石井ふく子は生涯現役の名プロデューサー!父親は?結婚している? 芸能人

石井ふく子は生涯現役の名プロデューサー!父親は?結婚している?

「渡る世間は鬼ばかり」を手掛けた伝説のプロデューサー、石井ふく子さんをご存知でしょうか。「ドラマのTBS」と言わしめるようになった立役者です。石井ふく子さんの年齢は何歳なのか、豪華な自宅マンションに住んでいると言う噂や脱税の真相などについて調べてみました。

目次

[表示]

石井ふく子とは?

石井ふく子さんはテレビプロデューサーとして長年活躍してきた人です。TBSに入社後、13年間一貫してテレビドラマの制作に関わってきました。

中でも長寿番組「渡る世間は鬼ばかり」は誰でも名前は知っているでしょう。

この番組に携わってきたのが石井ふく子さんですが、伝説のプロデューサーともいわれる彼女の経歴や生い立ちを見ていくことにしましょう。

現在の年齢は?石井ふく子のプロフィール

それでは石井ふく子さんのプロフィールからご紹介します。

  • 本名       石井 ふく子
  • 生年月日              1926年9月1日(92歳)
  • 出生地   東京府東京市下谷区
  • (現・東京都台東区下谷)
  • 国籍       日本の旗 日本
  • 血液型   A
  • 職業       テレビプロデューサー
  • 演出家
  • ジャンル              テレビドラマ
  • 活動期間              1961年 –
  • 活動内容              テレビドラマのプロデュース
  • 舞台演出
  • 著名な家族          伊志井寛(継父)
  • 三升延(母)
  • 主な作品
  • プロデュースした作品
  • 『女と味噌汁』
  • 『肝っ玉かあさん』
  • 『ありがとう』
  • 『心』
  • 『渡る世間は鬼ばかり』他多数

1926年の9月1日生まれなので現在は92歳です。高齢にもかかわらず現役でバリバリ活躍されています。

プロデューサー・演出でギネス世界記録を3度も獲得している

石井ふく子さんはプロデューサーとして数々の大ヒットホームドラマを世に送り出してきました。

そんな石井ふく子さんは、テレビ番組最多プロデュース、世界最高齢の現役プロデューサー、最多舞台演出本数と3つのギネス記録を持っています。業界では伝説のプロデューサーと言われています。

誕生日パーティには名優が大集結するほどの大御所プロデューサー

そんな超大物プロデューサーである石井ふく子さんの人脈もすごいのです。石井ふく子さんの誕生日パーティーには日本を率いる名優たちがこぞって参加します。

この石井ふく子さんの誕生日パーティーの様子を、大女優の三田佳子さんがブログで報告しています。

三田佳子さんは2018年の9月1日に石井ふく子さんの92歳の誕生日パーティーに出席しました。パーティーには女優の上戸彩さんや俳優の船越英一郎さん、水谷豊さんといった錚々たる顔ぶれが並んでいます。

大物俳優達も石井ふく子の前では若手時代に帰る

三田佳子さんは多くの写真をブログにアップしていますが、その他にも俳優の小林稔侍さん、西郷輝彦さん、女優の香川京子さんなどの姿も見られました。

三田佳子さんはパーティーでの様子を次のように語っています。

「それぞれの世界で大ベテランの人たちが、子どもの様な笑顔。笑顔」と、大御所となりつつある名優たちも石井さんの前ではすっかり若手時代に戻ってしまうようでした。」

(引用:ねとらぼエンタ)

石井ふく子は人脈が広い

さらには演歌歌手の坂本冬美さん、女優の泉ピン子さん、俳優の三田村邦彦さんなど豪華メンバー揃いで石井ふく子さんの人脈の広さを物語っています。

ファンからは誕生日パーティーの豪華メンバーがすごいと反響が寄せられています。

新東宝女優などを経てTBSに入社し数々のホームドラマをヒットさせてきた

それでは大物プロデューサー、石井ふく子さんの経歴を見ていきましょう。

石井ふく子さんは1947年に「大江戸の鬼」で女優デビューをしています。しかし2年後の1949年には引退して日本電建に就職しています。

当時、石井ふく子さんが務めていた会社はTBSのスポンサー会社でした。そのため石井ふく子さんも、収録現場でスタッフとしてテレビ番組の制作に携わることもあったそうです。

