水をよく飲む人の特徴は?水を飲んで得られる効果は?飲みすぎ注意? 雑学・ライフスタイル

水をよく飲む人の特徴は?水を飲んで得られる効果は?飲みすぎ注意?

水は健康にいいと言う話は聞いたことがありますか。水をのむとどのような効果があるのでしょうか。また水をよく飲む人はどのような特徴があるのでしょうか。今回は水を飲むタイミングや量、更に引き起こす病気についても調べてみました。

目次

[表示]

水をよく飲む人の特徴は?

Free-Photos / Pixabay

美容情報や、美容雑誌などで必ず紹介されているのが水を飲むと効果があると言われています。また体によく健康でいられるということも言われています。

そんなことから、水を飲むことを習慣化している人もいるでしょう。そんな水をよく飲む人の特徴とはどんな人がいるのでしょうか。

スリムな体型

Pexels / Pixabay

水をよく飲む人はスリムな体型の人が多いと言われています。水の効果は後でご紹介しますが、水は代謝をあげることができたりとダイエットに効果があるのです。

そんなことから痩せたくてダイエットを行っている人はよく水をのんでいることから、スリムな体型の人が多いと言われているのです。

またジュースなどと違いカロリーもないので水ばかり飲む人は痩せているのです。

食べても太りにくい人が多い

congerdesign / Pixabay

水をよく飲む人は食べても太りにくい体質なのです。水を飲むことでエネルギーを効率よく消費できるので食べても太りにくいのです。

自分より沢山たべていても痩せている人がいたらよく水をのんでいるのかもしれません。

肌がきれい

Gromovataya / Pixabay

水はダイエットの他に美容にもいいと言われています。よくテレビに出演されている女優さんなどは肌がきれいで秘訣は水を飲んでいると言っている人が多く見られます。

ですから、水をよく飲む人は肌が綺麗な人が多いのです。ジュースやアルコールなどは多くの糖分を含んでいるので体はよくないし美容には向いていません。

ですからジュースやアルコールの代わりに水を飲むことでお肌が綺麗になるのです。

顔色がいい

mjps / Pixabay

化粧をしていても血色が悪いと疲れていたり老けて見られてしまうことが多いので改善したい所ですよね。これは身体が冷えていたり内臓がちゃんと機能していないときになるのです。

