極度の怖がりで、暗い所やお化け屋敷系の他にも、子供向けのアトラクションなどにも非常に驚き、大きなリアクションを見せます。

そのビビりっぷりは、視聴者に”わざとでは?”と思わせるほどですが、ある廃校の夜のロケでは、怖さのあまり3階の窓から逃げようとしたほどなので、本物のようです。

その芸人を超えるほどの大きなリアクションが反響を呼び、スタッフにも関わらず、度々番組に出演するほどの人気者になりました。

企画参加時はヘイポーと呼ばれ、未参加時は本名で呼ばれる

FotografieLink / Pixabay

ヘイポーさんは、企画に参加している時は、周りの芸人さんなどから”ヘイポー”と呼ばれイジられていますが、本来はスタッフの中でも、総合演出という立場の結構偉い方です。

最後のクレジットにはもちろん本名で出ますし、企画に参加していない時には「斉藤さん」と呼ばれています。

製作スタッフやダウンタウンから愛されている

こんなに有名なスタッフはいないのでは?と思うほどに、テレビ出演をしているヘイポーさん。テレビに出る時は、ことごとくヘタレキャラで、さんざんダウンタウンはじめ、周りのタレントさんから突っ込まれています。

ただ、本当にただのダメな人、嫌われ者であっては、あんな面白い企画は出来ないのかもしれません。ヘイポーさんへの愛があってこそのあの企画なのでしょう。

ダウンタウンのあのイジリや突っ込みにも、ヘイポーさんへの愛が感じられるからこそ、見ている方も思いっきり笑えるのではないでしょうか。

ヘイポーの画像はある?秋元康に似てる?

音楽プロデューサーの秋元康さんは1958年生まれなので、ヘイポーさんよりも4歳ほど年下ですがほぼ同世代です。メガネや髪の毛の感じなんかも、並べてみるとこれは確かに似ています。

ヘイポーの動画は?

これは、2005年の「絶対に笑ってはいけない高校(ハイスクール)」で、「お豆先生」として登場したヘイポーさんの動画です。

この時から、ヘイポーさん=”お豆”というのが定着していったようです。

ダウンタウン松本人志の名言に関する記事はこちらから

ヘイポーの現在は?60歳越えには見えない若々しさ!

2649771 / Pixabay

60歳をとっくに超えているにも関わらず、相変わらず若々しいヘイポーさんですが、現在はどうしているのでしょうか?

現在は「ガキの使い」のアドバイザーに?

ヘイポーさんは、2017年3月まで「ガキの使い」の総合演出を務めていましたが、その後は「ガキの使い」のアドバイザーをしているようです。

ヘイポーさんは、番組が始まった1989年当初から、30年経った今までずっと「ガキの使い」に関り続けているという事なので、「ガキの使い」を骨の髄まで知り尽くしている人といえるでしょう。

「今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説」も担当している?

ヘイポーさんは、2005年から2013年まで、お正月に毎年テレビ東京で放送していた「今年も生だよ芸人集合笑いっぱなし伝説」の監修を務めていました。

今田耕司さん、東野幸治さんらが総合司会を務め、数多くの芸人さんが出演していた番組です。

60歳越えとは思えない見た目?

テレビに出ている方というのは、いつまでも若いというイメージがありますが、ヘイポーさんも、本来は裏方な職業であるはずにも関わらず、頻繁にテレビ出演をしているためか、いつまでも若々しいです。

よく笑うことも若さには大切なのでしょうか?お笑いに携わっていることも関係があるのかもしれません。

中身はどんどんヘタレになっているという声も

whoismargot / Pixabay

ヘイポーさんの同期、ガースーこと菅賢治さん曰く、昔のヘイポーさんは、今よりもずっとしっかりとしていたのだそうですが、年を取るとともに、どんどんヘタレっぷりが増してきているのだそうです。