腕を認められプロデューサーにスカウトされる

そのうち石井ふく子さんはその腕を認められてプロデューサーにスカウトされます。

その当時テレビ業界は男性中心で、その中でプロデューサーとして抜擢された石井ふく子さんは相当のやり手だったのでしょう。

その後3年間ほど日本電建に所属したままTBSでも活動するという2足のわらじを履いていました。1961年には正式にTBSに入社することになり、その後数多くのホームドラマをプロデュースしています。

フリー転向後は舞台演出も手がけている

1947年にTBSを退社され、TBS専属のフリーランスプロデューサーとして活躍を続けます。

また1986年の11月に手掛けた新橋演舞場の「なつかしい顔」で舞台の演出も手掛け、近年では舞台作品の演出が中心になっています。

関連する記事はこちら

石井ふく子の現在の活動情報は?最近のプロデュース・監修作品!

大御所プロデューサーとして現在でも精力的に活動を続けている石井ふく子さんですが、現在の活動状況とプロデュースした作品について見ていくことにしましょう。

何歳になっても現役?今もプロデューサーとして活躍している石井ふく子

石井ふく子さんは現在92歳と高齢ですが、第一線でバリバリ活躍をされています。1949年に日本電建で番組制作に関わってから、かれこれ70年ほど番組制作に関わっています。

何歳になっても第一線で活躍するには並大抵のバイタリティで

は出来ませんね。石井ふく子さんのプロデュースしたドラマは次のようなものがあります。

最近の作品は?①:テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」

石井ふく子さんといえばこの作品抜きにして語ることはできません。石井ふく子さんの代表作です。

テレビドラマ界で金字塔を打ち立てた長寿番組ですが、連続ドラマ終了後も年に1、2回のペースでスペシャルが放送されている人気ドラマです。

人間模様のドラマが話題を呼んだ

食事処「おかくら」を経営する夫妻とその子供たちを通して描かれる人間模様が話題を呼びました。出演俳優は藤岡琢也さん、森光子さん、泉ピン子さんなどです。

また子役として話題になったえなりかずきさんはこのシリーズに出演した当時は5歳だったのですが、31歳になるまで出演していました。

最近の作品は?②:舞台「ふたり・で」

石井ふく子さんの最近の活動は舞台が多いのですが、はーとふるらんどという劇団の「二人・で」という舞台もプロデュースしています。

この劇団は聴覚や視覚に障害を持つ人たちとプロの俳優で結成されており、手話と字幕付きのお芝居という趣向を凝らした舞台です。

お芝居や歌、ダンスなどを取り入れたバラエティ豊かな内容となっています。

最近の作品は?③:テレビドラマ「あにいもうと」

TBSドラマ特別企画として放映された「あにいもうと」は、妹への愛情、家族への愛がたくさん詰まったドラマです。コメディの要素もふんだんに盛りいれた笑いがたくさんのハートフルなストーリーです。