それを改善してくれるのもお水だと言われています。聞いたことがある方は多いと思いますが、特に朝起きてからすぐに常温のお水か白湯を飲めばいいと言われています。

これを行えば内臓が温まり活性化するので顔色が良くなりぱっと明るいお顔になるのです。ですから水をよく飲む人は顔色が良く逆に言えば冷え性の人は少ないのです。

ニキビや吹き出物がない

nastya_gepp / Pixabay

水以外の飲み物を飲んでいる人は糖質を多くとりすぎてしまい老廃物の排出低下しニキビや吹き出物がでるのです。

一方で水をよく飲む人は余分な糖質を摂取しないことからニキビや吹き出物がすくないのです。

むくみ知らず

Free-Photos / Pixabay

朝起きたら顔がむくんでる、夕方になると足がむくんで靴が脱げないそんな経験ありませんか。なんと水をよく飲む人はそんなことがなく、むくみ知らずなのです。

よく水を飲みすぎるとむくむと勘違いしている人もいるそうですが逆で本当は飲まない方がむくんでしまうのです。

水分を少ししかとらない人は体が水分が足りてないと認識してしまい水分を体にため込むことからむくんでしまうのです。

体が軽そう

Pexels / Pixabay

水をよく飲む人はスリムな人が多いということに似ていますが、水を飲んでいる人は自然と体重が減り脂肪もなくなるので体が軽い人が多いと言われています。

水を飲むとすぐ軽くなるわけではないですが飲み続けることで痩せていき徐々に実感していくのです。

そして体が軽くなることでもっとダダイエットを頑張ろうと思えていい相乗効果が生まれていくのです。

集中力が高い

stokpic / Pixabay

水と集中力は関係ないと思われがちですが集中力をあげるためには水が不可欠なのです。人の体は60パーセント以上が水分でできています。

そして細胞は85パーセント、脳は80パーセントの水分を占めています。ですので水分が不足すると脳も水分不足になりそのせいで集中力が低下してしまうのです。

頭の回転がいい

felix_w / Pixabay

集中力と類似しているのですが、水をよく飲む人は頭の回転がいいと言われています。

これは実験でも立証されているようで、水を何回か飲んだ人は飲まなかった人よりも仕事のスピードが10パーセントも早いという結果が出ているのです。

もしあたなの周りに仕事が早い人がいれば水をよく飲む人かもしれません。

風邪を引きにくい

qimono / Pixabay

水をよく飲む人は免疫力がつくので風邪をひきにくいそうです。

髪がサラサラ

Free-Photos / Pixabay

肌が綺麗なのと同じように水を飲むと血液循環を良くなるので髪に栄養がいくのでサラサラヘアーになるのです。ですから髪がサラサラである人は水をよく飲んでいるのです。

お通じがいい

chriskeller / Pixabay

女性の悩みで多いのが便秘ですよね。水をよく飲む人は便秘の悩みはなくお通じがいい人が多いそうです。

お水を沢山飲む人は、のまない人に比べて腸が活発に動くのでそれでお通じがいいそうです。飲まない人は食事の時しか腸は動きません。しかも動いてもごくわずかです。

一方でお水を飲むと腸が動くので水をよく飲む人は腸が動く回数が増えます。またカロリーはゼロで体にもいいので余計にお通じが良くなるのです。

トイレに行く回数が多い

Alexas_Fotos / Pixabay

水をよく飲む人はトイレに行く回数が多いのです。これは単純で水分を多く飲めば必然的に尿がでるのでトイレに行く回数が出るのは当たり前です。

汗で出るのではないかと思われますがもちろん汗としても少しは出るのですが水をよく飲む人は汗だけでは出し切れないのでどうしてもトイレに行く回数が増えるのです。

ヘルシーな食事をしている

JerzyGorecki / Pixabay

水をよく飲む人は日ごろから食事に気を遣いヘルシーな食事をしています。水をよく飲む人は日ごろからカロリーを気にしている人が多いのです。

水はカロリーは0ですから飲みものに対してカロリーを気にしている人は食事でも気にしているという特徴があるということです。

適度な運動を欠かさず行っている

skeeze / Pixabay

水をよく飲む人は身軽な人が多いのですが体が身軽なので少しでも動こうという気持ちになる人が多いようです。

そして更に体重を落とそうという気持ちが芽生え適度な運動を欠かさずおこなっているのです。

外食よりも家で作って食べることが多い

cattalin / Pixabay

水をよく飲む人はヘルシーな食事を意識しているのと同じで外食よりも家で自分で作ったものを食べる人が多いそうです。

外食をすれば普段よりも高いカロリーを摂取してしまいますし野菜の量も減りますよね。水をよく飲む人は健康志向であり美意識が高い人が多いのかもしれません。

関連記事はこちら

水をよく飲む人の理由・心理状態は?

水をよく飲む人の特徴を述べてきましたがとても美意識が高い人が多い気がします。しかし例え水が美容にいい、健康にいいと言っても毎日そこまで飲むのも苦痛になりそうですよね。

それでも水をよく飲む人はなぜそこまでして水をのむのでしょうか。また美容に関係なく仕事中や会議中でも水をよく飲んでいる人っていますよね。

そんな「水をよく飲む人」の心理状態はどうなっているのか真相に迫ってみました。

緊張から水分を補給するため

Counselling / Pixabay

人間は緊張すると水をとるのです。これは口の中の水分が不足してしまうからです。喉が渇くとかではなく口の中を潤すためだと言われています。

緊張すると唾液がすくなくなり水を多く飲んでしまうようですが緊張がほぐれれば自然と元に戻るので心配はいりません。

もしあなたと話しているときにやたらと水分をとっていた人がいたら緊張している証拠でしょう。

嘘を隠そうとしているため

Mandyme27 / Pixabay

水をよく飲む人は嘘をついており、それを隠そうとしているからです。先程紹介した緊張している状態と似ているのですが嘘がばれないように意識しすぎてしまい喉が乾いてしまうのです。