人としてどうかは分かりませんが、番組的にはおいしいので、これからも定期的に「ガキの使い」でお目にかかれる予感です。

ヘイポー企画をまとめたDVDを発売!公式ウェブサイトやAmazon等で販売中

2014年に還暦を迎えたヘイポーさん。それを祝して、同年3月5日に、「ヘイポー傑作集」というDVDが1巻から5巻まで一気に発売されました。

ヘイポーさんがメインの企画の中から面白いものだけを集めたDVDという事ですが、ヘイポーさんメインの物だけで5巻分ものDVDが作れてしまうほど、たくさんテレビ出演しているという事が驚きです。

近年では「水曜日のダウンタウン」に両親が出演

2014年から放送されている「水曜日のダウンタウン」は、芸能人の提唱する色々な”説”を検証するバラエティ番組です。

2017年8月2日に放送された番組の企画の中で、巣鴨でロケをしている時に、偶然にもヘイポーさんのご両親がインタビューに答えており、その様子が放送されました。

ご両親は、ダウンタウンのことを”ウッチャンナンチャン”と間違えていましたが、ヘイポーさんと長年付き合いのあるダウンタウンと、ヘイポーさんの両親のマッチングに、SNSでは盛り上がっていたようです。

ヘイポーが激やせ!?痩せすぎで心配する声多数

un-perfekt / Pixabay

久々にテレビ出演したヘイポーさんがとても痩せていたことで、ヘイポーさんの体調を心配する人が続出したという事があったようです

2015年、久しぶりに登場したヘイポーは物凄く痩せていた?

Free-Photos / Pixabay

「ガキの使い」で2015年4月に放送されのは、「世界のヘイポーマジ嫁探し」という企画で、ヘイポーさんが女性芸人数名とデートをしながら、お嫁さん候補を探すという企画でした。

この時、約1年ぶりにテレビ出演をしたヘイポーさんでしたが、その痩せっぷりに驚いた視聴者は多かったようです。

視聴者からは心配する声が

PDPics / Pixabay

ヘイポーさんといえば、少しぽっちゃりなイメージが強かっただけに、病気なのでは?と思う人が多かったようです。

さらに、テレビ出演が久しぶりだったこともあり、病気療養でテレビに出ていなかったと推測したのかもしれません。

原因は心臓弁膜症?

Pexels / Pixabay

ヘイポーさんは、実は、心臓の血液が逆流を起こしてしまう”心臓弁膜症”という病気を患っていて、手術をしていたそうです。

その時からしばらくは大事をとって、テレビ出演を控えていたため、ヘイポーさんをテレビで見かける機会が少なかったということみたいです。

医者の勧めでダイエットした結果だった

jarmoluk / Pixabay

ただ、心臓弁膜症という病気になったから痩せた‥というよりも、意図的にダイエットをしたんだそうです。

心臓に負担がかからないように、痩せた方がいいとお医者様から言われたようです。そして、食事を控えた結果、15㎏ほど痩せたという事です。

痩せた時の画像もある?

15㎏もやせたということで、体だけではなく、顔の肉も落ち、丸かった顔もほっそりとされています。

ここまでくると、誰の目から見ても痩せたことが明らかなので、視聴者の皆さんが心配するのも納得です。

病気になってからは驚かせ方がマイルドに?

Hans / Pixabay

心臓の病気だけに、あまり驚かせすぎるのもよくないということで、これからは、ヘイポーさんを驚かせる企画がなくなってしまうのではないか、という心配もあります。

ただ、ヘイポーさん曰く、2015年4月の「世界のヘイポーマジ嫁探し」以後にも、”暗いところに連れていかれ驚かされた”と言っているので、企画がなくなるという事はないようです。

しかし以前に比べると、体調を考慮して、驚かせ方が優しくマイルドになる‥という事はあるかもしれません。

ヘイポーの年収がすごい?住まいは高級タワーマンション?

geralt / Pixabay

「ガキの使い」に出演している時は、ヘタレキャラで周りからイジられることの多いヘイポーさんですが、実は結構えらい人なので、年収は一般的なサラリーマンよりも多いようです。

ダウンタウン松本がヘイポーの年収を語った!

vietnikon99 / Pixabay

ダウンタウンの松本さんがラジオで、ヘイポーさんについて語っていたことがあるのですが、その中で、ヘイポーさんの年収は、ガースーこと菅賢治さんよりも多いと発言していました。

NEXT 家は六本木の高級マンション?