主演は俳優の大泉洋さんと女優の宮崎あおいさんでした。このテレビドラマのプロデューサーを石井ふく子さんが務めています。

その他、石井ふく子の主なプロデュース作品・ドラマ一覧

石井ふく子さんがプロデュースした作品はまだまだたくさんあります。その他の作品についても見ていきましょう。

「カミさんと私」

石井ふく子さんの義父である伊志井寛さんが主演のドラマで、このドラマで親子共演を果たしています。

ストーリーは暴君的で我儘な夫と病気に倒れてしまう妻の夫婦の情愛を描いたドラマです。

「女と味噌汁」

このドラマは平岩弓枝さんが1965年に「別冊小説新潮」に書き下ろした作品をドラマにしたもので、石井ふく子さんがプロデューサーを務めています。

主演の池内淳子は20%女王との異名を得る

主人公のてまりは新宿で名の馳せた芸者でしたが、自分の小料理屋を持つことを夢見ています。

ライトバンで祖母直伝の味噌汁とおにぎりを売り歩く日々を、芸者仲間と花柳界の関係を交えて描くストーリーで高視聴率を叩き出しました。

このドラマで主演の池内淳子さんは「20%女優」との異名を得ています。

「肝っ玉母さん」

このドラマは1968年から1972年までTBSで放映されました。石井ふく子さんがプロデュースしていますが、主役に抜擢した京塚雅子さんが当たり役で太った体で立ち回る姿は大好評でした。

視聴率は30%台を誇り、後のTBSドラマシリーズの人気路線の先駆けとなった作品です。

人情味豊かで涙もろく、昔かたぎな「肝っ玉母さん」が繰り広げる人間劇が描かれています。全3シリーズで放映されています。

「ありがとう」

1970年代はホームドラマ全盛期の時期でしたが、その当時を代表するテレビドラマの一つです。同じTBSドラマの「時間ですよ」「肝っ玉母さん」と並んでTBSの象徴的作品に数えられています。

脚本家の平岩弓枝さんと石井ふく子さんプロデュースのゴールデンコンビが組んだ作品で、ホームドラマの金字塔を打ち立てています。

シリーズ最高視聴率は56.3%という驚異的な数字で、民放ドラマ史上最高の記録を出しています。

水前寺清子を抜擢し高視聴率をマークする

このドラマで石井ふく子さんは歌しかやらないという水前寺清子さんを説き伏せてドラマに出演させています。

結果は大好評で高視聴率を出しますが、水前寺清子さんの歌手に専念したいという意向で第4シリーズからは配役が変わっています。しかし視聴率が大幅に下がってしまい、第4シリーズで完結しています。

おんなの家

この作品は家族ドラマのシリーズで16作品が放映されています。プロデューサーである石井ふく子さんも最終回にドラマの中に登場しています。

三姉妹の姉と妹が経営する東京下町の炉端焼き屋を舞台にしたホームドラマです。店に訪れる様々な客との交流や姉妹のやり取りを描いています。

ぼくの妹に

このドラマは1976年7月20日に発売された加山雄三さんの大ヒットシングル、「ぼくの妹に」をモチーフにしたテレビドラマです。

主演は加山雄三さん本人と中田喜子さんで、大ヒット曲と相まって高視聴率をマークしました。放映が終わっても東芝日曜劇場で不定期に放映されている人気ドラマです。

はじめまして

TBS系で1975年の5月1日から同年9月25日まで放映されたドラマです。石井ふく子さんプロデュース、主演は江利チエミさんです。

1974年の11月17日に放映されたドラマ、「ムリすんなよ」をベースに連続ドラマ化したもので、人の心の通い合いを描いたドラマです。

江利チエミさん演じる主人公の女性とその子供たちを通して、亡くなった夫の父親と心を通い合わせていく姿が感動を呼びました。

出逢い

全39話のシリーズで1981年の2月5日から10月29日まで放映されていたテレビドラマです。

主人公の女性は自立するために美容師の訓練に励み、東京・深川に美容室を開店します。その美容室を舞台にストーリーが繰り広げられます。

出演は池内淳子さん、小川知子さん、乙羽信子さんです。好評だったこのドラマは2年後にも姉妹編として続編が製作されています。

花嫁

2016年に三越劇場、湘南文化台センターで上映された舞台です。石井ふく子さんの得意とする「家族」をテーマにした物語で主演は高橋惠子さんと西郷輝彦さんという豪華メンバーが出演しています。

向田邦子さんの小説をもとにした作品で、笑いどころあり、泣き所ありのとても見ごたえのあるストーリーです。

NEXT:お夏狂乱
1/3