もし何かを問いただすとき異常に相手が水をよく飲んでいたらもしかしたら嘘をかくしている可能性があるかもしれません。

ストレスを感じているため

1388843 / Pixabay

水をよく飲む人はストレスを感じているようです。ストレスを感じると気を落ち着かせたい為に水をのんでしまうのです。

特にストレスでイライラしていると水を飲むことでその気持ちをおさえてくれるのでどうしても水をよく飲んでしまうそうです。

焦って落ち着こうとしているため

geralt / Pixabay

焦りを隠している人もよく水を飲むと言われています。これも嘘を隠してるような人と同じような状況で水を飲んでしまうそうです。

たしかに嘘がばれそうなときは焦りますから心理状態が似ているのかもしれないですね。

水をよく飲むことで得られる効果は?

monicore / Pixabay

水をよく飲む人の特徴や心理状態をご紹介しました。心理的なもので水を飲んでいる人は無意識ですが意識的に水を飲む人は美意識が高いことがわかります。

水を飲むことで多くのメリットがあるのでその効果を知っている人はほとんどの人が習慣化し取り入れています。またこの効果は多くの方に期待できるのです。

そんな水は飲むことでどんな得られる効果があるのでしょうか。

体の中の老廃物が外に排出される

水を飲むことで体の中の老廃物が外へ排出われます。人の体のほとんどが水でできています。水を多く飲むことで体の中の水の循環がよくなり水の入れ替えができるのです。

逆に言えばあまり水を飲まないとこの体内循環が行われません。体内の循環が良くなることで体に必要のない老廃物が尿として排泄されていくのです。

ですから水を沢山飲んで体の循環を促すことで多くの老廃物を外にだせるという効果があるのです。

体の粘膜にうるおいを与える

TheHeth / Pixabay

水を飲むことで体の粘膜にうるおいを与えることができるのです。どういうことかというと水を飲むことで水分が体全体に行き渡ります。

そうすると全身に潤いがある状態になります。この体全体に潤いがあるということは理想的なことのようで肌などに潤いを与える状態になっているのです。

水が行くことで細胞か活性化するのでこのような効果が期待できるのです。

血行が良くなり基礎代謝が上がる

Vector8DIY / Pixabay

まず水を飲むことで血行が良くなります。これは水を飲むことで体内の循環が促されることからなるのですが全体の血の流れが良くなります。

そうすることで基礎代謝が上がります。基礎代謝は運動などしなくても勝手にカロリーを消費してくれるエネルギーの事です。ですから基礎代謝が高いほど痩せやすい体質なのです。

ですから水を飲めば痩せやすい体質になるということなのです。

肌にトラブルが少なくなる

SaePhotos / Pixabay

体から水が不足してしまうと血液に酸素が行き渡らないことや血液がドロドロになることからニキビができたりと肌トラブルを起こしてしまうのです。

しかし先程紹介しましたが水を飲むことで体全体に水分が行き渡ることで肌が潤い、血行もよくなることから結果肌トラブルを改善できるのです。

むくみ防止になる

痩せている人でも体がむくんでしまうと太って見えたり、顔も腫れぼったく見えてしまいどうにかしてむくみを防止したいと思う女性は多いのではないでしょうか。

むくみは、水分をとらないことで体の中の水が不足しているということから水分の排出をしないように脳からホルモンが分泌されます。そうすると尿を出さないようにしてしまうのです。

そうすると体に老廃物もたまり結果むくんでしまうのです。ですから普段から水を飲んでいればむくみ防止につながるのです。

NEXT:血液がさらさらになり血流も良くなる
1/3